人気の記事

格安SIMの意味がわからない…。自分のスマホで使えるの?

格安SIMという言葉をご存知でしょうか。

3大キャリアである「docomo」「au」「Softbank」以外の通信事業者が「格安」でインターネット接続サービスをユーザーへ提供します。

「格安」でインターネット接続に必要な「SIM」を提供しているので、通称「格安SIM」と呼ばれることが一般的です。

登場したての頃はまだまだ「格安」とはいえ、通信が不安定だったりLTE通信容量も少なく格安=低品質、なんていった感じが否めませんでした。

最近では品質もどんどん向上し、もう「格安SIM」の方がいいんじゃない?!と言っても過言ではありません。

 

MVNOとは

格安SIMの次によく聞く言葉かと思いますが、格安SIMを提供する事業者の略称で正式名称は「仮想移動体通信事業者」と呼ばれています。

3大キャリアと違い、ショップなど基本的にはありません。

そのため、店舗維持費や人件費を抑えることができ、格安料金で接続サービスを実現している…のかも知れません。

ちなみにMVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略称です。

 

SIM変

さて、私は今まで「au」を利用していましたが、「格安」という言葉に惹かれ、機種変ならぬ「SIM変」をしました。

格安SIMは主にMVNOが「NTT回線」か「au回線」の一部の帯域を買い、ユーザーへ提供しています。

回線再販のような感じですかね。

なので、NTTまたはauの回線を、どのくらいの回線量を確保しているかが、MVNOの選択肢のひとつになるではと思います。

例えばLTE通信量「月5GBで2000円」のところ、あるMVNOでは「1000円」だとしたらおそらく一般ユーザーは1000円のMVNOに集中するかと思います。

価格が安いということはMVNOがNTTやauから買い取っている回線量が狭い場合が考えられます。

そうすると、例えば狭い道路(回線容量)にたくさんの車(ユーザー)が通り抜けようとするため、渋滞が発生(通信速度の低下)、します。

 

なので、安い=お得、で選ぶのではなく、「品質」で選ぶことが重要です。

 

とはいっても・・

単純にサイト閲覧やメール、LINEがメイン・・というユーザーが使う分にはどこのMVNOでも問題はないと私は考えます。

なぜなら、各MVNOは、どの通信をどれぐらい流すか、どの通信を優先させるかなどの「帯域制限」を行っているのではと思います。

ネットワーク用語でQoSなんて言い方をしますが、ネットワークを使い分けるとこれがよくわかります。

 

時間帯による帯域制限

私はBiglobeモバイルを使用しています。そのため、実際のところ、ほかのMVNOがどのような制御を行っているかは定かではありませんが、Biglobeモバイルでは、混雑時は下記のようなことを行っているでは?と感じました。

  • お昼時や23時頃、通常の閲覧(サイト、メール、LINE)は、ほとんど重さを感じません。ファイルのダウンロードや、動画再生は通常の閲覧とは異なり、ファイルのダウンロード、動画再生(キャッシュ取得終了まで)はセッション(サーバーとスマホがつながったままの状態)を維持します。そのため、帯域制限がかかり重く感じる

 

まとめ

私が使って感じたことは・・混雑時は以下のようになっていると感じました。

  • 通常利用ではほとんど重さを感じない
  • ファイルダウンロードは「帯域制限」が適用されている

あくまで個人的な感想ですが、少しでも格安SIM購入選びの参考になれば幸いです。

 

mineoを例にした格安SIMへの乗り換え方法も紹介しています。ご参考まで。

 

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク