ダイエット

5キロ痩せたいけど続かない。少しの運動と炭水化物を抑えるだけ【1か月でOK】

2019年9月26日

痩せたい!

「どうしても痩せたい!

「10キロは無理でも、5キロ痩せたい……

「そう思ってるのにダイエットが続かない…

 

ダイエットに挑戦しては挫折する。

よくある経験ですよね。

 

かくいうわたしも、途中でダイエットをやめてしまったり、ちょっと痩せたいと思ってダイエットを再開するもリバウンドを繰り返す、こういったパターンにハマっていました。

 

はや
正直、太っていると、いいことはあまりないですよね…。

 

健康診断には引っ掛かりますし、ひとからも「メタボ?」って聞かれたりします。

素敵な服を見つけたけどサイズが合わないとか、身体が重くて疲れやすいとか……。

 

でも、ダイエットで痩せることでグンッと明るい未来を掴めるんです。

 

実際にわたしは痩せたいと思ってダイエットを実践し、人生が変わり、性格も明るくなりました。

ダイエットで痩せたい!という気持ちがよりポジティブになったりもします。

 

ダイエットに成功した!という成功体験は自信に繋がります。

 

この記事では、意志が弱いわたしでも続けられた、【5キロ痩せたいあなたへ贈るダイエット法】を公開します。

  • 今までダイエットを失敗してきた方。
  • 「今度こそダイエットを成功させて痩せたい!」という方。
  • まずは気軽にダイエットに挑戦したいという方。

 

5キロ痩せるのは意外と簡単でしたし、そもそも同じ悩みをもつあなたの気持ちもよくわかります。

ぜひこの記事があなたの痩せたいという気持ちの後押しと、理想の身体を手に入れることができれば、これほどうれしい事はありません。

 

あき
ぜひ最後まで読んでいってくださいませ!

 

なお、産後ママのあなたがいきなりダイエットをするのはあまりお勧めはしません。

まずは産後のダメージを回復してから実践されることをお勧めします。

 

理由と産後ママがダイエットする場合のおすすめの方法を書いた記事がありますので、そちらをお役立てください。

産後のおすすめダイエット法
口コミで話題のととまえ茶は産後のダイエットに最適。身体に負担をかけないことが大切 - BEAUTY LIFE
口コミで話題のととまえ茶は産後のダイエットに最適。身体に負担をかけないことが大切 - BEAUTY LIFE

妊娠・出産後の身体は、妊娠前と比べて大きく変化しているもの。   「赤ちゃんの体重は300 ...

続きを見る

 

痩せたいけどおすすめの簡単ダイエットってある?

簡単なダイエット法って

 

ダイエットは辛いもの、というイメージがありますが、まずは5キロ痩せたいとお考えであれば、以下の2つで十分です。

  • 【1】痩せるための運動
  • 【2】夜に白米(炭水化物)を食べない

 

はや
ものすごく痩せたいなら、もう少しきついダイエットをしなければなりませんが、5キロ痩せるという目標であればまずOKです。
あき
もちろん食べながらでもOKです。

 

「食事抜きで野菜ジュースだけ!」

「スポーツジムで激しい筋トレ!」

 

5キロ痩せたいならこんなに厳しい環境を作る必要はありません。

 

はや
いきなり厳しくすると痩せたい気持ちも薄らいでしまいますしね…。
あき
健康的にダイエットを行うのが一番ですよね!

 

「痩せるための運動」ってどんな運動?

