ネット

GMOとくとくBB WiMAXの評判ってどうなの?

GMOとくとくBB WiMAXの評判ってどうなの?

 

外出時にパソコンやスマートフォンでうまくWi-Fiが繋がらない、なんてトラブルは非常に多いのではないでしょうか。

 

とくにFree Wi-Fiのように誰でも自由に利用できるものは、回線の力が弱いためぜんぜん使えないことが多々あります。

 

また、Free Wi-Fiを見つけたとしても、いちいち新規登録をしないといけないこともあり非常に面倒と言えます。

 

そこで今注目を集めているのがモバイルWi-Fiです。

 

モバイルにもたくさんの種類がありますが、今回はGMOとくとくBB WiMAXについてお話ししますので参考にしてみてください。

 

GMOとくとくBB WiMAXの評判

 

いくらGMOとくとくBB WiMAXどのモバイルWi-Fiよりもキャンペーンが良くて月額費用が安いからと言っても、まだ不安要素があるはずです。

 

それが、GMOとくとくBB WiMAXを使ってみた結果どうだったのか。ネットでGMOとくとくBB WiMAXの良い評判と悪い評判もチェックしてみました。

 

GMOとくとくBB WiMAXの悪い評判

 

ココがダメ

GMOとくとくBB WiMAXを利用してすぐに、質問があったのでサポート窓口に電話してみました。ですが、思っている以上に込み合っているようでぜんぜん繋がりませんでした。ただし、使い慣れたらそこまでサポートに連絡することはないので、大きなデメリットには感じませんでした。

 

ココがダメ

キャッシュバック目当てで、GMOとくとくBB WiMAXを申し込みました。しかし、いつになってもキャッシュバックの情報が来なく、しまいにはその存在すら忘れてしまいました。実は契約してから11カ月後くらいにメールが届きそこから1カ月以内に振込口座を登録しないといけないとのことでした。しかもGMOのメールアドレスですから余計に見過ごしてしまいます。

 

GMOとくとくBB WiMAXの良い評判

 

ココが良かった

モバイルWi-Fiは、地域や場所によって電波がかなり弱くなる印象が強かったため、申し込むのが怖かったです。が、友人が利用しているのを聞き評判を聞いてみると、地下鉄でも全然使えるし問題ないと聞き、さっそく申し込みました。結果的に届いたその日から使うことができ、評判通りストレスがなくてとても快適です。

 

ココが良かった

GMOとくとくBBWiMAX2+は、キャッシュバックの金額もさることながら、利用料も割と安いのでとても満足しています。また回線速度は下り最大2.7Gbpsと光回線以上の速さ。高速通信も楽しむことができ、さらには月額データ容量も無制限なので問題ありません。

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

GMOとくとくBB WiMAXとはどんなプロバイダー?

 

どこでも高速通信ができるモバイルWi-Fiはとても人気があるため、さまざまな会社からたくさんの機種が発売されています。

 

だからこそ、モバイルWi-Fiを検討したときにどれを選ぶべきなのかを非常に迷われるのではないでしょうか。

 

数あるWiMAXプロバイダーのなかで、おすすめできるのが、GMOとくとくBB WiMAXです。

 

GMOとくとくBB WiMAXとは、GMOインターネット社が提供するプロバイダで、WiMAXはUQコミュニケーション社が提供する通信網のことを表します。

 

プロバイダはいわゆる販売店のことを指しますため、BIGLOBEやSo-netなども提供しています。

 

そのため、プロバイダによっては月額費用が違ったりキャンペーン内容が違ったりするため、適当に選んでしまうと大きな損をする可能性があります。

 

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報

 

GMOとくとくBB WiMAXGMO INTERNET GROUPが運営しているサービスのひとつです。

 

サーバーや、ドメインなどを運営する「お名前.com」や「ConoHa WING」など、あらゆるインターネットに関するサービスを展開する大企業です。

 

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン「WiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービス」

 

GMOとくとくBB WiMAXのプランはシンプルに1つだけです。

 

申し込み時にかかる料金と36ヶ月にかかる料金をまとめました。

 

申し込み時にかかる料金(端末発送月)

事務手数料 3,300円
日割り料金 1,474円で日割り計算
端末代金(分割36回払い) 605円
クレードル(Speed Wi-Fi 5G X11)※申し込んだ場合のみ 3,542円

 

