VPN

【評判】MillenVPN(ミレンVPN)は色々な国の動画コンテンツが楽しめる

【評判】MillenVPN(ミレンVPN)は色々な国の動画コンテンツが楽しめる

 

MillenVPN(ミレンVPN)の評判、申し込み方法から使い方をご説明します。

 

VPN接続といえば通信を暗号化することですが、もうひとつの使い方として「海外の動画配信サービス」や「海外から日本の動画配信サービス」を楽しむときにもMilenVPNは威力を発揮します。しかもMillenVPNノーログポリシーなのでプライバシーに配慮されています。

 

VPNといえばほとんどのサービスが海外企業による運営ですが、MillenVPNは日本国内の企業が運営していますので、サポートも安心です。

 

テレワークのプライバシーの保護や海外の動画配信サービスや海外から日本の動画配信サービスを楽しむ目的としてMillenVPNは今注目されているサービスです。

 

この記事でわかること

  • MillenVPNの評判
  • MillenVPNの申し込み方法
  • MillenVPNの設定方法、使い方
  • MillenVPN Nativeの使い方

 

MillenVPNは日本国内企業が運営するVPNサービスです。外国語でのVPNサービスが多い中MillenVPNはすべてが日本語なので、とても安心して使うことができます。

 

僕自身MillenVPNを使うようになってから、アメリカ版Netflixなど日本では配信されていない動画も見れるようになったので楽しみの幅がグンと広がりました!

 

この記事を書いている人

 

MillenVPNとは

 

MillenVPNとはVPNサービスを提供するサービス名を言います。また、数少ない日本国内の企業が運営していることでも有名です。

社名 アズポケット株式会社
所在地 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-10-5-702
設立日 2016年4月11日
事業内容
インターネットインフラ事業
電気通信事業法に基づく電気通信事業

 

VPNはVirtual Private Networkの略で各国に配置しているVPNサーバーと端末(パソコンやスマホ、ルーターなどなど)が仮想的な専用トンネルを作りそのトンネル内だけでデータをやり取りを行います。

 

VPNの説明にはトンネルと言う言葉が使われることが多いですが、「データひとつひとつを金庫に入れ、VPNサーバーと端末だけが持っている【専用のカギ】を使って金庫からデータを取り出したりしまったりする」という例えの方がVPNの説明には近いですね。

 

VPNは本来の使い方としてデータの保護がメインですが、もうひとつの使い方として「海外サイトからのアクセスを拒否しているサービスを使いたい」場合、VPNを使うことで本来通信できなかったサイトでも、通信が可能になる「裏技的な使い方」も可能です。

 

こう書くと「違法なんじゃないの?」と思われがちですが、VPN技術の基本中の基本のテクニックであり違法でもなんでもありません。

 

VPNは通信内容を解読されないように強固な暗号アルゴリズム(AES-256)で通信データを暗号化します。送信元と送信先各々がデータの暗号化・複合を通信するたびに行うため、通信速度は必然的に遅くなります。

 

ただしMillenVPNが各国に配置しているVPNサーバーはかなり強力なもので通信速度の低下があまり感じないという大きな特徴があります。

 

この記事を書いている人

 

MillenVPNを使う理由

 

MillenVPNを使う理由は以下の4つ

  • 通信を暗号化できる
  • 通信経路が最適化される
  • 安心の日本企業が運営しているVPNサービス
  • VPNサービス最安値級の料金・シンプルなプラン構成
  • 色んな国のコンテンツを楽しめる

 

通信を暗号化できる

MillenVPNはあなたの通信を暗号化することができます。

 

フリーWiFi(フリースポット)や、カフェ、コワーキングスペース、ホテル、など不特定多数の人が使えるWiFiスポットは便利な反面通信内容を盗み見られる可能性があります。

 

また、暗号通貨の取引をする際の秘匿性を強化したい場合にもMillenVPNは効果を発揮します。

 

ある世代では8割以上の人がフリースポットを利用している統計もあり、その中のおよそ7割の人が通信内容が盗み見られるか懸念している事情があります。

 

MillenVPNを使うことで通信を暗号化できるので、フリーWiFiを存分に活用することができます。

 