まず、【1】で痩せるために運動することをお勧めしました。

  • 「じゃあ痩せるための運動ってどういったもの?」
  • 「仕事が忙しいし、痩せたいけど疲れる運動はイヤ」
  • 「ジムに高いお金を払いたくない」

 

だいたい、太っていると色々な理由を付けて運動しないものです。

 

はや
わたしもそうでした……。

 

けれど、痩せたいなら運動は欠かせません。

運動というか、むしろ筋肉をつけることですね。

 

簡単に言うと、筋肉量を増やせばそれだけで消費カロリーが増えて痩せるんです。

同じ体重でも、筋肉が多い人は消費カロリーが多く、たくさん食べても太りにくい体質(=痩せやすい)になっています。

 

のちほど紹介する「ダイエットをもっと効率よく行う上で知っておきたい3つの代謝」の章では効率のいい筋肉の付け方としてスクワットを例に紹介しています。

とはいえ、スクワットなど運動不足だった人がいきなり強度の高い運動をすることは少々危険です。

 

はじめは「ウォーキング」など軽めの運動からダイエットをはじめると良いでしょう。

デスクワークが多い場合は、さらに運動不足になりがちです。

なかなかジムに通うこともできないあなた向けにデスクワーク中に実践できる運動方法を公開していますので、ご参考ください。

ヒント
スポーツジムが続けられない人はデスクワークをしながらダイエット!おすすめの筋トレとは!

デスクワークをしていると、意識して運動を取り入れなければ血行が悪くなるだけではなく、筋力もどんどん落ちていきます。 しか ...

続きを見る

 

ウォーキングはいつでもどこでも気軽にできる運動です。

  • 通勤を徒歩にする
  • エレベーターではなく階段を使う
  • 思い切ってひと駅歩いてみる

 

これだけでも良い運動になります。

もちろん、もっと痩せたいなら時間を作って軽いジョギングをするのもお勧めです。

本記事は1ヵ月5キロ痩せたいあなた向けの記事ですが、今後もっと本格的な運動も取り入れてダイエットを実勢したみたいという場合の筋トレや有酸素運動を取り入れたトレーニング方法も書きました

こちらもお役立てください。

本格トレーニング
筋トレと有酸素運動で体の引き締めダイエットを取りれる【本格的】

食事の工夫やデスクワークしながらの筋トレでもしっかり取り組めば徐々にですが効果が期待できます。 それでももっと脂肪を燃焼 ...

続きを見る

 

とはいえ、季節によっては外で運動するのが難しかったりします。

仕事で帰宅時間が遅い人など、どうしても室内の運動になってしまうことがあるでしょう。

駅が近すぎて、徒歩通勤でも運動にならないかもしれません。

 

そこでわたしは部屋でも運動して少しでも痩せる体作りをしたいと思いルームマシンを導入しました。

 

ちょっと高い買い物でしたが、このルームマシンはテンション(ペダルをこぐときの負荷)を調整できるの効率よく痩せる体作りができました。

はじめのうちは軽めにテンションを設定し、慣れてきたら徐々にテンションを高く(=重く)していくことで効率よく痩せることができます。

スマホやテレビを見ながら運動できるので、一石二鳥!

 

ちなみに、マンションなどで下階の人への騒音が気になる…という方には、静音マットも用意されているので安心です。

 

「スポーツジムでみんなの見ている前で頑張るのは恥ずかしい」という方も、ルームマシンが自宅にあれば、いつでも気軽に痩せる体作りができます。

 

はや
高いお金を出したんだから、と、「頑張るしかない状況に追い込んで痩せる!」というのもアリだと思います。

 

運動して脂肪を筋肉に変えていく、、もっというと基礎代謝をあげることは、痩せたいなら基本中の基本です。

基礎代謝を増やし効率よく痩せたいなら後ほど紹介する「ダイエットをもっと効率よく行う上で知っておきたい3つの代謝」の章をご覧ください。

 

痩せたいならちょっとだけ努力してみましょう

つづいて、運動と同時に【2】を始めます。

 

痩せたいなら夜に白米はできるだけ避けることです。

 

はや
ちなみに、朝昼は、普通の食事でOKです。

 

そして夜だけは、白米を食べずに、おかずだけの食事にしてください。

 

炭水化物を抜くことで、食べすぎることのを予防します。

なので、おかずだけだからと言って、食べ過ぎには注意してください。

 

