IT/Technique

4K 8Kハイビジョン放送を楽しむのに必要な機器はなにか

更新日:

4K放送、8K放送がいよいよ本格運用されました!

現行ハイビジョンを超える超高画質を実現する、次世代の映像規格4K・8K。

2018年12月1日から、4K放送・8K放送である「新4K8K衛星放送」が始まります。

数々の魅力的な番組が、高精細で、臨場感のある映像で楽しめます!

このページでは、4K放送・8K放送に関する最新の情報をお届けします。

総務省 | いよいよ2018年12月1日、新4K8K衛星放送が始まります!

 

そこで、4K8K放送を見るにはどうすれば良いか、メリット、デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

なお、執筆日現在(2018年11月)地上波での4K8K放送予定はありません。だからと言って4K8K対応のテレビで地デジが見れないということはないのでご心配は無用です。

 

また、2018年11月現在の情報ですが、8K放送を行うのは「NHK」のみです。

 

そもそも4K 8Kってどういう意味なのか

Kは単位です。

パソコンに詳しい人だと「ピン」ときますが、そうでない方は何がなにやら。

Kは「キロ」を表しています。

1Kは「1024」ですので、4kは「4096」、8Kは「8196」となります。

 

ですが、フルハイビジョン(FullHD)は1920×1080と記載されていますよね。

1920は横、1080は縦を示しています。

 

はや
これはよく見かけるかと思います。
さっきのKに当てはめるとなんか中途半端だけど…
あっちゃん
はや
いいところに気付いたね。
はや
テレビの場合の4k、8kはパソコンなどで使うKとは違うんだ。

 

そうなんです。

パソコンの世界の1Kは厳格に「1024」なのですが、テレビの場合は約4K、約8Kなんです。

 

続いて、「HD」「Full HD」「2K」「4K」「8K」について説明します。

 

HD FullHD 2K

HD画質、FullHD画質、2K画質は小さ目のテレビに適しています。

HD画質の解像度は「1280×720」です。

FullHDの解像度は「1920×1080」です。

ちなみに1980は約2000なので、2Kとも訳されます。

 

なお、もう一つの解像度に「2560×1440」というものもありますが、こちらも2Kと呼ばれるので、FullHDと2Kは分けて考えたほうが良いですね。

 

4K 8K解像度

4Kは「3840×2160」の解像度を示しています。約4000なので、4Kです。

8Kは「7680×4320」の解像度を示しています。約8000なので、8Kです。

8Kはそれなにり大きなテレビでないと高精細な画像を楽しむことが困難です。

70インチ、80インチぐらいの大きさが適切でしょうか。

 

うちのテレビ40インチだけど、これの2倍?!
あっちゃん
はや
うん…。大きいよね。

 

4K8Kでは、色の再現能力が格別で、FullHD画質を軽く凌駕します。

また、8Kでは立体感も加わり、臨場感も格別です。

 

毎年6月に「Interop」というIT展示会が幕張メッセで開かれます。

Interopはインターネットテクノロジーの展示会です。

 

Interopと並行して映像や音声関係の展示会も開催され、2017年では、8K映像を体験できるブースがありました。

 

そのときの感想は…

もう窓そのもの!!

 

自分のうちの窓から景色を見るかのように超高精細な風景動画を見ることができます。

写真が動いているような感じで臨場感がとてつもない記憶が今でも残っています。

それほど8Kはレベルが違います。

 

4K8K放送を見るために必要なものは?

4K8K放送を見るためには、対応した機器が必要です。

各機器を紹介します。

 

テレビ

4K8K対応のテレビが必要です。

 

CS/BSアンテナ

これは既存のもので対応できるんじゃない?と思いがちですが、4K8KではBS/CSから「右旋円編波」と「左旋円偏波」を使用した電波を受信する必要があるので、一部の放送を受信することができなくなります。

4K8K対応と書かれたアンテナであれば問題ありません。

 

新4K8K放送対応のチューナー

4K8K対応のテレビにチューナーが組み込まれていれば別途購入の必要はありませんが、ない場合は4K8K対応のチューナーを購入する必要があります。

 

ケーブル類

左旋円の電波は従来の右旋円の電波と比べて強度が強いため、従来の同軸ケーブルでは電波を機器へ伝送できない可能性があります。

こちらも4K8K対応の同軸ケーブル、分配器などを購入すれば問題ありません。

まずは、従来のケーブルを使ってみて見れないようであれば「別途購入」で問題ありません。

 

同軸ケーブル

 

分配器

 

4K8K放送レコーダー

高解像度になり、かつデジタル録画となると、無劣化の状態で番組を録画することが可能です。

そうなってくると、問題になるのが、著作権問題。

 

私個人の予想も入りますが、現在、録画が全面禁止にはなっていません。

が、4K8Kなってくると番組ごとで録画禁止・録画OKただし解像度を下げるといった対応がなされるのかもしれません。

 

参考:DVD画質とBD画質

広く普及しているDVDやBDの解像度はどれぐらいかご存じですか?

 

DVDは、4:3と16:9で異なります。

4:3は「640×480」、16:9は「853×480」です。FullHDのテレビで見たとき画質が悪く感じるのはDVDの解像度が低いためです。

 

かたやBD(ブルーレイ)は「1980×1080」です。Full HDですので、Full HDのテレビであれば高画質動画を楽しむことが可能です。

 

まとめ

メリットは、超高画質な映像を臨場感たっぷりに楽しむことが可能です。

ただし、4K8Kに対応した機器の購入(ほとんどの方が買い揃える必要あり)と、地デジ対応なし、8K放送はNHKのみとまだまだ全面的に普及するのは先…ですね。

 

参考になれば幸いです。

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-IT/Technique

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.