PR VPS

FXをVPSで動かすためのメモリの目安は?【VPSプラン比較あり】

  1. ENGIWORKS HOME >
  2. VPS >

FXをVPSで動かすためのメモリの目安は?【VPSプラン比較あり】

この記事はFXに必要なMT4をVPSで動かすために目安となる必要なメモリ量とVPSプランの選び方について説明しています。

結論から言うとVPS上でMT4を安定的に動かす場合ひとつのMT4につき1GBから2GBがあれば十分です。そのため、どのVPSサービスでも2GBプランを選べば問題ありません。

もしMT4を増やしたいなど性能をアップさせたい場合は上位プランにアップグレードすればOKです。

プラン変更時は差額となる月額料金を払うだけ。再設定のわずらわしさもなく簡単です。

注意点としてはプランを下げる場合ですが、プランを下げた場合、差額の金額は戻ってきません。「まずは2GBプランから!」とオススメしている理由はこのためです。

プランを選ぶ際重要になるのが、MT4を動かしたい数。すでに動かしたいMT4の数が決まっている人はこれから本記事を参考にプラン選びをしてみてください。

FXにおすすめのVPS【各プランも徹底比較】

プランを選ぶときは、あなたが動かしたいMT4の数を基準すると失敗しません。基準となるMT4の数と最適プランは後程解説します。

この記事を読むことでFX(MT4)をVPSで動かすためにどのプランを選ぶべきかがわかります。安定性・コスパに優れているVPSも併せてご紹介しています。

FX(MT4)をVPSで動かすために必要なメモリ(目安)ってどれぐらい?

FX(MT4)をVPSで動かすために必要なスペック(目安)はおよそ1GBです。使うインジケーターの数やチャートの表示数でメモリの消費方法は変わってきます。

MT4はひとつ起動するとおよそ130MBのメモリを消費します。ただしこれは素の状態。

下の画像はMT4を2つ動かしている場合のメモリ消費量を表示したものです。

下の画像はMT4を2つ動かしている場合のメモリ消費量を表示したものです。

メモリの使用状況を拡大したものがこちら。MT4/MT5はterminal.exeと表示されます。

上の図で使用しているVPSのプランはXserver VPSの4GBプランです。4GBプランなので、最大メモリ量は3927MBと多く表示され使用中は698MBとなりかなり余裕があるように見えます。ただし、1GBプランや2GBプランの場合はすでに性能ギリギリの状況ということがわかります。

今回のMT4は起動しただけの「素の状態」なので、メモリの使用量は少なくCPU使用率もかなり余裕があります。

当然、日々運用していくことでデータも大きくなりメモリ使用量、HDD使用量も増えていきます。

ちなみにMT4を使い込んでいる時のメモリの使用率(RSSの部分)はご覧のとおり。ここまで来てしまうとMT4自体は動きますがなにか別の操作(時間軸を変えたとき)をしたときなどMT4の動作は遅くなります。

ちなみに2GBプランや4GBプランのプラン名はそのままVPSで使用できるメモリの量を表していますが、丸々MT4に使えるわけではありません。OSが動くためにもメモリは消費します。

これが1GBプランや2GBプランだとMT4を2個動かすだけでかなり動作が重くなります。2個以上は2GBプランより上のプランをおすすめします。

プログラムは本来メモリに置かれているものが処理されます。

メモリ消費が多くなると一度SSD(HDD)に退避して必要なプログラムをSSDからメモリに置き、また必要がなくなったらSSDに退避することを繰り返します。これがMT4の処理が重くなる原因のひとつです。

