レビュー

動画編集指示ツール「AKAPON」で究極の時短を【テレワークで威力を発揮】

\ 10,000ポイント獲得のチャンス /

ブラックフライデー11/27開催!

 

受け取った動画やサイトに修正指示を出したいんだけど、手間がかかりすぎてうんざりする…。手軽に修正指示を出したいんだけど何か便利なツールってあるのかな?
相談者

 

こんな悩みを解決します。

 

新型コロナウィルスの影響もあり、対面で仕事をすることが難しい昨今です。

 

働き方も「テレワークがメイン」になりつつある中、デメリットも見え始めています。

 

例えば、、、

  • コミュニケーションが円滑にいかない
  • 細かい指示ができない
  • 動画や報告書などのレビューの意思疎通が困難

 

テレワークのメリットは「通勤が不要」「自分や家族との時間がとりやすい」といった面もありますが、仕事面ではメリットばかりではありません。

 

そこで今回はテレワークでのデメリットを少しでも減らし作業効率を格段にアップすることが可能なツール「AKAPON」をご紹介します。

 

動画やWEBサイト制作の現場においてテレワークでは細かな指示が出しにくく作業効率が大幅にダウンしている企業が多い中、AKAPONを取り入れている企業では作業効率をほとんど落とさずに高品質な作品を制作しています。
はや

 

動画編集・WEB編集の指示を簡単にしたAKAPONとは

Akapon6つの特徴

 

動画編集の指示をウリにしているAKAPON(アカポン)とは、一言でいうと「添削したい動画・デザイン・WEBサイト」などを指示をだしたい部分に直接編集できるツールです。

 

テキスト文章はそのまま文字で添削すれば完結しますが、動画やWEBサイト制作などクリエイターや製作依頼者での意図がうまく伝わらないことが良く起こります。

 

AKAPONは見事にこのデメリットを吸収し作業効率を格段にアップさせることに成功した「テレワーク環境でのクリエイティブ制作現場」に欠かせない存在となってきています。

 

  • 指示が直感的でわかりやすい!

 

動画を見て頂けるとわかりますが、かなりの人がこの便利さに共感するはずです。

 

テレワークがメインとなりつつある働き方で「成果物」に対する指示(誤字脱字・加筆修正・表現修正)をチャットや電話だけで行うには限界があります。

 

微妙なニュアンスも伝わりづらいですね…。
はや

 

AKAPONではこうした指示を直接成果物に書き込み指示したい部分を明確に伝えることが簡単になります。

電話やチャットでの指示もより伝わりやすい。

 

こうしたツールが今、企業に受けていることをご存知でしたか?

 

AKAPONが受けている理由を5つのポイントにわけて解説します。

 

簡単・時短!正確な修正内容を指示できる

動画制作現場を例にすると、テレワークなどクリエイターが遠隔地にいる場合成果物を受け取り「手直しなどを依頼する場合」下記の流れが多いです。
  • 指示を出したい場面ごとにキャプチャーを取得
  • 画像に指示内容を記述
  • クリエイターへ返送
  • 動画を確認
  • 場合によっては「1」へ戻り…繰り返し

 

これ相当手間でしたよね…。

AKAPONでは専用のクラウドストレージにてデータ管理が簡単に行え指示したいポイントを直接書き込み可能です。

 

画像やWEBサイトの場合

成果物が画像やWEBサイトの場合、URLか画像アップロードで赤入れしたい画面を表示することが可能です。

URLの場合は、入力するだけでスクリーンショットが出力され、 赤入れ・コメントが可能。

 

「修正してほしい」「誤字脱字」「加筆」箇所にワンクリックで訂正指示した文章を入れるだけです。

 

  • URL・動画に指示をしたい場合

 

詳細手順は下記のURLが参考になります。

https://kanritools.com/howto/image/

 

動画の場合

成果物が動画の場合、動画をアップロードすることで、赤入れ・コメントすることが可能です。

視聴しながら修正したい場所をワンクリックで訂正指示を行うだけ。

 

動画形式は「AVI」「WMV」「MP4」「MOV」の4つの形式に変換することも可能です。

 

  • 動画に指示を出したい場合

 