1ヶ月目、2カ月目

月額料金 1,474円
端末代金(分割払い分) 605円

 

3ヵ月目~35カ月目

月額料金 3,784円
端末代金(分割払い分) 605円

 

36カ月目以降

月額料金 4,444円

 

GMOとくとくBB WiMAXを申し込んだ月は端末発送月と呼ばれ、月額料金は1,474円の日割り計算となります。

 

日割り計算の起算となる日は端末を受け取った日となります。

 

以降は、図や表で書いている金額だけがかかっていきます。37カ月目以降は4,444円となり高いんじゃないと思いますが、端末代金を実質的に無料する計算がされていますので、36カ月までは月額料金が抑えられています。

 

口コミ・評判から得たGMOとくとくBB WiMAXのメリット

 

口コミ・評判から得たGMOとくとくBB WiMAXのメリットは下記の

 

  • キャッシュバック金額が業界最高値級
  • 月額料金がかなり安い
  • 5G回線に対応【通信速度は最大2.7Gbps】
  • 契約後、最短即日発送!端末がすぐ手元に届く

 

キャッシュバック金額が業界最高値級

何でもそうですが、気になるサービスや商品を申し込む場合、何かしらの特典がついていたらより一層申し込みの後押しをしてくれるはずです。

 

とくにWiMAXであればたくさんのプロバイダが、さまざまなキャンペーンをうってキャッシュバックをしているため、どこよりも高いところで申し込みたいのではないでしょうか。

 

GMOとくとくBB WiMAXであれば、誰でも23,000円がもらえ、他社からの乗り換えでは条件次第で最大49,000円のキャッシュバックが受けられるため、インパクトはかなりでかいと言えます。

他社から乗り換え詳細

インターネット回線の解約にかかわる解約違約金や端末残債等の合計が、、、

  • 20,000円(税抜)未満の場合:23,000円キャッシュバック
  • キャッシュバック還元20,000円(税抜)以上の場合:49,000円キャッシュバック

 

キャッシュバックの受け取りまでには時間がかかりますが、手続きのメールが来たときはついに来たか‥!というワクワクが止まりませんでした。

 

月額料金がかなり安い

せっかくキャッシュバックの額が高いのに、肝心な月額費用が高いようでは話になりません。

 

キャッシュバックの額が高いということは、通常は月額料金が高いのではと勘繰ってしまうのも無理はありません。

 

しかし、GMOとくとくBB WiMAX比較的月額費用も安いというメリットがあります。

 

GMOとくとくBB WiMAXとほか人気の3社と月額料金・キャッシュバックなど比較してみました。

プロバイダー キャッシュバック メリット デメリット
GMOとくとくBB WiMAX
おすすめ度:
最大49,000円 月額料金税込1,474円~使える
特典総額110,578円
口座振替で申し込み不可
キャッシュバック受け取りは1年後
Broad WiMAX
おすすめ度:
最大19,000円
乗換のみ適用
月額料金税込1,397円~使える
他社からの乗り換えサポートあり
口座振替ではキャンペーン適用外
BIGLOBE WiMAX
おすすめ度:
5,000円 口座振替で申し込み可
1ヵ月後にキャッシュバック受取可能
最低利用期間なし
違約金0円
キャッシュバック金額が低い
カシモWiMAX
おすすめ度:番外編
無し 初月税込1408円~で使える キャッシュバックがない
口座振替で申し込み不可

 

たとえば、GMOとくとくBB WiMAXの場合、申し込み月~2カ月目までは税込みで1,474円で利用することができます。(通常月額料金は5,302円ですが、36カ月目以降もずっと割引

 

しかも、月額データ容量の制限はありません。3日で15GBの制限は撤廃されています。

 

5G回線に対応【通信速度は最大2.7Gbps】

 

モバイルWi-Fiはスマートフォンが誕生したときくらいからありましたが、当時は利用するにあたり大きなデメリットがありました。

 

それが動画やファイルのダウンロードなど容量が重たいものを実行てしまうと、あっと言う間に通信制限にかかってしまうことです。

 

とくに今はYouTubeなどを視聴するユーザーも増えてきているため、いかに決められた容量で動画を見ないといけないのかを気にする必要がありました。

 

GMOとくとくBB WiMAX速度制限がないため動画やファイルなどの容量を気にせずにダウンロードできます。

 

