収益化

サイト運営で個人が稼ぐまでの手順【収入を得る方法とは】

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

Webサイトを運営し、収入を得る。

 

コロナ禍となってすっかり生活スタイル変わってしまった今、個人レベルで収入を得る方法を考えて行かないと不安な時代になってきています。

 

お金を稼ぐ場合、本業と別に副業で稼ぐ方法としてバイトがありますが、時間が拘束される割に大した額は稼げません…。

 

しかしサイト運営(ブログ運営とも言う)ではどんなジャンルでも収入をえることができるようになります。個人レベルでサイトを運営することで月額100万稼ぐことだって夢ではないんです。

 

ふと考えてみるとそんな才能なんてないよと思いますよね。

 

ですが、ブログ運営ではあなたが悩んできたものがネタになり、あなたが解決してきたことをみんなが欲しているんです。

 

ブログを運営して個人レベルでどんどん稼ぐことは決して無理なことではありません。

 

この記事では、個人がサイトを運営して稼ぐまでの方法についてまとめましたので、ご興味がありましたらぜひ最後まで読んでいって下さい。

 

サイト運営で個人が稼ぐまでの手順【サイトを作るってどういうこと?】

 

サイト(ブログ)を作るってどうすれば良いのか…わかりませんよね。

 

サイト(ブログ)を作る方法は大きくふたつあります。単純にお金をかけず(無料)に始めるか、お金をかけて(有料)始めるか。

 

どちらの方法でもサイトを作ることはできるのですが、稼ぐことを第一目標としたとき無料ではほぼ稼げせん…。

 

理由は簡単。

 

無料のサービスではあなたが作ったサイトにサービスを運営している企業の広告が入り、そこへ収入が流れてしまうから。

 

これではせっかく稼ぐ記事が書けたとしても無駄に終わってしまいますよね…。

 

さらに無料のサービスは、外部広告の掲載を制限するところがほとんどなんです。

 

こうなると半分奴隷ですよね…。

 

もちろん日記のように記事を書いて楽しむレベルであれば、無料のサービスを利用しても問題はありません。

 

そこでブロガーと呼ばれている人の90%以上が利用しているサービスがあります。

 

結論を言うと「WordPress」というシステムを利用してサイトを作るということです。

 

WordPressというシステムはあなたが作ったサイトに多くの読者を呼ぶことができるシステムで収入を得ることに特化したシステムです。

 

大企業をはじめ個人でも扱うことができます。サイトを作って収入を得たいのであればWordPressを選ぶことが必要不可欠となります。

 

デメリットはご存じの通り「お金がかかる」という点ですが、月額900円ほどで運用できますので、サイト運営をじっくり取り組むことで月数万以上は稼げるようになります。

 

サイト運営で個人が稼ぐまでの手順【ブログの作り方】

 

WordPressを使ってサイトを立ち上げるにはここでは割愛します。

 

その代わり下記の記事にて詳しく解説していますので、ぜひそちらをご参考にして下さい。

WordPpressを使ったブログの始め方

続きを見る

 

サイトは別名ブログと呼ばれWordPressで作ったブログを「WordPressブログ」と呼んだりします。

 

WordPressという言葉はどうしても専門的に感じてしまいますが、作ること自体は20分~30分あれば開設できます。

 

難しい知識も不要ですので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

 

  • サイトをお試しで作ることってできないの?

先の見えないものにいきなりお金を払うことに抵抗はあると思います。

 

ほとんどのWordPressではサイトを作る際に支払情報を入力し、支払いがスタートしますがエックスサーバーというレンタルサーバーでは10日間無料で試すことができます。

 

支払方法の入力もしないのでサイトを作るとはどんな感じなのか試すことができるのでとても安心していただけると確信しています。

【推奨】WordPressの無料お試し期間をポイントを押さえて説明

続きを見る

 

サイト運営で稼ぐにはどんなことが必要?

