WiMAX

GMOとくとくBBのWiMAXってどう?使った実感・感想をレビュー【最安値級】 2020年1月

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

相談者
GMOとくとくBB WiMAXを使った実感と感想を知りたい

 

この疑問にWiMAX歴6年にもなるわたしがメリット・デメリットを包み隠さずにお答えしちゃいます!

 

なお、ページの最後にWiMAXに関して「良くある質問集」をまとめています!

サクッと疑問を解決したい!という人は、よくある質問【QA集】へどうぞ!

 

都市部ならほとんど「入らないところがない」くらいに電波が届き、とても便利なWiMAX。

持ち歩いて使うのはもちろん、自宅で手軽にインターネットに繋げたい!とWiMAXを選ぶひとは大変多いと思います。

 

わたしの場合、光回線を用いたインターネットの契約と併せて、外出用としてWiMAXも利用しています。

 

はや
外でもネットがバリバリ使えるって控えめに言って便利すぎですね!

 

ちなみにわたしはWiMAXの使用歴は6年ほどになるバリバリのWiMAXユーザーです。

 

なぜGMOとくとくBBのWiMAXを選ぶのか

なぜGMOとくとくBBにしたのか

 

WiMAXが使えるプロバイダは非常に数多く、niftyやso-netといった大手から、Broad WiMAX、KT WiMAXなどの初めて聞く名前のプロバイダーもあります。

 

ですが、正直どこ選べば良いの?分からなさ過ぎるんですけど?!って人が多いと思います。

 

正直多すぎてWiMAX使うのやめようかなって思うぐらいだわ・・・
相方

 

実際プロバイダー多すぎて悩んじゃいますよね!

 

でも賢い人ほど悩むことなくサクッとプロバイダーを選んじゃっているんですよ。

 

WiMAXに接続するためのモバイルルーターはどこも同じ製品を扱っているってことはお気づきでしょうか。

 

これに気がついている人はあとは「何で選べばいいか」が分かっています。

 

そう、「月額料金」と「キャッシュバック金額」の2種類!

 

どうせ使うのだから、できるだけ安く!そしてキャッシュバックでガッポリ!

 

ちなみにWiMAXは安定してインターネットに繋がらなければ意味がないので、「ちゃんと接続できる」というユーザーの口コミの多いプロバイダを選べばOKです。

 

GMOとくとくBBのWiMAXは、トータルでかかる料金がめちゃくちゃ安い

わたしがGMOとくとくBBのWiMAXを選んだのは、ぶっちゃけ「一番料金が安いから」です。

 

先ほど書いたように、WiMAXを接続するために必要なモバイルルーターはどこのプロバイダーも一緒です。

 

モバイルルーターでプロバイダーを選ぶこと自体意味がないことなので、有名プロバイダーの月額料金やキャッシュバック料金を比較した後に、わたしはGMOとくとくBBを選びました。

 

はや
これは控えめに言って賢い選択でした。

 

WiMAXのほとんどのプロバイダが、加入したら〇千円キャッシュバック、月額料金〇カ月割引、などのキャンペーンを行っています。

 

GMOとくとくBBももちろんキャンペーンを行っていて、その内容と契約している間支払うことになる月額料金のトータルをほかのプロバイダと比較したとき、一番コストがかからないのがGMOとくとくBBのWiMAXでした。

 

キャンペーンの内容は随時変わりますが、例えば2020年1月時点で、GMOとくとくBBは2大キャンペーンを行っています。

 

キャッシュバックキャンペーン

持ち歩いて使う用の、多くの人が選ぶであろう「Speed Wi-Fi NEXT W06」や「Speed Wi-Fi NEXT WX05」をはじめどのモバイルルーターを選んでも34,500円となります。

 

キャッシュバックをしている他のプロバイダもありますが、ここまで金額が大きいのはGMOとくとくBBだけです。

 

はや
他はキャッシュバックがないか、あってもBIGLOBEが10,000円、UQ WiMAXが3,000円と少額です。

 

はや
キャッシュバックキャンペーンがないプロバイダーを選ぶことに何の意味があるのか・・・・

 

月額料金割引のキャンペーン

GMOとくとくBBでは、もう一つ月額料金が割引になるキャンペーンがあります。

  • 初月 2,170円を日割り
  • 1~2ヶ月目 月額2,170円
  • 3ヶ月目~36ヶ月目 月額3,480円
  • 37ヶ月目以降 月額4,263円

 

はや
月額料金が安くなるのは、毎月の支払料金をできるだけ安く抑えたい人にはうれしい金額設定です。

 

キャッシュバックキャンペーンとは違い、ガッポリお小遣いをもらった感はありませんが、3年間がメチャクチャお得にWiMAXが使えるなんてこれほどうれしいことはありませんよね?!

