あなたのスマホライフが変わるかも!今話題「DSDS」の紹介!

同時待ち受け可能という意味をもったDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の紹介です。

DSDSに対応したスマートフォンを利用するにあたりそのメリットとデメリットをまとめました。

スポンサーリンク

DSDSとは

冒頭でも紹介したとおり、Dual SIM Dual Standbyのそれぞれの単語の頭文字を並べたもので「DSDS」と呼びます。意味はデュアルSIMデュアルスタンバイで、片方のSIMでデータ通信を行い、もう片方のSIMで着信を受けることが可能です。

格安SIMでの利用ももちろん可能です。

ほかにもDSSSやDSDAと呼ばれるものもあり、DSDSの利用を考えている場合注意が必要です。

DSSS

デュアルSIMシングルスタンバイ (Dual SIM Single Standby)

SIMを2枚搭載することはできますが、待ち受け可能なのは片方のみ。

別のSIMを待ち受け可能にするには切替が必要

DSDA

デュアルSIMデュアルアクティブ(Dual SIM Dual Active)

SIMの同時利用が可能

DSDSよりも優れており、2枚のSIMにて通話の同時利用が可能です。

SIMの切り替えはもちろん不要

DSDSのメリット

コスト削減のために、通話はガラケー(携帯電話)、LINEやメールなどデータ通信の利用にはスマホ、といういわゆる「2台持ち」の必要がなくなります。

ビジネス用途とプライベートと別々に持っていたスマートフォンもDSDSにすることで1台にすることが可能です。

DSDS利用の注意点

便利なDSDSですが、注意点があります。

日本の通信規格に対応しているか

日本ではLTE・3Gが主流ですが、GSMとよばれる規格には対応していません。

そのため、お気に入りのDSDS対応機種が見つかったとしてもSIMスロットの片方がGSMのみであった場合、DSDSの恩恵を享受することはできません。

上記を踏まえDSDS対応機種を購入する際は、LTE/3Gに対応している端末の購入が必須です。

データ通信中に着信が入ると通信が一旦止まってしまう

仮にアプリなどをダウンロードしている最中に別SIMへ着信があると、ダウンロードが一時停止します。

レジューム機能があれば通信復旧後はダウンロードを再開できますが、ほとんどはやり直しになってしまうので注意が必要です。

※といってもいつ着信あるかわからないのでどうしようもないのですが(笑)

ただ、今までは不可能だったデュアルSIMシングルスタンバイとは違い、SIMの切り替えが不要という点は大きなメリットです。

SIMのサイズに注意

すでに持っているSIMがMICRO SIMで購入した端末がNANO SIMであった場合、もちろんそのままでは使うことはできません。

NANO SIMを所持していて、購入した端末がMICRO SIMだった場合はアダプターを利用することで利用することが可能です。

ただし、アダプターを利用した場合、SIMを取り出す際にアダプターがボトルネックになりSIMが抜き取れないといったことも考えられるので注意が必要です。

au系の格安SIMは使えない場合がある?

auフリークの方には残念な話かもしれませんが、auは音声通話にCDMA2000という通信方式を採用しています。

この通信方式は世界では使われていないといっても過言ではなく、対応機種を探すのは大変です。

DSDSに対応している機種

技適マークのないスマートフォンを日本で利用することは電波法という法律に違反します。利用はできるだけ避けてください。

本サイトでは「技適マークあり」、「LTE/3Gに対応した機種」を紹介します。

Motorola

Moto G4 Plus

SIMサイズ「MICRO SIM+MICRO SIM」

[amazonjs asin=”B01I8W4Q74″ locale=”JP” title=”モトローラ スマートフォン Moto G4 Plus ( ブラック / Android / 5.5インチ / 3GB / 32GB / 1600万画素 ) 国内正規代理店 AP3753AE7J4″]

OSはAndroid 6.0を搭載し、余計なアプリは搭載していないようです。3大キャリアにありがちな「不要なアプリてんこ盛り」、なんてことはありません。シンプルなスマホといった印象です。

※auまたは、au系のMVNO格安SIMで音声通話は使用できません。

ZTE

BLADE V7 MAX

[amazonjs asin=”B01M1AM1JW” locale=”JP” title=”ZTE SIMフリースマートフォン BLADE V7 MAX (シルバー) BLADE V7 MAX SILVER”]

SIMサイズ「NANO SIM×1、microSDまたはNANO SIM×1」

OSはAndroid 6.0を搭載し、音質面ではDTS(デジタルシアターシステムズ)を搭載!大迫力の音質で映画など映像コンテンツを楽しめるスマホといった印象です。

※auまたは、au系のMVNO格安SIMで音声通話は使用できません。

SIMフリースマートフォン「Blade V7Max」の紹介ページ。サイド指紋センサー デュアルSIMカード同時待受(DSDS) ジャイロセンサー付AR対応 DTS高品質サウンド

ASUS

ZenFone 3シリーズ

SIMサイズ「MICRO SIM+NANO SIM」

[amazonjs asin=”B01LWQTF4L” locale=”JP” title=”エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 3(Qualcomm Snapdragon 625/メモリ 3GB)32GB サファイアブラック ZE520KL-BK32S3″]

ZenFone 3 (ZE520KL)は10月7日に日本での販売を開始していますが、ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)とZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は10月下旬の日本での販売を予定しています。

OSはAndroid 6.0を搭載し、特に最上位機種でもあるenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は高級感あふれる筐体が魅力的です。

※au、au系のMVNO格安SIMにも対応しているようです。

ここはASUSから2016年夏に発売の、高性能カメラ搭載、最強コスパ・DSDS対応(日本版はau VoLTEにも対応)SIMフリースマートフォン ASUS ZenFone 3(無印、Laser、Max、Deluxe、Ultra、Zoom)に関するいろいろな情報をまとめているWikiです。ご覧いただき感謝いたします。

まとめ

DSDSおよび、DSDS対応機種について紹介しました。

本格的にDSDSが注目されつつある中で、ユーザーはそれぞれの特徴を活かしたSIMを選択することで安く、便利に使うことができます。

3大通信事業者やMVNOは今後DSDS(またはDSDA)を意識したプラン設定をすることも予想されるため、今後も目が離せない機能といえるでしょう。

特に2台持ちをしているユーザーには今後のモバイルライフに影響を与えるのではないのでしょうか。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る