契約後、最短即日発送!端末がすぐ手元に届く

平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」。ただし、審査や地域・端末の在庫状況により、即日発送ができない場合も。配送料は無料。

 

キリ良く翌月からのサービスをスタートしたい場合はその月の1日がベスト。2月1日の火曜日からのサービス開始にしたいのであれば2月1日の15時半までに申し込みを完了すればOKです。

仮に発送が遅れたとしても発送月の費用計算は日割りになるので損をすることはありません。

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの読み解き方

 

GMOとくとくBB WiMAX【「最大で」49,000円のキャッシュバックがもらえる。】とあります。

 

ひとつ注意点ですが、全員が49,000円をもらえるわけではありません。

 

全員が間違いなくもらえるキャッシュバックの金額は23,000円です。

 

そして最大49,000円がもらえる人は他社からの乗り換えの際、違約金が発生している場合、です。

 

最大49,000円がもらえる条件は下記

<特典について>

  • 本特典の適用条件をすべて満たしたお客さまに対し、特典として最大49,000円をキャッシュバックします。

(インターネット回線の解約にかかわる解約違約金や端末残債等の合計

    • ~20,000円(税抜)未満の場合:23,000円キャッシュバック還元
    • 20,000円(税抜)以上~の場合:49,000円キャッシュバック還元
  • 本特典は、「GMOとくとくBB WiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービスキャッシュバック特典(23,000円)」と併用することはできません。
  • お電話にてお申込み時に本特典をお選びいただいても、期間内に証明書をご提出いただけない場合は、「GMOとくとくBB WiMAX +5G ギガ放題(2年)接続サービスキャッシュバック特典(23,000円)」を適用いたします。

 

補足

【~20,000円(税抜)未満の場合:23,000円キャッシュバック還元】は全員がもらえる金額と同じです。

例えば、違約金が1,100円で端末代金の残債が18,000円だった場合、合計は19,100円なのでもらえるキャッシュバックは23,000円です。全員がもらえるキャッシュバック23,000円に上乗せされるわけではありまえせん。

 

【20,000円(税抜)以上~の場合:49,000円キャッシュバック還元】は、最大の49,000円がもらえます。

例えば、違約金が0円、端末代金の残債が20,000円だった場合、合計は20,000円なのでもらえるキャッシュバックは49,000円です。

 

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの仕組みは少し複雑ですが、

  • 全員が無条件(契約していること前提)でもらえるキャッシュバック金額は23,000円。
  • 他社からの乗り換えで違約金や端末残債が20,000円を越えている場合にもらえるキャッシュは49,000円。

 

このように覚えておけばOKです。

 

WiMAXの解約・違約金・乗り換えのハードルが大幅に緩和

 

実は申し込み方法よりも解約の方法(乗り換えタイミング)が気になる…。タイミングによっては違約金などもあり気になりますよね。

 

2022年7月1日から電気通信事業法が改正され、他社への乗り換えや、契約解除がやりやすくなりました。

総務省|電気通信消費者情報コーナー|消費者保護ルール
総務省|電気通信消費者情報コーナー|消費者保護ルール

www.soumu.go.jp

 

短期間WiMAXが必要でも解約解除料無料利用期間がないWiMAXプロバイダーを選ぶことでグッとコストを抑えてWiMAXが使えるようになります。

 

今回ご案内しているプロバイダーでベストな解約タイミングをまとめましたので、申し込みのご参考としてみてください。

 

GMOとくとくBB WiMAX【違約金最大1,100円~無料】

25ヵ月目以降に解約すれば解約違約金は不要です。25カ月未満での解約でも1,100円なのでかなり気軽に申し込みができるようになりました。

 

ただ、端末代金は日割りでしか支払いができないため、36ヶ月未満で解約した場合は端末代金の残額を一括で支払う必要がある点はご注意ください。

 

GMOとくとくBB WiMAXでおすすめの端末はこれ!

