レンタルサーバー

WordPpressを使ったブログの始め方

 

この記事はWordPressを使ったブログの始め方をいちから説明しています。

 

あなたはブログで副業を考えているかもしれません。もしかすると漠然とした気持ちでブログを作ろうかなとお考えかと思います。

 

ブログを簡単に例えると「あなたの分身が雨の日も風の日も24時間365日稼いでくれる相棒」のようなものです。

 

頼れる相棒があなたに代わってお金をどんどん稼ぐのであなたは今よりももっと充実した時間を過ごせるようになれるかもしれません。

 

充実した日々を作るためにはまずブログを開設するところからスタートします。作り方についてはふんだんに画像をふんだんに盛り込んで説明いますので、まずは気楽にこのページを読んでみて下さい。

 

それでは早速見て行きましょう。

 

WordPressブログの仕組みについてなんとなくわかっているのでまずはすぐに作り方を見たい!という場合、下のボタンから飛んでください!作り方の場所へジャンプできます。

 

\ 作り方をみる! /

すぐにブログの作り方を見る

 

WordPressを使ったブログの始め方【基礎知識編】

WordPressでブログを作るということは決して難しいことではありません。

 

WordPressでブログを作るステップはたったの3つ

 

ブログを作るために必要なのが「レンタルサーバーの申し込み」「WordPress」のセットアップ。ブログを運営していく上でやっておきたい「初期設定」。大きく3ステップで構成されています。

 

といってもこれらのステップはなんとなくわかっていればOKです。

 

「初期設定」はブログを公開する上で日々手を加えていく部分ですのでずーっと続くものと考えてもらっても差し支えありません。はじめはいろいろと迷うことが多いですが、1~2時間いじっているだけでなれてしまうので気を楽にしてください。

 

では次から各ステップの細かい部分を説明していきます。

 

レンタルサーバーの申し込み

WordPressでブログを作るにはWordPressが動く専用のレンタルサーバーを使う必要があります。

 

契約=借りるということで「レンタルサーバー」と呼ばれることが一般的です。

 

申し込み完了までの流れ

  • レンタルサーバーの公式サイトへ行く
  • 契約期間を決める
  • プランを選ぶ
  • 個人情報の記入
  • 支払方法の設定

 

ちなみにサーバーとは、わかりやすく言うと「土地」のようなものです。

 

土地は広くて誰もが来やすいところが良いですよね!駅前に広い土地を持っているほどたくさんの人を集めることができます。ちなみに「サーバー」「WordPress」「ドメイン」を図で表すとこんな感じです。

 

現実世界と同じで・・・

  • ディスク容量が多い:(広い土地)
  • サーバー速度が速い:(誰もが来やすい)
  • 親しみやすいドメイン:(駅前など)といったわかりやすい住所

 

とにかく性能が良いレンタルサーバーを見つけることが大切です。

 

「参考」WordPressブログを運営する最低期間や費用ってどれぐらい?

WordPressを運営していくために最低限必要な費用と期間は下記のとおり

  • 期間:3ヵ月~
  • 費用:1ヵ月800円ほど

 

サーバーの利用料金は最低でも3ヵ月~とまとめて支払う必要があります。そのため、最低期間は3ヵ月~としました。

 

費用は1ヵ月800円~1000円ほどとなり、契約期間が長くなるほど1カ月当たりの料金は安くなります。

 

ここまでのまとめ

ブログを始める上で土地選び「サーバー選び」はとても重要

 

WordPressかんたんセットアップ

WordPressを使ったブログを作るには、非常に専門的な知識を必要とします。

 

ですが、ご安心ください。

 

ここで紹介するWordPressのセットアップ方法はすべて全自動です。ブログを運営するために持っておいて損はありませんが、なんとなくで構いません。

 

レンタルサーバーへ申し込みをするとWordPressブログが完成しているので、WordPressブログの仕組みを知る必要はほとんどありません。

 

初期設定

WordPressブログはレンタルサーバーの契約とWordPressかんたんセットアップを利用するだけで30分もあれば作ることができます。

 

ですが、初期設定はあなた自身で行う必要があります。

 

難しいのかな‥と不安になるかもしれませんが、本記事で紹介する手順にしっかりと説明していますので参考にすればOKです。

 

さて、ここまではWordPressブログを開設するまでの流れを説明しました。

 

次からは実践形式でブログの作り方をご紹介します。画像をふんだんに盛り込んで説明しますので臨場感あるブログの開設方法が学べますよ。

 

コノハウィングのWINGパック「ベーシックプラン」が828円~!キャンペーン中

 

国内最速、プロブロガーから大企業まで使っている「稼げるレンタルサーバーが月額828円から使える」って気になりませんか?

