COMPUTER

自宅でネットワーク構築するための設定方法を紹介 2020年1月

2018年7月20日

本気でアフィリエイトブログの運用を始めるなら、独自ドメインの取得を!

自宅でネットワークを構築したい。

でも、どうすれば良いかわからない…。

 

たしかに簡単ではありませんよね。

 

今回は、【基礎知識編】【実践編】の2つにわけて自宅でネットワークを構成する方法をお教えします!

 

こちらは【実践編】です。

【基礎知識編】こちらからどうぞ!

本気でアフィリエイトブログの運用を始めるなら、独自ドメインの取得を!
初心者でも簡単に自宅ネットワークを構築するノウハウを公開

続きを見る

 

ネットワークを構築する上での前提事項

今回紹介する方法は、レンタルモデムに無線LAN機能を有効にしていない(契約していない)方法です。

 

ただし、考え方は同じなので、レンタルモデムで無線LAN機能を有効にしている(契約している)かたは、無線LANの設定方法をご参考ください。

 

今回設定するネットワークの構成図

 

自宅ネットワークに使用するIPアドレスを決める

ネットワークを構成するにあたり、IPアドレスが必要になります。

現在では、IPv4とIPv6と2種類がありますが、IPv4でかまいません。

 

今回は、172.21.1.xxxを使うネットワークを構成します。

レンタルモデム、プリンター、NASには固定IPアドレス(あらかじめ決めるIPアドレス)を考えておきます。

レンタルモデムは固定IPアドレスは必須ですが、プリンターやNASは必須ではありません。

ただ、決めておいたほうがよいです。

 

ポイント

後述するDHCP機能を利用してIPアドレスを取得すると、IPアドレスが変わってしまい、いざNASへアクセスしたい!・プリンターで印刷したい!といったときに、不都合が生じます。

 

なので、我が家のネットワークではレンタルモデム・NAS・プリンターは以下のようにIPアドレスを固定にしています。

  • レンタルモデム(172.21.1.254)
  • NAS(172.21.1.1)
  • プリンター(172.21.1.2)

参考

ネットワークに詳しい人だと「あれ?ネットワークアドレスはひとつ?」って思う人がいるかもしれません。

 

少しはなしがそれますが、レンタルモデルと無線LANルーター(図のWi-Fiルーター)はどちらもルーターとなります。

 

ただ、無線LANルーターをそのまま使うとひとつ無駄にネットワークを作ることになってしまいます。

このまま使ってもかまいませんが、IPアドレスの管理が煩雑になることと、ルーターがIPを転送するルーティングという機能を使用する必要があります。

 

なので、無線LANルーターはルーターとしては機能させずにブリッジモードで動かします。

ブリッジモードは、IPアドレスを持ちません。ハブのような役割をします。

 

はや
こうすることで、ネットワークはひとつだけとなり、すっきりとしたネットワーク構成を組むことができます。

 

ほかデバイスのIPは・・・?

NASやプリンターは固定IPを使用しましたが、スマホやパソコンは固定にする必要はありません。

NASやプリンターは、必要に応じて、スマホやパソコンがアクセスを行うのでIPアドレスを固定化したほうが、よいです。

逆にスマホやパソコンはアクセスしてくる相手がいないので、固定IPアドレスは不要です。

 

ポイント

おとうさんが一台一台きちんと管理したい!といった場合は固定IPアドレスでもかまいません。

 

各機器の設定方法

ここからはレンタルモデムの基本的な設定、無線LANの基本的な設定、最後にパソコンなどの設定を紹介していきます。

 

はや
ひとつひとつ丁寧に紹介したいところではありますが、共通する部分も多々あるので、若干省略しています。

 

レンタルモデム

お使いのレンタルモデムにアクセスをします。

これは、レンタルモデムに付属のマニュアルを参考にしてください。

 

レンタルモデムには、下記のように設定をしています。

 

Softbank光よりレンタルしているモデムの設定画面

 

割り当てIPアドレスの開始アドレスは172.21.1.100~としています。

これは、前述したNASやプリンターが172.21.1.1や172.21.1.2をしようしているためです。

 

ポイント

172.21.1.10を開始アドレスにしてもよいですが、今後デバイスが増えることや、わかりやすい区切りとして172.21.1.100を開始アドレスとしています。

 

無線LANルーター

こちらも設定方法はお使いのルーターのマニュアルを参考にしてください。

 

下図に我が家での設定例を紹介します。

アクセスポイントは5Gと2.4Gの2つを設定し、それぞれに名前をつけています。

 

アクセスポイント設定例

 