 

GMOとくとくBBのWiMAX、どっちのキャンペーンを選べば良いの?

どれも魅力的過ぎるキャンペーンなので、正直どっちが良いのか・・・悩みますよね。

 

はや
キャッシュバックが良いのか、月額料金が安くなるほうが良いのか…。

 

では、もうちょっと詳しく見てみましょう。

 

キャッシュバックは魅力的だけどもらうまでがチョット大変

キャッシュバックキャンペーンは、すぐにキャッシュバックがもらえるわけではなく、開通した11ヶ月目に、GMOのプロバイダで設定したメールアドレス宛に案内が届きます。

 

そのメールの案内に沿って、メールが届いた翌月末までにキャッシュバック受取口座を指定すると無事にキャッシュバックがもらえます。

 

しかし、この手続きを忘れるとキャッシュバックを受け取ることができないまま、キャッシュバックがもらえる権利が消滅します。

 

ネットでも

「キャッシュバック申請を忘れてもらえなかった」

「自分が普段使っているメールアドレスではなく、使っていないGOMとくとくBBのアドレス宛に案内が届くので、メールに気づかない」

 

という口コミが多く、もらい忘れる人はかなりの人数になるようです。

 

一方、月額料金割引キャンペーンは自動的に料金が割引されるため、うっかり「キャッシュバックを貰い損ねた!」ということもなく、100%お得です。

 

ちなみにわたしがGMOとくとくBBを契約したとき、「キャッシュバック申請をし忘れてもらえなかったという悲劇は絶対に避けたい」という理由から、月額料金割引キャンペーンを選択して契約しています。

 

はや
正直になところ、「キャッシュバックは手続きがちょっと面倒かな」って感じでした。

 

月額割引キャンペーンは3年間確実に安く使えるのでどう考えてもお得でしかありません。

 

少しの差だが一番お得は「キャッシュバックキャンペーン」

ちなみに、キャッシュバックを貰うパターンと月額料金割引のキャンペーンを選ぶパターン、金額的にどれが安いのでしょうか。

 

GMOとくとくBBのWiMAXは、どのキャンペーンも「契約期間36カ月」という条件がつきます。

 

そのため、36カ月(3年間)利用することを前提に、コストを計算してみました(初月は0円で計算)。

キャンペーン支払う金額(3年)キャッシュバック総額
キャッシュバック156,423円34,500円121,923円
月額割引126,923円0円126,923円

 

以上の表のように5,000円ほどの差ではありますが、キャッシュバックキャンペーンがお得になることがわかりました!

 

キャッシュバック派はきちんと対策を取ること

キャッシュバックを貰ううれしさを味わいたい!と、忘れていたへそくりを見つけたような興奮を味わいたいという人もいるはず。

 

わたしの友人で、GMOとくとくBBをキャッシュバックキャンペーンで申し込んだ人がいますが、

ちゃんとキャッシュバックもらえたよ。申請を忘れないように、オンラインのスケジューラーに登録して、11ヶ月目にリマインドメールが来るようにしておいたの!

 

と言っていました。

 

ネットで口コミを探すと「GMOとくとくBBはキャッシュバックがもらえない」という悪い口コミを見かけることがありますが、それは単純に手続きを忘れてしまったから・・・。

 

もらえる時期は11ヶ月後と忘れてしまいがちな日にちがありますが、きちんとスケジュール登録しておき、GMOからのメールをチェックし、忘れずキャッシュバック申請すれば100%もらえます。

 

もう一度言いますが、きちんとGMOとくとくBBにキャッシュバックを申請すれば100%キャッシュバックはもらえますので、ご安心ください。

 

はや
請求がめんどくさいな~!って人は月額割引キャンペーンで決まりです!

 

わたしも月額割引キャンペーンで3年間お得に使いました!