  • 対象プラン:WINGパック「ベーシック」
  • 独自ドメインの取得と更新が永久無料
  • 月額料金 :828円~(36カ月契約時)

 

月額828円という料金はWINGプランの36カ月契約時の1カ月の値段です。もちろんほかのプランでもキャンペーンが実施中です。各契約月数でのキャンペーンの割引率は下記のとおり。

  • 12ヶ月契約:1,320円/月 → 931円/月(29% OFF)
  • 24ヶ月契約:1,320円/月 → 879円/月(33% OFF)
  • 36ヶ月契約:1,320円/月 → 828円/月(37% OFF)
  • 3ヶ月契約:1,320円/月 → 1,138円/月(13% OFF)
  • 6ヶ月契約:1,320円/月 → 1,034円/月(21% OFF)

 

ちなみにキャンペーンなし36ヵ月契約した場合キャンペーンを利用して36カ月契約した場合の価格差を比較してみました。

 

36ヵ月契約(キャンペーンなし)

1,320円×36ヵ月=47,520円

 

36ヵ月契約(本キャンペーン利用)

828円×36ヵ月=29,808円

 

キャンペーン有りと無しで、実に17,712円もの差がでます。独自ドメインの取得と更新料も無料になるので、ダブルでお得です。

 

ちなみに12ヶ月契約では下記のとおり。

  • キャンペーンなし:15,840円(1,320円×12ヶ月)
  • キャンペーンあり:11,172円(931円×12ヶ月)

 

差額4,668円となります。どちらにしても初回契約時はキャンペーンを利用した方が絶対お得です。

 

今回のようにConoHa WINGは定期的に月額料金をグンと安くするキャンペーンを実施しています。

 

次回更新時は残念ながら通常価格となりますが、格安サーバーを選ぶとほぼ後悔しかしないので、乗り換え時を考えると割高になります。

 

少しでも財布の負担を抑え別の投資(WordPressテーマの購入や関連書籍の購入など)に回せるよう、コスパ最強のConoHa WINGを選ぶことが正解です。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

 

WordPressを使ったブログの始め方【開設編】

 

ここからはWordPress完全初心者向けにブログの作り方を説明していきますね。

 

WordPressでブログを作る全体の流れ

  • コノハウィングを申し込む(10分ぐらい)
  • かんたんセットアップでブログを作る(2秒ぐらい)
  • ブログの初期設定(じっくり取り組む)

 

ステップ1:コノハウィングの料金体系をチェックしよう

まず、コノハウィングでブログを作る前にチェックしておきたいものが「初期費用」「月額料金」です。

 

料金体系はコノハウィング(ConoHa WING)の公式サイトでもご確認いただけます。

 

なんでコノハウィング(ConoHa WING)を使うの?

コノハウィングは国内で運営されているレンタルサーバーの中で最安値級の価格設定だからです。サーバーも国内最速とあり稼ぐブログを作りたいならコノハと言われるほど。

 

料金は安いところで申し込みたいですよね。

 

ブログを運営する上で最低限かかる費用と契約期間は下記のとおりです。

 

通常プラン

  • 最低契約期間:1時間~(通常プラン)
  • 月額料金:約1320円

 

WINGパック

  • 最低契約期間:3ヵ月~(WINGパック)
  • 月額料金:1,320円~(キャンペーン価格適用前)

 

「料金プラン」「契約期間」についてもう少し詳しく説明します。

 

初期費用は無料

コノハウィングでは、契約の際にかかる初期費用が無料です。

 

月額料金(通常プラン)キャンペーンの対象外

コノハウィングの通常プラン1時間から契約することができます。

通常プラン

 

1時間2.2円から契約ができ、ベーシックプランの場合、1か月で最大1,320円となります。支払いのタイミングは後払いで使った分だけ請求される仕組みになっています。ただし通常プランは「割引キャンペーンの対象外」です。

 

コノハウィングでは長期契約で安く契約できるWINGプランがあります。3ヵ月以上の契約となる代わりに月額料金が大幅に割引が行われ、最大で37%OFFとなります。

 

月額料金(WINGパックベーシック:12か月契約)ブログ入門者向け(29%OFF)

申し込み時の支払総額:11,172円

 

月額料金(WINGパックベーシック:36ヵ月契約)最安値(37%OFF)

申し込み時の支払総額:29,808

 

WINGパックで申し込むと独自ドメインが永久無料

WINGパックで申し込むと通常では料金のかかる独自ドメインの取得が無料になります。しかもその数2つ。下記に記載されているドメインの取得や更新料が永久無料なので、他社と比べるとかなりお得に独自ドメインが取得できます。

 

WINGパックは3か月、6か月、12か月…と、まとまった期間での契約が必要になりますが、通常プランに比べ料金をかなり安く抑えることができますし、独自ドメインが完全無料になる点が非常に嬉しいです。

 

キャンペーンをうまく活用すれば「価格が安い上にサーバーは国内最速」ですので、まさにコスパ最強のサーバーです。500円ほどの安いサーバーを選ぶぐらいならConoHa WINGを選んだほうが安全です。

 

多彩な支払方法

コノハウィングは多彩な支払方法が用意されています。クレジットカードを持っていない人でも申し込みができますので、非常に申し込みやすいですね。

 

  • クレジットカード

毎月登録済みのクレジットカードから自動的に支払いができる、後払い形式の支払い方法です。

 

  • ConoHaチャージ

事前にチャージ(入金)した金額分のみサービスのご利用が可能となる、プリペイド形式の支払い方法です。チャージ分が不足するとサーバーが停止するのでチャージ不足には注意してください。

 

  • ConoHaカード

ConoHaカードを購入し、クーポン利用として登録することで月額料金を支払うことができます。支払方法は多彩ですので、「ConoHa WING公式サイトの「お支払い」」の項目をご参照ください。

 

WINGパックのおさらい

  • 料金は契約月数分を前払い(契約月数が多くなるほどお得)
  • 対象となるドメインを使うことで最大2つのドメインが無料(更新も無料)

 

よくある質問:どんなプランを選べば良いの?