 

GMOとくとくBB WiMAXでおすすめの端末はどれか。端末選びは迷いますよね。

 

結論としては持ち運びにも便利、自宅では別売りのクレードルに乗せておいて「見た目良し!」「電波品質の向上も見込める」便利なSpeed Wi-Fi 5G X11です。

 

まずはWiMAX端末選ぶ基準をお話しします。大きく2つ。

  • 自宅でも外出先でも使う機会がある
  • 外出時はスマホで十分、自宅をメインに使う

 

自宅でも外出先でもWiMAXを使う機会がある場合はスマホほどの大きさのコンパクトタイプとなります。

 

外出時はスマホで十分、自宅でメインに使いたいという場合は据え置きタイプとなります。

 

それでは上記を踏まえおすすめ順とその理由を含め、GMOとくとくBB WiMAXが扱っているWiMAX端末はどこがいいかご紹介していきます。

 

1位:Speed Wi-Fi 5G X11

Speed Wi-Fi 5G X11

メーカー NECプラットフォームズ株式会社
ルーター名 Speed Wi-Fi 5G X11
寸法(幅×高さ×厚さ) 約W136×H68×D14.8mm
重量 約174g
充電時間 TypeC 共通ACアダプタ01、01U 約190分
TypeC 共通ACアダプタ02 約220分
バッテリー容量 4,000mAh
バッテリー使用時間 連続通信時間:ノーマルモード約490分、エコモード約570分
連続待受時間:休止状態 約400時間、ウェイティング時 約35時間
ディスプレイ 2.4インチLCD QVGA(320×240ドット)
SIM au Nano IC Card 04 LE
対応 OS Windows® 8.1以降※
Mac OS X v10.9以降
※Microsoft社のサポートが終了したOSは対象外です。
通信方式(国内) 5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
5G ※一部エリアで提供 受信最大/送信最大 2.7Gbps/183Mbps※
Wi-Fi 規格 802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz/5GHz
インターフェイス USB3.0
外部接続端子 TypeC
最大接続数 16
同梱物 本体、ご利用にあたっての注意事項(保証書)、つなぎかたガイド
クレードル
スマホアプリ

 

GMOとくとくBB WiMAXが扱う4つのWiMAXルーターの中で一番おすすめのルーターです。

 

Speed Wi-Fi 5G X11が1位である理由は下記のとおり

  • Wi-Fi規格が2021年11時点で最高の802.11ax(Wi-Fi6)に対応している
  • 外・自宅を問わずどこでもWiMAXルーターが使える

 

Wi-Fi 6に対応している点はとても重要です。これまでの電波は同じ電波が干渉してしまうと通信速度にムラがでてしまい、快適な通信ができません。外で使うならなおさらです。

 

Wi-Fi 6ではこうした電波干渉にとても強いのでインターネットを快適に使うことが可能です。

 

もちろん、Speed Wi-Fi 5G X11は自宅でも外でも使えるため、GMOとくとくBB WiMAX 5Gが扱っている4機種の中で最高のルーターとなります。

 

ご自分のスマホやタブレット、パソコンが対応しているかどうかを確認する場合は「11ax お持ちの機種名」と検索し802.11axに対応しているかどうかを確認しましょう。

11axに対応していないからと言ってWiMAXルーターが使えないということはないのでその点はご安心ください。

 

最後にSpeed Wi-Fi 5G X11をおすすめする人としない人を簡単にまとめます。

 

Speed Wi-Fi 5G X11をおすすめする人

  • 自宅でも、外でもインターネットを利用したい
  • WiMAX 5Gルーターの性能を最大限楽しみたい

 

Speed Wi-Fi 5G X11をおすすめしない人

  • 外ではスマホが使えればとりあえず十分
  • 外でも使うかもしれないけど、そんなに性能は求めていない

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

2位:Galaxy 5G mobile Wi-Fi

Galaxy 5G mobile Wi-Fi

メーカー SAMSUNG
ルーター名 Galaxy 5G mobile Wi-Fi
寸法(幅×高さ×厚さ) 約W147×H76×D10.9㎜
重量 203g
充電時間 TypeC 共通ACアダプタ01 約160分
バッテリー容量 5,000mAh
バッテリー使用時間 連続通信時間:測定中
連続待受時間:約790時間(初期設定時)
ディスプレイ TFT タッチ5.3 インチ
SIM au Nano IC Card 04 LE
対応 OS Windows® 8.1以降※
Mac OS X v10.9以降
※Microsoft社のサポートが終了したOSは対象外です。
通信方式(国内) 5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
5G ※一部エリアで提供 受信最大/送信最大 2.2Gbps/183Mbps※
Wi-Fi 規格 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz), IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
インターフェイス USB3.0
外部接続端子 TypeC
最大接続数 10
クレードル ×
同梱物 SIM取り出し用ピン(試供品)

 

