IT/Technique

「Android(Xperia)端末」VS「iOS(iPhone)端末」メリット・デメリットを比較

更新日:

このたび、iPhoneを入手しました。

で、やってみたかった禁断のレビュー!

長年議論?されている・・Android(Xperia XZ)端末、iOS(iPhone)端末どちらが良いのか?!

それぞれのメリット・デメリット・感想を紹介します。

 

これからスマートフォンを選ぶ際の参考になれば・・と思います。

 

見た目

はや
XperiaとiPhoneどちらもその見た目はとても魅力的です。

 

iPhone Xは、丸みを帯びたデザイン、一方Xperiaはエッジの効いたデザイン。

ただ、XperiaXZ2も丸みを帯びており、どことなくiPhoneを意識したデザインになってきていますね。

これがいか悪いかは読者の方それぞれで違ってくると思います。

 

はや
ちなみに私はXperia XZのあのデザインがとても気に入っています。

 

操作感

Androidはモッサリしたイメージ、iPhoneはヌルヌルしたイメージ(先入観?)を持っていると思います。

 

これは実際、iOS端末を触るまで実感できませんでしたが、ほぼイメージのとおりとなります。

ただ、このイメージはどちらも「初期設定の場合」です。

 

この時点で、操作感はiPhoneに軍配が上がってしまいますがイヤイヤ!Androidだって負けていません。

 

Androidはカスタマイズありき

タイトルどおり、Android端末はそのままではとても使いにくいOSです。

iOS端末のように徹底的に追及されたOSでなく、ユーザーが自由に設定できる隙があるOSであるといっても過言ではありません。

画面表示のカスタマイズ、操作性のカスタマイズを行うことでAndroid端末もiPhoneのようなヌルヌルした操作感を得ることが可能です。

 

画面

こちらは画像を紹介したほうが早いですね。

上の画面がiPhione端末、下の画面がAndroid端末の画面です。

 

ちなみにAndroid端末は、画面を広くするためのカスタマイズを実施しています。

Android端末では、初期設定のままでは画面が比較的狭いため、一度に情報を多く見たい場合カスタマイズが必要です。

一方で、iOS端末では、初期設定のままでも画面は広く、一度に多くの情報を見ることが可能です。

やはりここでもAndroid端末はカスタマイズが必要になるのではと思います。

 

画面に並ぶアイコン

アプリをインストールしない人はいないと思います。

こちらも実際の画面を見たほうが早いと思います。まずはAndroid端末の初期画面です。

 

Android端末の初期状態のままでは、たくさんのアイコンやウィジェットが何画面にも渡って表示されています。

かたやiOS端末では、ウィジェットは専用の画面、アイコンは整然と並んでいます。

 

この画面の使いやすさは圧倒的にiPhoneでしょう。

ただ、Android端末もカスタマイズを行うことで、iOS端末に負けない整然とした画面にすることができます。

下図はカスタマイズを施したXperia XZの画面です。画面には何もありません。

 

わたしの場合、「Nova Launcher」を使用し、画面には何もおかない設定、アプリを起動する際はドロワーから起動するようにしています。

一見手間のようにも読み取れますが、指で下から上にスイっと「スワイプ」させるので、手間は皆無です。

 

設定方法は本ブログで紹介しています。

CHECK
Androidのホーム画面をカスタマイズする方法を紹介!スッキリさせたい方、必見です

AndroidはiPhoneなどと比べると使いづらい印象が一般的…。   iPhoneはすでに完成された画面で ...

続きを見る

 

設定画面の呼び出し

Android端末では、画面外から画面内へ「上から下」にスワイプすることで、設定画面を呼ぶことができます。便利です。

iOS端末では、画面外から画面内に「下から上」にスワイプすることで、設定画面を呼ぶことができます。便利です。

 

どちらも便利ですが、これは圧倒的にAndroidが便利だといえます。

iOS端末では、あらかじめ呼び出せる設定が決まっています。

 

これとは反対に、Androidでは、呼び出せる設定をカスタマイズすることができます。

比較的使うであろう「WiFi」の設定はiPhoneではONかOFFにできる程度です。

 

本格的な設定は画面に配置されている「設定」アイコンをタップし、アクセスポイントを探し出し・・といった手順が必要です。

Androidでは、WiFiのアイコンをタップすればすぐにアクセスポイントの確認や設定を行うことが可能です。

 

ほかにもAndroidでは、スワイプひとつで呼び出したい設定項目を並び替えることが可能です。

 

アプリのラインナップ

Google PlayストアとAppストアとでは、扱えるアプリも異なります。

最近では、両方のストアで見かけるアプリも増えてきましたが、わたしの感覚ではAppストアのほうが、アプリが多い気がします。

 

アプリのインストール

アプリはほとんどはとても優秀なものばかりです。

でも、残念ながら意図が不明なアプリがあったり、個人情報を抜き出すだけの悪意のあるアプリもあるのも事実です。

 

Appストアではそういったアプリを排除しようという感じがありますが、Google Playストアでは、たまに「え?いいのこれ?!」というアプリも見かけます。

アプリの安全性はAppストアがやや上かなと感じました。

 