はじめはベーシックプランで十分です。

プランが足りなくなった場合は簡単に変更手続きができます。ディスク容量の目安ですが、200記事ほどで3GBほどの利用です。万一に備えブログ全体をバックアップしていますがそれを含めても10GBの使用となるので、はじめはベーシックプランで十分です。

 

ステップ2:用意するもの

コノハウィングでブログを始めるために必要なものをご紹介します。

  • 携帯電話かスマホ
  • クレジットカード(デビットカード不可)
  • パソコン

 

クレジットカードがデビットカードである場合やそもそもクレジットカードを持っていない場合はConoHaチャージを使うことで契約できますのでご安心ください。

チャージ方法は「クレジットカード」「Paypal」「Amazon Pay」「コンビニエンスストア」「銀行決済(ペイジー)」「Alipay」から選択できます。

支払い方法の詳細はこちら

 

個人情報などを登録するので「本人確認用として」携帯電話かスマホが必要になります。

 

本人確認で電話が必要になりすが、電話番号が本当に本人のものかを確認するだけです。SMS認証を使う場合は数字を受け取るだけです。電話認証でも誰かと話すということはありません。

 

ステップ3:かんたんセットアップで申し込む

用意するものが手元に準備できましたらコノハウィングの申し込みをはじめましょう。

 

step
1
ConoHa WING申し込みページへ入ろう

下記の公式サイトのリンクをクリックし、コノハウィングの申し込みページへ入ります。

 

【公式サイト】https://www.conoha.jp/wing/

 

step
2
お申込み画面でメールアドレスとパスワードを入力しよう

あなたが普段お使いのメールアドレスを2回入力し、ConoHa WINGのサーバー画面にログインするときに必要なパスワードを決めましょう。ここで入力するメールアドレスとパスワードがConoHaアカウントとなります。

 

step
4
ConoHa WINGを契約内容を設定しよう

  • 料金タイプ:WINGパックでOK
  • 契約期間:期間が長いほど月額料金は安い
  • プラン:ベーシックでOK(SSDは家の広さに例えられますが、使い切ることはほぼない)
  • 初期ドメイン:本番で使うドメインではないので、ここではわかりやすいものでOK
  • サーバー名:わかりやすい名前でOK(サーバー管理画面で表示されるもの)

 

画面を下へスクロールした後の画像です。

 

WordPressかんたんセットアップでは図を参考に入力していきましょう。

 

作成サイト名

ブログのサイト名を入力します。本ブログを例にすると「HAYAMIZ BLOG」がサイト名にあたります。

 

ブログ開設当初は何度か名前を変えたくなるかもしれません。できればここで決めておきたいところですが、変更は可能なのでまずは気楽につけてみても良いですね。

 

作成サイト用新規ドメイン

ドメインは前半と後半に分けることができ、当ブログのドメイン「hayamizbg.net」の場合、「前半部分がhayamizbg」「後半部分が.net」となっています。

 

前半はあなたが自由に決めることができ、後半(「.com」と書かれている部分)はリストから好きなものを選びます。

 

参考

ちなみにドメインの作成で下記のエラーが出た場合は、すでに作成されているというメッセージですので、慌てることはありません。

 

同じドメインが作れない理由

ドメインというものはこの世でひとつしか作れません。同じドメインが2つ存在することはないんです。

 

ドメインを決めるときはほかのだれかとダブってしまう場合もあるので、ブログを作る際は2~3個候補を作っておくと良いですね。

 

独自ドメインの注意点

独自ドメインは一度作ってしまうと修正ができません。

  • 独自ドメインを作ってみたけどなんか気持ちが入らない
  • なんかブログのジャンルと合ってないな…

 

こういった後悔をしないためにも慎重に考えましょう。

 

ちなみにブログのジャンルと独自ドメインのジャンルが違っていたりなどでSEO(簡単にいうと集客力)に影響はないのでその点はご安心ください。

 

WordPressユーザー名とWordPressパスワード

「WordPressユーザー名とWordPressパスワード」は、記事やブログの設定画面に入るために使用します。忘れないように必ずメモを残しておきましょう。

 

WordPressテーマ

コノハウィングでは、かんたんセットアップ時に4つのうちからひとつ選ぶことができます。

  • Cocoon(コクーン)
  • SANGO(サンゴ)
  • JIN(ジン)
  • THE SONIC(ザ・ソニック)

 

とりあえずほかに使いたいWordPressテーマがあれば無料の「Cocoon」を選べばOKです。

 

