Android端末を速くしたい。「ヌルサク」から「バキバキ」に速くする方法

Android端末はヌルヌル感を出すためにアニメーション機能を使用しています。

例えば、ウィンドウが開くときアプリのアイコンをタップすると、したからヌル~っと
ウィンドウが開きますよね。

これはアニメーション処理を行っているためです。そのため、ほかのアプリが裏で動いていたりすると突っかかった感じがしてうこともありますよね。

これを嫌う人も少なくないはず。

ならば!

これらの機能を取っ払って、バキバキに速く動くように設定してしまえば良いわけです。

そういうわけで今回は、ヌルサクな動作をバキバキにしてしまう手順の紹介です。

スポンサーリンク

はじめに

今回は、Android 7.1.1を使った設定方法の紹介です。

Android 6以下(または5以下・・。記憶あいまいですみません。)のOSだと設定ができない場合がありますので、ご了承ください。

画像は私が所持している「Xperia XZ」の画面です。

設定

1.開発者オプションを有効にする
2.描画設定を変更する
3.バキバキを楽しむ!

開発者オプションを有効にする

これは下記の記事で紹介していますので、ご参考ください。

Android 7.0以上では画面の解像度(広さ)を確実に変えることができます!
Android端末で表示画面の広さ(解像度)を変える場合、ADBツールを用いてコマンドで解像度を変えるか、Root化して解像度変更アプリを導...

特にむずかしいことはなく、「設定(歯車アイコン)」「端末情報」とたどり、「ビルド番号」を連打します。

開発者になりましたと、表示がでればOKです。

開発者オプションが表示されたら、開発者オプションをタップし、設定を「ON」にしてください。これで有効になります。

描画設定を変更する

開発者オプションは「設定(歯車アイコン)」をタップし、下のほうへ下がりと出てきます。

開発者オプションはさまざまAndroid自体の設定を変えることが可能です。

慎重に操作を行ってください。

下のほうへ下がると、「描画」という項目が出てきます。

その中に、下記の3つの項目があります。

・ウィンドウアニメスケール
・トランジションアニメスケール
・アニメーター再生スケール

ウィンドウアニメスケール

この設定はウィンドウが開くときのスピードが調整できます。

OFFでタップすると一瞬でウィンドウが開きます。

数字が大きくなるほど、ゆっくりとした動作になります。

ナビゲーションバーを降ろすときなどがわかりやすいと思います。

トランジションアニメスケール

この設定は違うアプリを開いたときに移り変わる際のアニメーションの動作に影響します。OFFで一瞬で開いたアプリを表示します。

数字が大きくなるほど、アプリの移り変わりがゆっくりとなります。

アニメーター再生スケール

この設定はタップした際のアニメーション効果などに影響します。

OFFでアニメーションがなくなります。

数字が大きくなるほど、ゆっくりしたアニメーション効果となります。

バキバキを楽しむ

上記で紹介した数字をすべてOFFにすることで、ヌルサクは消え去り、バキバキした動作に変貌します。

一切のアニメーション処理はなくなり、端末が速くなったように感じること間違いなしです!

なお、アニメーション処理がバイパスされるので、CPU負荷軽減にも貢献します。

おわりに

スマホはヌルサクが一番心地よいですが、カクつくこともしばしば。

自分なりのヌルサク感、バキバキ感を楽しめるのもAndroidならでは!と思います。

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

トップへ戻る