PR VPS

【ARK】レンタルサーバーおすすめ3社を比較

  1. ENGIWORKS HOME >
  2. VPS >

【ARK】レンタルサーバーおすすめ3社を比較

ARK: Survival Evolved の公式サーバーが2023年8月末で Xbox,PC,PSにて終了していますが、今回紹介した3つのレンタルサーバーを活用すればデータを引き継いで遊ぶことが出来ます。

 

ARKはマルチプレイに対応しています。レンタルサーバーをレンタルすることで専用のゲームサーバーを立てることができます。

 

この記事では、ARKのマルチプレイに対応しているレンタルサーバーを3つを比較。

 

今回は下記のマルチプレイ向けのレンタルサーバーを基にしています。

 

複雑な設定が不要なレンタルサーバーを厳選しましたので、ぜひご覧ください。

 

 

ARKとは【マルチプレイ向けのレンタルサーバーを使う理由】

 

ARK: Survival Evolvedとは恐竜がいる世界を舞台にしたオープンワールドの恐竜サバイバルアクションゲームです。

 

モンハンとマイクラが合わさったような異色のゲームで最大100人までオンラインプレイでも楽しめ、人気のゲームです。

 

とは言え…、ARK(アーク)でオンラインプレイを楽しむ際、高性能なサーバーが求められます。

 

マルチプレイを楽しむためのマルチサーバー(またはゲームサーバー)は一般的に3つの方法で使うことができます。メリットデメリットも併せて紹介しますと…

メリット デメリット
自前で用意 自由にサーバーを立てられる 電気代がかかり過ぎる
サーバー維持費がかかる
通信環境の充実化が必須
公式を利用 無料で使える 不特定多数のプレイヤーがいる
トラブルに巻き込まれる場合も
ゲームサーバーをレンタル 仲間内だけで遊べる
サーバーメンテ不要
サーバー構築が簡単
レンタル料金が1,000円/月ほどかかる

 

自前で用意するにはとにかくお金と時間がかかります。

 

電気代が爆上がりした今、サーバーの電気代だけで月に2,000円以上はかかることも…。ハードディスクや電源などが壊れた場合の買い替えや再構築にもお金や時間がかかります。

 

各ゲームの公式が無料公開しているゲームサーバーに参加すれば無料で遊ぶことができますが、悪意のあるプレイヤーに荒らされていたり、トラブルに巻き込まれたときがとても面倒…。

 

マルチプレイをためらう一番の理由がコレ。嫌な思いは誰だっていやなもの…。

 

ゲームサーバー(VPS)は月額料金はかかりますがプランによっては自前よりグンと安く(800円/月ほど)使えますし、なにより高性能ゲームサーバーをメンテ無しで遊べる点が魅力。

 

また完全プライベートなので仲間たちだけでマルチプレイが可能!

 

なかなかマルチプレイが出来ずに悩んでいたあなたもゲームサーバーを立ててしまえば悩み解決。月額料金を仲間たちで割り勘にすればグンと安く抑えることもでき、最高のゲーム環境でマルチプレイが楽しめます。

 

ARKのマルチプレイ向けのレンタルサーバーを選ぶ基準【4つ】

 

マルチサーバー向けのレンタルサーバーを選ぶ基準は下記の4つです。

  • 性能の良さ
  • プラン変更の柔軟性
  • セキュリティ設定
  • 月額料金

 

性能の良さ【必要スペック】

言うまでもないですね。

 

ARKは大人数でのマルチプレイが可能ですので、もし大人数でのマルチプレイサーバーを公開する場合はスペックには十分注意しましょう。

 

ちなみに必要なサーバースペックは詳しく公開されておらず、VPS各社の情報を参考にするほかありません。

 

ちなみに人数の目安と対応するプラン下記のとおり。ARKは2GBプランには対応していません。なお、現状本当に100人で遊ぶ場合は最大プランでもキツイ可能性があります。

人数 5~10人 11~20人 20人以上 50人~(※) 80人(※)
プラン 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 1,700円 3,201円 7,200円 18,500円 38,000円
メモリ 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
vCPU 4個 6個 8個 12個 24個

(※)ENGI WORKS調べ

上の表を参考にスペック(プラン)を選んでみてください。

 

