人気の記事

エンタメオプションでYoutubeも見放題!Biglobeモバイルで快適スマホライフを

各社からいろいろな格安SIMが提供されているのはご存知かと思います。

しかし・・

正直「どこかいいのか」迷われている方は多いかと思います。

そこで、今回紹介するのは、お安く使えて動画が見放題になるオプションが売りの「Biglobeモバイル」です。

安く使えて「動画見放題!」

これだけで、ワクワクしちゃいますよね。

Biglobeはサービスプロバイダーの老舗として有名であり、そのBiglobeが格安SIMのサービスも展開しています。

Biglobeモバイルは当サイト「イチオシ」のMVNOです。

まずはだまされたと思って読んで見てください。

 

Biglobeモバイル

Biglobeモバイルはその昔「NEC」の子会社が運営していたインターネット接続サービスでした。

その後、NECグループを離脱し「Biglobe」として、運営を続けています。古くからあるインターネット接続業者でその信頼度はお墨付きといえます。

ちなみに名前の由来は「Big」な「Global」=「Biglobe」だといわれています。

 

回線強度は日々強く

格安SIMであるがゆえに、どうしても利用者が増える朝方、昼方、夜は回線帯域が狭くなります。狭くなるということは、通信が遅くなるとほぼ同じです。

しかし、Biglobeモバイルは定期的な回線強化を行っています。

わたしは通勤で東京駅を利用しますが、当初、平日の8:00ぐらい、LTE回線がつながらなくなることが多々ありました。

LTEの電波は掴んでいるが、画面が表示されない場合は、回線が混んでいるためデータが受信できていないためです。

しかしながら、ここ半年で徐々に繋がるようになり、最近では重いなぁと感じることは少なくなりました。

 

おすすめオプション

Biglobeモバイルでは、超おすすめのオプションがあります。

音声通話SIMで月額480円(税抜き)、データSIMで月額980円(税抜き)でなんと、動画や音楽などの視聴で通信のカウント制限を受けない「エンタメフリーオプション」というものです。

これが冒頭でも少しお伝えした「動画見放題・音楽聴き放題」になります。

通常、外出先などでインターネットを利用するとLTEの通信カウントが行われます。

例えば契約している月の利用容量が7GBとした場合、7GBを超過すると帯域制限が行われますよね。

しかし、このエンタメフリーオプションを契約している場合、動画や音声を10GB利用しようが、100GB利用しようがLTE通信のカウントには含まれない!というオプションです。

あくまでエンタメフリーオプションが対応(後述)している動画や音声のみであり、すべての通信が通信カウントの対象ではない点に注意して下さい。

日ごろから動画や音声を楽しんでいる方はぜひおすすめするオプションです。

とはいえ・・

・本当にカウントされないの?

・間違ってカウントされたりはしない?

 

心配は無用です。

このオプションについてはわたしが実際に試してカウントされないことを確認していますので、ご参考頂けると幸いです。

 

利用料金

一番気になるのは月の利用料金でしょう。

以下に月額利用料金を紹介します。価格はすべて税抜きです。

プラン データSIM 音声通話SIM
3GB 900円 1,6000円
6GB (おススメ) 1,450円 2,150円
12GB 2,700円 3,400円
20GB 4,500円 5,400円
30GB 6,750円 7,450円

 

上記のほかに、初期契約時は、SIMカード準備料394円(税別)、契約事務手数料3000円(税別)が発生します。

おすすめは上記の表にも記載したように、「6GBプラン」です。

おすすめする理由としては、3大キャリアからの乗り換えの場合、7GBでの利用がほとんどです。普段使いで7GBの制限を越えない人はこのプランを選ぶとよいでしょう。

動画や音声を楽しみたい!という方は、「容量を増やす」といった手段もありますが、エンタメフリーオプションを利用することで月額料金を抑えることも可能です。

つぎに、表に出てきたデータSIMと音声通話SIMについて説明します。

 

データSIM

データSIMは「データ通信のみ」使用できるプランです。

最近では、LINEなどでも通話できるので、こちらを選ぶ方も多いです。

本プランでは、電話番号を使用した通話はできないので注意してください。

 

音声通話SIM

こちらは「データ通信」と「電話番号を利用した音声通話」の両方が利用できるSIMです。

データ通信のほかに、電話番号を利用した音声通話を利用したい方はこちらを選んでください。

現在使用しているキャリア(docomo, au, softbank)やMVNOから乗り換えをする際、電話番号は引き継いで使用したい!というかたも多いと思います。

その場合は、MNP(モバイルナンバーポータビリティ(Mobile Number Portability))ができます。

簡単に説明すると、キャリアやMVNOで契約している業者と解約する際に、電話番号を引き継ぎたい旨を伝えることで、MNP番号というものを発行してもらえます。

そして、発行したMNP番号を新たに契約したい業者(Biglobeモバイルなど)に伝えることで今まで利用していた電話番号が引き継げる仕組みとなっています。

なお、引き継ぎを行った時点で以前の通信事業者とは解約となります。

当然、電話番号は引き継がずに新たに電話番号を取得することも可能です。

なお、参考のみで恐縮ですが、auからmineoへMNPしたときの手順を紹介します。

 

なお、音声通話SIMには専用アプリを利用することで、通話料が半額になるサービスもありまんす。これはBiglobeが提供する専用のアプリをダウンロードし利用するだけです。

利用者は特別な操作は一切なく簡単に音声通話を半額で利用することが可能です。

 

注意点

2つ記載します。

・データSIMの利用を検討している場合、LINEやSMS(ショートメールサービス)を利用する場合、SMSオプションが(120円)必要です。

・音声通話SIMを利用する場合、最低利用期間があります。サービス契約月から12ヶ月間利用する必要があります。期間内の解約は解約解除手数料(8,000円)がかかります。

 

今なら嬉しいキャッシュバック

この業界おなじみのキャッシュバックがBiglobeモバイルでもあります。オプションや端末セットなどで、金額が上下しますが、スマホセットで最大15,600円のキャッシュバック特典がつきます。

 

エンタメフリーオプション

最後にエンタメフリーオプションの紹介です。

エンタメフリーオプションを契約すると、動画や音声が通信量のカウント対象外となることは説明しました。

ただし、複雑な処理をプロバイダー内で行うため、少なからず条件があります。

まずは対応状況です。(2017年12月現在)

YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids

これらはWEBブラウザからの利用ではなく、各アプリが提供するものを利用してください。

Youtubeであれば「Youtubeアプリから動画を閲覧」、Abema TVであればAbema TVが提供するアプリから視聴します。

なお、今なら新規契約と同時に契約することで、初月480円値引き(無料)+24カ月間 100円値引きされます。

2年間もお得にエンタメオプションが利用できます。

もう通信量のカウントを気にして動画を見る必要はもうありません。いつでもどこでも、動画や音声を楽しめるなんてほかにはないサービスです。

格安SIMを使って安く使いたい!動画や音声もお得に楽しみたい!!

そういった方はぜひBiglobeモバイルの格安SIMを検討してみてください。

外出先での不意な動画視聴(こどもの要求)にすんなり応えることもでき、通信カウントを気にする方はだいぶストレスも軽減されます。




格安スマホは、安心のBIGLOBEモバイルで♪
 

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク