ネット

GMOとくとくBB WiMAX 5Gは口座振替で申し込みできる?【攻略法】

GMOとくとくBB WiMAX 5Gは口座振替で申し込みできる?【攻略法】

 

「GMOとくとくBB WiMAX 5G」の契約について以下のようなお悩みを持っていませんか?

  • 口座振替で支払う方法はないの?
  • 口座振替のメリット・デメリットは?
  • 他にどんなプロバイダーがあるの?
  • 高額なキャッシュバックをしているプロバイダーは?

 

結論から言うと、「GMOとくとくBB WiMAX 5Gは口座振替で申し込むことはできません」が、契約後であれば支払い方法を口座振替にすることは可能です。

 

また、他のプロバイダーであれば口座振替に対応しているなどさまざまな対処法もあります。

 

そこで、この記事では主に2つについてご案内します。

  • 口座振替でWiMAXを契約するのはいいの?
  • キャッシュバックでお得にWiMAXを契約する方法

 

また、キャッシュバックが高額なプロバイダーもランキングで併せてご案内していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

『GMOとくとくBB WiMAX 5G』は口座振替にできる?

GMOとくとくBB WiMAX 5G申し込み画面より

GMOとくとくBB WiMAX 5G申し込み画面より

 

本記事冒頭でもお伝えしたように、GMOとくとくBB WiMAX 5G口座振替で申し込みをすることはできません。

 

ですので、クレジットカードを持っていない時点で残念ながらGMOとくとくBB WiMAX 5Gを申し込むことができません。

 

なお、申し込み後BBウォレットにて支払い方法を口座振替に変更するは可能です。

 

詳しくご案内していきますね。

 

申し込み時はクレジットカードのみ

WiMAXの中でも特に人気の高いGMOとくとくBB WiMAX 5Gですが、口座振替には対応されておらず、クレジットカード払いのみで契約することが可能です。

 

GMOとくとくBB WiMAX 5Gの公式ページにある「よくある質問」では以下のように記載があります。

Q. どのような支払い方法がありますか?

A. お支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなっております。

 

申し込み後に変更が可能

GMOとくとくBB WiMAX 5Gはクレジットカードのみでの契約となりますが、契約後であれば口座振替に変更することが可能です。

 

GMOとくとくBB WiMAX 5Gの公式はあくまでクレジットカードでの契約を推していますが、中には口座振替での支払いをしたいという場合もあるかと思いますので、次の章にて「BBウォレット」という機能を使用した方法をご紹介していきます。

 

『BBウォレット』で口座振替にする方法

 

BBウォレットを使って口座振替にする方法についてご案内します。

 

BBウォレットとは?

BBウォレットとは、GMOとくとくBBのサービスを利用している方限定で利用できるお支払いサービスです。

 

GMOとくとくBBのお客さま専用ページである「BBnavi」にログインすることで利用することができます。

 

支払い方法の変更

BBnaviにログインします。

 

「請求・お支払い」「お支払い方法」とクリックしていきます。

 

「お支払い方法の変更」をクリックします。

 

利用したい支払い方法を(口座振替)を選びます。

 

口座情報を入力し「お申し込み内容を確認する」をクリックします。

 

口座情報に間違いがないかを確認し、「お支払い方法を確認する」をクリックします。

口座情報の掲載が難しいので画像は請求書での例となっています。

 

支払い情報が変更されました。

 

BBウォレットへの入金方法は以下の通りです。

  • 銀行振込
  • コンビニエンスストア払い

 

上記の方法で1円単位から入金することができ、支払い完了すると20分〜30分ほどでBBウォレットに反映されます。

 

口座振替変更後の支払い方法

BBウォレット内にチャージ残高が残っているのであれば、自動で月々の利用料金の支払いが完了されます。

 

毎月1日に発行される請求書の情報をもとに、お支払い金額に対して残高が不足している場合は、不足金額を別の方法で支払う必要があるので注意しましょう。

 

BBウォレット残高不足時の支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • 請求書払い

 

口座振替に対応しているWiMAXを選ぶメリット

 

ここからは口座振替に対応しているWiMAXを選ぶメリットについてご案内します。

 

メリットは大きく2つ

  • クレジットカードがなくてもWiMAXを利用できる
  • 毎月の金額を把握しやすい

 

詳しくご案内します。

 

クレジットカードがなくてもWiMAXを利用できる

お金の管理が苦手でクレジットカードを作るのが怖い方やそもそも信用情報にキズが付いていてクレジットカードの審査が通らないなど、クレジットカードを持っていない理由はさまざまです。

 

しかし、自宅でよくネットを使う方であればWi-Fiは必須ですよね。

 

口座振替に対応しているWiMAXは多くはありませんが、口座振替にタイプしているプロバイダーを選ぶことでクレジットカードを持っていない方でもWiMAXを契約することができます。

 

毎月の金額を把握しやすい

WiMAXのプランやキャンペーンによっては、契約時の月額料金とそれ以降の月額金額が変動することも少なくありません。

 

もちろん、事前にプランによって料金が変動することについての記載はありますが、詳しく読まない方や読んでも忘れてしまうことも多いです。

 

急に月額料金が高くなってビックリしたという声をよく聞きますよね。

 

そこで便利になるのが口座振替での支払いです。

 

クレジットカードでの支払いはなかなか毎月の明細まではチェックしませんが、銀行口座から引き落とされた金額に関しては通帳などを見れば一目でわかりますよね。

 

毎月の費用をしっかりと管理したい方であれば、口座振替に対応しているプロバイダーを選ぶものいいでしょう。

 

口座振替に対応しているWiMAXを選ぶデメリット

 

口座振替に対応しているWiMAを選ぶデメリットについてご案内します。

 

デメリットは大きく5つ…。少し多いですね。

  • 利用できるプロバイダが少ない
  • 審査が必要になる
  • 即日発送に対応していない
  • 毎月の手数料がかかる
  • キャンペーン​​の対象外になることも

 

詳しくご案内します。

 

利用できるプロバイダが少ない

現在、WiMAXの契約で口座振替に対応しているプロバイダーは以下の2社となっています。

 

もちろん上記に挙げたプロバイダー2社が悪いというわけではありません。「口座振替だけで選んだ場合、上記の2社が鉄板であるということになります。

 

それではお得なキャンペーンや、GMOとくとくBB WiMAX 5Gをはじめとした高額キャッシュバックを実施しているプロバイダーを選ぶことができずに損してしまう可能性が出てくるのです。

 

もしクレジットカードをおもちであれば、よりお得になるようなプロバイダーを選ぶためにクレジット払いを視野に入れておきたいところです。

 

審査が必要になる

クレジットカードを作るときには審査が必要ですが、銀行口座を作るときの審査は必要ないですよね。

 

つまりクレジットカード払いであれば信用情報にキズが付いていないことや、支払い能力があることについてはある程度保証されています。

 

しかし、口座振替の場合はこれらが保証されていませんので、口座振替での契約には審査が必要なのです。

 

審査といっても、月々5000円ほどの支払いなのでそれほど厳しい審査ではありませんが、審査には最短で2日ほどかかり、最長では1ヶ月〜2ヶ月ほどかかる場合も…

 

審査が終わるまでの間は、自宅に郵送で届く請求書でのコンビニ支払いとなるので面倒に感じる人や、うっかり支払いを忘れてしまう人も多いので注意しましょう。

 

即日発送に対応していない

WiMAXをクレジットカードで契約する場合であれば、WiMAXを使用するために必要な端末は即日発送されますので、最短でWi-Fiを使用することができます。

 

しかし口座振替の場合、先ほどもお伝えしたように審査がありますので即日での発送はされません。

 

ここでは指定した銀行口座と「運転免許証」「マイナンバーカード」などの提出した書類が合っているかが確認されますので、提出する前にご自身で確認することでよりスムーズに審査を通過することができるでしょう。

 

毎月の手数料がかかる

WiMAXを口座振替にすると『口座振替手数料』が発生します。

 

口座振替手数料は、毎月の支払いのときに220円が手数料として引かれる仕組みです。

 

そこまで大したことのない金額と考える方は多いと思いますが、3年契約であれば合計で8000円ほどかかりますので、損したと感じる場合も。

 

キャンペーン​​の対象外になることも

先ほどご紹介した口座振替に対応している『Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAX』のプロバイダーでもお得になるさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

しかし、クレジットカード払いにのみ対応しているキャンペーンも多くあるので、口座振替での支払いをしてしまうとキャンペーンを受けられないこともあるのです。

 

例えば、『Broad WiMAX』では初期費用20,743円が0円になるキャンペーンを実施していますが、このキャンペーンは口座振替での支払いの方は対象外になってしまいます。

 

このように、かなり大きな金額を割引してくれるキャンペーンの対象外になってしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

 

 単身赴任におすすめのWiMAXランキング

 

まずは単身赴任におすすめのWiMAX4社を一挙ご紹介します。WiMAXの機能はどのプロバイダーも同じなので、選ぶならキャッシュバックか月額料金で選ぶことが定番。

 

本記事では、利用時の料金のお得さをそのまま順位に反映しています。

 

WiMAXを選ぶ人の80%以上はGMOとくとくBB WiMAX 。次に多いのがインターネットの老舗が運営するBIGLOBE WiMAX。この2つのどちらかを選んでおけばまず損はありません。

プロバイダー キャッシュバック メリット デメリット
GMOとくとくBB WiMAX
おすすめ度:
23,000円~ 月額料金税込1,474円~使える
解約違約金0円
口座振替で申し込み不可
キャッシュバック受け取りは1年後
BIGLOBE WiMAX
おすすめ度:
10,000円 口座振替で申し込み可
初月0円

解約違約金0円
25か月目以降は4,928円/月
Broad WiMAX
おすすめ度:
最大19,000円
乗換のみ適用
月額料金税込1,397円~使える
他社からの乗り換えサポートあり
口座振替ではキャンペーン適用外
カシモWiMAX
おすすめ度:番外編
無し 初月税込1408円~で使える キャッシュバックがない
口座振替で申し込み不可

 

とくに大きなこだわりがない限り、解約違約金がないGMOとくとくBB WiMAXを選んでおけば吉。

 

とにかくすぐにキャッシュバックが欲しいならBIGLOBE WiMAXを選べばOK!ただし「クーポンが有効なのは2/28まで」なので急ぐ必要はあります。

 

各プロバイダーについて簡単にご案内します。

 

【第1位】GMOとくとくBB WiMAX

即日発送 平日15時半、土日祝日14時で即日発送
課金開始日タイミング 端末発送時
サービス開始月 1,474円(税込み)の日割り
契約事務手数料 3,300円(税込み)
端末代金 21,780円(税込み)
解約違約金 0円

 

キャッシュバックや割引などで還元率の高いプロバイダーとして知られるGMOとくとくBB WiMAX

 

新規申し込みでは23,000円のキャッシュバックがもらえます。他社からの乗り換えをすると最大40,000円!

 

キャッシュバック含めた特典総額はなんと101,578円!

(最大)特典総額101,578円の内訳

  • 40,000円のキャッシュバック
  • 61,578円の月額料金割引

 

次に、GMOとくとくBB WiMAXの料金に関するメリットとデメリットをご紹介します。

 

『GMOとくとくBB WiMAX』デメリットは1つ

キャッシュバックの受け取りは11か月後に手続きに関するメールが送付され、その翌月末に受け取れます。実質1年後の受け取りとなるのがデメリット。

 

特に、契約月に関しては覚えている人の方が少ないと思いますので、いつでも分かるようにカレンダーに入力してリマインダーを設定しておくといいでしょう。

 

『GMOとくとくBB WiMAX』料金面のメリット

「WiMAX最安値宣言」とホームページに大々的に記載されている通り、月額費用は1,474円(税込)〜と主要プロバイダーの中では最安値で使うことができます。

 

また、契約した全ての人が対象となる23,000円のキャッシュバックや、他社から乗り換えた場合には最大40,000円のキャッシュバックなど特典が充実しています。

 