GMOとくとくBB WiMAXが扱う4つのWiMAXルーターの中で二番目におすすめのルーターです。Galaxy 5G mobile Wi-Fiはクレードルがありませんのでご注意ください。

 

Galaxy 5G mobile Wi-Fiが2位である理由は下記のとおり

  • 外・自宅を問わずどこでもWiMAXルーターが使える
  • 802.11ax(Wi-Fi 6)は非対応

 

1位のSpeed Wi-Fi 5G X11と比べるとややWi-Fi性能が劣ります。理由はGalaxy 5G mobile Wi-Fiは802.11ax(Wi-Fi 6)に対応していないため。そして、クレードルもありません。

 

自宅ではクレードルにおいておきたいという場合は1位のSpeed Wi-Fi 5G X11一択になります。

 

Speed Wi-Fi 5G X11はGalaxy 5G mobile Wi-Fiの上位機種といった扱いになると思っていただいて構いません。そのため、自宅でも外でも使うという場合は、1位のSpeed Wi-Fi 5G X11を選べばOKです。

 

Galaxy 5G mobile Wi-Fiを選ぶ意味はあまりありません。

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

3位:Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

メーカー NECプラットフォームズ株式会社
ルーター名 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
寸法(幅×高さ×厚さ) 約W101×H179×D99mm
重量 約446g
対応 OS Windows® 8.1以降※
Mac OS X v10.9以降
※Microsoft社のサポートが終了したOSは対象外です。
通信方式(国内) 5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
5G ※一部エリアで提供 受信最大/送信最大 2.7Gbps/183Mbps※
Wi-Fi 規格 802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz/5GHz
最大接続数 40
同梱物 本体、つなぎかたガイド(保証書) 、 ACアダプタ

 

GMOとくとくBB WiMAXが扱う4つのWiMAXルーターの中で三番目におすすめのルーターです。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は据え置きタイプのWiMAXルーターです。バッテリーを気にせず使いたい場合にもおすすめです。

 

802.11ax(Wi-Fi 6)にも対応していますが、据え置きタイプとなりますので、持ち出して外で使うには少々荷物がかさばるので3位としました。

【ワンポイント】据え置きタイプですが、コンセントがある場所であればどこでも使えます。自宅である必要はありません。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12をおすすめする人としない人について簡単にまとめます。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12をおすすめする人

  • 自宅や、コンセントのある場所で据え置きで使いたい

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12をおすすめしない人

  • コンセントがない場所でWiMAXを使う機会が多い

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

4位:ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

メーカー ZTE
ルーター名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
寸法(幅×高さ×厚さ) 約W70×H182×D124㎜
重量 約599g
対応 OS Windows® 8.1以降※
Mac OS X v10.9以降
※Microsoft社のサポートが終了したOSは対象外です。
通信方式(国内) 5G(Sub6)/4G LTE/WiMAX 2+
5G ※一部エリアで提供 受信最大/送信最大 2.7Gbps/183Mbps※
Wi-Fi 規格 802.11a/b/g/n/ac/ax2.4GHz/5GHz
最大接続数 30
同梱物 本体、ACアダプタ、取扱説明書パック(Wi-Fi初期設定シール/はじめてガイド/ご利用にあたっての注意事項(保証書))、Ethernetケーブル(試供品)

 

GMOとくとくBB WiMAXが扱う4つのWiMAXルーターの中で四番目におすすめのルーターです。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12よりも前に登場した製品です。性能自体はSpeed Wi-Fi HOME 5G L12と同等です。ただ、重量が3位のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11よりも100グラムほど重くなります。

 

こちらもコンセントがある場所であればどこでも使うことができます。バッテリーを気にせず使いたい場合にもおすすめです。

 

とは言え、すでに新機種であるSpeed Wi-Fi HOME 5G L12があるという点・重量もSpeed Wi-Fi HOME 5G L12よりも重いという点を考慮すると据え置きタイプを選ぶ場合、わざわざSpeed Wi-Fi HOME 5G L11を選ぶ必要はないでしょう。

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

口コミ・評判で得た契約前の注意点

 

キャッシュバック特典は受け取り忘れる可能性に注意

プロバイダを選ぶときの大きな指標になるのが、キャッシュバックの額ではないでしょうか。

 