MillenVPNは月額料金がVPNサービスで最安値級(2年プランで396円)です。

 

フリースポットとMillenVPNを活用することでポケットWiFi(WiMAX)のようにいつでもどこでもインターネットが「安心して」使えるようになります。

安心して使える点はどのサービスにもありません。

 

ポケットWiFiの月額料金は平均で4,000円ほどですので、フリースポット+MillenVPNの組み合わせはかなりコストを抑えることができ知る人ぞ知る使い方ができます。

 

通信経路が最適化される

すこしマニアックな話ですが、インターネット上には色々な通信機器を通って目的の場所(サーバー)と通信をしています。

 

そのため、通信経路の中で機器が故障した場合、いくつかの経路を再計算して通信が途絶えないようになっていますがこれにはラグが生じ結果として通信速度が遅いと感じる場合があります。

 

MillenVPNを使うことで予め通信経路が決まるため、通信速度が上がるケースが多々あります。

 

例えば物理的に遠いアメリカのサーバーへ通信したときと日本国内にあるサーバーの通信速度を計測した場合、アメリカへの通信速度の方が速い場合があります。

 

VPNを接続することで日本国内の間でも通信経路が決まっていると決まっていないとでは通信品質にも差がでます。

 

通信が安定するので、オンラインゲームなどにもVPNは向いているんですよ。

 

安心の日本企業が運営しているVPNサービス

MillenVPNは日本の企業が運営・展開しているVPNサービスです。

 

外国企業でも人気のVPNサービスがありますが、個人情報の扱いが結構曖昧だったりします。

 

MillenVPNはノーログという通信内容に関する情報は一切取得しないことを明言しています。

 

逆に無料VPNサービスはかなり恐ろしく「個人情報や通信内容」を売ることで収益を得ているとまで言われています。

VPNサーバーを運用・管理し続けるためには到底無料では無理

 

VPNサービス最安値級の料金・シンプルなプラン構成

 

料金タイプ(期間)は「1ヶ月」「12ヵ月」「24ヵ月」の3つから選べます。長期契約ほど安くなります。

契約期間 1ヶ月 1年(12ヵ月) 2年(24ヵ月)
月額料金 1,496円 594円 396円
24ヵ月使った場合 35,904円 14,256円 9,504円

2022年10月現在。※キャンペーンなどで月額料金は変わる可能性があります。

 

MillenVPNの大きな魅力のひとつが30日間返金制度。

 

契約してみたけど、自分の使い方には少し向いていなかった…など、色々な理由で使う必要がなくなることもあります。

 

そんなとき30日以内であれば全額を返金してくれる嬉しい制度があります。

 

この制度は電話やメール・チャットなどではなく、申し込みのときと同じようにシステム上でサクッと行うことが可能です。

 

MilenVPNの解約方法についてもまとめていますので、申し込むときに解約方法などを確認しておきたい場合に合わせてご覧ください。

MillenVPNの解約方法【30日間返金保証制度の解説有り】

続きを見る

 

色んな国の動画コンテンツが楽しめる

VPNは通信を暗号化できるだけではありません…!

 

VPNを接続する際はパソコンやスマホにインストールしているMillenVPNのアプリとMillenVPNが各国・都市に展開しているVPNサーバーと接続を行いこの間の通信を暗号化します。

 

そのため、VPN接続をすると「その国いる状態」を作り出すことができます。

 

例えば、あなたがアメリカのニューヨークにあるVPNサーバーと接続するとあなたは日本ではなくアメリカのニューヨークにいることになります。

 

VPN接続をすることでその国に場所を一瞬で移動することができ、その国の動画コンテンツを楽しむことができるようになります。

 

例えばABEMAに海外から接続した場合は以下のように「このサービスはお住まいの地域からはご利用になれません。」と表示されていても日本のサーバーに接続をすれば場所が日本に移動するのでABEMAを見ることができるんです。

 

MillenVPNは使い方によってはかなり便利にインターネットを利用することができるんです。

 

不意な出張などでポケットWiFiが必要になった…!もし出張先にコワーキングスペースやフリースポットがあればMillenVPNを使うことでコストを抑えてネットを有意義に使うことができるかもしれません。

 

