ブログ

ads.txtに関する警告が出た時の設定方法【Google Adsense】

Google Adsense(グーグルアドセンス)から、こんな警告メッセージがきたことはありませんか?

 

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

 

出る場面といえば、下記の2点が多いかと思います。

  • Google Adsenseの審査に合格とき
  • サイトを追加して広告の掲載がはじまったとき

 

警告メッセージがくるとビックリするよね。
相方
はや
そうだね。今日は対応方法を紹介するよ!

 

では、見ていきましょう。

 

Google Adsenseのサイトでファイルをダウンロードする

警告が出たサイトにads.txtというファイルを置く必要があるので、まずはads.txtをGoogle Adsenseからダウンロードしましょう。

 

step
1
Google Adsenseへアクセス

あなたのアカウントでログイン後、図のように警告メッセージが出ていると思います。

ads.txt警告メッセージ

 

step
2
右にある「今すぐ修正」をクリック

今すぐ修正をクリック

 

step
3
ダウンロードをクリック

ダウンロードをクリック

 

step
4
ファイルを保存する

ファイルを保存する

 

ちなみにads.txtの中身はGoogle Adsenseからあなた専用に払い出した「数字の羅列」が記載されています。

このファイルをあなたのサイトに置くことでGoogleがあなたが運営しているブログなんだなと認識する、という仕組みです。

あなた専用のGoogle Adsenseの英数字が記入されている

 

レンタルサーバーなどでads.txtをアップロードする

エックスサーバーを例に進めていきます。

 

step
1
ログイン画面から、ファイル管理をクリック

管理画面からファイル管理へ移動

 

step
2
対象のドメイン名となるフォルダをクリック

対象のドメイン名のフォルダをクリック

 

step
3
public_htmlをクリック

public_htmlをクリック

 

step
4
ads.txtをアップロード

ファイルを選択をクリックし、保存したads.txtを選びます。

ファイルを選択しアップロード

 

step
5
表示されているファイル名が正しいことを確認し、アップロードをクリック

表示されているファイル名が正しいことを確認し、アップロードをクリック

 

step
6
ads.txtファイルがアップロードされたことを確認

ads.txtがアップロードされました

 

パーミッションの変更

アップロード後はファイルのパーミッション(アクセス権限)が604になっています。

 

ads.txtは読み込まれるだけなので、604のままでも問題はありませんが、気になる場合は644に直しておきましょう。

 

変更する際は、ファイル名の左にあるチェックボックスにチェックを入れ、右上にあるパーミッション変更をクリックします。

パーミッションの変更

 

644と入力し、「パーミッション変更」をクリックして、作業は完了です。

パーミッションを644に変更

 

あなたのサイトを守るためにもads.txtのアップロードは必須

はてなブログなど一部のブログでは、ads.txtのアップロードを行うことができない場合があります。

 

しかし、ワードプレスでは今回の手順でads.txtのアップロードが簡単に行えますので、WordPressブログを運営しているのであれば絶対に対応しておきましょう!

 

こちらの記事は、ブログ開設や運用についてまとめていますのでお役立てください。

関連コンテンツ

-ブログ

© 2020 HAYAMIZ BLOG Powered by AFFINGER5