IT知識全般

【朗報】ネットワークエンジニアって儲からない・稼げないはウソ。前職次第で年収100万円アップも夢じゃない

 

相談者
ネットワークエンジニアって儲からないって聞いたけど本当?年収アップは期待できないのか知りたい。

 

こんな疑問にお答えします。

 

ネットワークエンジニアは儲からない?!年収アップは無理?

まず結論。ネットワークエンジニアの年収は日本の平均年収よりはるかに上です。儲かる仕事であることは間違いありません。

 

ちなみに2019年の日本人の平均年収は 441万円です。

【2019年最新版】日本人の平均年収は441万円!10年分の推移や割合、男女内訳など徹底調査:https://clabel.me/incomes/24345

 

職業別に見てみるとネットワークエンジニア(システムエンジニアに分類)の平均年収は550万(男性)となっています。

システム・エンジニアの平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!:https://clabel.me/occupations/1205

 

わたしの本業での年収は650万ほどとなっていますので、控えめに言って儲かる仕事だと思います。

また、残業もそんなにありませんし、有給も取りやすい環境です。

 

ちなみに、リーダーレベルでこの年収なので、マネージャーや現場SE/SIともなると700万~900万近くになるのは言うまでもありません。

 

はや
わたしの場合は、SE/SIの設計をサポートする側ですので、どうしても前線に立つSE/SIよりかは劣ります。

 

儲からない場合もある

ただ儲からない場合もあります。

それはネットワークの設計・構築を行わない場合のネットワークエンジニアです。

 

ネットワークエンジニアと言っても細かく分けることができます。

  • ネットワークを設計するエンジニア (収入大)
  • ネットワークを構築するエンジニア (収入中)
  • ネットワークを保守するエンジニア (収入小)
リストアップした順で年収に差が出てきます。保守は設計と比べておよそ半分になってしまいます。

 

設計するエンジニアは保守を想定した内容含めて設計を行います。

 

はや
責任は重大ですので、収入も大きいです。

 

保守するエンジニアは基本すべて手順書に従います。

手順書どおりにこなしていれば作業員に責任はほぼありません。

 

そのため、収入も小さいです。

ットワークエンジニアを考えているのであればこれらの状況を踏まえて吟味することがとても重要です。

 

ネットワークエンジニアはどんな職種からの転職でも儲かるのか

これは、「そう」とは言えません。

 

CLABELサイトによると、システムエンジニアの年収の順位は「20位」です。

職種別年収ランキング【2020年最新版】:https://clabel.me/occupations

 

これはなかなかいないと思うのですが、医師や弁護士といった方々が年収をアップさせるために「ネットワークエンジニア」になろうと思っても逆に下げてしまうだけです。

 

ネットワークエンジニアで儲かるひとはどういった人たちか

単純にシステムエンジニアよりを下の職業の方であれば、年収アップが望めるという仕組みです。

 

はや
例えばあなたは今「プログラマー」の職に就いているとします。

 

プログラマーの平均年収の順位は「67位」であり、年収は418万です。

システムエンジニアは550万ですので、132万円の年収アップに繋がるわけです。

 

ちなみにプログラマーはIT系に属するものです。

パソコンやサーバーに近い関係でもあるため、ネットワークエンジニアを目指しやすい職業でもあります。

 

あなたが今就いている職業がエンジニアに近ければ150万、200万と年収が格段に跳ね上がることは間違いありません。

 

さて、そこで気になるのが、、、

未経験でもネットワークエンジニアになれるの?

 

という疑問です。

 

結論から言うとまったく問題ありません。みんなはじめは未経験です。

未経験=その職には就けない、ではおかしな構図になってしまいます。

 

ここでいう未経験は「その職に就いたことがない」という意味です。

 

当然、医療の現場など命にかかわる重大な職業では大学・専門学校で十分経験を積んでから就職しますよね。

ネットワークエンジニアはそういった専門知識はゼロでもなることはできます。

 

とはいっても、最低限の知識はもっておいて損はありません。

 

はや
手っ取り早いのが資格の取得でしょう。

 

年収アップに資格は必要?

ネットワークエンジニアで年収をアップさせるためには資格の取得は有効な手段です。

 

業務経験はなくとも、知識は持っていることが証明できますので、入社時の給与交渉を有益に進めることができます。

ですが、資格は必須ではありません。

 

会社がサポートしてくれる場合もありますし、資格はなくてもIT系での業務経験がある場合はそれをアピールすることで問題ありません。

 

はや
未経験OKを謳っている場合はそもそも資格の有無を心配する必要はありません。

 

資格について

資格の取得は簡単に言うと知識を身につけて試験に受かればもらえます。

 

有名なものでは「シスコ認定資格」や「ITパスポート」でしょう。

シスコ認定資格は企業独自のものですが、ITパスポートは国家試験です。

 

はや
ただ、現状ITパスポート持ってます!=おおすごい!とはなりません。

 

ITパスポートは基本中の基本のITスキルの認定といったものでそれほど効力はないのが実情です。

ですが、ステップアップや自信をつけるために受けてまったく問題はありません。

 

国家資格で有力なのが、、、

ネットワークスペシャリスト(通称ネスペ)

 

これですね。

 

難易度はそれなりに高いですが、信頼度は抜群です。

シスコ認定資格に匹敵するほどです。

シスコ認定資格(CCNAは除く)やネットワークスペシャリストは業務経験者以外が受けるには少し難易度が高いです。

 

  • CCNA合格から就職までの近道
ネットビジョンアカデミー公式サイト:https://www.netvisionacademy.com/lp/

 

ネットワークエンジニアは儲からないことはない!(まとめ)

ネットワークエンジニアの平均年収は550万円です。

 

未経験からでももちろんなれますし、資格取得も必須ではありません。

結局はやる気と言った根性論的な考えになってしまいますが、未経験でもやる気が伝われば採用してくれます。

 

はや
年収アップぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

  • CCNA合格から就職までの近道
ネットビジョンアカデミー公式サイト:https://www.netvisionacademy.com/lp/

 

関連コンテンツ

\ あなたの悩みは解決できましたか? /

-IT知識全般

© 2020 HAYAMIZ BLOG

\ CCNAで就職を有利にしたい /
就職までの流れを見る
\ CCNAで就職を有利にしたい /
就職までの流れを見る