はや
朝も昼もですが、ダイエット中ということを意識して、暴飲暴食は控えましょう。

 

「じゃあ、夕食そのものを我慢しようかな……」

 

実は、これは逆効果になる可能性があります。

もっと早く痩せたいと思って食事を抜いて飢餓状態にしてしまうと、身体は脂肪を貯めこもうとします。

 

簡単に言うと、太りやすい状態(=ダイエット失敗の要因)になってしまうんです。

 

痩せたい!」という強い気持ちから食事を抜いていたことで、それまで我慢していた「食べたい」という欲求を、我慢できなくなってドカ食いしてしまう可能性は否定できません。

飢餓状態からのドカ食い・・・これが続くと、一気に太ってしまうんですね・・・。

 

痩せるどころではなくなってしまいます。

 

そもそも、炭水化物は身体に必要な栄養素(エネルギー)ですから、痩せたいからと極端に食事を抜くダイエットは健康にも良くありません。

 

安全に痩せるためにも、そして、途中で挫折しないためにも、ここは「ちょっとだけ努力」してみましょう。

 

【1日のスケジュール】

  • 朝(普通の食事)
  • 昼(普通の食事)
  • おやつ(我慢)
  • (炭水化物抜きの食事)
  • 軽い運動

 

はや
仕事を頑張るためにも、朝昼は健康的な食事を摂りましょう。

 

夕飯は炭水化物を減らすようにします。

炭水化物ですから、ご飯を抜いてパンを食べるのも極力NGです。

 

痩せたいという強い気持ちがあっても、最初はこのスケジュールでも辛いかもしれません。

特にわたしは「おやつ抜き」がきつかったです……。

 

でも痩せるため!」「将来のカッコいい(かわいい)自分になるため」に、まずは1週間痩せたいという気持ちを忘れずに我慢してダイエットを実践してください。

 

【1週間後】

 

ダイエットが実践できましたら、または、痩せてきたかな?と思ったら、体重を量ってみてください。

ちなみに体重計は体脂肪率やBMIがすぐに分かる機能がついた体重計がおススメです。

 

普段夕食をたくさん食べていた人なら、最初の1週間で以前よりも体重がおちて痩せていることに驚くと思います。

 

この時点で2~3キロ、少なくても1~2キロは痩せているはずです。

 

これは単純に、日々の生活の中で、「食べ過ぎていた」分を我慢できた成果。

そして、ここから痩せたいと思うあなたへある試練が訪れます。

 

いわゆるダイエットの停滞期です。

 

痩せたい気持ちが薄らいでしまうダイエットの停滞期に入ったら

ダイエットの停滞期。

ダイエットを実践しているあなたなら聞いた事ぐらいはありますよね。

 

ダイエットを始めると痩せたいと思うあなたの意に反し身体が防御反応を起こし、体重を維持しようとする停滞期に入ります。

「体重が減った!」

「危険だから、痩せにくい体質に変わろう!」

 

と、身体は自然とそう変化するわけです。

 

停滞期は、ダイエットを始めて2週間目くらいに始まり、2週間ほど続くと言われています。

これは痩せたいと思う気持ちを押さえつけるような非常に苦しい期間でもあります・・。

 

はや
かなり長いですね~。心が折れそうです。

 

停滞期はもちろん個人差があります。

 

そして、停滞期を越えると、また身体は痩せていきます。

痩せたい気持ちが薄らいでしまう時期ですが、乗り切る方法もあります。

 

停滞期を抜けるには「前向きな気持ち」を持つ!

実は、ダイエットが成功するかしないかは「停滞期の壁を乗り越えられるか」にかかっています。

 

乗り切る方法はただひとつ!

「いまやっているダイエット方法は正しい」と信じること!