なお、上図では暗号化キーは空欄に見えます(隠してます)が、きちんと設定をしてください。

その際、できるだけ複雑なものにします。

DHCPなどの細かい設定は不要です。

無線LANルーターには、Wi-Fi接続するための設定だけ行います。

 

パソコンやスマホの設定

これらは設定する部分はほぼありません。

DHCPが有効になっていればOKです。

 

Windows10での確認方法

Winows7で確認方法がわかればWindows10でも確認方法は同じです。

 

いくつか設定画面をたどる方法がありますが、今回はわかりやすい方法で紹介します。

 

まずは、無線LANルーターとパソコンを接続します。

 

step
1
画面右下に「電波の形をしたアイコン」があるので、クリック

下図のように電波を拾うことができるアクセスポイントがいくつかでてくると思うので、設定したアクセスポイントを選びます。

 

step
2
すると、「接続」というボタンが現われるので、クリック

すると、パスワードを聞かれるので、設定した暗号化キーを入力します。

 

step
3
接続完了

セキュリティ保護ありと表示されれば問題なく無線LANルーターとの接続はできています。

 

次にIPアドレスの確認をします。

 

step
1
画面右下にある「電波のアイコン」をクリック

 

step
2
今回は、Wi-Fiでの接続方法なので、「Wi-Fi」をクリック

 

step
3
「既知のネットワークの管理」をクリック

 

step
4
接続させる(接続している)アクセスポイントをクリック

 

step
5
「プロパティ」をクリック

 

step
6
「編集」をクリック

図では、「IP :自動(DHCP)」となっているので、図と同じになっていれば、確認は完了です。

なっていない場合は、7.へ進みます。

 

step
7
「IP設定の編集」で「自動(DHCP)」を選び、最後に「保存」をクリックして完了

 

step
1
IPアドレスが自動で設定されているか確認

コマンドプロンプトを起動します。

 

step
9
図に示している【確認ポイント】に問題ないことを確認

IPアドレスが自分が設定したものになっていない場合、無線LANルーターからDHCPをもらっている場合があります。

その場合は、無線LANルーターがブリッジモードになっていないことが原因です。

 

スマホの場合

スマホはデフォルトでDHCPでのIPアドレス取得になっているので、作成したアクセスポイントへ無線接続が実施できればOKです。

※もちろん固定IPアドレスの設定など詳細設定が可能です。

 

ネットワーク接続の確認

通常であれば、これでネットワークの構築は完成です。

確認ポイント

  • インターネットアクセスは可能ですか?
  • 動画サイトで動画は閲覧できましたか?
  • プリンターやNASへアクセス(PING応答)は出来ますか?
  • 印刷、NASへ保存しているファイルへアクセスは出来ますか?

これらをスマホやパソコンから確認を行います。

 

はや
上記をすべて問題なく行えればネットワークの構築は完成です!
やったー!
相方

 

接続がうまくいかない・・・

次はトラブルシューティングの紹介です。

 

インターネットへはアクセスできるけど、プリンターやNASにアクセスできない・・・

この場合、NASやプリンターの固定IPアドレスが正しく設定されているか確認してください。

 

今回は、172.21.1.xxxというネットワークを作っています。

172.21.10.xxxだったりすると、異なるネットワークとなるため、アクセスができません。

 

あと、今回は触れませんでしたが、サブネットマスクが255.255.255.0となっていますでしょうか。

255.255.255.128など、違うものになっていた場合、やはり異なるネットワークとなるため、アクセスができません。

 

無線LANルーターと接続ができない

これは、暗号化キーの入力ミスが多いです。

 

暗号化キーがわからなくなってしまった場合は、面倒ですが、無線LANルーターで暗号化キーを再入力すると解決しやすいです。

後は、無線LANの通信規格があっていない場合、そもそもアクセスポイントとして、表示されないので、今まで使っていたデバイスを使う場合はこのあたりも注意が必要です。

 

ネットワーク構築は奥が深い!(まとめと関連記事紹介)

2回にわけて、自宅ネットワークを構築する方法を紹介しました。

今回はあくまで「基本的な設定」の紹介です。

これを基礎に、ネットワークを分けてファイルの管理などを行ったり、友人や親戚の人たちが一時的にアクセスをすることを許可する設定を作ったりなど、多彩な設定をすることが可能です。

ここまで設定が完了すると下記の記事で紹介しているようなことができるようになります。

 

リモートデスクトップ接続をやってみたい!

 

シンクラ端末しても使えるタブレットPC

 

リモート接続に相性ピッタリのポケットWi-Fi

 

 

参考になれば幸いです。

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-COMPUTER
-, , ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.