プラン変更の柔軟性

結論からいくとどのレンタルサーバーもプラン変更は簡単にできます。スペックが足りないなと思えばすぐに上位プランへの切り替えが可能です。

 

注意点としては上位から下位への変更ができないという点です。

 

4人ほどで遊ぶことが前提なのに、8GBは少しオーバースペック。4GBプランで遊んでみて、ちょっと重いんじゃない?とプレイヤー同士で話し合ってみてそこでプラン変更を考えても問題ないです。

 

プラン変更の切り替えは上位プランを選んで追加分の料金を支払うだけですのでとても簡単にできます。支払い完了後、10分以内には新スペックで遊ぶことができます。

 

セキュリティ設定

マルチプレイ対応のゲームサーバーのほとんどは管理パネル上で簡単に設定ができます。

 

ただし、設定は大雑把なのでガチガチにセキュリティ対策をする場合はLinuxへログイン(プログラムが動いているサーバー内部に直接ログイン)して、設定を追加する必要があります。

 

とはいえ、この設定に関しても当サイトに記載がありますので、ご安心ください。

 

月額料金【安いVPSはこれ】

コストはもちろん抑えたいですよね。

 

本記事で紹介しているVPS(レンタルサーバー)を安い順に並べました。

 

 

このような並び順になった理由は下記の通りです。

 

  • シン・VPSは、2GBプラン以下が相当安く、4GBプランになるとディスク容量が増え月額料金はやや高め
  • ConoHa for GAMEは、キャンペーンの割引率が70%超え。更新時は高額で継続利用には不向き
  • Xserver for Gameは、同じプランの価格がおよそ半額とリーズナブル

 

ただし、エックスサーバー株式会社が運営しているXserver for Gameシン・VPSは同じサーバーが使われています。特にシン・VPSはディスク性能に特化しているため、ディスクスピードに関しては異次元。

 

ガチでストレスフルな環境を作るならシン・VPSもあり!ただ、人数が多いとプランが対応しきれないのでその場合はXserver for Gameを選びましょう。

 

ARKのレンタルサーバーを選ぶなら海外サーバーと国内サーバーどっちが良い?

 

これは言わなくてもお分かりになると思いますが、国内サーバーです。

 

今回ご紹介している3つのARK向けレンタルサーバーですが、複雑な設定をする必要がない「テンプレート」というものが用意されています。

 

2~3年前なら国内でテンプレートを用意しているレンタルサーバーが存在していなかったので、海外サーバーを選ぶメリットもありましたが、トラブルがあった場合などは基本英語です。

 

また、支払いも日本円ではなくドルやユーロであることが多く、正直安いのか高いのか(損か得か)が分かりづらい面も。

 

現在は国内レンタルサーバーで格安でARK用のレンタルサーバーが用意されています。サポートも日本語対応しやすく価格も日本円なので、わざわざ海外サーバーを選ぶ理由もなくなってきました。

 

【厳選】ARKのマルチプレイにおすすめのレンタルサーバー3選【難しい設定なし】

 

ARKのマルチプレイにおすすめのレンタルサーバーは冒頭でもお伝えした下記の3つ。

 

他記事ではこのほかにもレンタルサーバーを紹介されていることが多いですが、ARKの核となるプログラムを設定に追加設定するなど設定がとても複雑です。

 

そこでここでは、申し込むだけでARKのマルチプレイ環境が完成するレンタルサーバーを3つに厳選。

 

サーバーエンジニアがこれはカンタン!と思ったサーバーばかりですのでぜひご参考にしてみてくださいね!

 

 

そして!

 

どうせなら、コスパ良く性能も良くて、価格も安いサーバーを選びたいですよね。

 

そこで下記に注目しておすすめの3サーバーをさらに順位付けしてみました。

  • 月額料金
  • サーバースペック
  • ディスク
  • プラン変更のしやすさ

 

まずはおすすめ順を記載しておきます。

 

コスパを基に選んでます。

 

次に、表にして比較してみました。

VPS Xserver for Game シン・VPS ConoHa for GAME
サーバースペック AMD EPYCTM AMD EPYCTM 非公開
使用ディスク NVMe(SSD) NVMe(SSD) SSD
ディスク読み書き速度 超高速 超・超高速 高速
プラン変更のしやすさ 簡単だが、2GBには戻れない 下位プランへは戻れない 簡単
最安月額料金  830円  620円  2,033円
支払い方法 クレジットカード
あと払い(ペイディ)
クレジットカードのみ クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード

 

VPSでいうサーバースペックは主にCPUで表示しています。Xserver for Gameシン・VPS以外は非公開と言う結果。

 

使用ディスクはSSDが一般的。こちらもXserver for Gameシン・VPS以外は非公開。

 

プラン変更のしやすさはどのVPSも簡単でした。残念ながらXserver for Gameシン・VPSは、下位プランに下げることができません。唯一のデメリット。

 

月額各レンタルサーバーは月額割引キャンペーンを実施しています。表に掲載している最安月額料金よりもさらに安くなっているので、一度チェックしてみてください。

 

次に各社を詳しく説明します。

 

【おすすめ度:Xserver for Game

 

Xserver for Gameはエックスサーバー株式会社が運営するゲームサーバー向けVPSです。

 

Xserver VPSがサービスを展開しているXserver for Gameはサーバー性能が段違い。ほんとうなの?と思うかもしれませんが実際に性能をチェックしていますので断言できます。

Xserver VPSと他社VPSのCPU性能を比較【Windows版/Linux版徹底比較】

続きを見る

 

また、サクサクゲームができることも確認していますし、申し込み方法もとても簡単。管理画面の使い方も紹介していますので、紹介している記事と併せて確認してみてください。

 

Xserver for Gameの料金プラン

 

月額料金は1ヶ月契約、12ヶ月契約、24ヵ月契約、36ヶ月契約の4パターンから選べます。

 

プランは6種類と幅広く用意され、新規契約者であれば割引キャンペーンでの料金で格安にてXserver for Gameを使うことができます!

 

ただし、1ヶ月契約の場合は通常料金が適用されます。キャンペーン対象外となるのでご注意下さい。

プラン 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 1,150円 2,200円 4,400円 9,750円 22,100円 44,200円

料金と性能をもっと詳しく見る

 

安定性抜群!Xserver for Game【割引あり】

安定したマルチゲームができる

ゲームサーバー専用VPS

 

【おすすめ度:シン・VPS

 

あまり聞きなれないVPSですが、こちらもエックスサーバー株式会社が運営しているVPSです。

 

シン・VPSは、Xserver for Gameと同じサーバースペックですが、SSDにカスタマイズがされていると思われ、ディスクの読み込み速度が驚異的。

 

シン・VPSは、Xserver for Gameと比較するとほぼ同じですが、下方向へのプランが追加され、より申し込みしやすくなっています。

 

とは言え…ゲームサーバーとしてシン・VPSを契約する場合は、2GB以上は必須になってきます。

 

ただし、シン・VPSはSSDにちからを入れているので、ディスク容量を気にする場合、Xserver for Gameで同等プランを検討するならシン・VPSを選んだほうがいい場合もあります。

 

ぶっちゃけディスクの容量、速度にこだわりがなければシン・VPSと、Xserver for Gameで比較するなら月額料金の納得いくほうで選べばOK!

 

【おすすめ度:ConoHa for GAME

ConoHa for GAME

 

ConoHa for GameはGMOが運営しているゲームサーバー専用のVPSレンタルサーバーです。

 

サクッと申し込みができ、簡単に設定ができ、ゲームがガシガシ・サクサク動きます。

 

ただ、性能比較をした点ではXserver VPSのサーバーの3分の1の性能、月額料金は契約更新時にグンと値が上がるためおすすめ度は「★4」としています。

 

ConoHa for Gameの料金プラン

分かりやすく3つのプランから選べばOKです。1ヵ月契約をはじめ、12ヵ月、24ヵ月、36ヶ月と契約月数も豊富。最低利用期間もないので選びやすいですね。

 

\ 最適プランは4GB /

人気のゲームを人気のサーバーで

>>1GBプランなど詳細なプランもみて見る

 

ARKのマルチプレイ専用レンタルサーバーの設定方法【各詳細手順あり】

 

ARKのマルチプレイ向けレンタルサーバーの申込み方法から設定方法までをレンタルサーバー別に用意しています。

 

Xserver for Game

 