さらには、最新端末であっても端末代0円やプラスエリアモード利用無料など、あったら嬉しい機能を無料で追加するキャンペーンを実施しており、その全ての割引額を合計すると101,578円と驚きの割引金額です。

 

しかもGMOとくとくBB WiMAXでは、解約違約金制度がありません。

 

最低利用期間というものが設けてはありますが、解約はいつしても違約金を請求されることはありません。

 

申し込みやすさがGMOとくとくBB WiMAX最大のメリット。

 

どこを選べば良いのかわからない場合や、大きなこだわりがない場合、GMOとくとくBB WiMAXを選んでおけばまず間違いありません。

 

いつやめても違約金なし

GMO WiMAXを申し込む

※最大40,000円のキャッシュバックあり

 

【第2位】BIGLOBE WiMAX(2年以内ならトップクラスの安さ)

最短発送日 2日後~(土日祝も発送)
課金開始日タイミング 端末発送時(申し込み月は無料)
サービス開始月 無料
申し込み手数料 3,300円(税込み)
端末代金 21,912円(税込み)(実質無料)

 

KDDIのグループ会社として25年前からWiMAXを展開している老舗的存在として知られるBIGLOBE社が展開するBIGLOBE WiMAX

 

初月0円で使え、BIGLOBE WiMAXに記載の特別クーポンの利用で翌月には10,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

現状、口座振替で契約するのであればこちらのBIGLOBE WiMAXが一番お得。契約期間なく、違約金も不要なため少しの間だけ使いたいならBIGLOBE WiMAXが正解。

 

1.『BIGLOBE WiMAX』料金面のメリット

BIGLOBE WiMAXでは、初月なんと0円で使うことができます。

 

契約期間の縛りや違約金の支払いも不要な点も嬉しいメリットです。

 

単身赴任期間が1年ほどですぐに赴任期間が明ける場合におすすめです。

 

2.『BIGLOBE WiMAX』料金面のデメリット

 

BIGLOBE WiMAXの月額料金は24か月まではかなりお得ですが、25か月目以降の月額料金が他のプロバイダーに比べて高めに設定されていることです。

月額料金は25ヵ月目以降4,928円(税込)

 

とはいえ、申し込み月(サービス開始月)が0円なのはうれしいですね。

 

月額料金は高いとは言え、1年~2年ぐらいの単身赴任での利用を考えているのであれば、BIGLOBE WiMAXでの利用が小回りが利きお得です。

2年ほどの利用であれば端末代金も相殺できるので事実上トップクラスの安さと言って良いでしょう。

 

しかも、違約金がありませんので、2年ほどの単身赴任であればBIGLOBE WiMAXは正解です。

 

【限定】クーポンで翌月キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXを申し込む

※初月0円~

 

【第3位】Broad WiMAX

即日発送 平日13時まで、土曜日は要電話、日祝日は非対応
課金開始日タイミング 端末発送時
サービス開始月 1,397円(税込み)の日割り
契約事務手数料 3,300円(税込み)
端末代金 21,780円(税込み)

 

月額料金の安さが魅力的なBroad WiMAX

 

それでは、Broad WiMAXの料金に関するメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

1.『Broad WiMAX』料金面のメリット

選択するプランにもよりますが、月額料金が業界最安級の1,397円~(税込)となっていますので、月々のお支払いの負担が少ないのが特徴です。

 

2.『Broad WiMAX』料金面のデメリット

先ほどもお伝えしたように、口座振替が利用できる反面、初期費用の20,743円が0円になるキャンペーンが使えません。

 

クレジットカードでの契約が可能な方であれば問題ありませんが、口座振替のみでの契約を考えている場合、損する金額が非常に大きいです。

 

【人気】口座振替が選べる

Broad WiMAXを申し込む

※Web限定で初期費用無料

 

【番外編】カシモWiMAX

最短発送日 最短即日発送
課金開始日タイミング 申し込み日から翌日
サービス開始月 1,408円
契約事務手数料 3,300円(税込み)
端末代金 21,780円(税込み)(実質無料)

 

課金開始日のタイミング補足(カシモWiMAX公式サイト抜粋)