 

自己暗示とも言えますが、「このダイエットを実践するだけで痩せられる!」と思い込むだけで、自然とダイエットを頑張れるようになります。

 

誰でもダイエットを実践し痩せてくると停滞期は訪れるので、停滞期がきたらダイエットが成功しているんだ!よしよし!」と逆に楽しむことが大切です。

わたしはこのマインドで痩せたいという気持ちをより強くすることができました!

 

はや
とはいえ、1ヶ月の停滞期……やっぱり長かったです……。

 

とにかく、停滞期に入っても、痩せるために夜ご飯(白米)は極力控えてください。

いつも通りに、朝昼は食べて夜は少量の夕食と運動。これです。

 

で、このスケジュールが習慣になれば、もうダイエットは成功したも同然です。

 

その結果―――1ヶ月後のわたしはどうなったかというと・・・?

 

1ヶ月マイナス5キロ達成!さらに3ヶ月後にはマイナス20キロ!

  • 【1】痩せる運動をする
  • 【2】夜に白米(炭水化物)を食べない

 

おおきくこの2つを習慣にしただけで、「予想を大きく超える驚きの結果」がやってきました。

 

停滞期を無事に超えたら、あとは楽しいぐらいに痩せていきます。

そして・・・!

 

1ヶ月で5キロ痩せたい!といった当初の目標を達成!

 

このまま10キロ15キロと痩せたい欲求が出てきたので、そのままダイエットを継続したら、3ヶ月後には20キロの減量に成功しました!

 

もちろん極端に食事を抜いたり、激しい運動をしたり、ということはしていません。

時間はかかりましたが、身体を大事にしつつ、いつもと同じダイエット生活を続けていただけです。

 

はや
同じといってもウォーキングやルームマシンは継続し、過度の食事は抑えていますよ。

 

そして、たまたま5年ぶりに会った知人からは「最高の一言」をいただきました。

 

「うおッ! ずいぶん痩せたな!?」

 

まさに努力が実った瞬間。心の中でガッツポーズです!

 

痩せたいならむしろチートデイを作って、メリハリのあるダイエットを!

痩せたいならチートデイでメリハリのあるダイエットを

 

ちなみに、この頑張らない簡単ダイエットですが、途中で挫折しそうになったこともあります。

特に、このダイエットを始める前は、痩せたい!頑張らなきゃ!」と気を張りすぎて失敗してしまう(=挫折)ことも多かったです。

 

つまり、ダイエットがストレスにならない」ように、自分の気持ちをコントロールする必要があるんですね。

痩せたいと思って頑張れば頑張るほど、ふっと気が抜けたときについ「やーめた!」となってしまったり、ドカ食いしてしまったりします。

 

はや
そうなると、あっという間にリバウンド……そんな悲しい経験も、もちろんあります。

 

人間の三大欲求である食欲を我慢するの、とても辛いですよね~。

 

そこで、いろいろ挫折したわたしがあなたにお勧めしたいのが「痩せたいならチートデイ!」です。

 

『チートデイ』は何でも食べて良い日!

ちなみに、チートデイはストレス解消だけが目的ではありません。

 

先ほどお話ししたとおり、身体は飢餓状態になると太りやすくなります。

身体を飢餓状態にしないために、あえて食べる日を作る。

 

はや
そういうわけで、うしろめたく思う必要は決してありません。

 

むしろストレスを溜めないためにも、チートデイは楽しんで食事をしてください。

 

はや
わたしは、週に一度、水曜日をチートデイにしました。

 

その日は何でも食べてOK。

夜にご飯を食べてもOK。ラーメンもビールも解禁!

 

とはいえ、食べすぎは厳禁です。

さらにできれば、黒番茶やあなたのダイエットをサポートするドリンクなどの飲み物がおすすめです。

テレビやSNSで人気
【B-CLEANSE(ビークレンズ)】テレビ番組やSNSで話題のダイエットサポート。はあなたの救世主になるかも
ビークレンズ(B-CLEANSE)の効果的な使い方とは?

この記事はわたしがダイエットで失敗した「サプリを使う上での考え方」とSNSや口コミで話題の「ビークレンズ(B-CLEAN ...

