人気の記事

Android 8.0 (Oreo)端末の自動バックアップ(クラウド同期)を有効化・無効化する方法

スマホには、データを自動でバックアップする機能が備わっています。

Android端末では、Googleドライブを利用した方法がありますが、中には自分が用意した方法でバックアップしたい方もいるかと思います。

今回は、自動バックアップ機能を「無効」にする方法の紹介です。

 

各手順

ここより、「自動バックアップの状態確認」「無効化手順」「有効化手順」の3つを紹介します。

 

前提事項

本方法は、Android端末かつ、Android 8.0 (Oreo)での紹介となります。

OSバージョンで操作が異なる場合がありますか、項目はありますので、決して参考にならない、ということはありません。

 

自動バックアップの状態確認

「設定(歯車マーク)」「システム」とたどります。

 

「バックアップ」がOFFになっていることを確認します。図の場合、ONなのでバックアップ機能が有効であることが確認できます。

 

さらに、「Xperia」端末の場合、「Xperiaバックアップと復元」という項目もありますので、「自動バックアップ」の項目が「自動バックアップがOFFです」となっているか確認します。

こちらも「次のバックアップ:今日」となっているので、バックアップが有効になっていることが確認できます。

 

両方OFFになっていれば、自動でのバックアップは無効になっていますので、これで作業は終わりです。

なっていない場合は、「無効化手順」へと進みます。

 

無効化手順

「設定」「システム」とたどり、「バックアップ」をタップします。

「Googleドライブへのバックアップ」の項目が「ON」になっているので、一度タップして「OFF」にします。

 

続いて、ひとつ前の「システム」にもどり、「Xperiaバックアップと復元」をタップします。

「自動バックアップ」の項目がONになっているので、一度タップして「OFF」にします。

 

以上で無効化作業は完了です。

 

有効化手順

先ほど紹介した無効手順の逆を行います。

「設定」「システム」とたどり、「バックアップ」をタップします。

「Googleドライブへのバックアップ」の項目が「OFF」になっているので、一度タップして「ON」にします。

続いて、「アカウント」を選択します。

普段お使いのGmailアドレスを選び作業は完了です。

これで「Googleドライブ」へ端末情報がバックアップされます。

 

同様に「Xperiaバックアップと復元」を有効にします。

「自動バックアップ」の項目がONになっているので、一度タップして「ON」にします。

 

ファイルの保存先を選択するので、下記の3つからバックアップ先を選択します。

・オンラインアカウント

・SDカード

・USB機器

 

Xperiaバックアップではファイルの保存先のほか、「バックアップの頻度」や「バックアップ対象」を詳細に設定することができます。

標準機能のバックアップを使用する場合、Xperia端末のかたであれば「Xperiaバックアップと復元」の利用をお勧めします。

 

Xperia端末の場合の注意点

Xperiaの場合、Googleが提供する標準のバックアップ機能とXperiaの独自機能のバックアップの2種類があります。

この場合、どちらか好きなほうを選べばよいので、使用しないバックアップ機能は無効化したほうがようでしょう。

もちろん、両方有効化したままでもOKです。

 

おわりに

バックアップは端末にある情報を突然の不幸から守るため、とても重要な機能です。

ヘビーユーザーな方であれば、バックアップしないで済む方法を確立しているかもしれませんが、そうでない方はバックアップ機能は有効にしておいたほうがよいです。

思い出の写真、動画、重要な顧客の電話番号など、守るためにはバックアップ機能は非常に重要です。

 

バックアップ機能を使用しない場合のコツ

私が行っている方法はバックアップではありませんが、「端末にデータを極力保存しない」対策をしています。

・電話番号

 SIMカードに保存

・画像データ

 Amazon Primeで画像データを非圧縮で保存可能。ちなみに映画なども見放題などお得満載なので、Amazon Primeおすすめです。

・動画データ

 Googleドライブ・自宅のNASへ保存

・アプリなど

これらは、Google Playストアの「マイアプリ&ゲーム」の項目でインストールしたものを、記憶しています。

アプリデータのバックアップには必然性がないのでこの程度です。

 

・各アプリのユーザー名・パスワード

これは、「SIS-パス管理(パスワード管理アプリ SIS-パス管理)」を使用しています。

これはフリーアプリで、GoogleドライブやOne Driveへの保存が可能なすごく便利なアプリです。

今までMicrosoft OfficeのExcelで管理していましたが、それを凌駕するぐらいのアプリです。

ユーザー・パスワードの管理・クラウドへのバックアップと良いことだらけです。ちなみに、私は有料版を使用しています。

 

 

参考になれば幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク