docomo MVNO(格安SIM)に対抗した超格安スマホ「MONO MO-01J」を12月に販売

NTT docomoがMVNO(格安SIM)の対抗馬として約650円から使える超格安スマホ「MONO MO-01J」を12月上旬ごろ販売を予定しているようです。

本体はZTE Corporationが製造したdocomoオリジナルモデル。グッドデザイン賞も受賞している本製品は目が話せない注目のモデル!

スポンサーリンク

スペック

気になるスペックについてまとめました。

カラー

ブラックとホワイトの二種類。ただ、名前からわかるように(?)「MONO」ということもあってか白と黒の二種類?!なのかなと・・。

とてもシンプルなデザインで老若男女を問わないスッキリしたデザインなのだと感じます。

本体サイズ(寸法・重さ)

約136×約69×約8.8

本体の重さは138グラムとdocomoが提供しているほかスマホと比べても軽い部類に入るかと思います。サイズも大人の男性の手のひらに納まるほどのコンパクトさで扱いやすさもグッドだと思います。

当然?ながら、防水・防塵対応です。

Android OS

Android 6.0を搭載

ディスプレイ(液晶スペック+解像度)

画面サイズ:約4.7インチ

液晶画面 :TFT液晶

画面発色数:約1677万色

画面解像度:HD 720×1280

メインスペック(CPU、メモリ、バッテリー容量)

CPU:Qualcomm MSM8952 1.5GHz+1.2GHz (オクタコア)

RAM:2GB(一時記憶領域)/16GB(データ保存領域)

外部記憶領域:microSDXC (128GB)

バッテリー容量:2440mAh

通信

VoLTE:対応  VoLTE+:非対応

連続通話時間(LTE/3G/GSM):約620分/約710分/約660分

電池持ち時間:約80時間

UIM(SIMと同義):nanoUIM(nanoSIM)

国内対応周波数(LTE):2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz

国内対応周波数(3G):2GHz/800MHz

受信時最大速度/送信時最大速度:150Mbps/50Mbps

Bluetooth:バージョン4.1対応

その他

ワンセグ・フルセグ:非対応

外側カメラ機能 (撮像素子/有効画素数):裏面照射積層型CMOS/約1330万

内側カメラ機能 (撮像素子/有効画素数):裏面照射型CMOS/約490万

充電端子:microUSB

製造メーカー:ZTE Corporation

気になる点

やはり一番気になる点は料金体制でしょうか(笑)

本体価格が約650円ということもあり調べてみました。

buzzap.jpによると下記の記述がありました。

ドコモの説明員によるとオンラインショップでの本体価格は一括648円。一定期間内にパケット定額を外したり機種変更したりすると高額な違約金が発生する「購入サポート」適用対象ではあるものの、縛り期間はわずか12ヶ月間。

13ヶ月以降はいつでも機種変更できるため、ガラケーもちだけど心のどこかで「スマホもいいかも・・!」なんてお考えのあなた!

この機にスマホデビューしてみるのも悪くないかもしれませんね!

まとめ

年末が近づくにつれ、いろいろな製品が今後も飛び出してきそうです。

今年の年末商戦も目が話せない?!かもしれません。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る