 

個人がサイト運営で稼ぐためには単純に記事を書いているだけでは稼げません。

 

広告を張り付けて読者に見てもらう(または購入してもらう)必要があるためです。

 

サイト運営で収入を得るために行うことを順を追ってお話しします。

 

まずは記事を書く

サイトは記事(コンテンツ)がすべてです。

 

広告を張るためには後述するASPへの登録が必要なのですが簡単な審査があります。

 

サイトとして成立していれば審査に落ちることはまずありませんので、まずは記事を書いてサイト運営を始めましょう。
はや

 

審査のための記事数は多ければ多いほど良いですが、最低でも5記事は欲しいです。

 

もちろん記事はあなたが得意なことを記事にします。

 

ASPの審査に受かった後はそれらの記事も広告を掲載して収入を得る手段として使うためです。

 

広告を張るためにASPへ登録をする

サイト運営で収入を得るために重要なのが、「広告」を張るという作業。

 

一番有名なのが、「Google Adsene」というものですね。

 

Google Adsenseを利用するためにはサイトを作りある程度記事を書いてサイトとしてある程度運営していることが必要です。

 

申し込み方法については下記の記事でまとめてありますので、ご参考ください。

 

Google Adsenseに申し込む方法【コツも紹介】

続きを見る

 

さらに申し込んでおくと良いのが「アフィリエイトサービスプロバイダー(通称ASP)」と呼ばれるものへの登録です。

 

代表的なものをご紹介しますね。

 

ASPについて書いた記事がありますので、もう少し詳しく知りたいと感じましたらぜひご覧ください。

 

WordPressブログでアフィリエイト(成功報酬型広告)に必要なASPってなに?【収益化の方法】

続きを見る

 

上記のASPはサイト運営で収入を得るための収入源となります。

 

個人レベルでサイト運営で収入を得る場合、登録は必須と思っていただいて構いません。
はや

 

ASPに登録したあともサイト運営を続ける

サイトを作って収入を得るためには下記のようなサイクルになります。

  • 集客記事を書く
  • 商品記事を書く
  • 集客記事を商品記事へリンクさせる
  • 集客記事や商品記事のメンテナンス

 

ざっくりですがサイト運営は上記のサイクルで収入を得ていくことになります。

 

商品記事(商標記事やレビュー記事とも言う)に誘導する集客記事は重要です。

 

読者が選びそうなキーワードで記事を書き、その悩みを解決できるのが「商品記事ですよ!」といったサイト構成にしていくことを意識しておきましょう。
はや

 

サイトを運営し収入を得るために気を付ける点

初心者に多いのですが、「収入を得る=収益化」といえば「稼ぐ=メリットごり押し」で記事を乱立させてしまうこと。

 

稼ぎたい!収入を得たい!という気持ちは痛いぐらいにわかります。

 

良いことを書いておすすめしていきたいところですが、押し売りは逃げられます。

 

サイト運営初期はどうしてもデメリットを書くことに抵抗があります。

 

読者が知りたいことは「自分は損をしないのか」という点。

 

例えばプラモデルに関するサイトを運営しているとして、「このプラモ作り方簡単だからぜひ買ってみて!」では、広告はほぼクリックされません。

 

あらゆるものにメリットとデメリットが存在します。

 

読者はどちらかというとメリットはわかっているがデメリットは何かを欲しているんですよね。
はや

 

ですので、デメリットを列記しデメリットに対する解決策を示すことで広告リンクがクリックされ収入が入るんだとうことを知っておきましょう。

 

サイト運営で稼ぐことができるようになれば人生が10倍楽しくなる!(まとめ)

 

個人がサイトを運営して収入を得る方法についてお話ししました。

 

サイトを運営し収入を得るまでの手順は下記のとおりです。

  • 集客記事を書く
  • 商品記事を書く
  • 集客記事を商品記事へリンクさせる
  • 集客記事や商品記事のメンテナンス

 

なお、サイトを作る方法は「すぐにサイト運営を本格化するか」「まずはサイト作りを試してみるか」の2通りの方法があります。

 

すぐにサイト運営を本格化するなら

【確実】絶対失敗しないエックスサーバー「WordPressクイックスタート」のやり方【10分で完了】

 

まずはサイト作りを試してみるなら

【無料】エックスサーバーのお試し期間を利用してブログを作る

 

エックスサーバーのお試し期間を利用することで10日間無料で本番さながらにWordPressをインストールして実際にブログを運営することができます。

 

お金を一切払うことなくブログ運営の感覚をサクッと掴めるので10日間は練習期間と思って運営してみるのも悪くはありませんよ。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

サイト運営で収入を得るために登録必須のASP(広告配信サービス)は下記の8つ

 

以上を押さえてぜひサイト運営を楽しんでください!
はや

 

わからないことがあればドシドシ質問くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連する記事の一覧

-収益化
-,