1GBプランや2GBプランで契約するならMT4/MT5の数は1つが無難です。

2個~3個MT4を動かすなら4GBプランというイメージを持っておくと安全。

目次へ戻る

VPSでMT4を使う【推奨するスペック(メモリプラン)をご案内】

MT4は動かし始めこそメモリ使用量は少ないですが、時間が経過していくとメモリの使用率は多くなります。

そのため、2GB以上(最低でも1.5GB)のメモリ容量を確保できるプランを契約することがFXを最も効率良く運用・リスク回避に必要な条件だと言えます。

目安となるプランとMT4の個数を表にまとめました。

プラン512MBプラン1GBプラン1.5GBプラン2GBプラン3GBプラン4GBプラン
MT4の数非推奨非推奨1個1個2個3個
プランとMT4の数
プラン5GBプラン8GBプラン10GBプラン16GBプラン32GBプラン64GBプラン
MT4の数4個6個8個14個20個40個
プランとMT4の数

上記はあくまでも理論値になり、EAやインジケーターの使い方で大きく変わってきますので、まずは小さいプランからMT4をテストしながら使ってください。重いと感じたらプランアップをすればOKです。

ほとんどのVPSではプランの変更が可能です。例えば2GBプランから4GBプランへ変えることはすぐにできます。

ただし、下位プランに戻すことができないVPSもほとんどなので、小さいプランからMT4をテストすることをおすすめします。

もうひとつの注意点としてはひとつのVPSにMT4を入れ過ぎないこと。

VPSを動かしているサーバー自体が壊れることはありませんが、メモリを多く消費しているとVPSが固まってしまう危険性が高まります。

表では理論値としてMT4の数を紹介していますが、多くても8GBプランが無難。それ以上動かしたい場合はもうひとつVPSを契約してMT4を運用することでさらに安全性を確保できます。

次の項目では、FXの運用におすすめのVPSを紹介します。プランも掲載していますので、動かしたいMT4の数を基準に検討してみてください。

【コラム】リモートデスクトップ接続ってモッサリしてるって聞くけどホント?

VPSはネット上に存在するパソコンですので、使うためにはリモートデスクトップ接続が必須です。

ただし、ここで勘違いされてしまうのが、「モッサリ=VPSの性能はダメ」というもの。

この考えは確実に間違い。

光回線以上であればリモートデスクトップ接続でモッサリすることはほとんどありません。

「自宅・VPS間」の通信はあくまで操作に関するものでVPS性能とは別問題だから。

ただし、リモートワークの場合は「自宅・VPS間」が重要になります。

とは言え、筆者はリモートワークで常にVPSを利用していますが、モッサリしてるということを感じたことは一度もありません。

「自宅PC(MT4)⇔FXサーバー」での通信速度は1Gbpsが一般的。ただし、パソコンの性能にもよるので通信品質は不安定になりがち。

「VPS(MT4)⇔FXサーバー」では通信速度が10Gbpsとなります。サーバーでは通信設備が家庭用のものとは比べ物にならないので、同じタイミングで約定を実行したとしても、圧倒的に「VPS(MT4)⇔FXサーバー」のほうが有利です。

庭用の設備はVPSの性能、回線設備は圧倒的に劣ります。VPSの一般的な回線速度は10Gbpsですが、家庭用はせいぜい1Gbpsです。Nuro光では2Gbpsですが、一台あたりの通信速度は1Gbpsに抑えられている。

FXの自動売買はVPSの価値を知っている人ほど有利、ということが言えます

目次へ戻る

FXのおすすめVPS【最安値をOSごとで比較】

ここからはWindows版VPSと、Linux版VPSを2つ、おススメのVPSを比較していきます。

Linux版VPSからは以下の2つ(該当項目へ飛べます)

今使っているMT4のデータをごっそり移動する方法【簡単】

こんな悩みありませんか?

VPSでMT4を使いたい…。でも、今使っているMT4のデータって初めから設定やり直しなの?

いいえ!あなたが今使っているMT4のデータはこれから契約しようとしているVPSへそのまま移動することができます!

あなたが今まで使っていたMT4の環境をそのままVPS上で使うことが可能

もちろん難しい操作も特になく、作業は簡単に言うと「コピペ」で完了します。

ちなみにコストが超安い「Linux版VPS」でも使うことができます。あなたのMT4がWindowsパソコンで動いていても問題なし!