MillenVPNを使う理由:まとめ

もう一度MillenVPNを使う理由をまとめます。

  • 通信を暗号化することができる
  • 通信経路が最適化される
  • 月額料金がVPNサービスで最安値級
  • 海外動画コンテンツ(日本国内コンテンツ)が楽しめる
  • フリーWiFiを100%活用できる

 

MillenVPNは、ネットの安全性を高めるばかりでなく世界中の動画コンテンツも楽しめるようになり、通信も最適化されます。

 

僕自身MillenVPNを使うようになってから、アメリカ版Netflixでしか配信されていない動画も見れるようになったので楽しみの幅がグンと広がりました!

 

この記事を書いている人

 

MillenVPNの評判(口コミ)

 

MillenVPNの評判についてまとめてみました。

 

良い評判

 

技術的な対応が速いイメージあり

 

サポート評判は高い!

 

悪い評判

 

今後に期待…!

 

見れないサービスもあるので実際に使ってみることは大切

 

MillenVPNの良い評判

 

MillenVPNの良い評判(良いところ)についてまとめました。

  • 完全日本語サポート
  • 30日間返金保証
  • 通信速度が速い
  • VPNサーバーへつながりやすい
  • 通信履歴が残らない(ノーログ)
  • アプリを入れるだけですぐに使える

 

完全日本語サポート

MillenVPNは日本企業が運営しているVPNサービスなので、サポートはもちろん日本語です。

 

海外VPNサービスも日本語対応のところもありますが、翻訳機能を使った場合がほとんどなので、細かいニュアンスが伝わらないこともあります。

 

MillenVPNはに完全日本語サポートなので、そういった心配がありません。

 

30日間返金保証

MillenVPNは30日間返金保証があります。1ヶ月プラン、1年プラン2年プランに関係なくすべてのプランで返金保証がついていますので「契約したけど使えなかった…。」という精神的ダメージを最大限に抑えることができます。

 

通信速度が速い

MillenVPNの通信速度はかなり速いです。VPNの通信速度はIPsec接続で通常速度の2分の1、SSL-VPNでは3分の1と言われています。MillenVPNはデフォルト設定ではIKEv2なのでIPsec接続となります。そのため、2分の1以上の通信速度が出ていればかなり高性能だと言えます。

 

参考:Google Speed Test使用

 

VPN接続を行う前の通信速度

 

TokyoのVPNサーバーへ接続

かなりの速さが出ています。テレワークなど通信のプライバシーを守るなら十分すぎる速度が出ています。

 

アメリカニューヨークへの接続

物理的に地球の反対側まで接続をしにいっていますので、それなりに通信速度は落ちますがそれでも100Mbps近い速度が出ています。これは驚異的な数字。

 

通信速度は申し分なしですね。仮にこれ以上の通信速度を求めるならVPN接続そのものを諦めるほかありません。

 

VPNサーバーへつながりやすい

無料のVPNサーバーの場合、ログインまで時間がかかるかタイムアウトしてしまうことが多々ありますが、MillenVPNの場合タイムアウトしてしまうことはありません。万一普段使っているサーバーでうまく接続ができない場合は別のVPNサーバーへ接続を試みればOKです。大抵はそれで解決します。

 

通信履歴が残らない

ログインした時間など(ユーザーログ)は残りますが、どんなサイトへどれぐらいアクセスしていたかというログ(通信ログ)は残りません。

 

あなたのプライバシーは守られています。

 

アプリを入れるだけですぐに使える

MillenVPNはアプリをインストールするだけですぐにVPN接続ができます。

 

アプリを入れたくない…!という場合もVPNサーバー情報とユーザ名・パスワードを設定するだけでOSのVPN接続機能(※)を使ってVPN接続が可能です。

※MillenVPN Nativeという機能がこれに該当

 

MilenVPNの悪い評判

 

MillenVPNの悪い評判(良くないところ)についてまとめました。

  • VPNサーバーが少ない(世界に1,300台ほど)

 

MillenVPNはサーバー台数が海外の超大手VPNサービスと比べると少ないです。

 

とは言え、1,300台以上はあまり少ない台数ではなく、無料サーバーと比べるとはるかに使いやすく速度も出るので、あまり気にする部分ではありません。

 

