産経オンライン英会話

英会話

40歳からの大人の英会話。最短で身につけたいなら教材は買うなというお話 2019年5月

更新日:

英語は地球語。

 

かつてこんなキャッチコピーで宣伝していた英会話レッスンがありましたよね?

 

平成が終わり、今は令和元年。新時代の幕開け、東京オリンピックが2020年に控えており、ますます英会話ができて当たり前になりつつある今日この頃です。

 

そんな私はもちろん英語…!

 

出来ません。

 

はや
この状況でネットワークエンジニア・プリセールスエンジニアである私は日々英語と格闘中です。

 

扱う製品はシスコシステムズ製品なので、もちろんマニュアルは英語。

最近は翻訳されては来ていますが、GUI画面なんかは英語。

 

技術トレーニングを受けるとき、資格試験を受験するときもすべて英語…。

学生時代もっと英語勉強しておけばよかった、なんて40歳になって後悔することもしばしば。

 

はや
勉強は大人になってからやりたいって思うんですよね…。
後悔先に立たず…。典型だね~。
あっちゃん
はや
うっ。

 

さて、今回は実際に英語に触れる機会をもっと増やすべく試してみて一番効果を実感できたあるものを紹介します。

 

 

英語を本気で覚えたいなら、とにかく英語に触れる機会を増やす

英語を勉強したい!と思ったかたはまず、できるだけ英語に触れる機会を作ることです。

  • 映画を日本語字幕で鑑賞、または英語字幕で鑑賞
  • ニュースだったら、頑張って海外ニュースを読む
  • 音楽だったら洋楽を聞く(これは音として聞くにちかいですが)
  • 技術資料は翻訳サイトではなく、頑張って英語サイトを読む(単語を調べながら)

 

まあ、ざっと思いついてみたものを挙げました。

 

職業柄、英語を触れざるを得ない場合を除くと、音楽、海外ニュースが手軽でしょうか。

映画はまとまった時間がないと難しいですが、趣味が映画の方はラッキーですね。

 

英語は猛勉強すれば良いわけではない

 

例えば映画なら日本語吹き替えにしたら「英語字幕」を表示する!これだけで、目で英語を触れることができます。

逆に英語音声で「日本語字幕」にする。こうすると、耳で英語を触れることができます。

実は、英語音声で英語字幕にすると脳がフル回転し、英語が身につく「感じ」がしてきて手始めはこれでもアリです。

子供は自然と言葉を覚えて会話できるようになりますよね。

あれと同じ感覚です。

 

はや
実際海外にいくと、英語でやり取りするしかないですよね。

 

音楽だったら洋楽ですね。ただ、ネイティブなので、言葉を省略している場合も多いので歌詞カードを見ながらが良いです。

 

はや
英語を覚える・勉強することで一番重要なのは、質でもなく、猛勉強するわけでもなく楽しむということが重要です。

 

 

聞き流しは役に立たない

よく巷(ちまた)で、聞き流しで英語が話せるようになった!

そんな広告を見たことがあるかもしれません。

 

あれ、ほんと意味がないと実感しています。

聞き流すってようするに聴いていないと同義だと私は思います。

 

英語を勉強したいのに聞かなくても英語ができるようになる!って矛盾していませんか?

 

実際「TED」などを聞き流していたことがありますが、なに一つプレゼンの内容は覚えていません。

私の記憶力がヒドイだけかもしれませんが。

 

はや
実際に動画に耳を傾け、スピーカーの会話をじっくり聞くことが大事だと感じました。
日常会話も聞き流して理解できるなんてありえないもんねっ。
あっちゃん

 

子供のヒアリング能力は人類史上最強

 

我が娘は、週一回の英語教室にかよっています。

子供の吸収力は感心させられます。

 

とくに驚くのが聞く力が大人よりもすごい!!

 

大人はどうしても英語をカタカナで聞き取ろうとしますが、子供は音で聞き取ろうとします。

 

文章でそれを表現することは難しいですが、例えば「Hello.」

大人は「ハロー」と脳内で変換してしまいますが、子供は「Hello.」と聞きます。

 

この「言葉を音で聞く」が私はとても重要だと考えています。

 

娘が英語教室から帰ってきて、今日はどんな英語を勉強したの?と聞くと、ネイティブのような流暢な発音で答えるので、とても驚きます。

 

仕事がら英語が必要

 

英語を勉強したい・・。この理由の多くは、ほとんどが「仕事で必要だから」だと思います。

 

英語を覚えるコツは、わからない単語があったら「すぐ調べる」こと。

 

はや
今はGoogle翻訳などでパパっと調べられますよね。

 

なんとなくでもわかる英文もありますがやはり頭には入ってきません。

 

意味を知っている英語は頭に入ってくるので、まずは大変でも「調べる」くせをつけると良いですね。

そうすると知っている単語が増え、英文もスラスラ母国語のように読めてきます。

 

 

英語しかない環境に入る

 

これは究極の部類にはいりますが、英語しかない環境へ行くことです。

 

要するに英語圏の国へ行くことです。

 

何をするのも英語しか通じなくなるため、初めは片言でも一か月もすると生活には困らないレベルの英会話ができるようになります。

 

私の場合、ネットワーク技術のトレーニングを受ける際は外国人講師です。

一週間ほどはほとんど外国にいるような状態になるので、だいぶ英語力も付きました。

 

英語を身につけるなら、

どっぷり英語に浸かることが重要なんだと感じました。

 

 

どうすればどっぷり英語につかることができるのか

 

簡単です。

ネイティブ講師がいる英会話レッスンを受けることです。

  • 高価な教材を買う必要もありません。
  • 意味のない聞き流しを買う必要もありません。

 

あなたのやる気さえあれば、ネイティブの英語講師とマンツーマンで英語をとことん触れてみてください。

 

私は照れながらもつたない英語で質問していましたが、外国人の日本語を理解するようにネイティブの英語講師もきちんと理解してくれます。

 

成功体験があなたの自信をどんどんアップさせてくれます!

 

正直英語ができるだけで、自分に自信がつきますし、今まで見ていた世界が激変します。

だって、世界が見えますからね。

 

英語ができるだけで、職場からの信頼度も格段にアップしますし、モテるし、良い結果しか思い浮かびません。

 

 

参考になれば幸いです。

産経オンライン英会話

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-英会話

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.