GMOとくとくBB

【WiMAX 2+】GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは得なのかを書きました

更新日:

GMOとくとくBB WiMAX 2+の最大の魅力はキャッシュバックです。

じつはキャッシュバックのほかにも月額料金が最大3年間安くなるキャンペーンも存在します。

 

そこで気になるのが、

キャッシュバックをもらうのと、月額料金を抑えるのではどちらがお得に感じる

 

利用者としては便利に使いたいけど、出来ればお金は安く抑えたい。

どちらが得なのか比べてみました。

 

キャッシュバックがお得

結論ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+は「キャッシュバックキャンペーンを利用して契約したほうがお得」です。

 

両キャンペーンを比較

こちらは月額料金を抑えたキャンペーン

GMOとくとくBB公式サイト

 

こちらはキャッシュバックキャンペーン時の月額料金

GMOとくとくBB公式サイト

 

上記の料金体系を基に月額割安キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを比較してみます。

金額はすべて税抜きです。

 

比較するための条件

  • 端末発送月(0ヶ月)は日割りなので、計算にはふくまない
  • 月額割安キャンペーンは3年間適用なので、キャッシュバックキャンペーンも3年間の月額料金を計算
  • キャッシュバック金額は2019年6月の最高額(37,000円)を利用(*)

(*)ポケットWiFiごとでキャッシュバック金額が異なります。GMOとくとくBB WiMAX 2+からもらえるキャッシュバックを最高金額で受け取るかどうかは性能を比較してからの記事で詳しく紹介しています。

 

※左右にスクロールできます

1ヶ月~2ヶ月(2ヶ月間)3ヶ月~36ヶ月(34ヶ月間)キャッシュバック金額合計
月額割安(A)4,340円118,320円0122,660円+日割り
キャッシュバック(B)7,218円144,942円-37,000円115,160円+日割り
(A)と(B)の差額(B)が2,878円高い(B)が26,622円高い+37,000円(B)が7,500円安い

 

表を見てのとおり、キャッシュバックキャンペーンは月額料金こそ高くなりますが、キャッシュバックで月額料金が相殺され、結果的に月額割安キャンペーンより、キャッシュバックキャンペーンのほうが7,500円安くなります。

 

上記の計算をもとにすると、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約を考えているあなたは「キャッシュバックキャンペーン」がお得なんだということがお分かりいただけたと思います。

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+でキャッシュバックはいつ振り込まれるか?分かりやすく説明の記事でキャッシュバックの受け取り方法を説明していますが、万一受け取りに失敗してしまった場合、キャッシュバックで相殺されるはずだった金額分損をすることにもなります。

ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+を契約するには、下記の3つの方法を検討してあなたに一番あうキャンペーンで契約することがとても重要です。

 

あなたにピッタリのキャンペーンはどれですか?

 

初期費用はどちらのキャンペーンも同じ

GMOとくとくBB WiMAX 2+の初期費用は下記のとおりです。

月額割安キャンペーン、キャッシュバックキャンペーンどちらも同じ費用ですので、こちらは比較するまでもありません。

事務手数料3,000円
機種代金0円
送料
LTEオプション

 

月額割安かキャッシュバックかはあなた次第(まとめ)

GMOとくとくBBは業界最高値のキャッシュバックであり、業界最安値級の月額料金です。

キャッシュバックキャンペーンを選んだほうが利用者としてはお得感はあります。

ただし、キャッシュバックキャンペーンはキャッシュバックを受け取り損ねた瞬間割高になってしまう「諸刃の剣」的なキャンペーンがとても面白いですね。

 

はや
「割安で使い続ける」か、「まとまったお金を後日もらうか」は、まさに「あなた次第」な「遊び心満々なキャンペーン」を展開していることもGMOとくとくBBの魅力のひとつなのかもしれません。

 

各キャンペーンはこちら

 

 

参考になれば幸いです。

-GMOとくとくBB

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.