VPNサーバーはひとつの国や都市に1台と言うわけではなく、アクセスの多いことが見込まれる国や都市ではVPNサーバー数も多く揃っていますので、ご安心ください。

 

中国国内にVPNサーバーがないけど…

中国国内にVPNサーバーはありません。じゃあ中国国内からはネットは使えないの?と不安になるかもしれませんが、中国国内から日本のVPNサーバーとの接続を確立することで通信は可能です。

 

たまに中国で通信規制が強化されたりするタイミングもありますが、そういった場合MillenVPNのサイトで通知が出ます。これを確認することで回避策が見れます。

 

中国からの接続について

中国からの規制が強化された場合MillenVPN Native OpenConnectを使うことで回避できる確率が大幅にアップします。MillenVPN Native OpenConnectは、OpenConnectプロトコルを使うことで、通信規制が厳しい環境でも安定してご利用いただけるサービスです。MillenVPNをご利用中のお客様は、追加料金不要で、ずっと無料でご利用いただけます。

 

MillenVPNをオススメする人

 

MillenVPNをオススメする人。

  • 日本製VPNを使いたい人
  • サーバー設置数にこだわりたい人
  • 簡単にVPNを使いたい人
  • 気軽に試してみたい人

 

日本製VPNを使いたいひと

冒頭お話ししたようにMillenVPNは日本企業が運営しています。困ったときは日本語サポートが受けられる点がとても安心です。

 

細かい相談をしたい場合、海外VPNサービスだとニュアンスがうまく伝わらないことがあります。そうした心配がないのがMillenVPNです。

 

サーバー設置数にこだわりたい人

MillenVPNは日本製VPNサービスの中で、VPNサーバーはかなり多い企業です。

 

VPNサーバーはかなり性能が求められるるため、無料や小さな企業だとどうしても低スペックのサーバーであったりそもそも設置台数が少ない場合がほとんど。

 

MillenVPN国内最多級のVPNサーバーを運用しています。

 

簡単にVPNを使いたい人

MillenVPNはアプリをインストールする方法と、OS標準のVPN機能の二つから選んで使うことも可能です。もちろん両方使うことも可能。

 

VPNの仕組みは詳しくなくてもアプリをインストールし、接続先の国を選んでユーザー名とパスワードを入力するだけでVPN接続は完了します。

 

難しい初期設定などもないのでVPN初心者だけど暗号化はしっかりやりたい!ならMillenVPN正解です。

 

気軽にVPNを試してみたい人

VPNはどんなものかちょっと試してみたい…なら30日間返金保証を使って試してください。

 

規制が強い国も存在するので、まずは試してみることが一番大切です。

 

海外動画も楽しめる

MillenVPNを試してみる

※30日以内無条件で返金可能

 

MillenVPN(ミレンVPN)の使い方

 

ここからはMillenVPN(ミレンVPN)の申し込み方法から設定方法(使い方)までをご紹介します。

 

MillenVPNを申し込む

まずはMillenVPNの公式サイトへ入りましょう。

 

https://millenvpn.jp/

 

MillenVPNの公式サイトに入りましたら右上の「今すぐお申込み」をクリックします。

 

契約期間を選びます。期間は「1ヶ月」「12ヵ月」「24ヵ月」の3つから選べます。長期契約ほど安くなります。

契約期間 1ヶ月 1年(12ヵ月) 2年(24ヵ月)
月額料金 1,496円 594円 396円
24ヵ月使った場合 35,904円 14,256円 9,504円

※キャンペーンなどで月額料金は変わる可能性があります。

 

契約期間を選択したら「ユーザー名」を入力し「続ける」をクリックします。

 

お客様情報の入力をクリックします。

キャンペーンなどでクーポンコードを入手した場合「クーポンを入力」し、適用をクリックします。

 

「お客様情報の入力(日本語)」「アカウントセキュリティ」「支払い方法」を入力します。入力後、内容を確認し「注文完了」クリックします。

アカウントセキュリティはマイページにログインするときに必要になりますので厳重に保管しておきましょう。

 

注文(申し込み)が完了しました!引き続き「マイページ」をクリックしてマイページへ移動します。

 

