ブログの作り方

ConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップ【初心者用】

 

ブログを作りたいけど、ワードプレス(WordPress)って専門的過ぎてどうしてもハードルは高く感じてしまう…。

 

無理もありません。

 

初心者がいきなりサーバーとか、ドメインとか、WordPressをインストールなどなど…難しいですよね。

 

私の場合、始めはドメインの意味が分からずにブログを開設し、その後痛い目を見ています。
はや

 

本ブログでもエックスサーバーやmixhostの「WordPressの簡単インストール機能」を使ってブログの作り方をかなり丁寧に紹介していますが、それでも初心者の人には難しいかなあと感じています。

 

そこで。

 

レンタルサーバーを10社ほど使いWordPressのインストールを星の数ほど行ってきた私「個人情報」「支払情報」「ブログのログインに必要な情報」を入力するだけでブログを開設できる「ConoHa WING(コノハウィング)」というレンタルサーバーを使ってご紹介します。

 

WordPressをインストールするためだけに難しい専門知識は一切必要ありません。

 

ぜひこの記事をじっくり読んでブログ作りに挑戦してみてください。

 

本手順のとおりにすすめるだけであなたはまるで通販で買い物をするかのような感覚でブログを作ることができます。
はや

 

↓↓↓ ConoHa WING公式サイトはこちら

ConoHa WINGをWordPressかんたんセットアップで申し込む

 

なお、ブログの作り方をいち早く見たい場合は「ワードプレスブログの作り方(本編)」へジャンプしてください。

 

ConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップ

 

まずはワードプレスでブログを開設するまでの流れを紹介します。

  • サーバーを契約する
  • ドメインを作る
  • ワードプレスをインストール

 

以上の3ステップです。

 

サーバー・ドメイン・ワードプレスの用語については後で説明しますね。

 

実はこれから説明する手順をまねるだけで絶対にブログ開設できますので、読み進めてみてください。

 

用語の意味はわからなくても大丈夫ですよ。
はや

 

サーバー・ドメイン・ワードプレスってなに?

サーバー・ドメイン・ワードプレスのイメージ方法

 

この項目は用語の説明だけなので、読み飛ばしていただいてもかまいません。

 

レンタルサーバー

レンタルサーバーとは、ワードプレスのデーターを置く「場所」で「土地」に例えることができます。

 

家(ワードプレス)を建てるためには土地が必要ですよね。

 

土地の役割を果たしているのが「レンタルサーバー」です。

 

ドメイン

ドメインとは、住所に言い換えることができます。

 

このブログのドメインは「hayamizbg.net」です。

 

ドメインは左側と右側の二つに分かれていて二つ合わさったものをドメイン(独自ドメインやオリジナルドメインとも言います。)と呼びます。

 

左側は自由に決めることができ、右側は「.com」や「.net」などあらかじめ用意されている中から選びます。

 

家やお店を立てても住所がわからないと来てもらうことはできませんよね。

 

現実世界でも同じ住所はないのと同じで、ドメインも世界で一つだけのものです。

 

住所は国や市町村ごとで形式が決まっています(東京都○○区□□町1-1-1など)が、ドメインは自由に作ることが可能です。

 

親しみやすく覚えやすいドメインを作ることがポイントです。
はや

 

ワードプレス(WordPress)

ワードプレスは家(お店・ビル)そのものです。

 

サーバー・ドメイン・ワードプレスの3つがそろって初めてブログという形になります。

 

記事や見た目、広告などを充実させ読者(お客様)をお迎えしましょう。
はや

 

ワードプレスブログの作り方(本編)

 

ここからはブログの作り方を具体的に解説していきます。

 

冒頭でも少しお話しましたが、レンタルサーバーには「ConoHa WING」を使用します。

 

ポップな画面で必要最低限の機能で構成されているので、初心者でも非常に馴染みやすいサーバーです。

 

とはいっても初めてなので難しく感じるかもしれません。

 

ひとつひとつゆっくりと進めていけば絶対にブログを作ることができますので、リラックスして進めていきましょう。
はや

 

ステップ0:料金体系をしっかりチェックしよう

ConoHa WINGでブログを作る前にチェックしておきたいものが「初期費用」と「月額料金」です。

 

  • 初期費用

ConoHa WINGでは、契約の際にかかる初期費用が無料です。

 