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

月額料金で他社を比較しても、やっぱりGMOとくとくBBがお得にしか見えない

月額料金で比較しても、やっぱりGMOとくとくBBが安い

 

WiMAXの月額料金はプロバイダによって違います。

 

通信量の制限なく使える「ギガ放題」プランを選択し、キャッシュバックキャンペーンを選択して加入した場合、GMOとくとくBBの月額料金は

  • 初月…3,609円の日割り
  • 1ヶ月目~2ヵ月目…3,609円
  • 3ヶ月目以降…4,263円

 

となっています。

 

他のプロバイダの料金はというと、

  • UQ WiMAX…3,880円(でも、キャッシュバックが3,000円しかもらえない)
  • @nifty…初月0円、3カ月目まで3,670円、4ヶ月目以降4350円(キャッシュバックがない)
  • BIGLOBE…初月0円、以降3,980円(でも、キャッシュバックが10,000円しかもらえない)
  • Broad WiMAX…初月2,726円を日割り、3ヶ月目まで2,726円、4ヶ月目以降4,011円(キャッシュバックがない)

 

このような感じで、どこもそれほど大差ありません。

 

UQ WiMAXとは月額料金で約400円の差がありますが、年間でも差は5,000円未満。

GMOとくとくBBに加入するともらえる30,000円越えのキャッシュバックがもらえることを考えると、トータルのコストはGMOとくとくBBが一番安いことは火を見るより明らかです。

 

使うなら安くお得に使いたい!損はしたくない!!って思うのが人というものです。

わたしは金額だけでプロバイダーを選びましたが、後悔もしていませんし、損した気分なんてひとつもありません。

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

GMOとくとくBBのWiMAX、接続の良さや速度について

 

インターネットサービスを使用する上で、一番心配なのが「接続できるか」「スピードは出るのか」です。

安くても繋がりの悪いサービスを選ぶくらいなら、もっとお金を払うからちゃんと繋がり、速度が速いサービスを選ぶ!という人は多いはず。

 

結論から言うと、GMOとくとくBBのWiMAXの接続状況や速度については、心配する必要はありません。

 

普通のインターネットの利用や動画視聴で、ストレスなく使える速度が出ていますし、きちんと繋がります。

 

WiMAXのルーター、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の速度について

 

わたしが使用しているのは、NECの「Speed Wi-Fi NEXT WX05」です。

 

それ以前はso-netで、同じくNECの「WX03」というモデルを使用していました。

WX05はクレードルなし、WX03はクレードルありの環境です。

 

GMOとくとくBBを契約した直後、まだso-netを解約していなかったため、両方のプロバイダ、ルーターで繋がり方を比較してみました。

 

正直な感想を言うと、プロバイダso-netで、WX03をクレードルに差して接続したほうが速度が僅かに早く安定していました。

 

当時の記録が残っていないのですが、5MbpsくらいWX03のほうが速かったと記憶しています。

 

WX05のクレードルにもアンテナ機能が付いているのですが、クレードル単体で4,000円近い金額がするため、WX05にはクレードルをつけなかったのです。

 

ちなみに、WX03よりもWX05のほうが横幅が長く、WX03のクレードル使いまわしはできませんでした。

 

WX05はWX03よりも性能が高いとのことでしたが、WX03をクレードルに繋げて使った方が、より強く電波を拾えた様子。大差ないといえば大差はありません。

 

普通のネットサーフィンや動画視聴に問題が出るレベルではありませんが、開通直後、両方を使い比べて気になりました。

 

ただ、これはプロバイダ間の差なのか、ルーターおよびクレードル使用の差によるものかがはっきりしなかったので、なんとも……。

 

現状、新規加入でWX03のルーターは選択できないため、「こういうことがあった」という報告のみになりますが、WX03を使っていて契約期間の更新前に「乗り換え先のWiMAXを探している」という人は、WX03を手元に残し、新しいルーターと使い比べてみても良いかもしれません。

 

基本的には満足できる通信速度が出ていますし、この記事を書いている現在も72Mbpsの速度が出ていますので、わたし自身不満はありません。

 

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の電池持ちについて

実は、WX05を使っていて一番困ったのが、電池の持ち。

電池の減りが早く、朝から持ち歩いて外で使った場合、夕方にはルーターの充電が0%になり、スマホの電波をデザリングで飛ばしてPCをネットにつなぐ……、という場面が珍しくありません。

 

