MOBILE

格安SIMが安く使える理由とは。契約するときは料金プランと通信品質を比較して選ぶ

2019年10月7日

「Android(Xperia)端末」VS「iOS(iPhone)端末」メリット・デメリットを比較

格安SIMという言葉はもう聞いたことがありますよね。

格安SIMはキャリア「ドコモ」「au」「ソフトバンク」と比べて「月額料金」が非常に格安であるためこう呼ばれています。

 

しかし、格安SIMは独自のインターネット網を持っているわけではなく、ドコモやauから回線を間借りしています。

下記の記事でも少し触れていますが、格安SIMの業者(MVNO)は間借りした回線を契約者へ提供しています。

 

ですので、キャリアと格安SIMとの間で下記の差があります。それは・・・

キャリアは専用回線を契約者へ提供し、MVNOでは間借りした回線全体を契約者へ提供していること

 

もう少し、詳しく紹介します。

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは

格安SIMの次によく聞く言葉かと思いますが、格安SIMを提供する事業者の略称で正式名称は「仮想移動体通信事業者」と呼ばれています。

ドコモやau、ソフトバンクと違い、ショップなどは基本的に持っていません。

 

そのため、店舗維持費や人件費を抑えることができ、格安料金で接続サービスを提供しています。

 

はや
ちなみにMVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略称です。
そうなんだ!
相方
はや
カタカナでいうと、「モバイル バーチャルネットワーク オペレーター」っていうよ。
長いから「MVNO」ってわけね。
相方

 

格安SIMは価格よりも質を選べ

わたしは今まで「au」を利用していました。

しかし月額平均1万円であり、「格安SIM」という言葉に惹かれ、機種変ならぬ「SIM変」しました。

 

SIM変?!
相方
はや
うん。SIM変!ダメ・・?!

 

格安SIMは主にMVNOが「NTT回線」か「au回線」の一部の帯域を買い、ユーザーへ提供しています。

確保している回線と、MVNOが保有している設備でどうしても通信速度・品質に差が出てきます。

 

なので、MVNOがNTTやauの回線を、どのくらい確保しているかが、MVNOの選択肢のひとつになるではと思います。

 

といっても、そんな情報ある?
相方
はや
なかなかないのが実情。機密情報だと思うし。

 

そこでひとつの指標になるのが、「MVNOが提示している月額料金」です。

 

例えば・・・

LTE通信量「月5GBで2000円」のところ、あるMVNOでは「1000円」だとしたら、一般的にユーザーは1000円のMVNOに集中するでしょう。

 

価格が安いということは、企業努力もあると思いますが、新規参入の企業であるか、設備が弱いといったことも考えられます。

そういう場所には、沢山のユーザーが契約しているので企業としてはうれしいですが、ユーザー側からしてみると速度が極端に遅かったり、途切れたり品質が悪い可能性も出てきます。

 

ポイント

安い=お得、で選ぶのではなく、「品質」で選ぶことが重要です。

 

格安SIMでも十分

単純にサイト閲覧やメール、LINEがメイン・・というユーザーが使う分にはどこのMVNOでも問題はないとわたしは考えます。

これは推測なのですが、各MVNOはどの通信をどれぐらい流すか、どの通信を優先させるかなどの「帯域制限」を行っているのではと思います。

 

ネットワーク用語でQoSなんて言い方をしますが、ネットワークを使い分けるとこれがよくわかります。

 

時間帯による帯域制限

わたしはBIGLOBEモバイルを使用しています。

 

実際のところ、ほかのMVNOがどのような制御を行っているかは定かではありませんが、BIGLOBEモバイルでは、混雑時は下記のようなことを行っているでは?と感じました。

 

  • お昼時や22時頃、通常の閲覧(サイト、メール、LINE)は、ほとんど重さを感じない。
  • ファイルのダウンロードや、動画再生は上記と同じ時間帯において、重さを感じる。

 

まとめ

MVNOは会社ごとで設備の品質が異なります。

月額料金設定がすでに格安なので、極端に安いMVNOでは回線品質が悪い可能性もあります。

 

ちなみにBIGLOBEモバイルは、インターネット黎明期(れいめいき)からある老舗で、設備については申し分ありません。

月の通信容量が一定度決められているモバイル通信ですが、動画や音楽の利用に限り通信容量が免除になるサービスも存在します。

 

 

参考になれば幸いです。

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-MOBILE
-

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.