続きを見る

 

はや
チートデイが終わったら、またいつものスケジュールで食事と運動をして痩せる体作りをしましょう。

 

痩せたいなら栄養のバランスに注意

太ったほとんどの原因は「食べすぎ」ですよね。

食べすぎで太ったわけですから、どうしても痩せたいからと食事を抜きがちです。

 

食事を抜くこと自体はダイエットの手法の一つでもありますが、ただ抜けばいい!ということではありません。

 

ここで、絶対にこれは摂るべし!という栄養素を紹介します。

 

炭水化物は適量を

記事の冒頭では炭水化物は抜けと書いていますが・・。

 

ただし、これは白米やパンといったいわゆる「炭水化物のかたまり」です。

これらを抜くことでわたしの場合はほとんど影響ありませんでした。

 

人間のからだは「エネルギー(糖質)」は必要不可欠ですが、白米やパンは抜いても大丈夫です。

理由はほとんどの食べ物(料理)に炭水化物は含まれているからです。

 

食事を完全に抜くことは絶対にやめて欲しいですが、白米やパンを抜くぐらいはそれほど問題はありません。

でもどうしても抜くのが気になる!というかたは100グラムを目安に食べると良いでしょう。

子供用のお茶碗でご飯を食べるぐらいならOKでしょう。

 

あき
ご飯おいしいですしね。

 

タンパク質はきちんと摂る

炭水化物を抜くのは難しい、と言われるくらい、炭水化物はどんな食事にも入っています。

 

だからこそ、夜、白米抜きにするのが、簡単なダイエットになるわけですね。

ところで、もう一つの栄養素「タンパク質」は抜いてはいけません。

 

タンパク質は筋肉を作るなど、身体にとって重要な栄養素なんです。

 

痩せる体作りの基本は、運動をして「脂肪を減らし」「筋肉をつけて」基礎代謝を上げること。

 

痩せたいなら筋肉を減らすということはむしろ望ましくないんです。

 

簡単に言うと……食べなければ痩せますが、それでは健康的に痩せることはできないということです。

 

今回のダイエットのように、糖質(炭水化物)を制限している場合、糖質の代わりにタンパク質がエネルギー消費に使われます。

つまり、タンパク質を多く食べないと筋肉が減っていきます。

 

はや
痩せることに違いはありませんが、ヒョロヒョロした体型になってしまってとても健康的ではありません。

 

肌つやも悪くなったり、貧血になったり…と、特に女性は食事抜きダイエットは避けたほうが無難です。

とはいえ、タンパク質を多めに摂るのも難しいんですよね。

 

そこで、「プロテイン」が活躍します。

 

気軽に摂れるタンパク質のもと「プロテイン」。

 

はや
最近はコンビニでも買えますし、味も昔と違って美味しくなっててビックリしました!

 

プロテインで筋肉をつけることでより効率的に痩せる体作りを行うことができます。

ちなみにプロテインは運動後にとると効率的に取り込むことができます。

 

ちなみに、タンパク質は肉や魚だけではなく、野菜からでも摂れます。

どうしてもお肉が苦手なあなたの場合は、「枝豆」「納豆」などの大豆を多く摂るようにしましょう。

 

野菜不足に気をつける

ダイエットをしていくと両極端になる場合があります。

 

  • タンパク質ばかりで野菜を摂らない
  • 野菜ばかりでタンパク質を摂らない

 

こと、女性は「野菜ばかりでタンパク質を摂らない」場合が多く見られます。

 

ダイエットはしていないけど、「美容のために」という感じで炭水化物やタンパク質をほとんど摂らず野菜ばかりを摂っている人が多い印象ですが、返って美容には良くないんです。

これはダイエットにも良くないのはご存知でしょうか。

 

話をもどしますが、野菜は食物繊維やビタミンを摂るうえで欠かせない食べ物です。

 

食物繊維は大腸を整え、便秘の予防になりますし、免疫力アップ抗酸化アップにもつながります。

 

とはいえ、どうしても野菜だけにこだわりたい!というあなたにはタンパク質の章でもお話したように「枝豆」や「納豆」などと合わせて摂ると効果バッチリですね!

 

野菜はなかなか摂るのがむずかしい印象です。

ここでわたしが実際に実践していたのが「青汁」について少し紹介します。

 

野菜不足を補う万能の飲み物「青汁」

青汁は野菜不足を補いつつ健康維持にとっても役に立つうえ、手軽で栄養価も高く万能の飲み物です。

 

痩せたいなら、バランスの取れた栄養が大事です。

もう一度述べますが、ダイエットを実践しているとつい野菜だけ、たんぱく質だけ、ごはん抜くだけ、となりがちです。

 

ダイエットをして健康的に身体を維持したいとお考えであれば、栄養も意識しなくてはなりません。

 

野菜が不足してくると…

  • 肌荒れがひどくなる
  • 皮膚のハリツヤがなくなる
  • 成人病にもなりやすくなる

 

そもそも青汁とはなんなのか

 

青汁、青汁と言いますが、そのルーツは平安時代だと言われています。

当時はいくつかの植物の葉をすりつぶし飲んでいました。

 

そして、戦後の影響で栄養失調の人が多くでました。

そこで登場するのが「青汁」の元祖ともいえる「ケールの葉を使った」青汁です。

 

現在では、「原料となる葉をはじめとした緑黄色野菜」を粉末にし、水で溶かして飲むのが一般的です。

 

はや
水に溶かしてサッと飲むだけ。簡単になりましたね。

 

大麦若葉や明日葉を使った青汁は特に美味しく飲むことができ、食事のおともにもぴったりです。

おススメの飲み方は脂っこい食事に一緒に飲むことです。

 

まさにチートデイにぴったりの飲み物なんです。

ジューシーな料理に青汁は最適

 

油でギトギトした口の中を青汁でさっぱりと洗い流す。

同時に糖の吸収も抑え、食物繊維で便通も良くなる。

 

はや
これほどダイエットに向いた飲み物は他にはありません。

 

ひと昔であれば、まずい青汁が一般的でテレビの罰ゲームなどにもたびたび出てくるくらいのまずさでしたが今では全くの逆で、お茶代わりにスイスイと飲めてしまいます。

 

青汁はダイエットで偏りがちな栄養素を満遍なく摂れる

朝は食べない、昼食は忙しいから菓子パンだけ、でもダイエットもしたいから夜は野菜だけ、肉だけ…。

正直言って健康的ではありませんし、これだとダイエットは失敗する可能性が高いです。

 

野菜だけであっても、キャベツやレタスだけでは十分栄養が取れているとは言えません。

肉や魚でたんぱく質だけ摂っても、肌ツヤは悪くなりがちです。

 

糖質を抜いただけだと、エネルギー不足になり体がもちません。

何度も言っていますが、バランスの取れた食事は必要不可欠です。

 

とはいってもなかなか仕事で忙しい現代人です。

 

自宅に帰って、一日に必要なサラダを作って食べて、運動して・・・。

ですので、青汁で時短できるところはうまく時短して栄養をとることも大切です。

 

もっと効率よく痩せたいなら知っておきたい3つのエネルギー代謝

ここからはダイエットと筋肉の関係についてもう少し詳しく紹介していきます。

 

エネルギー代謝という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、人間には3つの代謝があります。

ダイエットを行うために、まずはエネルギー代謝について理解しておきましょう。

 

生命維持に必要なエネルギー代謝(基礎代謝)、1日の消費エネルギーの6割

最もよく聞く基礎代謝とは寝ている間や何もしていなくても、呼吸をしたり脈を打ったりする、生命維持のために最低限消費されるエネルギー量です。

体温維持や筋肉を動かして血流を運び脳活動をするにも消費されています。

 