ほかのサービスでは3,000円かかりますがConoHa WINGでは初期費用が一切かからない点がうれしいですね。
はや

 

  • 月額料金(通常プラン)

ConoHa WINGでは1か月単位で契約(通常プラン)ができます。

 

1時間2円から契約ができ、ベーシックプランの場合、1か月で最大1,200円となります。月終わりに契約すると損なのかな…という心配は必要ありませんよ。

 

他サービスでは3か月ごと、6か月ごととある期間をまとめて契約するパターンが多いですが、ConoHa WINGは1か月単位なので非常に契約がしやすい点も初心者には嬉しいです。
はや

 

  • 月額料金(WINGプラン)超オススメ

ConoHa WINGでは長期契約でさらに安く契約できるWINGプランがあります。

 

3か月、6か月、12か月…とまとまった期間での契約が必要になりますが、通常プランに比べ料金がかなり安くなります。

 

例えば、WINGプランのベーシックプランを36か月契約で契約すると通常プランの1か月契約と比べ半額近い46%オフで契約可能です。

 

さらにWINGパックで申し込むと通常料金がかかるドメインの取得が無料になります。更新料も永久無料なので、かなりお得です。

 

私はこういったキャンペーンがない時代にドメインを取得したので毎年1300円ほどの料金がかかっています…。
はや

 

さらにWINGパックで契約すると初月は無料で使えます。

 

ただし、無料期間中の解約時は料金が発生(契約済みのため)しますのでその点はご注意ください。

 

ConoHa WING公式サイトはこちら ↓↓↓

ConoHa WINGの料金をもっと詳しく確認する

 

ステップ1:用意するもの

ConoHa WINGを申し込んでブログを始めるために最低限必要なものをご紹介します。

  • 携帯電話・スマホ
  • クレジットカード
  • パソコン

 

個人情報などを登録するので「本人確認として」携帯電話・スマホが必要になります。

 

月額料金の支払い登録にはクレジットカードが必要になりますので、事前に手元にご用意ください。

 

ConoHa WINGではスマホだけでもブログを始めることができますが、もしお持ちであればパソコンをご用意ください。

 

もしスマホだけでブログを作る場合は下記の記事がお役に立ちますのでご参考ください。

 

関連記事 【スマホで簡単】WordPressブログの作り方【ConoHa WING】

 

ステップ2:ConoHa WINGを申し込む

準備が整いましたらConoHa WINGの契約をスタートしていきましょう。

 

ここからは申し込みページと本記事を開きながら手順を進めて行くと迷わずに申し込みができますよ。
はや

 

step
1
ConoHa WING申し込みページへ入ろう

下記のリンクからConoHa WINGの申し込みページへ飛びましょう。

 

↓↓↓ ConoHa WINGの公式サイト

https://conoha.jp/

 

step
2
お申込み画面でメールアドレスとパスワードを入力しよう

メールアドレスを2回入力し、ConoHa WINGのサーバー画面にログインするときに必要なパスワードを決めましょう。

 

step
4
ConoHa WINGを契約内容を設定しよう

  • 料金タイプ:WINGパックでOK
  • 契約期間:期間が長いほど月額料金は安い
  • プラン:ベーシックでOK(SSDは家の広さに例えられますが、使い切ることはほぼない)
  • 初期ドメイン:本番で使うドメインではないので、ここではわかりやすいものでOK
  • サーバー名:わかりやすい名前でOK(サーバー管理画面で表示されるもの)

 

画面を下へスクロールした後の画像です。

 

WordPressかんたんセットアップでは図を参考に入力していきましょう。
はや

 

ドメインは前半と後半に分けることができ、当ブログのドメイン「hayamizbg.net」の場合、「前半部分がhayamizbg」「後半部分が.net」となっています。

 

前半はあなたが自由に決めることができ、後半はリストから好きなものを選びます。

 

  • 参考

ちなみにドメインの作成で下記のエラーが出た場合は、すでに作成されているというメッセージですので、慌てることはありません。

 

残念ですが、別のドメインを作りましょう。
はや

 

「WordPressユーザー名とWordPressパスワード」は、記事やブログの設定画面に入るために使用します。

 

「WordPressテーマ」はほかに使いたいものがあれば無料の「Cocoon」を選べばOKです。

 

