LIFE

PS4やSwitchはGoogleの次世代ゲーム機「Stadia(スタディア)」が驚異となるのか?!

2019年12月25日

PS4やSwitchはGoogleの次世代ゲーム機「Stadia(スタディア)」が驚異となるのか?!

Googleが2019年3月19日にゲーム機「STADIA」(読み方はスタディアやステイディア)を発表して一週間が経ちますね。

このゲーム機が発表された際は、任天堂やソニーの株価が下落したほど。

 

ひえー。
相方
はや
それほど、驚きの発表だったってことだね。

 

それほどまでに、Googleが発表した「STADIA」はとても革新的な新ハードといえるのです。

 

Google STADIA(スタディア)とは

Google Stadiaのすごさはなんといってもストリーミング配信であるということ。

 

ゲームソフトやゲームソフトを動かすための性能はゲームの配信側(サーバー)にあり、STADIA側ではその映像をリアルタイムに表示するという仕組みです。

 

そのため、STADIAと高速インターネット環境さえあれば、いつでもどこでもゲームが楽しめることになります。

 

なお、GoogleはAMDと共同開発して専用のGPU(Graphics Processing Unit)を作りました。

GPUは画像処理を専門に行うプロセッサーであり、CPU(Central Processing Unit)とは異なる役割を持っています。

このGPUが強力であればあるほど、画面はより高精細で滑らかな動きを実現できます。

 

ちなみに、このGPUはPlay Station 4 Proの2倍以上の性能を持つと言われています。

 

すごいね!
相方
はや
PS4 Proでさえ、あんなに画面がきれいなのに、それを上回るって・・。

 

ちなみに、スマホでもストリーミング配信専用のゲームがあります。

 

はや
FF13スマホ版がストリーミング配信されていたことはご存知でしょうか。

 

ストリーミング配信のイメージ

少し話は変わり、企業でパソコンを使っている方であれば、「シンクラ端末」なんてことばを聞いたことがあるかもしれません。

シンクラ端末も「ストリーミング配信」に似ており、実際のパソコン(OS)はデータセンターなどのサーバーに保管されており、それを操作するためにシンクラ端末と呼ばれるパソコンから「リモート接続」をして、リモート操作をしています。

 

そのため、シンクラ端末を紛失してしまっても情報漏洩することがありません。

 

ストリーミング配信も「シンクラ端末」と同じ考え方ができます。

 

やりたいゲームなどはデーターセンターに格納されており、STADIAで遊びたいゲームに「リモート接続」することで、リモートでゲームを操作します。

 

開発側はハードに縛られることがなくなる?!

ニンテンドースイッチ専用ソフト、PS4専用ソフト、Android専用アプリ、iPhone専用アプリなど、ゲームを開発する側はゲーム機ごとにゲームを開発する必要がありました。

 

今後、ストリーミング配信が普及してくると、ハードによる垣根がなくなり、あらゆるゲームがゲーム機一台で遊べるようになります。

 

はや
開発側の開発費も下がる?ので、ソフトの価格も安くなるかもしれませんね!
相方
コレは期待だね!

 

ストリーミング配信は通信環境がすべて

ストリーミング配信はいわば動画配信に似ています。

 

高画質動画を見るためには、高速インターネットの利用が必須になってきますよね。

 

現在最高速度を誇るインターネット通信は「Nuro光」です。

今後は5G(GはGenerationの略で世代という意味、5ギガという意味ではない)が普及してくるといよいよストリーミング配信が身近なものになって来るでしょう。

そうなると、モバイル環境でも4K画像60フレームの超高精細画像で迫力あるゲームがプレイできるかもしれません。

 

ちなみに5Gの通信速度(理論値)は20Gbps(20,000Mbps)です。

4Gでは0.788Gbps(788Mbps)・・・。

 

はや
ちなみにNuro光は2Gbps(2,000Mbps)です。

 

ストリーミング配信の欠点のひとつに通信速度の確保がありましたが、5Gの登場でそれも克服できそうです。

そうなるといよいよ「ストリーミング配信」が本格的になり、ハードを手がけるソニーや任天堂はいよいよ舵取りを考えていく必要があるのかもしれません。

 

 

楽しみな時代になってきました!

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-LIFE
-, ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.