なお、SANGOやJINは女性にも人気のテーマであり、柔らかい雰囲気のブログを演出することが可能なテーマですよ。

 

SANGO(サンゴ)

 

JIN(ジン)

 

画像や実際の申し込み画面でもわかるように各WordPressテーマは公式サイトで買うよりも割安になっているので、併せて購入したほうがお得です。

 

WordPressテーマの変更は一度ブログを始めていくと非常に時間がかかってしまうため…。

 

WordPressテーマの選択まで終わりましたら「次へ」をクリックしましょう。

 

step
5
個人情報の入力をしよう

 

入力が終わりましたら「次へ」をクリックしましょう。

 

step
6
本人確認をしよう

電話番号を入力し、SMS認証か電話認証をクリックします。スマホであればSMS認証が簡単です。SMSとはショートメール(ショートメッセージ)サービスと呼ばれ、スマホや携帯電話に備わっている機能を言います。

 

step
7
SMSや電話で通知された認証コードを入力しよう

 

本人確認はコノハウィングからSMSで認証コード(4桁の数字)が送られてきますので、それを入力するだけで確認は完了します。

 

step
8
クレジットカード情報を入力しよう

 

入力完了後、「お申込み」をクリックしましょう。

 

ステップ4:WordPressのインストール(2秒で完成)

申し込みボタンをクリックすると、WordPressをインストールしました!というメッセージがでます。この間2秒です。

 

このメッセージが出ればブログの開設も完了しています。

 

この間およそ2秒といったところです。難しいと感じる前にブログが開設できています。

 

最後に、いざというときのために「データベース」「DBユーザー名」「DBパスワード」が必要になるのでしっかりとメモをしてなくさないよう保存しておきましょう。

 

サーバー管理画面が表示されました。

 

ブラウザから作成したドメイン(https://作成したドメイン名)にアクセスしてブログが表示されるか確認しましょう。

 

上記の画面が表示されればブログの開設は完了です。ここまでの手順をまねするだけでブログが開設できますよ。

 

ステップ5:管理画面の入り方とテーマの設定方法

ここからはすべてのブロガーと共通の手順になります。

 

step
1
WordPres管理画面にログインしよう

 

ブラウザで「https://作成したドメイン名/wp-admin」と入力します。

 

WordPress簡単インストールで設定したユーザー名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

設定画面に入れました。

 

続いて、WordPressの見た目「テーマ」を変えてみましょう。

 

step
2
「外観」「テーマ」と移動しよう

 

今回は無料テーマの「Cocoon」を利用して説明します。

 

同じ名前でテーマが2つある場合Childと書かれたテーマを有効にします。

 

参考(今はわからなくてもOK)

テーマには親テーマと子テーマに分かれていることがあります。

 

簡単に説明すると「親テーマはテーマの中核をなすもの」で、「子テーマは骨組み部分」と言い換えることができます。

 

通常WordPressのテーマは「中核部分」と「骨組み部分」がひとつになっているので、バージョンアップをすると設定が元に戻ってしまいます。

 

しかし、childテーマがある場合、中核部分と骨組み部分が分かれているため、バージョンアップを行っても設定が元に戻ることはありません。

 

今はよくわからないと思いますので、「そうなんだー」ぐらいに思っておくだけで問題ないですよ。

 

step
3
サイトを表示をクリックしよう

 

Cocoonテーマにブログが切り替わりました!

 

以上でWordPressを使ったブログの作り方の説明は終わりです。

 

次からはWordPressの初期設定になりますが、急ぐ必要はありません。じっくりと取り組んでいき感覚を徐々につかんで下さい。

 

ブログ開設後にやっておきたいこと

 

WordPressブログ開設後にやっておきたいことをひとつずつ説明していきます。

 

画面はパソコンで表示したものになっていますが、スマホでも操作は全く同じです。

 

やることは多く感じますが、焦る必要は全くありません。一日ひとつ進める程度で全く問題ありません。

もしブログを開設して設定が分かりにくい部分がありましたら「コメント欄」や「お問い合わせ」から「ブログ開設したけどこの先どうすれば良いかわからない…。」とお気軽にご質問下さい。

 

ログイン画面へのセキュリティ対策

WordPress管理画面へ入るときのセキュリティを強化しましょう。

 

強化する理由は管理画面へログインするためのURLにあります。

https://独自ドメイン名/wp-admin

 

赤文字で示した部分がブログ開設直後では全員同じだからなんです。

 

ではなんでこのままじゃいけないのか。

 

ワードプレスの仕組みを知っている悪意のある人が管理画面に不正アクセスできてしまうからなんですね。

 

これは防ぐことが可能ですので、ブログを開設したら必ず対策しておきましょう。

 

手順は下記の3ステップです。

  1. プラグインをインストール
  2. wp-adminの部分を書き換える
  3. ログイン方法の強化

 

実際に設定してみましょう。

 

step
1
プラグインをインストール

「プラグイン」「新規追加」をクリックし、右側にあるキーワードに「SiteGuard」と入力します。

 

