iPadやiPhoneのホームボタンが反応しなくなった。暫定的な対処方法を紹介

参考になりましたら是非「シェア」お願いします!

iPhone XやAndroid端末はホームボタンが物理的にありません。

iPadや数世代前のiPhoneでは、ホームボタンが物理的ありますよね。

今回は、ホームボタンが動かなくなってしまったときに、暫定的な対処方法を紹介します。

原因

ホームボタンの下に、ライトニングケーブルをつなぐコネクターがあります。

そのコネクターとホームボタンはほぼ上下に位置し、その間に基盤があります。

その薄い部分にホームボタンを制御する基盤があるため、物理的に脆弱な部分となっています。

人間、どうしても押すときにはちからがはいってしまうときがあります。

・うまく動かず、グッと押してしまった

・常にグイグイ押してしまう

仕方がないことです。

反応が鈍いときは

ライトニングケーブルを差し込んでちから加減に注意して上に持ち上げる感じでグイグイ押して見ます。

長年上から押されてきたため、基盤が下へへこんでいるため、これを持ち上げてやります。

反応が戻ってくればラッキーです。

ちから加減に注意して使ってください。

完全に反応しなくなった場合

義理の母が所持しているiPadがこの症状でした。

聞くと、ある日、反応が悪くなり始め、グイグイ押す日が続いたそうで、ついに反応しなくなりました。

どうになならないかと相談があり、暫定的に画面上に仮想ボタンを設置することでとりあえず解決しました。

Assistive Touch

これはiPadやiPhoneに標準搭載されている機能で、画面上に仮想的にホームボタンを表示させることができるものです。

スポンサーリンク

設定方法

「設定」アイコンをタップし、「一般」「アクセシビリティ」とたどり、「Assistive Touch」を「オン」にするだけです。

画面上に仮想ホームボタンが出てくれば設定完了です。

暫定的なもので、ホームボタンを「呼び出す」というひと手間が増えますが、物理的なホームボタンと遜色なく使うことができます。

また、この仮想ボタンは色々なショートカットの設定できますので、使い方によっては非常に便利なボタンになります。

とはいえ、物理ホームボタンは壊れたままなので、頃合いをみて修理を依頼しましょう。

おわりに

ホームボタンはちからいっぱい押すと反応が鈍くなりがちです。これを繰り返すと基盤がへこんでしまい、ボタンとしての機能が失われてしまいます。

繊細な部分なので、やさしくタッチしてあげてください。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

この記事が気に入りましたら
いいね ! お願いします。

Twitter で
トップへ戻る