以上で申し込み手順は終わりです。

 

Millen VPNのアプリをダウンロードしてインストールする

 

MillenVPNは図にもある通り4つのOS用のアプリが用意されていますのでダウンロードしたいOS名をクリックします。

  • Windows
  • MacOS
  • iOS(iPhone/iPad)
  • Android

 

Windowsの場合ブラウザの左下にインストールファイルがダウンロードされますので、ダウンロードが完了したらクリックしてインストーラーを起動します。

 

「利用規約に同意する」にチェックを入れ「インストール」をクリックします。

 

インストール中…

 

インストールが完了しました。

 

Millen VPNを使ってみる

インストールが完了するとMillenVPNが自動で起動しますので、ユーザー名とパスワードを入力します。

ユーザー名とパスワードはメールで確認するか、マイページで確認しましょう。ちなみにWindows Mac Android iPhone/iPadで使うユーザー名パスワードは共通です。

 

メールでユーザー名パスワードを確認する

【MillenVPN】MillenVPNへようこそというメールをクリック

 

ステップ2 - ログインと接続に「ユーザー名」「パスワード」が記載されています。

 

マイページでユーザー名とパスワードを確認する

 

ユーザー名パスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

 

VPNサーバーが設置されている「国」「都市」が表示されます。

 

今回は試しに「Australia(オーストラリア)」を選び「接続」クリックします。

 

接続が完了しました!

VPN接続が完了したことであなたはVPNを通じて仮想的にオーストラリアのメルボルインにいることになります。もちろん通信は暗号化されています。

 

日本国内でテレワークなど通信を暗号化させる場合は「Japan」「Tokyo」を選び「接続」をクリックします。

 

VPN接続が完了しました。

 

VPNを切断する場合は「切断」をクリックします。

 

以上でMillenVPNの使い方についての説明は終わりです。

 

Millen VPNのオプション設定【基本そのままでOK】

MillenVPNのオプション設定をご紹介します。

 

歯車アイコンをクリックすることで「一般」設定と「接続」設定の2つが確認・設定できます。

 

一般設定

 

接続設定

VPNプロトコルは2種類選べます。暗号化は強力であるほど通信速度が遅くなるので、通常はIKEv2(アイケーイーブイツーと読む)のままでOKです。

 

設定項目は以上です。

 

海外動画も楽しめる

MillenVPNを試してみる

※30日以内無条件で返金可能

 

Millen VPN Nativeの使い方

 

MillenVPN NativeはOSのVPN機能を使ってVPN接続を行うことができる機能です。MillenVPN NativeはMillenVPNに申し込むと自動で追加されるオプションで無料で使えます。

 

アプリを使う必要がないので、動作も軽く特殊な通信経路でVPNをつないだり、海外の動画配信サービスや海外から日本の動画配信サービスを楽しむために推奨される機能です。

中国から海外にアクセスする場合MillenVPN Nativeの利用は必要不可欠

 

Millen VPNとMillen VPN Nativeの違い

MillenVPNとMillenVPN Nativeの違い違いを表にしました。

項目 MillenVPN MillenVPN Native
専用アプリ Windows, macOS,
Android, iOSに対応した
専用アプリ
無し(設定は簡単)
Windows, macOS,
Android, iOSなどで利用可能
動画配信サービス 一部のサービスに対応 日本国内のほぼ全てのサービスに対応
中国からの接続 未対応 対応
固定IPアドレス 未対応 対応
日本サーバーの場所 東京 東京, 大阪
メリット ワンクリックで各国へVPN接続が可能 アプリのインストール不要
中国国内から接続も可能
デメリット アプリのインストールが必要
中国国内からの接続ができない
OS機能を使うため接続する国の数だけ設定が必要
サーバー数 72ヶ所、1,300台以上 随時追加中

 

MillenVPNかMillenVPN Nativeどちらを選ぶかの基準は4つ

  • アプリをインストールしたくない
  • 中国から日本(国外)へインターネット接続する場合
  • 海外から日本国内の動画配信サービスを楽しみたい
  • 日本国内でテレワークなど通信のプライバシーを守りたい

 

