アプリインストール時、ホーム画面にアイコンが出て邪魔・・・。設定方法を紹介

Androidをお使いの方はほぼGoogleの「Playストア」からアプリをダウンロード、インストールして利用すると思います。

インストール完了後はアプリが画面に表示されますよね。

気が付くと画面いっぱいにアプリが表示されて邪魔・・・。

今回は画面にアプリが表示されて困っている方へ対処方法を簡単に説明します。

初期設定

Google Playストアではアプリのインストール時に、画面(ホーム画面)にアプリが追加される設定がされています。

ドロワーにもアプリのアイコンは表示されるので、ホーム画面とドロワー2箇所にアプリが表示される状態となります。

一見、ホーム画面からささっとアイコンをタップしてアプリが起動するので便利かもしれませんが、アプリをたくさん利用している方には少々ホーム画面がごちゃごちゃしてしまいますね。

初心者の方やどうしていいかわからないかたにとっては見づらいし困ってしまうことも少ないないですね。

スポンサーリンク

設定は簡単

アプリをインストール時にホーム画面に追加しないように設定を行います。

操作自体は簡単ですが、設定箇所がわかりづいらかもしれません。以下より、設定について説明します。

操作方法を画面で紹介

Google Playストアを起動します。すると、下図のようになるので、左上にある「三」をタップします。

すると左側にズラズラっとメニューが表示されますので、下のほうにある「設定」をタップします。

すると「全般」の項目にて、「ホーム画面にアイコンを追加」の部分に、チェックが入っているので、これをタップして空欄にします。(チェックをはずします。)

下図がチェックをはずした状態です。

操作はこれで以上です。

あとは、実際にアプリをインストールしてアイコンがホーム画面に表示されないのを確認して終了です。

ホーム画面に不要なものがないとスッキリしますね。私のホーム画面はさらにすっきりしています。この方法も後日説明したいと思います。

便利だけど、整理整頓が必要

この機能はiPhoneユーザーにとっては馴染み深いですが、純粋なAndroidユーザーではホーム画面の状態によっては不要の機能になります。

せっかく自分好みの画面にしているのに、アイコンがどんどん追加されてしまうと手間が増えてしまいます。

ぜひ試してみてください!

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る