本気でワードプレスのブログ運用をはじめるなら、独自ドメインがおすすめ

ワードプレス(WordPress)はとても面白いシステムです。

いろいろなブロガーのかたたちがいろいろな形、動機でワードプレスでデビューをしていると思います。

今日はタイトルにもあるように「本気で」WordPressを始める方にお勧めしたい独自ドメインの取得とその理由についてお話します。

スポンサーリンク

ドメインとはなにか?

ドメインとは簡単にいうと住所といえばわかりやすいでしょうか。

例えばAさんの住所は1丁目1番地1号であるように、Yahoo!の住所(URLアドレス)は・・

「https://www.yahoo.co.jp/」

と入力すればYahoo!が見れますよね。

わたしたちの住む世界では、住所は引っ越しをすれば変わってしまいます。

これはインターネットの世界も同じです。

住んでいる住所(サーバー)が変わればサーバーも変わります。

ただ、わたしたちの世界と唯一違う点は独自のドメインを取得すればどこへ引っ越しても住所が変わることはありません!

サーバーを移転しても住所は同じです。

万一のサーバー移転を考慮して!

サイトを立ち上げる時点で独自ドメインでの運用を開始するとよいでしょう。

理由は色々ありますが、一番わかりやすいのは・・

サーバー移転の際、ドメインが変わってしまうのを防ぐため!

とても重要なのです。

独自ドメインとレンタルサーバードメインの違い

独自ドメインを取得していれば当然、独自ドメインでの運用が可能です。

わたしのサイトは独自ドメインである「hayamizbg.net」で運用しています。

以前はレンタルサーバードメインである「hayamiz.wp.xdomain.jp」というレンタルサーバーが発行したドメインで運用をしていました。

ワードプレスに限らずサイトの運用(ファイルのリンクや内部リンクの参照先)は、ドメインあてにリンクすることになります。

ここで大きな分かれ道があります。

レンタルサーバードメインで運用する場合

結論からいうとお勧めはできません。

理由はシンプルで、レンタルサーバーを提供している企業が何らかの理由でレンタルサーバーの提供を停止した場合、移転する際に「ドメイン変更」などの作業が必要になるからです。

これは一見簡単なようですが、一筋縄ではいきません。

わたしはこれで一度懲りてます(笑)

独自ドメインへ移行は超簡単!のはずが、大失敗したドメイン移行の全貌を大公開!
当初は無料サーバー指定のドメインで始めたのですが、独自ドメインで運用した方が今後のためにも良いという記事をいくつも見かけたので私もドメイン移...

なにもこれは無料だから・・ではなく無料・有料関係ありません。

レンタルサーバーがなくなってしまえば独自ドメイン以外ではドメインが変更になってしまいます。

さらにこれが仮に10万・100万PV(PV=ページビュー)を誇る巨大なサイトであれば積み上げてきたものが一瞬で消えてしまいます。

独自ドメインで運用する場合

一方で、独自ドメインであれば上記の心配は無用となります。

移転先のサーバー(新)が、現在のサーバー(旧)と同じ条件(サーバーバージョンやデータベースのバージョン等)のサーバーであればあるほど、なお安心でしょう。

さらに10万・100万PVであった場合でも、住所が同じ(独自ドメイン)なので影響はないはずです。

上記より、独自ドメインでの運用をお勧めします。

独自ドメイン運用での注意点

独自ドメインはサーバーを移転してもほぼ影響がないことは理解頂けたと思いますが、ひとつだけ注意点があります。

それは・・

サーバー移転をしたらDNSサーバーの再登録を忘れないこと!