ちなみにGMOとくとくBB WiMAXと併せて人気の3社とキャッシュバック金額を比較してみました。結果は歴然としていますね。

プロバイダー キャッシュバック メリット デメリット
GMOとくとくBB WiMAX
おすすめ度:
最大49,000円 月額料金税込1,474円~使える
特典総額110,578円
口座振替で申し込み不可
キャッシュバック受け取りは1年後
Broad WiMAX
おすすめ度:
最大19,000円
乗換のみ適用
月額料金税込1,397円~使える
他社からの乗り換えサポートあり
口座振替ではキャンペーン適用外
BIGLOBE WiMAX
おすすめ度:
5,000円 口座振替で申し込み可
1ヵ月後にキャッシュバック受取可能
最低利用期間なし
違約金0円
キャッシュバック金額が低い
カシモWiMAX
おすすめ度:番外編
無し 初月税込1408円~で使える キャッシュバックがない
口座振替で申し込み不可

 

表のとおり、GMOとくとくBB WiMAXが選ばれる最大の理由にキャッシュバックがありますが、キャッシュバックを受け取り忘れるという大切なことを見過ごしてしまう可能性があります。

 

なぜなら、キャッシュバックの通知はメールで届くからです。しかも契約した当日とかではなく忘れたころに届きます。

 

今の時代、なかなかメールを見るというクセがありませんし、なにより迷惑メールなどであふれかえってしまい重要なメールを見過ごしてしまうことも少なくありません。

 

また、通知メールは普段使っているものではなくGMO専用の新しいメールアドレスに送信されます。

 

もちろん、親切に電話などで教えてくれることはありませんので、期限内にメールをチェックせずに放置しているとキャッシュバックが1円も受け取れなくなります。

 

自動的に銀行口座へ振り込まれることがない、ということをしっかり覚えておきましょう。

 

キャッシュバックの受け取りに関してはGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方と注意点を別記事にてまとめています。

【いつ?】GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方と注意点

続きを見る

 

プラスエリアモードは有料【しかも通信制限有り】

プラスエリアモードとは、標準モードでは圏外だった場所でもインターネット通信が可能になる確率を上げることができるモードです。

 

プラスエリアモードで通信できるエリアは、au回線の「プラチナバンド(700~800MHz帯域)」です。

 

障害物に強いプラチナバンドの電波は、屋内や建物の陰など、圏外になりがちな場所でも届きやすい電波と言われています。

 

プラスエリアモードを利用された場合、ご利用された月のみ、別途オプション料金として1,100円(税込)がかかります。

 

プラスエリアモードは電波がより使いやすいものになりますが以下の2点に注意して下さい。

 

プラスエリアモードの注意点

  • 月額1,100円がプラスされる
  • 当月での通信量が15GBを超えた場合、当月末までの通信速度を送受信最大128kbpsに制限される

 

プラスエリアモードは端末から手動で切り替えない限り勝手に変わることはありません。ただし、一度替えてしまうとその月は変えることができないので注意が必要です。

 

支払い方法として口座振替は利用できない

GMOとくとくBB WiMAX 5G口座振替で申し込みをすることはできません。

 

ですので、クレジットカードを持っていない時点で残念ながらGMOとくとくBB WiMAX 5Gを申し込むことができません。

 

なお、申し込み後BBウォレットにて支払い方法を口座振替に変更するは可能です。

 

支払方法の変更方法についてはGMOとくとくBB WiMAX 5Gでの支払い方法の変更で説明しています。

GMOとくとくBB WiMAX 5Gは口座振替で申し込みできる?【攻略法】

続きを見る

 

GMOとくとくBB WiMAXは契約するべき?評判・口コミ:まとめ

 

キャッシュバック金額が業界最高値級、月額料金も安くプランがシンプル。WiMAXの契約をお考えなら契約すべきです。

 

月額料金の考え方もシンプルでわかりやすくなっています。

 

解約時も安心。契約更新月以外は1,100円がかかりますが、24ヵ月以降は一切かかりません。

 

端末代金の残額は支払う必要がありますが、以前のように数万円もする解約金が無料同然になった点はWiMAXを申し込むときのハードルがグンとさがりました。

 

出張での利用、テレワークでの利用、外出先での利用、入院時の娯楽の確保などなど、WiMAXはあなたのインターネットライフをもっと充実してくれる縁の下の力持ちとして役に立つはずです。

 

\ この先のページ限定特典あり /
GMO WiMAXを申し込む

 

-ネット
-