はや
2年使いこんだWX03のほうが電池持ちは良かったです。

 

WX05の仕様を見ると、連続通信時間は約11.5時間とのことですが、体感ではもっと短時間。

 

無駄に電池を使わないエコモードにすると、一定時間通信が途切れるとルーターがスリープモードに入ってしまい、その都度起動させなくてはいけないという手間があります。

 

WX05を使っている友人とも話したのですが「すぐ電池は無くなるし、スリープになるし、ちょっと使いにくい」のが本音です。

 

ただ、もう一つ選べるルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W06」の方は連続通信時間が約9時間とさらに短くなります。

 

どちらのWiMAXルーターを選ぶべきか

電池の持ちだけで考えると、WX05の方が良いのですが、速度で比較するとW06に軍配が上がります。

 

上りも下りもWX05よりW06は早い速度が出る仕様となっているのです。

  • WX05→下り最大440Mbps
  • W06→下り最大1.2Gbps

 

また、忘れてはいけないのが、「バッテリーの交換ができるか」。

 

WX05はバッテリー交換が可能ですが、W06はバッテリーが交換できません。

Wi-Fiルーターは使っているとバッテリーが膨張することがあります。GMOとくとくBBの契約期間は36カ月ですが、ルーターの保証期間は1年。

 

1年経過後にルーターに不具合が起こった場合、修理は有償になります。

 

バッテリーだけならAmazonで数千円で購入できるので、自分でバッテリーの交換ができるというのは大きなメリットです。

 

そのあたりにこだわらないのであれば、デザインや色の好みで選ぶと良いのではないでしょうか。

 

WX05はホワイトとレッド、W06はホワイトとブラックです。

 

はや
いずれにせよ、どちらのルーターも朝から持ち歩いたら、夕方には充電がなくなることは覚悟しましょう。

 

外出先での繋がり具合

おおむね良好で、ファミレスやカフェなど、問題なく接続できます。

 

特に駅の近くで不便を感じたことはありません。

ただし地下やビルの奥まった場所では電波が入りません。

地下鉄でも、駅構内、ホームなら電波が入りますが、走行中は圏外になります。

 

速度についても「外だから遅い」ということはないようです。

もっとも、最近は多くの商業施設やカフェで無料のWi-Fiが飛んでいるため、出先では自分のWiMAXを切って、フリーWi-Fiに接続することが多いです。

 

通信制限を受けた時の接続状況

WiMAXのギガ放題プランは、基本的に通信量を気にせず使える「使い放題」です。

ただし、ネットワークの混雑回避のため、短期間にたくさんの通信をした場合、通信制限がかかります。

 

3日間に10GBを越える通信をすると、その翌日の18時~翌2時までの間、最大通信速度が約1Mbpsに制限されるのです。

 

この制限時の速度ですが、検索やSNSの利用、スマホでゲームをするくらいであればまったく問題はありません。

 

「今、制限されている」と感じることもないでしょう。

 

ただ、高画質での動画視聴は途切れやすく、読み込みが長くなります。

YouTubeなら画質を自分で調整できるので、画質を落として再生すれば問題ありません。

 

わたしが一番困ったのは、U-NEXT。

 

U-NEXTで動画視聴をすることが多いのですが、通信制限がかかっていると、夜間はU-NEXTでの再生がほとんどできませんでした。

 

わたしが「困った」と感じたのがU-NEXTでの動画視聴だけだったので、高画質の動画視聴サービスを利用していなければ特に問題はないでしょう。

 

また、そもそも3日間で10GBを越える通信をすること自体がまれなので、あまり心配しなくても良いと感じています。

 

わたしは朝から夜まで、パソコンとスマホの両方でWiMAXを使い通信をしていることが多いヘビーユーザーです。

 

そんなわたしでも通信制限がかかることは滅多になく、たまに大容量の写真や音声ファイルをまとめてダウンロードしたときに制限がかかるくらい。

 

年間に数回あるかないかです。

 

毎日、数時間の動画視聴をするとくらいなら制限はかからないので動画を見るためにGMOとくとくBBを契約しようとしている方はこの点はご安心ください。

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

その他、GMOとくとくBBの「うれしいメリット」

GMOとくとくBB嬉しいメリット

 

GMOとくとくBBには、他にもこんなうれしいメリットがあります。

 

