独自ドメインへ移行は超簡単!のはずが、大失敗したドメイン移行の全貌を大公開!

参考になりましたら「シェア」おねがいします!

今週の人気記事

今週の人気記事トップ5

今週の人気記事

当初は無料サーバー指定のドメインで始めたのですが、独自ドメインで運用した方が今後のためにも良いという記事をいくつも見かけたので私もドメイン移行を決意しました。

どこでドメインを作るか。

実際、どこでも良いようにも思いますが、私はお名前.comでドメインを取得しました。

そして、お名前.comで本サイトのURLでもある「hayamizbg.net」の取得を依頼しました。お値段は初年度で699円です。

取得自体はとても簡単ですので、ここでは取得手順は割愛します。

さて、ドメイン取得の契約も無事に終わり「hayamizbg.net」を無事にゲットです。

今回は簡単だと思われた(実際簡単なのだと思いますが…。)ドメイン移行の「悲劇の始まり」から「収束する」までのお話です。

この記事を読んで頂いた方たちだけでも、移行の失敗はしてほしくないと思い執筆します。

悲劇の始まり

まずWordPressの全体像を完全になめていたことが原因でした。簡単にいうとWordPressは二つの要素で構成されています。

本サイトは「かゆいところに手が届く」がモットーですので、砕けた感じで説明すると、「データーベース」と「ファイル(CSSやPHP)」の構成になります。

サイトを表示する仕組みとして、MySQLと呼ばれるデーターベースを読み込み、ファイル(PHPやCSS)がデーターベースを基に表示させます。

単純にドメインを移行(サーバー移行)するには、旧ドメインのデーターベースとファイルのバックアップをとり、新ドメインにリストア(復元)する、といたって簡単に見えます…。

スポンサーリンク

サーバー移転の開始

わたしの場合はXdomainという同じサーバー内ではありますが、ドメインが変わるため、サーバー移転と同様の手順を行う必要があります。

「なんだ、簡単じゃん!」と思い、Xdomain上で旧ドメインのデーターベースのバックアップ(エクスポート)をして、新ドメインのデーターベースにリストア(インポート)しました。

次にFTPで旧ドメインのサーバー内にあるすべてのファイルをバックアップを取り、新ドメインのサーバーへファイルを置きました。

結果をいうと、「内部サーバーエラー」発生…。

「まあ・・まあね。初めはそうなるよね。」と自分で自分を慰めます(笑)

ネットで色々解決策を探しましたが、いつまでたっても内部サーバーエラーは直りません。

らちも明かないので、新ドメインのWordPressを再インストールします。

再インストール自体はワンクリックで終わるのでなんということはありません。再インストール実行します。

サーバーから15分~20分ほどで完了のメールがくるので、その間に移行手順を探します。

次にやったこと

ネットを調べるうちに便利なプラグインを発見!

「All-in-One WP Migration」というプラグインです。このプラグインはWordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「追加」とたどり、All-in-One WP Migrationと検索することで簡単にインストールができます。

allinone

このプラグインは一言で言うと、サイトを丸ごとバックアップできるものでさらに、復元まで可能です。

データーベースの旧ドメインの情報を新ドメインに最適化までしてくれる超便利プラグイン!

無料版と有料版とあり、無料版ではバックアップファイルが512MBまでの利用となります。容量が超えてしまう方はお金を払って無制限にするか、メディアのバックアップを諦めるかなどの措置が必要です。

わたしの場合、まだ立ち上げたばかりのサイトなので、200MBほどでした。

All-in-One WP Migrationを使ったバックアップ・リストアはとっても簡単なので、手順は省略します。

注意点として、わたしの環境では、バックアップ完了後、ファイルをダウンロードするボタンを押すとなぜか「内部サーバーエラー」となってダウンロードができませんでした。同様の症状の方は、FTPで旧ドメインのサーバーへ入り、バックアップファイルをダウンロードしてください。

All-in-One WP Migrationの詳細は下記ですごく詳しく紹介しています。

All-in-One WP Migrationは、WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグインです。サイトデータのバックアップおよび復元の機能もあります。 このプラグインを利用すると、WordPressのサイ・・・

で、リストア完了!!