左の部分に「SiteGuard WP Plugin」が表示されますので、「インストール」をクリックします。

 

有効化をクリックします。

 

step
2
wp-adminの部分を書き換え

インストール完了後、管理画面の上の部分に図のようなメッセージがでます。

 

設定変更は「こちら」の部分をクリックします。

 

赤枠で示した部分を書き換えて、「変更を保存」をクリックします。

 

初期値ではlogin_78473といった感じになっています。

これもまだセキュリティ的には弱いので、英数字をうまく組み合わせて予想できないようなキーワードにすることがベストです。

 

step
3
画像認証の追加

管理画面左画のメニュー一覧から「SiteGuard」「画像認証」をクリックします。

 

すべての項目が「ひらがな」になっていればOKです。

 

step
4
管理画面へのログイン確認

変更したアドレスを入力します。

 

ユーザー名・パスワードは同じものを使います。

 

最初のログイン画面とは違い、あらたに「ひらがな」入力があります。

 

これを入力することで初めてログインが可能になります。

 

管理画面に無事はいれました。

 

当然ですが、ここで設定したURLは誰にも知られないようにしておきましょう。
はや

 

WordPressテーマについて

今回本記事を参考にしてWordPressブログを開設人であれば無料のワードプレステーマの「Cocoon」が設定されていると思います。

 

Cocoonは無料のWordPressテーマで唯一SEOに特化したテーマですが、もし本格的に稼ぎたいという前向きな気持ちがあれば下記のWordPRessテーマも検討してみて下さい。

 

 

特に本ブログでも使用しているアフィンガーは稼ぐことを目的としたテーマとなっています。

 

もしアフィンガーが気になりましたら購入方法と、設定方法について詳しく紹介している記事をご参考いただければと思います。

 

【図解あり】アフィンガーの購入方法とインストール方法を利用者が徹底解説!

続きを見る

 

もちろん今回インストールしたCocconでも記事を執筆して収益を出すことはできます。その代わりひとつだけ注意しておいてほしいことがあります。

 

Cocoonで記事を作り続け後になってアフィンガーやほかのWordPressテーマに切り替えたいとなった場合、ブログや記事の表示構成が崩れてしまうということ。

 

WordPressが壊れるわけではなく、テーマごとに使っているプログラムが異なるために起こるもので壊れることはないのでご安心ください。

 

ただ、ブログ全体の表示の修正、記事ひとつずつ表示の構成を手直ししていくことになるので早めにWordPressテーマは決めておいた方が無難です。

 

私はCocoonで記事を執筆し続け40記事ほどで乗り換え表示の修正にてまどいました…。

 

パーマリンク設定

パーマリンクとは、記事につける名前を言います。

 

記事のタイトルとは別物で正確には「ドメインの後ろに続く文字列」を言います。

例えば「https://hayamizbg.net/test-test/」といった場合、「test-test」の部分がパーマリンクとなります。

 

パーリンクの設定箇所は管理画面に入り「設定」「パーマリンク」とたどります。
はや

 

パーマリンクはいくつか形式を選べますが、初期設定は「日付と投稿名」となっています。

 

日付はリライトした際にも残ってしまうので、あまり好ましくありません。

 

下図のように「投稿名」が一般的です。

 

設定が完了しましたら、下にある「変更を保存」をクリックしましょう。

 

カテゴリー設定

カテゴリーはブログ運営をしていく中で非常に重要なものです。

 

カテゴリーの考え方についてはこちらの記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

関連記事 WordPressブログのカテゴリー分けで注意すること

 

ここではカテゴリーの設定方法についてご紹介します。
はや

 

step
1
WordPress管理画面で「投稿」「カテゴリー」と進む

 

step
2
名前にカテゴリー名を入力し、スラッグには「名前を英語表記で表したものを入力」

 

  • カテゴリーさ作成されました

 

スラッグって何?
悩む男子

 

スラッグとは、位置を表す言葉です。

 

作成した記事がどんなジャンルなのかをカテゴリーという機能を使ってまとめることができます。

 

カテゴリー設定で使われるスラッグとは、カテゴリーを英語表記したもので、英数字と「-(ハイフン)」が使用して設定します。

 

カテゴリーは記事をまとめる機能なので、まとめる記事にふさわしい名前を付けたいですね。
はや

 

WordPress一般設定

WordPress一般設定は、WordPress管理画面から「設定」「一般」とたどります。

 

  • サイトタイトル・キャッチフレーズ

 

サイトタイトル・キャッチフレーズはできるだけオリジナリティあふれるものにします。

 

個性的なサイトタイトル(32文字以内)はそれだけで読者を惹きつけますし、キャッチフレーズでどんなブログか少ない文字数(110文字程度)で説明します。

 

もし特化ブログの作成をお考えであれば、キーワードも含めた名前が重要です。

 

  • 例えばWiMAXに特化したブログを作る場合
  • タイトル「WiMAX〇〇調査隊」
  • キャッチフレーズ「WiMAXのプロバイダー選び、使い方、口コミを~~」

 

といった感じにします。

 