端末代金が0円

端末というのはWiMAXの電波を受信するルーターのことです。

普通に買うと1万円前後するため、0円は魅力的ですね。

 

翌日に発送してくれ、その翌日に受け取ることができれば、契約して2日後には利用開始できます。

 

20日以内ならキャンセルできる

契約後実際に使ってみて、接続状況が悪かったり、思ったような速度が出なかったりした場合、20日以内ならキャンセルできます。

 

都心の駅から近い場所に住んでいる人なら良いのでしょうが、自宅が自然豊かな田舎だったり、駅から離れていたりすると電波が届かない可能性も十分考えられます。

 

はや
使いたい場所で電波が届くかの確認ができるのはありがたいです。

 

また、WiMAXの電波は木造住宅なら家の奥まで届きやすいのですが、ビルやマンションなどコンクリート造りの建物内だと、入り口近くや窓際でないと電波が届かないというケースもあります。

 

これは、コンクリートが無線を遮断する性質を持つためです。

実際、わたしがよく利用する東京都某市の駅ナカにあるカフェの中は電波が届かず圏外になります。

 

はや
マンション住まいで、パソコンが置いてある書斎や寝室で使いたいという場合は、必ず使いたい部屋までルーターを持っていき、電波が安定して届くかをチェックしましょう。

 

その他、GMOとくとくBBの「残念なデメリット」

GMOとくとくBBの「残念なデメリット」

 

すべてのサービスがそうであるように、GMOとくとくBBもメリットばかりではありません。

残念なデメリットもあります。

 

問い合わせ先がフリーダイヤルではない

GMOとくとくBBの問い合わせ先は0570から始まるナビダイヤルです。

携帯から発信すると、20秒ごとに約10円の通話料がかかるため、問い合わせの電話1本かけるだけで高額の通話料金を請求される恐れがあります。

 

また、技術サポートは毎日窓口が空いていますが、事務手続きの電話は平日のみ(19時まで)の受付となっており、少し不便です。

 

電話がなかなかつながらない

とにかく「安い」ことで人気のプロバイダなので、問い合わせをする人の人数も多いためか、電話をしてもすぐにはつながらず待たされます。

 

わたしも契約当初、何度か電話をしたことがありますが、すぐにはつながりません。

 

はや
けれど対応はとても良く、気持ちよく質問に答えてもらえました。

 

料金は安いし、電話もつながりにくいけれど、一度繋がれば丁寧なサポートが受けられるので、総合的にはそれほど悪くないと感じています。

 

プロバイダーは料金で比較して問題なし!GMOとくとくBBは業界最安値級

 

値段の安さでWiMAXを選ぶなら、ダントツでGMOとくとくBBです。複数プロバイダーでお悩みであればGMOとくとくBBを検討候補のひとつに入れて100%問題ありません。

 

もしGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンで契約する場合は、ぜひ請求を忘れないようにカレンダーやスケジュール帳にしっかり書き記しておいてください。

 

GMOとくとくBBのWiMAXは接続状況や速度も特に問題無く、ストレスなく使えます。

 

はや
一人暮らしや単身赴任を始める人にとって、WiMAXはとても強い味方になります。

 

※料金・キャンペーン内容は全て2020年1月1日時点のもの

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

WiMAX契約で良くある質問【QA集】

WiMAXを契約するか迷っているあなたへ最後に「良くある質問」、「疑問」、「回答」をまとめました。

 

契約の際のご参考にしてください。

 

どのプロバイダーが有名なの?

WiMAXを安く使いたいなら「GMOとくとくBB」です。

各プロバイダーは「キャンペーン」を展開していますが、GMOとくとくBBは他社の追随を許さないほどお得なキャンペーンを実施しているのが、一人暮らしをされている人たちに支持されている理由のひとつです。

 

GMOとくとくBBでどのキャンペーンが一番お得なの?

キャッシュバックキャンペーンがお得です。

 

次いで、月額割引となります。

キャンペーン支払う金額(3年)キャッシュバック総額
キャッシュバック156,423円34,500円121,923円
月額割引126,923円0円126,923円

 

キャッシュバックキャンペーンも気になるけど受け取りはいつ?