と、思いきやまたも、内部サーバーエラー・・・。
夜中の1時ですorz

最後にとった手段。それは・・

再スタート・・(涙)

そう。すべてを最初からやり直しました。

幸い、サイトを立ち上げて一ヶ月。記事数も20ほどと少なく、CSSデータや画像ファイルはFTPですんなりアップロードできるので、それほど苦労はしませんでした。

肝心の記事もテキストでコピーして、新ドメインで再投稿すれば問題はありません。ただし、ファイルや内部リンクのリンク先は旧ドメインのままなので、修正は必要です。

そして、なんとか無事に新ドメインで再スタートを切ることができました!
結果として、サイトデビューしたばかりでしたが、「ゴミファイル」や「ゴミ画像」を整理することができ、また、記事も見直すことができ結果としてよかったのではと感じます。

まとめ

基本的にAll-in-One WP Migrationですんなりドメイン移行はうまくいくはずだと思います。
原因も内部サーバーエラーなので、こちらからやたらと情報の更新やらファイルのダウンロード、アップロードを繰り返すうちにサーバーのCPU負荷があがり結果的に内部サーバーエラーがでてしまったのではないかと考えられます。

現にしばらくほうっておくとサイトへのアクセスが復活しました。

とはいっても、旧ドメインから新ドメインへの「移行」なため、CSSやPHPファイル、データーベースがうまく整合がとれずにエラーになる可能性もゼロではないと思います。

一応の解決策として、リストア完了後に内部サーバーエラーが発生。時間をおいても改善されない場合はWordpressファイルを上書きしてみるのも一つの方法かもしれません。

WordPress 日本語ローカルサイトブログ

WordPressの日本語サイトからWordpresの本体をダウンロードし、wp-adminフォルダーとwp-includesフォルダー、「wp-config.php」以外のファイルを上書きすることでエラーが解消する場合もあります。

wp-config.phpは重要ファイルです。手を加える場合絶対にバックアップを取ってから作業してくださいませ。

あまり参考にはならないかも知れませんが、復旧するきっかけになればと思います。

最後に内部サーバーエラーの対処方法やバックアップ・リストア方法を紹介している先人の方たちのサイトを以下にご紹介します。大変参考になりました!!

参考にしたサイトの紹介

バックアップの対処法

:WordPress :WordPress 手動で更新する方法 Wordpressの管理画面から更新する方法が使えない方に必見です!! ①更新するサイトのバックアップを取る(ファイル及び、SQLデータ) ⇒バックアップを取得するには「Total Backup」という簡単に取得できるプラグインがあるの...
『うわぁー!ブログが真っ白だ!!』『記事が消えたあぁぁぁ…』 はじめてWordPressをさわると、予期せぬトラブルに見舞われることが少なからずありますよね。 記事数がまだ少ないころならまだしも、すでに100以上の記事を …

内部サーバーエラーの対処法

ワードプレスでサイトを編集中に「サーバーエラー500」や「500 Internal Server Error」と表示されサイトが見れなくなってしまうことがあります。 初心者はおろか熟練者でも遭遇...
先日、WordPress の管理画面をポチポチやっていたら、いきなり遭遇しました。 特に何かを変更したわけではなく、左端の管理メニューで画面を切り替えただけでした。 この記事は、筆者のサイトで発生した 500 Internal Server Error への対応をまとめたメモです。 落ち着いて冷静になる 今だ

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。 SE/SI作業ではおもに機能報告書の執筆に携わり、文章作成には定評があります。もともと執筆好きで始めたブログですが、最近ではたくさんの方々に読まれとても感謝しています。「かゆいところに手が届く」をモットーに、日々精進!です。

この記事が気に入りましたら
いいね ! お願いします。

Twitter で
スポンサーリンク

参考になりましたら「シェア」おねがいします!

トップへ戻る