WordPress

【無理】ブログで稼ぐ手段として無料ブログは使えるの?

 

本ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

ブログで稼ぐ手段としてAmebaブログやはてなブログといった無料ブログで稼げるか気になりますよね。

 

冒頭2行目でいきなりの結論ですがアフィリエイトを使って稼ぐ(副業)ことを目的とした場合、、無料ブログでは稼げません。

 

理由は圧倒的なディスク容量不足と無料ブログサービス側の広告が表示されるから。

 

ブログで稼ごうと思っているのであればWordPressブログが必須と言っても良いぐらい。

 

どうしてもお金をかけられない場合、独自ドメインだけでも取得してください。

 

私もブログを始めようとしていた頃、あなたと同じように考え無料ブログで運用を始めましたがまるで稼げる気配がしませんでした。

 

どうして稼げないのか、詳しくお話していきますね。

 

【無理】ブログで稼ぐ手段として無料ブログは使えるの?

 

冒頭でもお話したようにブログで本格的な運営を考えているのであれば、絶対に無料ブログはおすすめしません。

 

これには決定的な理由があります。

 

それはサーバーのディスク容量と広告表示です。

 

詳しく説明します。

 

ディスク容量はスズメの涙ほどしかない

無料のレンタルサーバーはいくつか見てもらえるとわかりますが、1GB、多くて2GBです。

 

例えば、エックスサーバー(XSERVER)が展開しているエックスフリー(XFREE)ではWordPressサーバーの容量は2GBです。

 

有料サービスのXSERVERでは、200GBもありXFREEではXSERVERの100分の1しかありません…。

 

「月額無料」「独自ドメインが5個使える」という点は非常にうれしいのですが、ディスク容量が致命的です。

 

ブログで結果を出すにはある程度の記事数が必要になりますが、波に乗り始めるころには1GBは消費してしまいます。

 

波に乗りブログ運営が楽しくなってきたところでディスク容量が頭打ちとなりサーバーの移転を考えなければなりません。

 

ドメインだけは独自のものを作ろう

サーバーを無料で使う人に多く見られる(当時の自分もこれ)のですが、ドメインも初期ドメインで運営してしまう場合があります。

 

サーバーの移転自体、とても簡単なものですが、これには条件があって、、

 

同一ドメインであること!

 

が必須です。

 

初期ドメインとは独自ドメインとは異なりそのサーバーでしか使えないドメインとなります。

 

これが重要なポイントで、例えば、XFREEのディスク容量がいっぱいになったので、XSERVERへ移転しようとしても、XFREEとXSERVERの初期ドメインが異なるので移転することができません。

 

わたしはブログを運営し始めたときドメインの意味をよく理解しておらず、移転に失敗し約半年間積み上げたものをすべて手放した経緯があります…。

 

夜な夜なドメインが異なる移転方法を模索し、試しましたがWordPressの中核にあるデータベースがネックになり、異なるドメイン間の移転は無理と結論付けました。
はや

 

どうしてもお金をかけられない状況でブログを運営したいという場合もあると思います。

 

ですが、将来的(移転)なことを考えて「独自ドメイン」だけは作っておくことが失敗しないブログ運営の第一歩となります。

 

無料ブログでは企業側が用意する広告が表示される

無料レンタルサーバーのもうひとつの欠点として、「広告が表示される」という点です。

 

ブログ運営の場合、ほとんどが広告収入です。

 

無料レンタルサーバーでは広告が表示されるので、あなたが貼った広告よりもレンタルサーバー側が表示している広告がクリックされることもあるため、最悪収益が奪われてしまう可能性もあります。

 

無料レンタルサーバーで収益目的としたブログを運営する際はサーバー側の広告に収益が流れていくことを理解しておいてください。
はや

 

ブログで稼ぐならWordPressブログは必須

 

過去の自分にも言っておきたいくらいですが、稼ぐ目的であれば、絶対に有料レンタルサーバーです。

 

おすすめする2大レンタルサーバーはこちら

 

エックスサーバー

【簡単】エックスサーバーWordPressクイックスタートのやり方

続きを見る

 

コノハウィング

【人気】ConoHa WINGのかんたんセットアップでワードプレスをインストール

続きを見る

 

いきなり有料は無理という場合でも、独自ドメインだけは取得しておき、今後のレンタルサーバーの移行に備えておいてください。

 

独自ドメインを取得しない状態で、無料レンタルサーバーのブログ運営を始めると確実に失敗します。

 

これは過去の経験から断言できます。

 

もし、それでも無料のレンタルサーバーで運営したいとお考えであれば、絶対に独自ドメインは取得してください。

 

失敗例と失敗しないための手順公開

ここで私が「安定したブログ運営までにたどってきた」ブログ運営の歴史と無料レンタルサーバーを使う際の失敗しない手順を公開します。

 

これからあなたがブログ運営を始める際の参考にしてみてください。
はや

 

失敗例

  • Xdomain(現在のXFREE)を初期ドメインで半年ほど運用
  • 容量不足が気になり、XSERVERへ移転するも失敗
  • このときhayamizbg.netの独自ドメインを取得
  • mixhostへ移転(独自ドメイン運用で移転成功)
  • ConoHa WINGへ移転
  • XSERVERへ逆戻り(~現在)

 

初期運用時のブログの移転失敗はかなりの痛手で半年が無駄になっていることがわかりますね…。

 

XSERVERは初期費用が3,000円かかりますが、再登録でも3,000円とられるため6,000円の無駄な出費が発生。

 

とは言え、「失敗は記事ネタにもなる」ので、ある意味成功でもあります。

 

無料レンタルサーバーからブログを始める場合

  • 独自ドメインを取得(1円から取得可能)
  • 無料レンタルサーバーを独自ドメインで運営
  • ブログ運営が波に乗ってきた・容量不足を感じてきたら有料サービスへ移転
  • 有料サービスで運営を継続

 

独自ドメインさえ持っておけば怖いものはありません。

 

ブログで稼ぐ手段として無料ブログは使えない(まとめ)

 

無料ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐことは無理です。

 

無料ブログで稼げない理由は下記の3つ

  • ディスク容量が圧倒的に少ない
  • レンタルサーバー側の広告が表示される
  • 必ず有料サービスへの移転が必要になる

 

とは言っても、なんでもかんでもお金をかけることが良いわけではありません。

 

ブログを始めたばかりの段階であれば無料ブログでも運営は可能です。

 

ただし、無料ブログ側の広告が表示されますので収益目的であれば早い段階での移転が必要です。

 

大事なのでもう一度言いますが、独自ドメインは絶対に取得してください。

 

初期ドメインでの運用も可能ですが、初期ドメインはサービス内でのみ利用可能なので他のサービスへ移転することができずゼロからやり直しです。

 

躓かない方法を下記に紹介しておきます。

 

エックスサーバー

【簡単】エックスサーバーWordPressクイックスタートのやり方

続きを見る

 

コノハウィング

【人気】ConoHa WINGのかんたんセットアップでワードプレスをインストール

続きを見る

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連する記事の一覧

-WordPress
-,