雑記ブログであれば、個性的なサイトタイトルで攻めましょう!
はや

 

  • WordPressアドレスとサイトアドレス

 

WordPressアドレスとサイトアドレスは「独自ドメイン」になっていることと、「https」となっているかの2点を確認します。

 

例の図では独自ドメインに設定されていますが、httpとなっていますね。
はや

 

httpのままではブログ全体がSSLで暗号化されないので、httpsと修正します。

 

タイムゾーン・日付形式。時刻形式・週の始まりは初期設定のままでOKです。

 

プロフィール設定

プロフィールとは読者が「この記事を書いている人は誰なのか?」という情報を得る場所です。

 

記事の信頼性を高めるために、プロフィールはぜひ書いておきましょう。
はや

 

  • プロフィールに書いておきたいこと
  • 経歴
  • 特技
  • ブログで得られたこと
  • ユーモア

 

リストアップした順にありのまま書くと読者との親近感も沸くのでおすすめですよ。

 

step
1
WordPress管理画面から「ユーザー」「プロフィール」とたどる

 

ニックネームとブログ上の表示名を決めます。どちらも同じで構いません。

 

プロフィール情報を書きます。

 

プロフィールが書けましたら「プロフィールの更新」をクリックして完了です。

 

画像を設定する場合は、引き続き下記を読み進めてください。
はや

 

プロフィール写真は「Gravatar」というページで設定します。

 

step
1
Gravatarでプロフィール画像の変更が可能です。をクリック

 

step
2
ログインをクリック

 

step
3
WordPress管理画面のユーザー・パスワードでログイン

 

step
3
Upload newをクリック

 

step
4
ファイルを選択をクリック

 

step
5
プロフィールに使用する画像を選択し「開く」をクリック

 

用意するプロフィール画像は500px × 500px以上の正方形がおすすめです。

 

step
6
「次へ」をクリック

 

step
7
Crop imageをクリック

 

step
8
レーティング設定し「Set Rating」をクリック

 

  • 画像設定が完了しました。

 

メタ情報の削除

メタ情報には「サイト管理」や「ログアウト」といった情報があります。

 

Twenty Twenty-Oneが適用(緑色の画面)されている場合、メタ情報の削除は不要ですので飛ばしてください。

メタ情報は削除する

 

なんで載せているのか理解に苦しみますが…。
はや

 

全員に見えてしまう部分ですので、ブログ開設後はサクッと削除しましょう。

 

step
1
WordPress管理画面へ入り「外観」「プラグイン」とたどる

WordPress管理画面へ入り「外観」「プラグイン」とたどる

 

step
2
「フッター2」の「メタ情報」をクリック

 

step
3
「削除」をクリック

 

  • 「フッター2」からメタ情報が消えました

 

ブログを表示して確認しましょう。

 

上の図のようにメタ情報が消えれば作業完了です。

 

サンプルページの削除

サンプルページは「投稿一覧」と「固定ページ」に1ページずつあります。

 

投稿一覧と固定ページにあるサンプルページはブログ運営をしていく際には不要ですので、削除します。

 

step
1
WordPress管理画面から「投稿」「投稿一覧」とたどる

 

step
2
「ゴミ箱へ移動」をクリック

 

削除したい記事にマウスのカーソルを持っていくと項目が表示されます。

 

  • サンプルページがゴミ箱へ移動しました。

 

step
3
「ゴミ箱」をクリックし、「完全に削除する」か「ゴミ箱を空にする」をクリック

 

  • 完全に削除されました。

 

「固定ページ」「固定ページ一覧」とたどり、同様にサンプルページを削除します。

 

不要プラグインの削除

WordPressブログ完成後にインストールされているプラグインは2つです。

 

※エックスサーバーでブログを作った際は「TypeSquare Webfonts for エックスサーバー」が含まれるので全部で3つとなります。

 

今回は「Hello Dolly」というプラグインを例に削除します。

 

step
1
「プラグイン」「インストール済みプラグイン」とたどる

 

step
2
OKをクリック

 

  • 削除されました。

 

もう一度プラグインページにアクセスすると存在していたこともわからなくなります。

 

WordPressクイックスタートでブログ開設後に登録しておきたいサービス

 

これでWordPressブログの運営準備はほぼ整いました。

 

最後に副業ブログを目的としている人はぜひ登録しておきたサービスを二つ紹介します。

 

どちらもブログとして機能していることが重要になりますので、記事を作成し登録に挑戦してみて下さい。登録に審査がありブロガー初のハードルです。

 

難しく考えずに気楽に挑戦してみて下さいね。

 

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)への登録

ASPは副業ブログを目的とする人にとって必須のサービスです。

 

有名どころをご紹介していますので、ブログ開設が落ち着きましたら登録に挑戦してみて下さい。

WordPressブログでアフィリエイト(成功報酬型広告)に必要なASPってなに?【収益化の方法】

続きを見る

 

Google Adsenseへの登録

Google Adsenseは初心者でも非常に稼ぎやすいサービスのひとつです。

 