受け取りは1年後です。

手続きのメールはGMOとくとくBBで作成したメール宛だけにくるので要注意です。

 

WiMAXって通信制限はあるの?ないの?どこも答えがあいまいで・・・

結論から言うと「ある」が答えになります。

 

3日で10GBを越える通信を行うと「翌日だけ」通信制限が行われます。

4日目に10GBの通信が行われていなければ通信制限は解除されます。

 

1日目3GB通信、2日目で6GB通信、3日目で9GB通信の場合、4日目は通信制限にはなりません。

1日目3GB通信、2日目で6GB通信、3日目で11GB通信の場合、4日目は通信制限されます。

 

通信制限を受けたときの通信速度ってどのぐらい?

制限中は1Mbpsに制限されます。

高画質の動画視聴は難がありますが、TwitterやLINEなどSNSの利用やYahoo閲覧などはそれほど影響はありません。

 

思ってた以上に通信速度がでないし繋がりにくい・・・。キャンセルしたいけど違約金って取られるの?

GMOとくとくBBでは、20日以内であれば無料でキャンセルを受け付けてくれます。違約金はかかりません。

ただし契約の際にかかった「事務手数料」だけは返ってきません。

 

20日の間によく吟味しましょう。

 

モバイルルーターってどれが良いの?おすすめは?

Speed Wi-Fi Next W06がおすすめです。

パソコンとSpeed Wi-Fi Next W06をUSB Type-Cケーブルでつなぎかつハイスピードエリアプラスモードのオプションが必要で簡単ではありませんが、最大で1.2Gbpsといった通信速度を出すことができます。

 

これは光回線の1Gbpsを越える速度です。

 

そんな環境とても用意できないというあなたでも大丈夫です。

最新機種であることに変わりはなく通信速度も558Mbpsとスマホよりも高速です。

 

GMOとくとくBBは端末代金って本当にゼロ円なの?

はい。ゼロ円です。

他社では15,000円~といったところもあります。

 

繋がりにくい場所ってどういうところ?

山に囲まれた場所、地下、鉄筋コンクリートのマンションではつながりにくい可能性があります。

マンションの場合は、できるだけ外に近い場所へおきます。

地下はどうしても周りをコンクリートで覆う必要があるので、遅くなる傾向があります。

 

高速での移動中もハンドオーバー(中継基地の切り替え)が多く発生するので、繋がりにくくなることもあります。

ただしこれはスマホも一緒ですので、スマホが気にならなければこの点は問題はないといえます。

 

U-NEXTなどのオンデマンド動画配信サービスは見れる?

はい。問題なく見れます。

3日10GBの通信制限に気をつけてタップリ動画を楽しんでください。

 

ニンテンドーDSやニンテンドースイッチなど、ゲーム機との接続はできるの?

はい。問題なくできます。

これは室内でも外出中でも変わりはありません。

 

光回線とWiMAXでできることに違いはないの?

はい。違いはまったくありません。

インターネットへの接続の仕方が違うだけです。

 

バッテリーは交換できるの?

バッテリーが取り出せる場合は交換可能です。

ただし、基本的に有償での交換になります。

 

WiMAXってインターネットを使うための工事ってないの?

WiMAXは工事がありません。

契約完了後、あなたの手元にモバイルルーターが届いた時点でインターネット接続が可能です。

最大の利点は自宅だけでなく、外にも持ち出せるところにあります。

自宅でも外でも全く同じ使い方ができるのが、WiMAXの最大の利点です。

 

一人暮らしにWiMAXは得なの?

難しい話になりますが、インターネット回線は使う人数が増えると一人あたりの通信速度は遅くなります。

一人暮らしの場合は使う人があなただけになりますので、WiMAXの通信速度をタップリ使うことができます。

 

\ 一人暮らしの強い味方 /

GMOとくとくBB

※WiMAXはもう常識

一人暮らしの強い味方!人気のWiMAX記事まとめ

 

一人暮らしの人に選ばれている大人気のWiMAX。でも、どこのプロバイダーが良いのか、どんなモバイルルーターを選べば良いのか戸惑いますよね。

契約プランもたくさんあったりしますし。

 

そこで、当ブログで紹介してきたWiMAX関連の記事を「大全」という形でまとめました。

 

一人暮らしの人に今大人気のWiMAX、ぜひご参考になさってみてください。

一人暮らしの強い味方
コレを見ればもう安心!WiMAX契約の際の不安を吹き飛ばす【WiMAX大全】

続きを見る

 

-WiMAX

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.