その中でも体温維持が最も多くのエネルギーが消費されるので、特に寒い冬は体温を上げようと消費エネルギーが多くなります。

また体温を維持するには血液を循環させる筋肉が必要不可欠なので、筋肉量が多い人ほど、エネルギーが消費される(=効果的に痩せることができる)ことになりますね。

 

日常生活やスポーツで消費される生活活動代謝、1日の消費エネルギーの3割

生活活動代謝量とは、日常的な歩くや家事や仕事、日頃の運動で消費されるエネルギーです。

毎日のウォーキングやジョギングもここに含まれます。

 

つまりデスクワークより立ち仕事の方がエネルギーは消費されやすくなります。

したがってデスクワークの人は日頃から体を動かすことを意識するのがいいですね。

 

食べ物の消化吸収のための食事誘発性熱産生、1日の消費エネルギーの1割

食べ物を口の中に運び胃に入ると、胃は消化しようと胃液を出して消化に入ります。

その時に発生するエネルギーです。

 

食べ物を消化する時も実はエネルギーを使っています。

ご飯を食べると体が温まってきたり、汗ばむのが良い例です。

実はこの代謝には個人差があり、食事でのエネルギー産生量が少ない人ほど太りやすいと言えます。

 

はや
わたしはコレです・・・

 

ダイエットで効率よく痩せたいなら基礎代謝アップを意識する

人の筋肉量は年々減っていきます。

 

年と共に代謝が悪くなる理由は筋肉量が減っているからです。

歳を重ねるほど痩せたいと思っていてもなかなかダイエットがはかどらないといわれている理由でもありますね。

 

基本的に基礎代謝が高い人は筋肉量が多いと言われており、何もしていない時でも基礎代謝によって脂肪を少しでも多く燃焼させることが、ダイエットで理想と言えます。

 

基礎代謝アップのメリットには大きく3つあります。

 

メリットその1痩せやすい体質

上記でも言いましたが基礎代謝は消費エネルギーの6〜7割を占めています。

ダイエットのためにジョギングを始めた場合、生活活動代謝が少し上がります。

 

しかし筋トレをして筋肉を増やす、脂肪を燃焼しやすくなることで、基礎代謝を上げて痩せやすい体質に近づけられます。

 

メリットその2むくみが解消

むくみは女性にとって大敵です。

せっかくダイエットしてもむくみのせいでスタイルが悪く見えます。

 

筋肉は血液を循環させるものでもあるので、血流が良くなれば老廃物が体外に流れやすくなり、むくみの解消になります。

 

メリットその3疲れにくくなる

疲れやすいとダイエットのための筋トレや有酸素運動も続きませんよね。

 

しかし筋肉量が多ければ、血行も良いので体中に酸素と栄養が行き渡り、疲れが溜まっても回復しやすい体、しかも痩せやすい体になります。

筋肉量が増えるまではキツイかもしれませんが、筋肉をつけることがポイントです。

 

痩せたいなら筋肉は不可欠!基礎代謝を上げるための鍛え方

大きな筋肉を鍛えるにはスクワット

 

基礎代謝は年齢と共に低下していくと言いましたが、となると食生活や食べる量が変わらなければ、消費エネルギーより摂取エネルギーの方がかなり多くなり、太る原因になります。

したがって、痩せたいなら基礎代謝をできるだけ落とさないようにすることが大切です。

 

では、どうすれば効率よく基礎代謝を上げて行けば良いのかを説明します。

 

先ずは、確実に痩せたいなら大きな筋肉を鍛えていきましょう。

 

大きな筋肉とは、、

  • 大胸筋(だいきょうきん)
  • 広背筋(こうはいきん)
  • お尻にある大臀筋(だいでんきん)
  • ふくらはぎ
  • 太ももの大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

 

この中でも特に大臀筋と大腿四頭筋が全体の50%を占めています。

 

しかもこの二つの筋肉は鍛えるのが大変で、上半身は鍛えても下半身は避けてしまう人もいます。

 

