Androidのホーム画面をカスタマイズする方法を紹介!スッキリさせたい方、必見です

AndroidはiPhoneなどと比べると使いづらい印象が一般的…。

iPhoneはすでに完成された画面であるため、初心者の方でもすんなり使いこなすことができますが、反面、Androidはカスタマイズが前提であるため、とっつきにくいといった印象も否めませんね。

今回は、Androidを使ってみたけど、画面がいまいちごちゃごちゃして使いづらいな~という方向けの、カスタマイズ方法を紹介します。

初心者でもわかりやすいと思いますので、ご一読いただけると幸いです。

今回はわたしが愛用しているXperia XZですが、カスタマイズの方法はアプリを使って行いますので、ほかのAndroid端末でも設定は同様です。

スポンサーリンク

カスタマイズ準備

まずはコチラをご覧ください。

左が(スマホで閲覧の方は上)カスタマイズ前のホーム画面です。そして、右側(スマホで閲覧の方は下)がカスタマイズ後のホーム画面です。

 

なぜこんなにすっきりした画面にこだわったかというと、根っからのWindowsユーザーで画面にアイコンがごちゃごちゃあるのが嫌だったんです。そして、Android端末ではせっかくのキレイな壁紙がアイコンでごちゃごちゃになってしまうのが嫌だったんです。

今回はいろいろ有名なカスタマイズアプリはありますが、その中の一つである「Nova Launcher」を使ってカスタマイズを実施します。

おなじみGoole 「Playストア」から「Nova Launcher」をインストールします。インストールし、Nova Launcherを起動すると、ホーム画面が変わったことが確認できると思います。

ちなみにわたしの画面は下図のように変わりました。

※わたしのデバイスは解像度を変更しています。変更方法は下記で紹介しています。

Android 7.0以上では画面の解像度(広さ)を確実に変えることができます!
Android端末で表示画面の広さ(解像度)を変える場合、ADBツールを用いてコマンドで解像度を変えるか、Root化して解像度変更アプリを導...

ホーム画面カスタマイズ

今回はホーム画面をまっさらキレイにすることです。基本的にはホーム画面に表示されている「アイコン」や「検索バー」、「時計」をひたすら消していく作業だけです。

アイコンが消えるだけで、アプリ本体が消えるわけではないのでご安心ください。

アイコン削除

表示されているアイコンを長押しして、ひとつずつ削除していきます。アイコンを長押しすると、削除という項目がでるので、そのまま「削除」を選んでください。

削除が終わると「ドック」と呼ばれるもの以外消すことができたと思います。

ドックの削除

今回はこのドックも消して(非表示)しまおうと思います。

ホーム画面の何もない所を長押しすると設定画面が開きますので、右下の「設定」をタップします。

すると設定メニューがズラーっとでてきます。上から三つ目の「ドック」をタップします。

一番上に「有効化」とあり、右側にスライドボタンがあるので、これをオフにします。そして、ホーム画面へ戻ります。

ホーム画面へ戻るとき、下図のように「ホームとしてXperia ホームを使用」と出てくる場合があります。

その時は、別のアプリを使用の項目にある、「Nova Launcher」を選択し、「常に使用」を選んでください。

ホーム画面に戻るので、ドックが消えたことを確認してください。

インジケーターの削除

ホームアイコンの上にポツっと点がありますね。これはインジケーターといって今どのホーム画面にいるかを表示してくれる機能です。

ホーム画面はひとつでいい!という方には不要ですので、これも非表示にします。

ホーム画面のなにもない所を長押しして、設定アイコンをタップします。そして、ホーム画面項目のページインジケーターを見つけて、「ページインジケーター」をタップします。

「なし」をタップしてホーム画面に戻ってください。

これで、下図のようになにもない画面になりました。

アプリをどうやって起動するか

ドックを削除したことで、アプリの起動方法がないよ?!となりますがご安心を。

「ジェスチャーと入力」機能があるので、これを利用します。

わたしは画面の下から上に指をスライドさせることでアプリ一覧「ドロワー」を表示させるように設定しています。

ホーム画面を長押しして、「設定」「ジェスチャーと入力」をタップします。

ジェスチャーの項目に「上へスワイプ」とあるので、これをタップします。

※すでにアプリドロワーと表示がありますが、デフォルト(初期設定)は、なしです。

「アプリドロワー」と項目があるので、タップします。

設定後、ホーム画面へ戻り、上へ指をスライド「スワイプ」してみてください。

アプリ一覧が表示されれば設定は成功です。

これで基本的設定はすべて終了です。

そのほかの設定

Nova Launcherは使いこなすほど便利なアプリです。

よく使うであろう機能を簡単に紹介します。

ドロワー

デフォルトでは真っ白背景に上へスライドする設定ですが、「設定」「ドロワー」とたどり、「ドロワースタイル」で縦向きを横向きに移動させることも可能です。

ほかにもデザインを変更するための設定があるので、まずはいろいろいじってみると面白いですよ。

ジェスチャーと入力

今回は上へスワイプすると、ドロワーが開く設定をしましたが、ほかにもジェスチャーの登録が可能なので、よく使うアプリやよく使う電話相手やLINE相手を登録しておくとササっとスマートに起動させることが可能です。

私はダブルタップでWEBブラウザの起動、下へスワイプで妻のLINEが開くようにしています。

一例としてアプリをジェスチャーで開く場合の設定方法は下図となります。

「ダブルタップ」をタップ

アプリタブへ移動し、起動させたいアプリを選択します。

Edge(Webブラウザ)が登録されました。

軽快でカスタマイズが簡単

今回は、Nova Launcherについて紹介しました。

いろいろカスタマイズアプリを使ってきましたが、今のところ軽快でエラーも少ないNova Launcherがお気に入りです。

カスタマイズ好きにはAndroid端末はお勧めです。最近ではRoot化をしなくても、できることが増えました。

カスタマイズの入門として、まずはホーム画面を自分好みに設定してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

トップへ戻る