動画編集時の指示、URLや画像編集時の指示どちらの工程においても、作業効率が格段にアップするのは火を見るよりも明らかですね。
はや

 

詳細手順は下記のURLが参考になります。

https://kanritools.com/howto/movie/

 

制作者同士の情報共有がスムーズ

AKAPON公式サイト上にて、共同制作したい方(クライアントやクリエイター)のメールアドレス情報を入力するだけで、簡単にプロジェクトを共有することが可能です。

 

動画やWEBサイトの更新や修正指示など、全ての通知をAKAPONから自動メールで連絡することが可能なので、「更新するたびに依頼者(や作成者)がいちいちメールを書いて報告する手間がありません。

追加したメンバーの削除も可能です。

 

指示内容を過去にさかのぼれる(バージョン管理機能)

「過去の修正指示を確認したい」「やっぱり更新前の動画・サイトが良かった」クリエイティブな現場では良く起こります。

 

実際にやってみるまでどちらが良いかわかりませんよね。
はや

 

AKAPONでは指示内容を世代管理が可能です。

 

修正後の動画・WEBサイトをアップロード(バージョン2アップグレード)すると、修正後の 動画・サイトが新規バージョンとして、新たに修正指示(赤入れ・コメント)することができます。

これまで表示していた動画・サイト(赤入れ・コメント)が過去のバージョンになります。

 

新しい修正動画やWEBサイトは常に最新バージョンとしてアップロードされ、すでにアップロードされた内容は過去のバージョンとして保存されます。

 

古いバージョンが上書されることはありません。
はや

 

過去のバージョンは、 赤入れ・コメントも含めて、すべて遡って見ることができます。

 

クラウドストレージは最大6TB!

クラウドストレージはプランで異なり、「無料プラン」では500MBのストレージ容量があります。

 

有料プランでは「ミニマム」「ベーシック」「マスター」の使用したいストレージ容量によって3つからプランが選べます。

 

ストレージ容量は毎月加算されます。

ベーシックプランの場合、毎月200GBが加算されていくので、年間で最大2.4TB(200GB×12か月=2400GB=2.4TB)が利用可能。

 

毎月数十から数百件の動画を管理する制作会社にも利用されています。

 

動作環境について

AKAPONではアップロードできるデータ形式は8種類です。

 

  • 画像データのファイル形式

現在AKAPONで表示可能な画像形式は 「PDF」「JPG」「PNG」「GIF」の4種類。

 

  • 動画データのファイル形式

現在AKAPONで表示可能な動画形式は 「WMV」「AVI」「MP4」「MOV」の4種類。

 

  • 対応OS

Windows、MACに対応しています。

 

スマートフォンからも操作可能ですが、作業効率は落ちます…。
はや

 

無料体験が可能

機能制限はついていますが、AKAPON(アカポン)は無料体験が可能です。

 

クラウド上の動画編集指示ツールとして、無料公開されているのは「AKAPON」のみだったりします。

どんな使用感かわからずに購入(契約)するって不安しかありません。

 

AKAPONでは、無料体験を通してたっぷり使い勝手をチェックすることが可能です。

契約後30日間無料お試しできますし、気に入らなければ契約のキャンセルも可能ですので、ツールの利用を検討されているなら使ってみるべきでしょう。

 

  • プランと料金は下記のとおり

Akapon料金プラン

 

プランの詳細は下記のURLでご覧いただけます。

https://kanritools.com/pricing/

 

動画添削や編集が超簡単になる指示ツール「AKAPON」はテレワークで威力を発揮(まとめ)

 

テレワークというクライアント・クリエイターそれぞれが遠隔地にいる場合、、、

  • 打ち合わせ時間が長引く
  • 意思疎通が困難
  • 文字だけではニュアンスが伝わりずらい

 

こうしたデメリットが付きまといます。

 

AKAPONでは指示したい場所に直接記入ができ、編集画面を見ながらの指示もでき作業効率が格段にアップします。

 

コロナ禍によるテレワークで作業効率・成果物の品質を下げずによりクオリティの高い成果物を作るのであればこうしたツールの導入・検討は必須であるといえます。

\ いつでもキャンセル可能 /

会員登録する

※作業効率を図りたい

-レビュー

© 2020 HAYAMIZ BLOG Powered by AFFINGER5