さらに、本人の意図しないアプリのインストールを防ぐ目的など、Appストアは有料無料問わず、本人認証(ロックナンバーや指紋認証)を必要とします。

Google Playストアでは今のところ有料アプリの購入の際に、ほんとにお金払ってもいいのね?という確認ぐらいです。

 

端末のセキュリティ(指紋認証/顔認証)

最近では、Android端末、iOS端末どちらも遜色ないセキュリティです。その中でも指紋認証はここ最近どの端末でも導入されていますね。

ここで、いくつかメリット・デメリットを紹介したいと思います。これは、Android端末、iOS端末いずれにも言えます。

 

メリット

  • 指紋で、煩雑なパスワード認証を省略することができる
  • 本人の指紋のみでロック解除が可能
  • 画面をのぞいただけで認証ができる(iPhone)

 

デメリット

  • 寝ているすきにスッと指で他人の端末を解除できてしまう可能性がある
  • 寝ているすきに顔認証でロックが解除できしまう可能性がある
  • 指紋を読み取る部分が故障すると、指紋認証ができなくなる。最悪はパスワードを忘れてしまった場合、ロック解除が不可能

 

大きなメリット・デメリットは上記の感じでしょうか。

 

私が所持しているXperia XZでは、指紋を5つ登録できるので、ロックしやすい指をいくつか登録しておけるため、よりスマートな認証が行えます。

 

はや
iPhoneでも、5つ(iOSバージョン11)まで登録できますので、登録しておくと便利ですね。

 

ちなみにiOS端末で指紋認証を追加するには、「設定アイコン」をタップしたあと、「Touch IDとパスコード」で設定可能です。

 

ちなみにこの指紋認証ですが、Android端末では、端末の端の部分にあります。

そして、iOS端末では、画面下の丸いボタンで指紋認証を実施します。

 

どちらも片手で持った時に、スッとやりやすいですが、机に置いて軽くLINEやメールなど簡単なチェックをしたいときなど画面を開くとき、iOS端末のほうが指紋認証はやりやすいです。

 

SIMロック解除

今回、iOS端末でのSIMロック解除を実施するまではできませんが、例えばSoftbankで購入したiPhoneをSIMロック解除し、docomoSIMで使う、なんていうことも可能です。

それに対し、Android端末は、docomo端末をSIMロック解除した場合、docomoキャリアを使用しているSIMを使う必要があります。

 

はや
力技として、ROMを入れ替える、ということをすれば使えます。これは経験済み。

 

なので、iPhoneは気軽にSIMロック解除して別業者のSIMを使うことができます。

 

それぞれを使い比べてみて…

禁断?のレビューをざっくりですが行ってみました。

それぞれメリット・デメリットあります。

 

Android端末

  • Android端末はカスタマイズが前提で、自分好みのスマートフォンにすることができる。
  • ただし、初心者の方にいきなりカスタマイズは無理なので、使いずらい。

 

iOS端末

  • iOS端末は買ったその日からとても使いやすく、カスタマイズする必要がない。
  • ただし、上級者の方には少々つまらない端末

 

まとめ

自分好みにカスタマイズして使いたい!という方は特にGaraxyやXperiaがお勧めです。

いやいや、カスタマイズは良いからとにかく、高性能なスマホを使いたい!というかたにはiPhoneがおすすめです。

 

最近では、格安SIMでもXperiaやiPhoneを手軽に入手することもできますので、気になった方は下記のリンクも掲載しますので、ご参考までにどうぞ。

Android端末向け「格安SIM」
人気の「ZenFone 5」や、「HUAWEI nova lite 2」がラインナップ

中古でiPhoneを買うのも手ですね。
実は、今回iPhone 6を中古で購入しました。値段は12,000円ほどで新品同様のものを手に入れることができました。

OSもバージョン11に対応しています。

 

mineoなどで、格安SIMと合わせて買うと、コストをグンっと下げることもでき、お勧めです。

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

人気上昇中の記事

1

タブレットはとても便利ですが、なかなかうまく使いこなせていない人が多いです。   そこで今回は、タブレットの使 ...

2

WordPress(ワードプレス)でブログをはじめたい・・・けど、何がどう必要なのかわからない。 ワードプレスは夢があり ...

3

タグ管理マネージャー2とは、WING AFFINGER5専用の「プラグイン」です。   はや私のなかでは「最高 ...

4

ブログを始める人の中には、「副業」目的の方も多いでしょう。   しかし、いざ始めてみたは良いものの・・。 &n ...

5

サイト運営しているとサイトのスピードなど・・気になりますよね。 サイト表示のスピードがあまりにも遅いと閲覧者はサイトを「 ...

6

WiMAXが終了するようですね。 WiMAXといえばポケットWiFiですが、これは商品名ではなく規格のひとつであることは ...

7

「ポケットWiFiってなんだろう…。」 「ポケットWiFiってどうやって使うの?」 「ポケットWiFIって便利なの?」 ...

-IT/Technique

Copyright© HAYAMIZ Blog , 2018 All Rights Reserved.