上記のいずれかに該当するならMillenVPN Nativeを使えばOKです。特に海外でいる場合で日本国内の動画配信サービスを楽しみたい場合MillenVPN Nativeは必須機能です。

 

MillenVPN NativeはOSの標準機能を使ってVPN接続をします。アプリと違って細かな設定が必要ですが、だれでも簡単にできる設定なのでご安心ください。

 

設定方法

設定方法は公式サイトのサポートページに詳しく記載されていましたので、そちらをご紹介します。

 

ワンポイント

MillenVPN Nativeを使ってVPN接続をするとき「ユーザー名」「パスワード」の入力を求められますが、VPNアプリのログイン情報と同じものを使えばOKです。

 

Windows

 

MacOS

 

iPhone/iPad

 

Android

 

Millen VPNなら海外コンテンツも楽しめる

 

VPN接続を行うことでその国が持っているIPアドレスを使うため、仮想的にその国にいることができます。

 

例えばアメリカのニューヨークにあるVPNサーバーに接続すればあなたが使っているパソコンやスマホはニューヨークに存在することになります。

 

一瞬でその国にいることができるってすごくないですか?!

 

もちろん仮想的とは言え、その国にいることに間違いはないので色々なコンテンツが楽しめます。

 

例えばこんな感じに…

 

アメリカ版Yahoo!

 

アメリカ版Netflix

 

アメリカ版Amazon

 

アメリカ版プライムビデオ

 

アメリカ版フールー

 

アメリカ版MSN

 

海外コンテンツを楽しむ場合、YahooやMSNはともかくAmazonやNetfluxなどはその国で契約する必要があります。この点だけはご注意ください。

 

今回は日本からアメリカのニューヨークにあるVPNサーバーに接続していますが、逆もOKです。

 

イギリスのロンドンから日本のVPNサーバーへ接続すればロンドンにいながら日本のコンテンツが楽しむことができます。

 

VPNは通信の暗号化だけでなく、世界中のコンテンツを楽しむことができ、MillenVPNまさにエンターテイメントをとことん楽しむエンタメツールとも言っても過言ではありません。

 

僕自身MillenVPNを使うようになってから、アメリカ版Netflixでしか配信されていない動画も見れるようになったので楽しみの幅がグンと広がりました!

 

Millen VPN(ミレンVPN)の使い方【ノーログで安心接続】:まとめ

 

MillenVPN日本国内の企業が提供するVPNサービスです。

  • 日本国内でテレワークなど通信のプライバシーを守りたい
  • 海外から日本国内の動画配信サービスを楽しみたい
  • 日本から海外の動画配信サービスを楽しみたい
  • 中国国内なら日本(国外)へインターネット接続をしたい

 

上記の1つでも該当しましたらMillenVPNがおすすめです。もちろんノーログですので、通信記録も残らないのでプライバシーを確保できます。

 

またMillenVPN Nativeであればアプリをインストールする必要もないので、アプリをインストールしたくないならMillenVPN Nativeの利用がおすすめ。

 

アプリと違い細かい設定が必要になりますが、だれでもできる簡単な設定なのでご安心下さい。マニュアルも充実しています。

 

MillenVPNは日本国内企業が運営するVPNサービスです。外国語でのVPNサービスが多い中MillenVPNはすべてが日本語なので、とても安心して使うことができます。

 

同じVPN機能を使うなら日本語表示でわかりやすいアプリが一番ですね。

 

ちなみに契約期間は月単位ではなく申し込んだ日から数えていきます。契約のしやすさが他社とは段違い。

契約期間

  • 1ヶ月契約なら【10月15日~11月15日】
  • 1年契約なら【2022年10月15日~2023年10月15日】
  • 2年契約なら【2022年10月15日~2024年10月15日】

 

海外動画も楽しめる

MillenVPNを試してみる

※30日以内無条件で返金可能

 

 

MillenVPN公式動画はこちら

 

海外動画も楽しめる

MillenVPNを試してみる

※30日以内無条件で返金可能

 

今回はMillenVPNを例にご紹介しました。動作が軽く、接続も簡単ワンクリックで誰でも使えます。

 

-VPN
-, , ,

0
ご質問はこちらからどうぞ!【すぐにお返事します】x