【Xserver for Game】ARKのゲームサーバーをレンタルしてマルチサーバーを立てる方法

【Xserver for Game】ARKのゲームサーバーをレンタルしてマルチサーバーを立てる方法

続きを見る

 

シン・VPS

 

【シン・VPS】ARK専用サーバーの立て方

【シン・VPS】ARK専用ゲームサーバーの立て方【申し込みから完全解説】

続きを見る

 

ConoHa for Game

 

【ConoHa for GAME】ARKのマルチサーバーを立てる方法

【ConoHa for GAME】ARKのマルチサーバーを立てる方法

続きを見る

 

ARKのマルチプレイ向けレンタルサーバー:まとめ

 

ARKのマルチプレイ向けレンタルサーバーについて3つのサーバーをご紹介しました。

 

ARKは最大100人で遊ぶことができる大規模オンラインのゲームです。

 

ARK: Survival Evolved の公式サーバーが2023年8月末で Xbox,PC,PSにて終了していますが、今回紹介した3つのレンタルサーバーを活用すれば遊ぶことが出来ます。

 

同じデータを引き継ぐことも可能ですので、引き続きARK: Survival Evolvedを楽しんじゃいましょう!

 

ARKのマルチサーバー(専用サーバー)を立てるうえで良くある質問

ARKのマルチサーバーを立てる上で良くある質問をまとめました。これ以外にも疑問がある場合はお問い合わせください。

 

ARKの専用サーバーでおすすめのプランはどれですか?

ARKの専用サーバーを立てるには2GBプランは選べません。4GBプラン以上が必須です。

ARKの非専用サーバーと専用サーバーの違いはなんですか?

ARKの非専用サーバーと専用サーバーの違いは以下のとおりです。

  • 非専用サーバーとは公式が立てたサーバーを言います。
  • 専用サーバーとは、Xserver for GameなどのVPSを使ったサーバーを言います。

現在、ARK: Survival Evolvedの公式サーバーはサービスが終了しているので実質非専用サーバーはありません。

マルチプレイを楽しむ場合、Xserver for GameなどのVPSを使ったサーバーを立てればOK。ちなみに、専用サーバーは他人が入ってこないため、身内だけでとことん楽しむことができるメリットがあります。

VPSの支払い方法はなにがありますか?

Xserver for Gameや、シン・VPSの場合、以下の支払い方法があります。

  • クレジットカード
  • 翌月後払い(コンビニ/銀行振込)

友人・知人と遊ぶためには何を教えてあげれば良いですか?

VPSのコンソール画面に入り、下記の2つを教えてあげてください。

  • Server IP Address
  • ARK Server Join Password

 

意外と知らない人多数!

MacパソコンでもVPSは使える?

とても便利なVPS。安定性・コスパも最高。でも、知らなかったという人多数…!

MacでVPSは使えます。

  • FX自動売買
  • テレワーク
  • ゲームサーバーの構築・設定

MacでVPSを使う方法と安定性・コスパにすぐれたVPSのご案内はこちら。今からでも遅くはありません。

ゲームサーバーを立てたい!

みんな使ってる定番のサーバー3選

マイクラ・パルワールド・ARKなどなど…。友たち・知人だけで遊びたいならゲームサーバーは必須。

今は自分で知識も不要で簡単にサーバーが作れます。必要なものはすべてそろっています!もちろん、高性能で低コスト!

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐにサーバーが起動
  • 用意するものは何もなし!

知識不要ですぐに遊べるゲームサーバーはこちらでご案内。とても簡単に作れます。

FX専用VPSで安心取引!

約定スピードが超高速・安定の取引を

FX取引はVPS上が定番。24時間稼働でも安定稼働・電気のコストも抑えられ、安定した取引も実現。

パソコンが壊れる心配もなく、デバイスも問わないのでいつでもどこでも取引出来ます。もちろん、利用コストも抑えられます。

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐに始められる

知識不要ですぐFXが始められます。申し込みも簡単。

  • この記事を書いた人

はやみん@ENGIWORKS

▼ENGIWORKS(エンジワークス)運営者 ▼本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・構築・セールスと多岐に渡る ▼エンジニア歴20年 ▼VPS構築・データ移行サポート実績多数 ▼詳細画像や操作など細部に渡る記事執筆に定評有り ▼職務経歴などもご覧ください。

-VPS
-, ,