やり方についてはMT4のデータを移動する方法という記事でやり方を詳しく説明しています。ぜひご参考にしてみてください!

FXにおすすめのVPSランキング

ランキング1位2位3位
VPS

お名前.comデスクトップクラウド


Xserver VPS for Windows Server


シン・クラウドデスクトップ for FX
種別FX専用VPS通常VPSFX専用VPS
プラン1.5GB~2GB~2GB~
OSWindows Server 2019Windows Server 2019,2022Windows Server 2022
回線速度10Gbps10Gbps10Gbps
月額料金1,240円~1,584円~1,375円~
おススメ度
(5.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
最低利用期間3ヵ月~1ヵ月~3ヵ月~
無料体験の有無無し無し有り
詳細ボタンプランを見るプランを見るプランを見る
Windows版VPSで主軸のVPS3つ

お名前.comデスクトップクラウド

プラン月額料金メモリSSD容量CPU推奨MT4数OS転送量通信速度
短期お試し1,240円~1.5GB60GB2コア1個Windows Server 2019無制限10Gbps
スタートアップ2,000円~2.5GB120GB3コア2個Windows Server 2019無制限10Gbps
スタンダード3,000円~4GB150GB4コア4個Windows Server 2019無制限10Gbps
プレミアム4,500円~8GB200GB8コア8個Windows Server 2019無制限10Gbps
プラン比較(料金はキャンペーン中のもの)

お名前.comデスクトップクラウドは、FX専用に設計されたVPSです。FX利用目的ならコストもWindows版VPSの中で最安値。コスパも良く、安くおススメです。

推奨MT4個数以上動かす場合は上位プランを選びましょう。

3個動かしたい場合は、2.5GBプランではなく、4GBプランを選ぶ。

MT4を1個だけ動かすなら1.5GBプランが最安値です。1ヵ月契約限定ですが、3ヵ月目以降は契約月数を見直せるので、まずは使ってみたいというあなたにピッタリのプランです。

通信速度やサーバー性能はFX用にチューニングされている点もオススメする理由です。

関連記事 お名前.comデスクトップクラウドでMT4を設定する

Xserver VPS for Windows Server

プラン月額料金メモリSSD容量CPU推奨MT4数OS転送量通信速度
2GB1,584円~2GB100GB2コア1個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
4GB3,168円~4GB100GB4コア4個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
8GB6,336円~8GB100GB6コア7個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
16GB12,672円~16GB100GB8コア14個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
32GB25,344円~32GB100GB12コア28個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
64GB50,688円~64GB100GB24コア50個Windows Server 2019,2022無制限10Gbps
プラン比較(最大20%オフ!2/13まで)

Xserver VPS for Windows Serverは、FX専用に設計されていないVPSですが、お名前.comデスクトップクラウドやシン・クラウドデスクトップ for FXと同じ使い方ができます。

また、シン・クラウドデスクトップ for FXと同じ性能のサーバーが使われていますので、約定スピードアップや安定した取引も期待できます。

ただし、SSD容量が全プランで同じと言う点がネックでMT4の推奨個数を示してはいますが、SSD容量の不足が生じてしまいます。

当サイトで契約頂いているほとんどの方は2GB~8GBプランが多く、この辺りであれば推奨MT4の数で安定した取引が可能です。

最安値という観点からいくと2番目におすすめできるVPSです。

関連記事 【Xserver VPS for Windows Server】MT4のインストール方法

プロトレーダーも愛用

シン・クラウドデスクトップ for FX【14日間無料お試し有り】

プラン月額料金メモリSSD容量CPU推奨MT4数OS転送量通信速度
お試し1,375円~2GB80GB2コア1個Windows Server 2022無制限10Gbps
スタートアップ1,403円~3GB150GB3コア2個Windows Server 2022無制限10Gbps
スタンダード2,255円~5GB200GB4コア4個Windows Server 2022無制限10Gbps
プレミアム3,410円~10GB300GB8コア8個Windows Server 2022無制限10Gbps
プラン比較(キャッシュバックで実質半額 3/11まで)