回線開通日がご契約日となります。回線開通は、通常、申込み当日から翌日に行い、開通後に発送となります。(端末到着日が契約日ではございませんのでご注意ください。)
例:
11月30日申込み、11月30日開通・発送、12月1日到着の場合ご契約日は11月30日となります。
※なお、混雑状況により、お申し込みから、開通・発送にお時間をいただく場合もございます。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンはないものの、低価格でわかりやすい料金プランが絶大な支持を得ているカシモWiMAX

 

それでは、カシモWiMAXの料金に関するメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

1.『カシモWiMAX』料金面のメリット

カシモWiMAXはとにかく料金プランがわかりやすいです。

 

初月は月額1,280円(税込1,408円)で、2ヶ月目以降は月額4,378円(税込)です。

 

端末料金は21,780円(税込)です。

分割払いを選んだ場合は605円(税込)を36回に分けて支払いますが、この605円は36カ月目まで割引になりますので実質無料です。

 

違約金もないので、端末代金の残額に注意しておくだけでいつでも解約を申し出ることも可能です。

 

2.『カシモWiMAX』料金面のデメリット

カシモWiMAX口座振替には対応していません。

 

価格で選ばれたWi-Fi No.1

カシモWiMAXを申し込む

※契約解除料0円

 

口座振替で申し込むならBIGLOBE WiMAX:まとめ

 

今回ご紹介したように、プロバイダーによってキャンペーン内容や支払い方法などはさまざまです。

 

よりお得にWiMAXを利用したいのであれば、より多くのプロバイダーを比較してご自身が受けられるキャンペーンが多いプロバイダーを選ぶのがいいでしょう。

参考知識としてWiMAX 5Gルーターはプロバイダーが変わるからと言って性能が変わるということはありません。

 

冒頭でもご案内したようにGMOとくとくBB WiMAX 5Gはキャッシュバックや割引額、月額料金の面でトップクラスのお得さを誇っていますが、口座振込で申し込むを行うことができません。

 

申し込み後にBBウォレットにて変更することができますが、クレジットカードを所持していない場合は残念ながらGMOとくとくBB WiMAXは契約することができません。

 

もう一度比較表を掲載します。

プロバイダー キャッシュバック メリット デメリット
GMOとくとくBB WiMAX
おすすめ度:
23,000円~ 月額料金税込1,474円~使える
解約違約金0円
口座振替で申し込み不可
キャッシュバック受け取りは1年後
BIGLOBE WiMAX
おすすめ度:
10,000円 口座振替で申し込み可
初月0円

解約違約金0円
25か月目以降は4,928円/月
Broad WiMAX
おすすめ度:
最大19,000円
乗換のみ適用
月額料金税込1,397円~使える
他社からの乗り換えサポートあり
口座振替ではキャンペーン適用外
カシモWiMAX
おすすめ度:番外編
無し 初月税込1408円~で使える キャッシュバックがない
口座振替で申し込み不可

 

キャッシュバックランキングとしてはGMOとくとくBB WiMAX 5Gが1位となります。2位はBroad WiMAX、3位はBIGLOBE WiMAXです。

カシモWiMAXはキャッシュバックが0円ですが、「月額料金」が激安であるため参考として掲載しています。

 

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックこそ3位の金額ですが、無条件で口座振替で申し込みができる唯一のプロバイダー。

 

月額料金は割高にはなりますが、1ヵ月後にキャッシュバックが受け取れますし、違約金も1,100円と小回りも効きます。

 

BIGLOBE WiMAXは短期間の利用やいつでも解約できる安心感が他社のプロバイダーにはない魅力です。

 

【限定】クーポンで翌月キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXを申し込む

※初月0円~

 

ぜひこの記事を参考にあなたにピッタリのプロバイダーを選んでみてください。

 

 

記事の執筆・監修者

はや
はやITエンジニア
ITエンジニアブロガー。本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・セールスと多岐に渡る。ガジェットやPCなどの設定をブログをとおして世に広げていくことが大好き。好きな動物は猫。

-ネット
-

0
ご質問はこちらからどうぞ!【すぐにお返事します】x