代表的なトレーニングはスクワットです。

 

肩幅程度に足を広げ、できるだけ背中は曲げずにゆっくり腰を落とします。

太ももと床が水平になるまで落として、ゆっくり戻すのを1日20回は行いましょう。

 

先ほども述べたように筋肉をつけるために、タンパク質は欠かせない栄養素です。

SAVAS(ザバス)をはじめ色々なメーカーからプロテイン飲料が出ていますので、あなたの筋トレやダイエットのサポート役にお役立てください。

 

この方法はダイエット当初だときつい運動かもしれません。

記事の冒頭でも述べましたが、まずは「ウォーキング」など軽めの運動をして徐々に身体を慣らしていきましょう。

 

痩せたいなら目標は低く!ダイエットを続けるためのヒント

今回紹介したダイエット方法は、何度も失敗したわたしでも実践できたお勧めダイエット法なので、ぜひご参考になさってみてください。

 

そして……最後に、ダイエットを続けるためのヒントをお伝えします。

  • 痩せたいなら、目標は低く設定!
  • 痩せたいなら、まずは少し行動を起こす!
  • 痩せたいなら、理想の人とすぐに比べない!

 

はや
とにかくこれです。
あき
痩せるには無理をしないことです。

 

少しずつでも、ダイエットが進んでいると信じること、そして痩せたいなら途中であきらめないことが大切です。

  • あと5キロ痩せたい!
  • 体型コンプレックスを克服したい!

 

痩せたい気持ちがあるなら、ほんの少しだけ行動を起こしてみてください。

 

1歩を踏み出せば、弾みがついてドンドンダイエットがはかどります。

ところが、1歩も踏み出さないままでは何も変わりませんよね・・・。

 

ダイエットをはじめてもなかなか痩せてこなくて不安になってきたときでも、継続していれば必ず結果が出てきます。

 

ダイエットは、結果がすぐに出ない人の方が多いんです。

 

とにかく痩せたいなら途中であきらめないこと。

そして、途中であきらめないためにも、まずは「1ヶ月5キロ痩せたい!」とダイエットの目標を低く設定して、続けることを最優先してください。

 

ダイエット中はつい、理想の体系のモデルや芸能人、知人などと自分を比べてしまうこともあります。

まずは自分の立てた目標を達成するようにしましょう。

 

はじめからハードルの高い目標を掲げてしまうとつまずいてしまいます。

 

達成することでダイエットに対する自信がつきます。

ハードルを高くするのはそれからでもぜんぜん遅くはありません。

あこがれのモデルを比べるのはそれからでも遅くはありません。

 

はや
皆さんが理想の体型を手に入れることを応援しています!

 

ダイエットを効率よく行うためには、先ずは筋肉量を増やし基礎代謝をアップさせることで燃焼しやすい(痩せやすい)体づくりがポイントになります。

 

最も危険なダイエットは食事を一切制限してしまうことです。

痩せたいからと食べる量を極端に減らせば最初は痩せますが、筋肉量も落ちるので基礎代謝も低下し、結果的に痩せにくい体質になってしまいます。

これは質の高いダイエットとは到底言えませんし、健康的に痩せることも困難です。

 

痩せるには食べることも重用なことです。

ダイエットをする際の食事のとり方をもう少し詳しく書きましたので、こちらもご参考ください。

痩せる食べ方
食事制限はしたくないけど直ぐに始められて何でも食べながらできるダイエット方法

日頃から特に気にせず食事や間食をしている人は多いと思いますが、いざダイエットを始めると色々食らべれなくなるので、あなたは ...

続きを見る

 

はや
必要摂取カロリーはしっかり摂り、筋力を付けて燃焼しやすい体づくりをしましょう。

 

さあ、さっそく1ヶ月5キロのダイエットをはじめてみましょう。

 

応援しています!

関連コンテンツ

-ダイエット

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.