シン・クラウドデスクトップ for FXは、FX専用に設計されたVPSです。メモリやSSD容量はお名前.comデスクトップクラウドよりも多く安定性は十分。

サーバースペックも十分で約定スピードアップも期待できます。

ただし、最安値という観点でいくと、同等性能のお名前.comデスクトップクラウドよりおススメ度は下がります。

性能重視でとにかくFXの安定性を求めるならシン・クラウドデスクトップ for FXはおススメです。

関連記事 シン・クラウドデスクトップ for FXでMT4を設定する方法

FXにおすすめのLinux版VPSでのランキング

ランキング1位2位
VPS

Xserver VPS


シン・VPS
種別通常VPS通常VPS
プラン2GB~512MB~
OSLinux(Ubuntu)Linux(Ubuntu)
回線速度10Gbps10Gbps
月額料金539円~248円~
おススメ度
(5.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
最低利用期間1ヵ月~1ヵ月~
無料お試しの有無無し無し
詳細ボタンプランを見るプランを見る
Linux版VPSで主軸のVPS2つ

Xserver VPS

プラン月額料金メモリSSD容量CPU推奨MT4数OS転送量通信速度
2GB539円~2GB50GB3コア1個Linux無制限10Gbps
4GB1,105円~4GB100GB4コア4個Linux無制限10Gbps
8GB2,080円~8GB100GB6コア7個Linux無制限10Gbps
16GB4,680円~16GB100GB8コア14個Linux無制限10Gbps
32GB12,025円~32GB100GB12コア28個Linux無制限10Gbps
64GB24,700円~64GB100GB24コア50個Linux無制限10Gbps
プラン比較(2/14まで実質35%オフ)

Xserver VPSは、Linux版VPSです。価格はLinux版VPSの中では最安値。

Xserver VPS for Windows Serverやシン・クラウドデスクトップ for FXと同じサーバーを使っているため、非常に高性能でコスパはバッチリ。

Windowsと違い、LinuxはOSが最小限で構成されているので、安定性は抜群。

2GBプランはSSD容量が50GBと心細いですが、MT4をひとつだけ動かすなら問題はありません。

関連記事 【Xserver VPS】Linux版VPSでMT4/MT5をインストールする方法

コスパ最強で人気バツグン

シン・VPS

プラン月額料金メモリSSD容量CPU推奨MT4数OS転送量通信速度
512MB248円~512MB30GB1コア非推奨Linux無制限10Gbps
1GB328円~1GB100GB2コア非推奨Linux無制限10Gbps
2GB306円~2GB150GB3コア1個Linux無制限10Gbps
4GB619円~4GB200GB4コア4個Linux無制限10Gbps
8GB1,200円~8GB400GB6コア7個Linux無制限10Gbps
16GB2,401円~16GB800GB8コア14個Linux無制限10Gbps
32GB9,600円~32GB1,600GB12コア28個Linux無制限10Gbps
プラン比較(キャッシュバックで実質半額 1/22まで)

シン・VPSは、自社が運営しているXserver VPSすらも凌駕するサーバー性能を持っています。

その中で特に優れているのがSSD容量。VPSの平均的なSSD容量は100GBですが、2GBプランですでに150GBとなり、32GBプランでは1,600GBとかなりの量。

Linux版VPSの中では性能は最強レベルですので、とにかく高性能サーバーでMT4を運営したい!ならシン・VPSはおススメです。

関連記事 シン・VPSの評判【超速なのに安定性抜群】

関連記事 シン・VPSでFX自動売買のMT4を設定する方法

処理スピードを重視するなら

FXでおすすめのクラウドPC【VPS初心者こそおすすめ】

実はもう一つおすすめのVPS(正確にはクラウドPC)があります。それはXserver クラウドPCと呼ばれるサービスです。

Xserver クラウドPCはVPS自動ログイン機能があり、リモートデスクトップ接続ライセンスも無料、Xserver VPSの機能を継承しているため安定したFX自動売買が行えます。

