超簡単!誰でもできるHandbrakeでDVDをmp4形式に変換する方法

お気に入りのDVDをスマートフォンなどで楽しみたい!

なかなか家でゆっくりDVDを鑑賞できない・・!

データをクラウドへ置いてどこでもみれるようにしたい!

などなど、DVDの楽しみ方はひとそれぞれだと思います。

今日は「DVDをスマートフォンで見るための手順」を初心者の方でもわかるように紹介します。

DVDのコピーガードを外すといった行為自体は違法ではありませんが、DVDの内容をコピーした時点で違法行為となりますので、十分ご留意ください。また、本サイトではコピーガードを外す手順は公開しません。

動画ファイルの形式について

動画再生ファイルはいろいろな種類の形式があります。

今回は超初心者向けということで多くは触れませんが、どんなファイル形式があるか知りたい!という方は下記のリンクをご参照ください。

動画ファイルにおいて、良く使用される動画形式(コンテナ、フォーマットなどとも言う)の種類とそれぞれの違いについて紹介。※一緒に読めば理解が深まる記事 動画コーデック(H.264・VP9・MPEG・Xvid・DivX・WMV等)の種類と違い

今回はAndroidやiPhoneで再生可能なmp4というファイル形式に変換する手順を「Handbrake」というアプリを使っていきます。

スポンサーリンク

Handbrakeの使い方

上記のアプリは先ほどのべたとおり、DVDのファイル形式をAndroidやiPhoneなどモバイル端末でも鑑賞できるようにファイル形式を変換するアプリです。

ここではHandbrakeのインストール方法からmp4に変換する方法までを紹介します。

ダウンロード

まずは下記のURLへアクセスします。

またGoogleなど検索エンジンなどからアクセスする場合は「Handbrake」と入力しHandbrakeを公開しているサイトへ飛びます。

Handbrake

Download the HandBrake Application or Source Code.

すると下図のとおりOS一覧が表示されるので、お持ちのPCにあったOSを選択してください。

なお図のとおり下記のOSに対応しています。

MacOSは64bitOS,WindowsOSは32bit/64bitに対応しています。

今回はWindows 10 64bit版を例に作業を進めます。

ほかOSも画面は異なる場合もありますが、インストール手順は同等です。

  • Windows VISTA、Windwso 7、Windows 8、Windows 8.1 Windows 10
  • MacOS10.6~10.12
  • Ubuntu

1

Windowsの項目より、Download(32bitまたは64bit)をクリックします。

クリック後、ポップアップ画面が表示されます。

インターネット閲覧アプリである「ブラウザ(FirefoxやIE、Chromeなど)」によってはファイルの保存を求められる場合があるので、「保存」をクリックしてファイルを保存します。

「開く」だった場合は「開く」をクリックします。

2

ダウンロードは以上です。続いてインストールです。

インストール

ダウンロードしたHandbrakeのインストールファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

※ダウンロード先は標準では「ダウンロード」となっていると思います。

22

下記から実際のインストール画面を紹介します。「はい」を選択します。

3

「Next」をクリックします。ちなみにタイトルにはHandbrake 0.15.5のセットアップへようこそと英語で記載されています。

4

アプリの使用許諾について同意をもとめられるので、同意する場合は「I Agree」をクリックします。Agreeとは「同意する」という意味です。

5

Handbrakeのインストール先を確認(または設定)して「Install」をクリックします。

6

アプリのインストールが開始されます。これは自動で行われます。

7

インストールが完了しました。「Finish」をクリックしてインストール作業は完了です。

8

Handbrakeを起動する

デスクトップ画面にHandbrakeのアイコンが表示されているので、ダブルクリックして起動します。

9

ファイルを変換する

今回はすでに作成済みのDVDフォルダー(VIDEO_TS)の中身をmp4ファイルへ変換します。

起動すると、下図のような画面になるので、左上にある「Source」をクリックします。

Sourceとは、「変換したいファイル(またはフォルダー)」を指しています。

10

変換したいフォルダーを選択します。

今回はデスクトップにおいてある「VIDEO_TS」を選択します。

選択後、「フォルダーの選択」をクリックします。

11

続いて、「Destination」の項目から「Browse」をクリックします。

「Destination」とは、変換後のファイルをどんなファイル名でどこへ置くかという意味を指します。

12

今回は変換後のファイルをデスクトップにmydvdというファイル名で保存します。

設定完了後、「保存」をクリックします。

13

Destinationの設定が完了しました。

14-1

続いて「Audio」タブをクリックします。

14-1

下図の長い赤枠部分にAudioに関する項目があることを確認してください。

ない場合は、「Add Track」をクリックして表示させます。

15

変換に関する設定はすべて完了です。

上にある「再生ボタン(Start)」をクリックしてファイルの変換を開始します。

変換中はパソコンの負荷が大きくなるため、できるだけパソコンでほかの作業は控えてください。

下にある赤枠で示した部分がファイルの変換状況を示している部分です。

100%になれば変換は完了です。

16

最後に変換されたmp4ファイルが問題なく再生できることを確認してください。

デバイス端末へ移動するには

冒頭でも述べたとおり、作成したmp4ファイルはAndroidやiPhoneで再生することが可能です。

ファイルを転送する手順を紹介します。

Android

パソコンとAndroidをデータ転送用のUSBケーブルでつなぎます。

充電専用のUSBケーブルもあるので、注意してください。通常は付属品のUSBケーブルで問題はないと思います。

接続完了後、エクスプローラーを起動し、Androidのフォルダをクリックします。

今回は例としてSDカードの直下に作成したmydvd.mp4ファイルを転送します。

17

ファイルが転送中のポップアップが消えれば転送は完了です。

お手持ちの動画再生アプリにて転送したmp4ファイルが再生できることを確認してください。

iPhone

iPhoneの場合はAndroidと同等の手順が使えません。

iTunesか同等アプリを使用してファイルを転送することになります。

今回はiTunesではなく、iMazingというアプリを使用しました。

理由はiTunesは同期をとるので、下手するとiPhone側がパソコンに同期してしまい、iPhoneの写真や動画などが消えてしまうことを懸念してのことです。

iMazingはシェアウェアであり使用回数に制限があります。使用可能制限がゼロになった場合で継続利用したい場合はお金を払う必要があります。

iPhoneは手持ち画像がなく詳細を紹介できずに申し訳ありません。

転送方法の概要を紹介します。

パソコンとiPhoneをUSBライトニングケーブルでつなぎます。

iMazingを起動します。

iPhone側に接続許可に関するポップアップ画面が表示されるので、許可をタップします。

こうすることで、iPhoneがパソコンからのアクセスを許可し、ファイル転送を可能にするためなので必ず許可をタップしてください。

あとは、転送したいmp4ファイルをiPhoneへ転送して作業は完了です。

お手持ちの動画再生アプリで再生が可能か確認して作業は完了です。

参考

iMazingを起動すると、iPhoneの画面のような画面が表示されるので、ビデオをクリックします。

すると下図の画面になるので、大きな赤枠で示した部分に作成したmp4ファイルをドラッグ&ドロップします。

そうするとファイル転送が始まります。

18

まとめ

DVDファイルのmp4への変換方法とモバイル端末への転送方法を紹介しました。

Handbrakeというアプリを利用することで簡単にファイル変換が可能です。

英語のアプリではありますが、Source(転送元)、Destination(保存先)、Autdio(オーディオ)さえ読めれば簡単に使うことができます。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る