なお、SANGOやJINは女性にも人気のテーマであり、柔らかい雰囲気のブログを演出することが可能なテーマですよ。

 

公式サイト WordPRessテーマ「SANGO」

 

公式サイト WordPressテーマ「JIN」

 

画像や実際の申し込み画面でもわかるように各テーマは公式サイトで買うよりも割安になっているので、併せて購入したほうがお得です。

 

テーマの変更は一度ブログを始めていくと非常に時間がかかってしまうため…。

 

テーマの選択まで終わりましたら「次へ」をクリックしましょう。

 

step
5
個人情報の入力をしよう

 

入力が終わりましたら「次へ」をクリックしましょう。

 

step
6
本人確認をしよう

 

電話番号を入力し、SMS認証か電話認証をクリックします。スマホであればSMS認証が簡単です。

 

step
7
SMSや電話で通知された認証コードを入力しよう

 

step
8
クレジットカード情報を入力しよう

 

デビットカードも使えます。

 

入力完了後、「お申込み」をクリックしましょう。

 

ステップ3:WordPressのインストール(2秒で完成)

申し込みボタンをクリックすると、WordPressをインストールしました!というメッセージがでます。

 

このメッセージが出ればブログの開設も完了しています。

 

使うことはほぼないのですが、いざというとき「データベース」「DBユーザー名」「DBパスワード」が必要になるのでしっかりとメモをしておきましょう。
はや

 

  • サーバー管理画面が表示されました。

 

ブラウザから作成したドメイン(https://作成したドメイン名)にアクセスしてブログが表示されるか確認しましょう。

 

上記の画面が表示されればブログの開設は完了です。

 

ステップ4:管理画面の入り方とテーマの設定方法

ここからはすべてのブロガーと共通の手順になります。

 

step
1
WordPres管理画面にログインしよう

 

ブラウザでhttps://作成したドメイン名/wp-adminと入力します。

 

WordPress簡単インストールで設定したユーザー名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

設定画面に入れました。

 

続いて、WordPressの見た目「テーマ」を変えてみましょう。

 

step
2
「外観」「テーマ」と移動しよう

 

今回は無料テーマの「Cocoon」を利用して説明します。

 

同じ名前でテーマが2つある場合Childと書かれたテーマを有効にします。

 

  • 参考

テーマには親テーマと子テーマに分かれていることがあります。

 

簡単に説明すると「親テーマはテーマの中核をなすもの」で、「子テーマは骨組み部分」と言い換えることができます。

 

通常WordPressのテーマは「中核部分」と「骨組み部分」がひとつになっているので、バージョンアップをすると設定が元に戻ってしまいます。

 

しかし、childテーマがある場合、中核部分と骨組み部分が分かれているため、バージョンアップを行っても設定が元に戻ることはありません。

 

step
3
サイトを表示をクリックしよう

 

  • Cocoonテーマにブログが切り替わりました!

 

以上でブログの開設手順はすべて終わりになります。

 

ブログの運営はここからがスタートです。

 

ブログの運営でわからないことがありましたら「お問い合わせ」やコメントからご遠慮なく質問くださいませ。
はや

 

ブログ完成後、初めにやっておくと良いことをまとめた記事もありますので、ぜひご参考に作業を行ってみてください。

 

関連記事 WordPressブログ完成後、最初にやること【11個】

 

ワードプレスブログの作り方(まとめ)

 

ブログ作り初心者でも簡単にWordPressをインストールできる手順をご紹介しました。

 

ConoHa WINGでは通販で買い物をするかのような感覚で申し込みができます。

 

申し込み完了後、すぐにWordPressでブログを始めることができる点が非常に嬉しい点です。

 

サーバー管理画面もポップで親しみやすく必要最低限の機能しかないので扱いやすくとても安心します。

 

ブログをはじめようと思っていたけど、難しそうという理由で放置していたなら、ぜひこの記事を参考にブログを作ってみてください。

 

手順通りにゆっくり進めていくだけで絶対に作ることができますのでご安心ください。

 

↓↓↓ ConoHa WING公式サイトはこちら

ConoHa WINGをWordPressかんたんセットアップで申し込む

 

わからないことがありましたら、コメントやお問い合わせからでもご遠慮なくご質問くださいませ!
はや

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事 【2021年版】個人におすすめのWordPress用レンタルサーバー3社を比較

-ブログの作り方
-,