レンタルサーバー

遅くないレンタルサーバーでブログを作りたい【選ぶべきサーバーを知りたい】

 

本ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

遅くないレンタルサーバーでブログを作る方が良いみたいだけど、どのレンタルサーバーが良いのかわからない…。

 

特に副業目的でWordPressでブログを作る場合、レンタルサーバーの速度は収益に響いてきます。

 

速度が遅いレンタルサーバーでWordPressブログを作ってしまった場合、せっかく読者が来てくれてもブログの表示が遅いとあなたのブログは読まれもしません…。

 

読まれないということは収益なんて出る以前の話になってきてしまいますね。

 

そこで、この記事ではブログの表示が遅くないレンタルサーバーを2つご紹介します。

 

今から紹介する2つのレンタルサーバーはどちらもブログの表示速度が国内最速と言われているレンタルサーバーです。

 

初心者の方でどこのレンタルサーバーでWordPressブログを作れば良いかわからない場合、ここで紹介しているレンタルサーバーと契約しておけば後悔することなく確実なレンタルサーバーで稼げるブログが作れますよ。

 

遅くないレンタルサーバーは「コノハウィング」

 

WordPressブログで必要になるレンタルサーバーは実に100社以上あります。

 

その中でトップクラスのブログ表示速度を誇るレンタルサーバーが「コノハウィング(ConoHa WING)」です。

 

ブログで稼ぐためにブログの表示速度は非常に重要です。

 

コノハウィングは国内最速

 

コノハウィングは、国内最速のレンタルサーバーです。スペックは図にもあるとおり。

  • SSD RAID10構成
  • HTTP/2に完全対応
  • PHP実行環境としてLiteSpeed LSAPIを採用

 

…と言われてもよくわかりませんよね。この3つを採用しているからコノハウィングはとてつもなく速いということを覚えておくだけでOKです。

 

※興味があれば下記も読んでみて下さい。

 

SSD RAID10構成

RAID10

 

サーバーのデータを格納している部分ハードディスク(Hard Disk Drive(HDD))よりも高速に書き込みができるソリッドステートドライブ(Solid State Drive(SSD))という装置を採用しています。

 

SSDはHDDよりも飛躍的にデータの読み込みが速いですが、それをさらに高速化している仕組みがRAID10という構成です。

 

SSDを2台つなぎ、各SSDに同じデータを保存してそれを同時に読み込むのでさらにデータの高速化を実現しています。

 

さらにRAID10にはミラーリングという機能も備わっているので、片方のSSDが壊れても保存されているデータがなくなる心配もなし。高速化と同時に安全性も確保しているんです!

 

HTTP/2

HTTP/2

※図は分かりやすくしていますので、細かい部分では若干異なります。

 

HTTPとは、パソコンやスマホとサーバーとの通信方法を規格しているものです。/2はバージョンを表しています。

 

HTTP/2より前の通信方法はザックリいうとひとつずつデータの受け渡しを行っていました。

 

HTTP/2では、複数の通信を同時に行う方法を採用しているので、通信速度の高速化を実現しています。

 

LiteSpeed LSAPI

WordPressはおもにPHPというプログラムを使用しています。この処理を行う方法がいくつかあり、その中でも特に高速と言われているLiteSpeed LSAPIという技術を採用しています。

 

FastCGIという技術もありますが、LiteSpeed LSAPIはFastCGIのおよそ20%速いと言われています。

 

コノハウィングはこの3つの高速化技術を採用しているため国内最速のレンタルサーバーなんですね。

 

コノハウィングは安定性にも優れている

 

レンタルサーバーは遅くないところを選ぶ必要ですが、それだけでは完全とは言えません。

 

レンタルサーバーやレンタルサーバーを設置しているデーターセンターと呼ばれる場所で障害が起きてしまった場合、あなたが運営しているブログは表示されてなくなってしまいます。

 

これは収益を前提としてる場合大打撃を受けます。

 

そうなってしまうと最悪は訴訟なんてこともありえるぐらい。それぐらい障害というものは怖いんです。

 

ですので、レンタルサーバーに障害が起きないための対策が優れているのがコノハウィングなんです。

 

コノハウィングの安定性が優れているのは下記であるから

  • nginx採用
  • リザーブドプラン
  • サービス品質保証(LSA)

 

…こちらも実際のところ何がなんだかわかりませんよね。

 

上記の3つを採用しているので稼働率は99.99%以上、トップクラスの安定性を持っているのがコノハウィングなんです。

 

※興味があれば下記も読んでみて下さい。

 

nginx(エンジンエックス)

nginx(エンジンエックスと読む)は読み方がかっこいいだけではありません。

 

nginxが機能を発揮するときはアクセスが増えてきたときです。

 

ブログはアクセスが集中してくるデータを処理する回数がどんどん増え、サーバー速度が低下、結果として読者側からしてみると表示の遅いブログだとレッテルを張られ別記事へと行ってしまいます。

 

それを防ぐための機能がnginxです。

 

nginxはアクセス集中時でも、サーバー負荷を軽減させる機能なんです。

 

リザーブドプラン

リザーブとは(予約)という意味です。

 

レンタルサーバーは同じサーバー内に数組、数十組という単位でブログ運営者のデータを確保しています。

 

そのためある契約者のブログがトレンドニュースなどで一気にアクセスが集中した場合、nginxの機能をすら処理が追いつけない状況になりサーバーがダウンしてしまいます。

 

コノハウィングではそうした状況を回避するサービスとして「リザーブドプラン」が用意されています。

 

このサービスはコノハウィングにしかない機能ですので、副業ブログで有利にするために重要なサービスであると言っても過言ではありません。

 