もちろんWindowsなので操作はとても簡単です。

以下に紹介している記事はXserver クラウドPCの申し込み方法はもちろん、MT4の設定方法までを網羅したわかりやすい内容になっています。

安定性抜群の仮想デスクトップ

FX(MT4)をVPSで複数起動するなら最低スペックの目安は2GBプラン:まとめ

VPSでFX(MT4)を動かすなら最低スペックは1.5GBのメモリ容量は欲しいです。

MT4は運用はじめの頃はそれほどメモリ消費は目立ちませんが、インジケーターや運用時間が長くなるとメモリ消費も多くなります。

目安となるプランとMT4の個数を表にまとめました。

プラン512MBプラン1GBプラン1.5GBプラン2GBプラン3GBプラン4GBプラン
MT4の数非推奨非推奨1個1個2個3個
プランとMT4の数
プラン5GBプラン8GBプラン10GBプラン16GBプラン32GBプラン64GBプラン
MT4の数4個6個8個14個20個40個
プランとMT4の数

上記はあくまでも理論値になり、EAやインジケーターの使い方で大きく変わってきますので、まずは小さいプランを選べば良いです。

ほとんどのVPSではプランの変更が可能です。例えば2GBプランから4GBプランへ変えることはすぐにできます。MT4など再設定する必要もないのでご安心を。

ただし、下位プランに戻すことができないVPSもほとんどなので、小さいプランからMT4をテストすることをおすすめします。

もうひとつの注意点としてはひとつのVPSにMT4を入れ過ぎないこと。

VPSを動かしているサーバー自体が壊れることはありませんが、メモリを多く消費しているとVPSが固まってしまう危険性が高まります。

表では理論値としてMT4の数を紹介していますが、多くても8GBプランが無難。それ以上動かしたい場合はもうひとつVPSを契約してMT4を運用することでさらに安全性を確保できます。

動かしたいMT4の数を基準にVPSを選んでみてください。

目次へ戻る

Windows VPS比較ランキング【料金が安い順でわかりやすい】

FXにおすすめのVPS【安定性とコスパを重視しています】

【関連】VPSサービスのプラン表に書かれているメモリ、NVMe SSD(ディスク)、CPUの読み解き方について分かりやすく解説

意外と知らない人多数!

MacパソコンでもVPSは使える?

とても便利なVPS。安定性・コスパも最高。でも、知らなかったという人多数…!

MacでVPSは使えます。

  • FX自動売買
  • テレワーク
  • ゲームサーバーの構築・設定

MacでVPSを使う方法と安定性・コスパにすぐれたVPSのご案内はこちら。今からでも遅くはありません。

ゲームサーバーを立てたい!

みんな使ってる定番のサーバー3選

マイクラ・パルワールド・ARKなどなど…。友たち・知人だけで遊びたいならゲームサーバーは必須。

今は自分で知識も不要で簡単にサーバーが作れます。必要なものはすべてそろっています!もちろん、高性能で低コスト!

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐにサーバーが起動
  • 用意するものは何もなし!

知識不要ですぐに遊べるゲームサーバーはこちらでご案内。とても簡単に作れます。

FX専用VPSで安心取引!

約定スピードが超高速・安定の取引を

FX取引はVPS上が定番。24時間稼働でも安定稼働・電気のコストも抑えられ、安定した取引も実現。

パソコンが壊れる心配もなく、デバイスも問わないのでいつでもどこでも取引出来ます。もちろん、利用コストも抑えられます。

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐに始められる

知識不要ですぐFXが始められます。申し込みも簡単。

  • この記事を書いた人

はやみん@ENGIWORKS

▼ENGIWORKS(エンジワークス)運営者 ▼本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・構築・セールスと多岐に渡る ▼エンジニア歴20年 ▼VPS構築・データ移行サポート実績多数 ▼詳細画像や操作など細部に渡る記事執筆に定評有り ▼職務経歴などもご覧ください。

-VPS