そういう意味だったのか!「赤ちゃんが乗っています」ステッカーの意味がわかる!

車いこんなステッカーが貼ってあるのをご存じの方は多いかと思います。

デザインも可愛くてこんな風にとらえる人が多いんではないでしょうか。

・赤ちゃん自慢ですか(笑)

・幸せアピールかよ!

・だからどうした?!
なかには「赤ちゃんが乗っているんだ!気を付けよう~」など思う人ももちろんいると思いますが、なぜか先に上げたようにネガティブにとらえられてしまいがちです。

スポンサーリンク

ステッカーの意味

意味はこうです。

事故が起きたとき赤ちゃんも探してください!

ステッカーはデザインが可愛かったりもするので、冒頭でも書いたように子供自慢?的な感じに見えてしまいます。

・・・

ですがこれは昔、事故にあった車で大人は助け出されたのですが、その時救助した方々は赤ちゃんがいることに気が付かなかったそうです。

赤ちゃんはそのとき車の後部座席から遺体で見つかったそうです。

赤ちゃんが乗っていることに気が付いていれば助けられたかもしれない。この事故がきっかけでステッカーが作られたとか。

・・・

まあ、その後、上記のような話は「都市伝説」だったとするうわさもあります。

でも、わたしはそんなこと関係ないと思います。

このステッカーがあることで・・

ステッカーがあることで助かる命もあるということ。

子供が生まれてステッカーをただおしゃれで貼っている人もしれません。

ただ、決して自慢しているわけではないのです。

ステッカーの本来の意味

さて。

本来の意味ですが・・・

赤ちゃんが乗っているので安全運転をしています。

という意思表示が本来の意味だということ。

悲しいことにこのステッカーをみて逆に煽ったり、悪質な割り込みをする人がいるようです。

やめてほしいものです。

子は宝と言います。

暖かい目で見守っていきたいですね。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る