初めて収入をえるほとんどの人がGoogle Adsenseだったりします。こちらも審査がありますが、ぜひ登録に挑戦してみて下さいね。

Google Adsenseに申し込む方法【コツも紹介】

続きを見る

 

WordPressの設定で困ったら…

 

コノハウィングを使ったブログの作り方でもし困ったことがありましたら、コノハウィングの公式サイトへ問い合わせをすることが一番です。コノハウィングはサポート体制が充実していますので助けを求めてみて下さい。

 

チャットサポートのリンク先はメールサポートと同じ場所になってしまいますが、メール問い合わせの画面一番下からチャットで問い合わせすることができます。

 

ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGは下記のような人に特におすすめです。

  • とにかくブログを簡単に始めたい
  • 月額料金を安くしたい
  • シンプルでわかりやすいプランを選びたい
  • とくにかく速いサーバーを使いたい

 

とにかくブログを簡単に始めたい

ConoHa WINGではWordPressかんたんセットアップという機能が無料で使えます。

 

通常ブログを開設するには、レンタルサーバーを申し込んでから、独自ドメインの設定やらWordPressのインストール、設定などが必要になり、決して簡単ではありません…。

 

初心者がとっつきにくいとされている原因はほとんどがこれ。

 

ConoHa WINGではこうしたハードルを取っ払ってくれました。

 

WordPressかんたんセットアップは、ConoHa WINGの申し込みと同時にWordPressの設定までやってくれる初心者にとってもやさしいサービスです。

 

しかもWordPressテーマも同時にインストールできる他社にはない機能までついたお得サービスです。

 

ConoHa WINGで選べるWordPressテーマは下記の4つ

  • Cocoon(無料)
  • SANGO(11,000円)
  • JIN(14,800円)
  • THE SONIC(8,500円/年)

 

特にCocoonは無料でありながら本格的なSEO対策が施されており人気のテーマの一つとなっています。さらにSANGOやJINといった人気のテーマも同時インストールができます。

 

ConoHa WINGの申し込みからブログの開設までをまとめた記事はこちらです。

【人気】ConoHa WINGのかんたんセットアップでワードプレスをインストール

続きを見る

 

月額料金を安くしたい

ConoHa WINGは常に月額料金を安くするためのキャンペーンが行われています。

 

現在は8/5 18:00までの申し込みで最大37%オフになるキャンペーンを実施中。

1,320円828円~(37%オフ)申し込みができます。

 

ConoHa WINGは国内最速でも有名ですが、国内最安値級の月額料金としても有名です。契約事務手数料や初期費用も無料ですので、ConoHa WINGはとにかく料金を安く抑えたい人に人気です。

 

シンプルでわかりやすいプランを選びたい

ConoHa WINGのプランはとてもシンプルです。

 

「WINGパック」と「通常」の2つのパックがあり、各パックには「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つのプランがあります。

 

3つのプランの違いは下記のとおり(カッコ内はキャンペーン価格)

プランベーシックスタンダードプレミアム
月額料金1,320円(828円~)2,640円(1925円~)5,280円(3,850円~)
SSD容量300GB400GB500GB
転送量27TB/月36TB/月45TB/月
ドメイン無制限無制限無制限
データベース無制限無制限無制限

 

人気はベーシックプランです。

 

スターダード、プレミアムは価格が倍倍になっているので高額です。個人がブログを運営する場合ベーシックプランで十分すぎるほどの性能ですので、まずはベーシックから申し込みをしましょう。

 

容量が足りなく感じることはほぼないです。

 

とくにかく速いサーバーを使いたい

ブログの表示速度はあなたが将来副業として成立するかしないかに関わってくると言っても過言ではありません。

 

ConoHa WINGは国内最速のサーバーですので、表示速度については心配ありません。

 

証拠としてConoHa WINGはで作った「ブログの表示スピードを示す結果」をご紹介しておきます。

 

PageSpeed Insightsの表示結果(パソコンでの表示速度)

 

PageSpeed Insightsの表示結果(モバイル(スマホ)での表示速度)

 

ひとつでも当てはまった場合、あなたはConoHa WINGとの相性がピッタリですよ。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

WordPpressを使ったブログの始め方:まとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログを運営することも楽しいですが誰かの役にたって収益も発生するってとても楽しいことです。

 

ブログで稼ぐことができればあなたの日々の生活がさらに充実したものになるかもしれません。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

WordPpressを使ったブログの始め方【よくある質問】

この章ではこれからWordPressでブログを作りたいと考えている人が抱く質問をまとめました。

 

WordPressでブログを作るのって本当に簡単なの?

はい。公式サイトから申し込みを行うだけでWordPressブログが完成しています。

 

入力することは下記の3項目です。

  • WordPressかんたんセットアップの基礎設定
  • 個人情報の入力
  • 支払情報の入力

 

専門的な知識が必要となる設定は一切ありません。

 

レンタルサーバーってどこがおすすめなの?

