人気の記事

男の憧れ!超ウルトラ重機「バケットホイールエクスカベーター」と「F60」が凄すぎる!

ウルトラ重機という番組はご存知ですか?

BSプレミアムで2015年11月28日(土)に放送された番組が再放送されました。

たまたまチャンネルを回したらやっていたのですが、あまりのスケールに感動したのでまとめました。

 

ウルトラ重機の概要

NHKのドキュメンタリー番組で日本ではおそらくみかけないほどの巨大な重機をテーマにした番組で今回は下記の2つの重機を紹介していました。

・バケットホイールエクスカベーター

・F60

 

番組内で紹介されていたこの二つの重機はいずれもドイツで稼働しているもので、褐炭(かったん)という「火力発電のためのエネルギーとなる鉱石」を掘り出すために使われていました。

上記の写真の重機のやや下に小さな乗り物と比べるとこの重機がいかにデカイかがうかがえますね!

なお、褐炭が存在する採掘場の近くには発電所があり、効率よくエネルギーを運用していました。

 

2つの巨大重機

番組で扱っていた二つの重機の紹介です。

 

バケットホイールエクスカベーター

全長 :225メートル

全高 :96メートル

総重量:14200トン

 

ドイツ語: Schaufelradbagger

英語  : Bucket-Wheel Excavator

わたしは前からこの重機の存在は知っていましたが、今回の番組でどのようなことをしているのか知ることができました。

といっても、「概要」で紹介したそのままなのですが(笑)

毎分10メートルで進むことができるようで24時間稼動しているようです。

また一人では操縦できないため、4~5人がつねに交代で操縦しているのだとか…。

なので、この重機には居住スペースもあるとのこと。

この重機は自走できる露天採掘用超大型重機として「ギネスブックにも登録されている」そうです。

 

あまりの大きさにピンとしませんが、人がキャタピラーやホイールと同時に映るシーンで、その巨大さを感じることができるのではと思います。

とにかく大きくて「どうやって人が造ったんだ!?」と言わざるを得ません。

下の画像ではバケットホイールのアップの画像です。画像左下にプレハブのような建物が見えるのがわかりますでしょうか。

これだけでもホイールの巨大さがよくわかるのではないかと思います。

gahag-0028803975

 

さらにすごいのが「繊細さ」です。

番組を見ていて感じたのが、ホイールでどんどん土砂を削っていく場面です。

とてもゆっくり掘り進んでいるので、掘っているの?と感じますが早送りのシーンで、とても綺麗に横へ横へ掘り進んでいくのがわかります。

ちなみに私はなによりこの大きな重機がどんな「音」を出しているのかとても気になったのですが、残念ながらほぼ聞くことができませんでした。

警告音とかもきっとあるのだと思うのですが、そういった「音」にもクローズアップしてくれたらなあと。

バケットホイールエクスカベーターについてまとめているサイトがありましたので、下記も併せて見てみてください。男なら惚れること間違いなし!

 

F60

 

バケットホイールエクスカベーターは全長225メートルほどの超巨大な重機ということですが、これを単純に3倍上回る重機がこの「F60]という重機です。

こちらもバケットホイールエクスカベーターと並ぶ魅力的な重機なのですが、バケットホイールエクスカベーターが有名すぎて、よい画像がなかなか見つからりませんでした。

下記のURLで詳しく紹介していましたので、併せてご覧くださいませ。でかいです!

 

ちなみに第一印象は機械の形をした神様ですね(笑)

全長 :620メートル

全幅 :350メートル

重量 :31200トン

 

こちらもドイツで稼働しているバケットホイールエクスカベーター同様に「褐炭を掘り出す重機」なのですが、なんと線路の上を毎秒8メートルの速さで移動します。

とてつもなく大きなエンジンで動くのかと思いきや、なんと移動は電動だそうです。

こちらも動いているときの「音」を聞きたかったのですが聞けず。何か理由でもあるんでしょうか。

きっと聞いたことがないような轟音とエンジン音なのだろうなぁと妄想は膨らむばかり。

この巨大さはもう重機というよりかは橋ですね。

スカイツリーが高さ634メートルなので、F60を立てるとなんとスカイツリーほどに・・!

デカイ、デカすぎます!

この重機もバケットホイールエクスカベーター同様に土砂を削り土砂の下にある褐炭を掘るのですが、バケットホイールエクスカベーターとは違い線路の上を左右に移動することしかできず、前(土砂側)に進むことができません。

どうするのか・・。

考え方がここでもでかいです!

なんと、線路ごと前へ移動します(笑)

これがまた圧巻です。

線路がグニャグニャ曲がりながら前へ移動します。では線路はどのように移動するのか。

これは線路を移動させる電車?があり線路を前に移動させていました。

一番の驚きはこれだったかもしれません。まるで蛇が這うかのように線路が移動するんです。

これはスゴイ。

ちなみに今回の番組とは関係ありませんが、線路を移動させながら線路を敷設する重機はこんな感じです。

 

すごいですね。

話が少しずれましたが、F60は掘った際にでた土砂を反対側(掘り終わった側)へ排出します。そうすることで掘り終った褐炭の上の地形を元に戻しているんですね。

目からうろこです。

日本のように山削って「はい、終わり」ではなく地形にも配慮している?点が素晴らしいです。

 

Googleマップで確認可能

今回番組内で紹介していた二つの重機はGoogleマップでも確認することができます。巨大ですからね。

バケットホイールエクスカベーター

 

F60

 

まとめ

 

巨大!とにかく巨大。土地が違えば発想も違う。

人間の想像力のすごさに改めて驚きました。

 

アイテム紹介

ちなみにバケットホイールエクスカベーターがトランスフォームする動画がありました(笑)

「映画トランスフォーマー・リベンジ」でも後半巨大重機が超巨大ロボットにトランスフォームしてましたが、これもこれで面白いです。

 

重機マニアなら一枚は持っておかなければならない一枚だと思います!

 

圧倒的な映像美にホレボレしました。

さらに!!

レゴがブロックを出していました。

憧れのウルトラ重機を見事に再現しています。

子供と一緒に作ると楽しさ倍増!大人一人でも十分すぎるほど楽しめます。

少し値ははりますが、お値段以上の精密さでほれぼれすること間違いなしです。

 

 

レゴのブロックは精巧で男心をくすぐりますね。いや~、重機は男のロマンですね。

 

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

コメント

コメントをお待ちしております

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク