ダイエット

危険!「疲れやすい」「めまいがする」は貧血のサイン。ダイエット時は特に注意

更新日:

貧血を改善したいかた多いと思います。

特に女性は月経(生理)で月一回大量に血液が失われます。

貧血にならないほうがおかしなぐらい大量に失われますよね。

 

ですので、貧血にもなりやすく体が冷えやすい女性多いです。

そして、体が冷えると色々な不調も出てきてしまいますよね。

 

今回は女性向けの記事でもありますが、男性は特に知っておいてほしいないようですので一度読んでみてください。

 

貧血を改善するには

すでにお分かりとは思いますが、まずは「鉄分」を摂る。コレが一番です。

鉄分が多く含まれている食物を食べることで、貧血は徐々に改善されていきます。

 

とはいえ、そう簡単にはいきません。

男性はともかく、女性は月経で月一度に大量の血液が流れてしまいます。

 

貧血とはなにか

血がなくなれば貧血気味だってことは分かるかもしれません。

頭がクラクラしたり、体がだるく感じたり、ひどくなると動悸や息切れを起こします。

 

一言で言うと酸欠状態です。

 

え?でも普通に呼吸してるよ?

 

と思われるかもしれませんが、それはあくまでも肺で酸素を吸っているだけに過ぎません。

その酸素を体のあらゆるところに送って細胞ひとつひとつに酸素がいきわたってはじめて呼吸していると思っていただいてかまいません。

 

そしてその酸素を運ぶための役割を担うのが血液に含まれている「ヘモグロビン」というものです。

 

血液が不足すると当然ヘモグロビンも流れていくので、酸素を運べる量が少なくなります。

酸素が体の隅々までいきわたらないので、細胞は酸欠状態に陥り、結果、体がだるく感じたり、頭がクラクラしてしまう、ということなのです。

 

はや
この状態が続くと、ハァハァとした息使いになり最悪は・・・。

 

貧血に陥りやすいのはなにも女性だけではない

貧血は女性に多いことから女性特有と思われがちですがそんなことありません。

 

誰にでも起こりえます。

 

一番気をつけないといけないのは「ダイエット」です。

ダイエットは体重を落とすことが主目的であるため、食べないことで体重を落とす人が多いです。

 

私もダイエットを成功させる前やったことがありますが、正直危険ですし、当然のごとくリバウンドしダイエットは失敗に終わりました。

 

結局食べないということは栄養が体に入ってきません。

栄養が入ってこないということは新しいヘモグロビンも作られません。

まして女性であれば月経で月一度血液が出てしまうのでそれを補う分の栄養素も確保できず貧血になりやすくなります。

 

ダイエットどころではなくなります。

 

太っているというコンプレックスを改善したいが故に、食べないダイエットで一日でも早く痩せたい!という気持ちは分かりますが、これは超危険なのでやめてください。

貧血とあわせてダイエットに関してのお悩みはこちらで解決できるかもしれません。

 

ヘモグロビンを増やすには

貧血にはいくつか種類があったりしますが、なかでも多いのが鉄が不足することでおきる「鉄欠乏性貧血」です。

鉄欠乏性貧血はダイエットをはじめ、大怪我や病気で出血した際にもかかります。

 

さて、ヘモグロビンは、「鉄を含むヘム(ヘム鉄、非ヘム鉄)という赤い色素」と「たんぱく質」が結合したものです。

そのため、ヘモグロビンを増やすには単純に「ヘム」と「タンパク質」の摂取が欠かせません。

 

貧血を改善する方法

冒頭でも紹介したように、鉄分を多く含んだ食事を摂る事が重要になってきます。

特に女性はこれを意識しなくてはいけません。

 

どんな食事が効果的か

まずヘモグロビンはヘムとタンパク質をバランスよくとる必要があります。

ヘムは「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があり、ヘム鉄は非ヘム鉄と比べておよそ4倍の吸収率があるといわれています。

 

ですので、ヘム鉄が多く含まれている食物を摂ると良いです。

 

ヘム鉄が多い代表的な食べ物は・・・

  • 豚レバー
  • 牛肉
  • カツオ

 

非ヘム鉄はタンパク質やビタミンCと合わせて摂る事で体への吸収率が高まります。

 

非ヘム鉄が多い代表的な食べ物は・・・

  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 納豆

 

はや
たとえば、「朝食に納豆」「ランチに焼肉」「夕食に小松菜と卵の炒め物」などなど、動物性、植物性をバランスよく摂る事で貧血を予防することが期待できます。

 

貧血予防に効く栄養素と食材をまとめた「女子栄養大学」のページが参考になりますので、ご紹介します。

 

ほうっておくと怖い貧血(まとめ)

貧血は酸素を運ぶためのヘモグロビンが少ないため体にあらゆる不調を引き起こします。

 

女性は特に貧血になりやすいです。

現代では鉄を含んだサプリや、栄養ドリンクが豊富に出回っています。

 

世の女性方は経時の出血量が多く貧血に悩まされている人が多いと聞きます。

 

食事で貧血を予防するといっても正直限界があると感じています。

吸収率を考えると相当量を食べないといけないため、もともと小食なかたには毎日摂取するなんて無理なはなしです。

 

我が妻も貧血に悩まされていますが、バランスの良い食事とサプリ、栄養ドリンクで顔色も良くなってきました。

とはいえ、まだまだ月経時の出血量と鉄の摂取量のバランスが悪く、あまり無理はできません。

 

貧血予防のひとつに「当帰養血精」という漢方がありますが、Amazonでは現在扱っていません。

薬局などで貧血について相談してみると良いですね。

 

ほかにも貧血に効果のある漢方

 

鉄分補給の定番

 

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した「元・顔がパンパン」の現役ネットワークエンジニアです。ダイエットに関する知識・IT系の知識に定評頂いています。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-ダイエット
-

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.