こちらに詳しい説明がありますので、リザーブドプランに興味がある場合は併せてご覧になってみて下さい。

 

サービス品質保証(SLA)

SLAとはSLAとは、Service Level Agreementの略でサービスの質を保証することを言います。日本語では「サービス品質保証」「サービス品質保証制度」と呼ばれています。

 

このサービスレベルには名のとおりレベルがあり、コノハウィングでは99.99%を保証しています。

 

サービスレベルには99.99%、99.995%、99.999%という3つの指標があり、小数点以下の数字が大きいほど障害からの復旧率は早くなります。

 

99.99%の場合、障害が発生した場合、約4分以内での復旧を保証することを意味しています。

 

ちなみに99.995%では「約2分」、99.999%では「約26秒」での復旧を保証しています。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

コノハウィングはWordPressブログの開設時間が速い

 

レンタルサーバー各社では独自のWordPressブログの自動開設サービスを展開していますが、コノハウィングにももちろんあります。

 

コノハウィングのWordPressブログの自動開設サービスは「かんたんセットアップ」という名前です。

 

このかんたんセットアップも驚くほどの速さを誇っており、必要事項の入力時間を省いたブログの自動開設サービスの時間だけで言うと「およそ2秒」です。

 

契約の手順や支払方法、かんたんセットアップの方法については下記の記事かこちらのリンクをご覧いただくとよくわかります。

【人気】ConoHa WINGのかんたんセットアップでワードプレスをインストール

続きを見る

 

支払方法の入力を確定すると次の瞬間にはWordPressブログが完成しています。

 

WordPressブログを作るには専門的な知識が必要と思われがちですが、今ではそんなことはありません。

 

驚くほど簡単に、WordPressでブログを運営することができるようになりましたので、副業ブログを考えている人はブログ表示が遅くならないコノハウィングで始めると失敗する確率はほぼなくなります。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

コノハウィングのWINGパック「ベーシックプラン」が828円~!キャンペーン中

 

国内最速、プロブロガーから大企業まで使っている「稼げるレンタルサーバーが月額828円から使える」って気になりませんか?

  • 対象プラン:WINGパック「ベーシック」
  • 独自ドメインの取得と更新が永久無料
  • 月額料金 :828円~(36カ月契約時)

 

月額828円という料金はWINGプランの36カ月契約時の1カ月の値段です。もちろんほかのプランでもキャンペーンが実施中です。各契約月数でのキャンペーンの割引率は下記のとおり。

  • 12ヶ月契約:1,320円/月 → 931円/月(29% OFF)
  • 24ヶ月契約:1,320円/月 → 879円/月(33% OFF)
  • 36ヶ月契約:1,320円/月 → 828円/月(37% OFF)
  • 3ヶ月契約:1,320円/月 → 1,138円/月(13% OFF)
  • 6ヶ月契約:1,320円/月 → 1,034円/月(21% OFF)

 

ちなみにキャンペーンなし36ヵ月契約した場合キャンペーンを利用して36カ月契約した場合の価格差を比較してみました。

 

36ヵ月契約(キャンペーンなし)

1,320円×36ヵ月=47,520円

 

36ヵ月契約(本キャンペーン利用)

828円×36ヵ月=29,808円

 

キャンペーン有りと無しで、実に17,712円もの差がでます。独自ドメインの取得と更新料も無料になるので、ダブルでお得です。

 

ちなみに12ヶ月契約では下記のとおり。

  • キャンペーンなし:15,840円(1,320円×12ヶ月)
  • キャンペーンあり:11,172円(931円×12ヶ月)

 

差額4,668円となります。どちらにしても初回契約時はキャンペーンを利用した方が絶対お得です。

 

今回のようにConoHa WINGは定期的に月額料金をグンと安くするキャンペーンを実施しています。

 

次回更新時は残念ながら通常価格となりますが、格安サーバーを選ぶとほぼ後悔しかしないので、乗り換え時を考えると割高になります。

 

少しでも財布の負担を抑え別の投資(WordPressテーマの購入や関連書籍の購入など)に回せるよう、コスパ最強のConoHa WINGを選ぶことが正解です。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

 

遅くないレンタルサーバーはコノハウィング(まとめ)

 

副業ブログを考えているなら速度が遅くないレンタルサーバーを選ぶことは最低条件です。

 

国内最速のコノハウィングは国内最速を宣伝文句にするだけあり、非常に高速です。

 

ブログで稼ぐ上でブログの表示速度が遅いことは稼げないことを意味しています。表示が遅いブログをあなたは読みたいと思いませんよね?

 

読者も表示が遅いブログはいちいち待ちません。情報があふれているので次のブログへササっと移動するだけで済みますからね。

 

せっかく来てくれた読者を逃がしてしまわないためにも速度が遅いレンタルサーバーを選ばないようにしましょう。

 

どれが良いのかわからないと思うのであれば、コノハウィングを選んでおけば確実に間違いはありません。

 

最後に当ブログの表示速度をご紹介しておきますね。もちろんレンタルサーバーはコノハウィングを使っていますよ。

 

パソコン時の表示速度

 

スマホ時の表示速度

 

どのレンタルサーバーを選べばよいかもうお分かりですよね。

 

ConoHa WING公式サイト:https://conoha.jp/wing/

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次におすすめする記事

【人気】ConoHa WINGのかんたんセットアップでワードプレスをインストール

続きを見る

 

【初級】スマホを使ったブログの作り方をコノハウィング(ConoHa WING)で完全解説

続きを見る

 

ブログの作り方をイチから見る

WordPpressを使ったブログの始め方

続きを見る

 

-レンタルサーバー
-,