レンタルサーバーは実に100社以上あり、迷いだすとキリがありません。

 

選び方のコツは下記の4つ

  • ディスク容量が多い
  • サーバー速度が速い
  • トラブル発生がない
  • 出来れば安い

 

サーバー速度はそのままSEOに直結します。SEOとは簡単に言うと集客力を意味し、SEOが弱いとあなたが作ったブログに読者が来ません。来ないということは稼げないことも意味しています。

 

サーバーのトラブル頻度も稼ぐ上で非常に重要なポイントです。サーバーで障害が発生するとあなたのブログは表示されなくなります。その間稼げていたものも稼げない状態になるので、トラブルがないサーバーを選ぶことが重要です。

 

料金はできるだけ安い方が良いですよね。ただし、安すぎるサーバーは危険です。格安すぎるがゆえに、サーバーの速度がいまいちだったり、トラブル発生頻度も高い可能性があるからです。

 

目安としては800円~1000円程度のレンタルサーバーがおすすめです。

 

ちなみにこれらの条件に合致するレンタルサーバーは「ConoHa WING」となります。安くて速いサーバーを使いたいけどどこが良いのかわからない…という場合は「ConoHa WING」を選んでおけばまず失敗することがありません。

 

コノハウィングで契約する場合、どのプランが良いの?

レンタルサーバーを「ConoHa WING」にした場合、おすすめのプランはWINGパックのベーシックプランです。

 

スタンダードプランやプレミアムプランは個人ブロガーにはかなりオーバースペック(性能が良すぎて使いこなせない)となります。

 

価格もそれなりに高くなるので、「ベーシックプラン」がおすすめです。

 

8/5までの期間限定で月額料金が最大で37%OFFになるキャンペーンを実施中です。

  • 対象プラン:ベーシック
  • 月額料金 :828円~(36ヵ月契約)

 

836円という料金はWINGプランの36カ月契約時の1カ月の値段です。ほかの契約月数では下記となります。

  • 12ヶ月契約:1,320円/月 → 931円/月(29% OFF)
  • 24ヶ月契約:1,320円/月 → 879円/月(33% OFF)
  • 36ヶ月契約:1,320円/月 → 828円/月(37% OFF)
  • 3ヶ月契約:1,320円/月 → 1,138円/月(13% OFF)
  • 6ヶ月契約:1,320円/月 → 1,034円/月(21% OFF)

 

WINGパックかかる料金は月額料金のみです。さらにキャンペーン中のWINGパックを申し込めば独自ドメインの取得料と更新料も無料です。

 

初回契約時に契約月数を多くしておけばお得になります!

 

無料でWordPressブログは作れないの?

これは良くいただく質問です。

 

作れるか作れないかで聞かれた場合、答えは作れます。

 

ですが、稼ぐことを考えた場合、無料ブログは使い物になりません。最大の理由はディスク容量と広告掲載にあります。

 

「ConoHa WING」のベーシックプランでは300GBの容量があり、個人ではありあまるほどの容量があります。

 

無料WordPressブログのレンタルサーバーのサービスを展開しているXfree(エックスフリー)でのディスク容量は2GBです。

2GBは100記事ほどで容量オーバーします。

 

100記事もあれば稼げるんじゃ…と思うかもしれませんが、100記事程度ではそれほど稼げませんし、なによりも無料であるためXfreeが掲載する広告も表示されます。

 

無料ブログサービスは稼ぐための機会損失はハンパないのでやめておいた方が無難です。

 

これははてなブログなどの無料サービスでも同じことです。

 

WordPressブログのSSL化って何?

SSL化とはあなたのブログとあなたのブログを見ている読者の間に存在する通信を「暗号化」することを言います。

 

スマホが普及し通信は簡単に盗み見ることができてしまいます。

 

本来であれば、閲覧するだけのブログなら通信内容を盗聴されても問題なかったのですが、最近のSSL化では通信速度の向上も図られているのでぜひWordPressのSSL化は実施しておきましょう。

 

「ConoHa WING」のWordPressかんたんセットアップであれば「SSL化」も自動で行われるので簡単です。

 

WordPressブログを自分でも使っていけるか不安。なんとか無料で試してみたいのですが…

パソコン操作が苦手な方やキーボードもなかなか打てないという人がいきなりレンタルサーバーを契約してブログ運営とは少しハードルが高いかもしれません。

 

無料で試す方法として一番簡単なのは、「エックスサーバーの10日間無料お試し」を利用することです。

 

エックスサーバーはコノハウィング同様に、人気の高いレンタルサーバーであり、運営歴・契約者数ならトップの企業です。

 

10日間無料で試してみてそのままエックスサーバーで契約される方も多いので、まずは無料お試しを使ってみるのも賢いブログ運営のひとつでもあります。

 

記事もご用意していますので、ご参考にどうぞ。気に入った際の契約方法についても書いています。

【推奨】WordPressの無料お試し期間をポイントを押さえて説明

続きを見る

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

実際に使ってみたレンタルサーバーを徹底的に比較しました。レンタルサーバー選びに迷ったら参考にしてください。

⇒ 【2021年最新版】個人向けレンタルサーバー5社を比較【WordPress必須のレンタルサーバー】

【定番】レンタルサーバーの正しい選び方

続きを見る

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

-レンタルサーバー
-,