DNSサーバーとは

例えばわたしのサイトへアクセスする場合「hayamizbg.net」と入力すればサイトが簡単に表示されますが、これは以下の仕組みで動いているからなのです。簡単に図にしてみました。

1.ある人がありがたいことに「hayamizbg.net」へアクセスをしようとします。ちなみに、hayamizbg.netやyahoo.co.jpは人間がわかりやすいようにしているためで本来はIPアドレスという数字(例えば、123.45.67.8など)を使ってアクセスをします。

しかし、この段階では人間はおろかパソコンすらIPアドレスは知りません。

dns1

2.そこでDNSサーバーというサーバーが登場します。このDNSサーバーは世界に散らばっており、管理者が決まってたりします。

・・と難しい話は置いておきます(笑)パソコンはDNSサーバーへhayamizbg.netのIPアドレスはなんですか?と問い合わせます。

3.DNSサーバーはhayamizbg.netを基にIPアドレスは「xxx.xxx.xxx.xxx」とIPアドレスをパソコンに教えてあげます。

dns2

4.無事パソコンの画面に「hayamizbg.net」が表示されました!

dns4

レンタルサーバーにはDNSサーバーを設置してあるので、独自ドメインを利用しているかたでレンタルサーバーを移転した際は必ず移転先のレンタルサーバーのDNSサーバーへ独自ドメインを登録してください!

移転したにも関わらず、独自ドメインのDNSサーバー登録が完了していないとアクセスができなくなってしまう場合があるので注意してください。

DNSサーバー登録方法

お名前.comを利用してドメインを取得した際のDNSサーバー登録方法を簡単に紹介します。

今回の例は、XdomainというレンタルサーバーのDNSサーバーにお名前.comで取得したhayamizbg.netを登録する方法です。
DNSサーバーに登録する、といった手順はどこのサーバーでも共通なはずですので、ご参考にどうぞ。

Xdomainの管理画面にて、DNサーバーを確認します。whois認証、メール認証など方法は多彩です。今回はwhois認証を利用します。

dns5

ここで指定されているDNSサーバーをすべてお名前.comへ登録します。

お名前.comの管理画面へアクセスし、適当なドメインを選択し、ネームサーバーの「変更する」をクリックします。

ネームサーバーとはDNSサーバーのことを指します。

dns6

登録情報に誤りがないか再度確認し、手続きを続行します。

dns7

今回はお名前.comのサーバーでの運用ではなくXdomainのレンタルサーバーを利用するので、「他のネームサーバーを利用」を選択します。選択後、ネームサーバー情報の入力にXdomainの管理画面で確認したネームサーバー名を入力します。

dns8

入力確認後、確認画面になるので、対象のドメインや入力した情報に誤りがないか確認し、「設定する」をクリックします。

dns9

Xdomainの管理画面へ戻り、ドメイン名を入力し、whois認証を選択し、最後に「ドメインの追加」をクリックします。

dns10

ドメイン設定一覧にて追加したドメインが表示されていればドメインの追加(移転)作業は完了です。

dns11

まとめ

独自ドメインとレンタルサーバードメインの違いについて紹介しました。

WordPressは機能が豊富でだれにでもとっつきやすいブログツールですが、ドメイン変更を伴った移転作業はあまり簡単ではありません。

また、レンタルサーバーを提供している企業が提供をやめてしまった場合、ドメインが変わってしまうことでこれまで積み重ねてきたものを失う場合もあるため、本気で運用を考えている方は独自ドメインでの運用を強くお勧めします。

なお、本ブログでは、ワードプレスを使ったブログの開設方法・おすすめレンタルサーバーについて紹介しておりますので、こちらもあわせてご覧いただけるとより理解が深まるかと思います。

初心者でも簡単!ブログの開設方法をWordpress(ワードプレス)で大公開!
ネットショップや、ブログでアフィリエイトをしてみたい! そう考えている方、たくさんいると思います。 在庫管理も必要なく、手軽にネット...

おすすめのドメイン取得サービスと、サーバー

本ブログ一押しのドメイン取得サービスと、サーバーを紹介します。「Hayamiz Blog」では、下記のサービスを利用しています。

・サーバー

エックスサーバー

・ドメイン取得サービス

お名前.com

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

トップへ戻る