Android 7.0以上では画面の解像度(広さ)を確実に変えることができます!

Android端末で表示画面の広さ(解像度)を変える場合、ADBツールを用いてコマンドで解像度を変えるか、Root化して解像度変更アプリを導入して解像度を変える必要がありました。

Android7.0以上では、Root化の必要なく画面の広さを変えることができます。

左:変更前、右:変更後

 

画面の情報量をふやしたいときに有用

デフォルトのままでも十分広いですが、スマホの特性上、パソコンなどと比べると一度に閲覧できる情報量が限られます。

Android7.0より前のバージョンでは画面の広さを変えるにはRoot化もしくはADBツールを用いた変更しかありませんでしたが、Android7.0以上では公式に画面の広さを変えることができるようになりました。

画面を広く使っていた人にとってこの機能はとてもありがたい機能だといえます。

スポンサーリンク

Root化はリスクが高い

Root化という言葉はその名のとおり、端末の操作権限を管理者(Root)にするもので、すべての操作が許可された特別なユーザー権限です。

WindowsではAdministratorと言いますが、Linux(Android, AppleiOS)ベースOSはすべてRoot(スーパーユーザー)と呼びます。

なお、Root化することで、あらゆることができるようになりますが、「普段使い」がしづらくなるというデメリットもあります。

デメリットの一例として・・・

・Google Playから見えなくなるアプリがある

・Xposedでアプリを入れるも競合が発生し、動作不安定になる

・公式アップデートが受けられない

・キャリアサポートが受けられない

・再起動から起動してこなくなる場合がある

上記のこともあり、散々Root化してきたわたしが言えたものではありませんが、あまりおすすめはできません・・・。

設定

この項目では設定方法を紹介します。

前提事項

Androidはオープンソースであるが故、メーカーなどで独自のカスタマイズを行っていることがほとんどです。下記注意事項です。


今回紹介する方法は正式な方法ですが、端末によってはAndroid7.0以上にもかかわらずできない場合があるかもしれませんので、ご了承ください。

開発者オプションをいじりますので、今回紹介する部分以外を触れて動作が不安になってしまった場合責任は取れませんので、操作には十分ご留意ください。

なお、開発者オプションはデフォルトでは表示されていません。表示させるには、端末設定(歯車アイコン)をタップし、「端末情報」をタップし、「ビルド番号」を連打します。「開発者になりました」といった旨のメッセージが表示されれば完了です。

設定方法

歯車アイコンをタップし、「開発者オプション」をタップします。「描画」という項目にて「最小幅」というメニューがありますので、タップします。

数値の入力画面が表示されますので、お好みのサイズになるよう、数値をいじります。数値の変更による再起動は発生しません。

数値を低くすると画面が狭く、数値を大きくすると画面を広くすることができます。

広すぎると、細かい箇所でのタップがしづらくなったりしますので、適宜調整を行ってください。好みですが、470dpぐらいがほどよい広さだと思います。ちなみにXperia XZでの最小値は320dpでした。

参考

dp = density-independent pixelの略

Androidは各端末で解像度がさまざまです。

そこでAndroidはdpという単位を使います。これは、1インチのなかに○○ピクセルを表示させるという単位で、dpの数値が高くなるほど1インチに詰め込まれるピクセルが多くなるので画面が広く見える、ということになります。

画面が広くて便利

dpの値を大きくすることで、画面を広く使うことが可能です。

比較画像を紹介します。まずは最小値の320dp

470dpに調整したとき

情報量も多くなりとても便利な反面、文字などは小さくなるデメリットもあります。目が疲れないほどの広さで使うことが重要になります。

画面を描画する面積が広くなるので、端末の負荷も増えるじゃない?!と考える方もいるかもしれませんが、Android7.0が動く端末は高性能モデルばかりなので、それほど気にする必要はありません。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る