インターネット/通信

【FX入門】お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する方法

 

悩む男性
FXのおすすめVPSとして必ず登場するお名前ドットコム(お名前.com)を申し込んでMT4を使いたいのですが、設定方法が難しそうに感じます。色々プランもあり、安い料金プランは損なのか、高い料金は高性能なのか、色々教えてください。

 

この記事では、お名前ドットコムのVPSを使ったMT4の申し込み方からプランの選び方、MT4のインストールをお話ししていきます。

 

FXで成功したいならFX専用にチューニングされた専用VPSサーバーの利用は欠かせません。

 

じっくりと読んでFXで一儲けしちゃいましょう!

 

 

\ 詳細をもっと見たい /

公式サイトを見てみる

お名前ドットコム公式サイト

 

FX向けVPSのお名前ドットコムを使う理由とは

 

お名前ドットコムをはじめサーバー各社からVPSサービスを提供していますが、FX専用(MT4)にチューニングされたサーバーはあまりありません。

 

FXで売買するにはお名前ドットコムのVPSを使ってMT4(またはMT5)を運用することがほぼ必須と言えます。

 

なぜお名前ドットコムのVPSがオススメなのかは【FX】MT4のEAを稼働させるのに特化型のVPSがオススメな理由にて熱くお話ししています。知っておいて損はない理由は必見です。

【FX専用VPS】MT4のEAを稼働させるならFX特化型のVPSがオススメな理由

続きを見る

 

もうひとつ忘れてはいけないことは自動売買を考えている場合、MT4は24時間365日稼働いていることが最重要です。

 

さらにMT4はWindows専用ですので、Windowsパソコンを持っていない場合新たにパソコンを用意する必要があります。

 

ですが、安いパソコンだと故障が怖いですし、高額PCだからと言っても故障が起きないとは言い切れません。

 

自宅運用だと停電も怖いですし、電気代も月2,000円ほどとなり馬鹿にできません。

 

FXで勝つなら下記は必須条件

  • 壊れないパソコンを用意する
  • パソコンの電源は絶対に落とさない
  • 通信環境は絶対に停止しない

 

上記の条件をそろえることは少し現実的ではありません。

 

ですので、本当にFXで稼いでいる(勝ち続けている)人は、自分のPCにはMT4をインストールせずにVPSというサーバーを使ってVPS上でMT4を運用しています。

 

2,000円以上の電気代を払い、パソコンや通信機器の故障、停電といったリスクと隣り合わせになるぐらいなら、高性能なVPSを申し込んで勝てるFX運用をしたいものです。

 

パソコンはVPSサーバーへ遠隔操作するだけなので、パソコンが壊れてしまってもMT4が止まる心配もありませんし、万一パソコンが壊れてしまってもスマホやタブレットから遠隔操作を続けることも可能。

 

なんならまんが喫茶のパソコンからでも遠隔操作でVPSを操作することもできます。場所を問わずいつでもどこでもFXを運用することができるんです。

 

VPSとは

VPSとはVirtual Private Serverの略でありブイピーエスと読みます。

 

VPS(図ではデスクトップクラウドと表記)の最大の利点は場所を問わずにいつでもどこでもMT4が運用できる点です。

 

 

図にもあるように自宅からはパソコンでVPSへアクセスし、外出先からはスマホやタブレットなどからVPSにインストールしているMT4を操作することが可能です。

 

WindowsやMac、iPhone/iPadやAndroidなど遠隔操作するためのアプリを使ってVPSを操作するので、パソコンのOSやスマホに依存することがないので、パソコンやスマホを新たに買いなおす必用がありません。

 

VPSはコストパフォーマンスに優れています。

 

VPSサーバーを選ぶときの注意点

お名前ドットコムのVPSは通信速度が10GBという桁外れの高速通信を実現しています。FXはスピードが命です。

 

単純にお名前ドットコムのVPSにインストールされているMT4と他社が運営している性能を軽視した格安サーバーが同時刻に売買を開始したときより正確な価格で売買できるのはお名前ドットコムのVPSです。

 

Ping(ピン/ピングと読む)は、パソコンを始めとした通信機器とサーバー間などの応答速度の測定や通信確認で使うネットワーク用のコマンドのひとつです。

 

上記の図からわかることはお名前ドットコムのVPSがFXサーバーへPingを飛ばし、FXサーバーからお名前ドットコムのVPSサーバーに投げたPingが帰ってくるまでの時間を意味しています。

キャッチボールを想像するとわかりやすいですね。キャッチボールをするときに投げるボールを超高速で相手に投げつけ超高速でそれが帰ってくることを想像すればOK!

 

FXの取引はスピードが命。どのVPSサーバーを使えば良いか、もうお分かりですよね?

 

 

\ 詳細をもっと見たい /

公式サイトを見てみる

お名前ドットコム公式サイト

 

FX向けVPSのお名前ドットコムを使ってMT4を使う場合メモリはどれぐらいが良いの?

 

お名前ドットコムのVPSを契約するとき、プランを選ぶこ必要がありますが、どれが良いか迷うと思います。

 

まずMT4を動かすために必要なスペックを見てみましょう。

  • CPU:Core i3以上
  • メモリ:2~4GB以上
  • SSD:120GB以上

 

結論を言うと画像にも示されていますが、「メモリ2.5GBプラン」がオススメです。理由はMT4のスペックを満たすプランだから。

 

月額料金は1,793円とおよその電気代となる2,000円を下回る料金です。

 

パソコンや通信機器の故障リスクを考えれば電気代や無駄なストレスも抑えられますので、より集中してFXを運用できるのではないでしょうか。

回線速度も10Gbpsですので、自宅で運用するよりも10倍通信速度が速いことになります。一般家庭向けの光通信は1Gbpsが主流。

 

 

\ 詳細をもっと見たい /

公式サイトを見てみる

お名前ドットコム公式サイト

 

FX向けVPSのお名前ドットコムの申し込み方法とMT4の設定方法

 

ここからは実際にお名前ドットコムのVPSを申し込む手順とMT4の設定方法、パソコンやスマホから遠隔操作でVPSを使う方法について丁寧にご案内していきます。

 

お名前ドットコムのVPSを申し込む

まずはお名前ドットコムのキャンペーンサイトへアクセスしましょう。こちらに近道となるボタンを用意しました。

 

 

お名前ドットコムのページ入り少し下へスクロールすると下記の画像のプラン選択が出てきますので、お好きなプランを選びます。

 

申し込み画面に切り替わります。選んだプランを確認します。

 

支払い期間を選びましょう。支払い期間を長く設定したほどキャンペーン価格で利用できますのでお得です。

 

VPSでMT4を使う場合「必須」ですので、「申し込む」を選びます。

 

支払金額とプランを確認し、右側の部分にメールアドレスと設定したいパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

 

会員情報を入力し「次へ進む」をクリックします。

 

支払い方法を選択します。今回はクレジットカードを選んでいます。入力後「申し込む」をクリックします。

クレジットカードのほかに、銀行振込・コンビニ支払いが利用できます。クレジットカード以外の支払い方法は支払いが完了するまで作業は中断しますので、クレジットカードをおすすめします。

 

申込が完了しました。少し分かりにくいのですが、申し込み完了後本人確認のために電話認証が必要です。

 

「[お名前.com] デスクトップクラウド お申込み確認」というメールを確認します。赤枠の部分のリンクをクリックします。

 

お名前ドットコムから自動音声を利用した電話がかかってきますので、ガイダンスに従いPIN番号を入力します。音声が始まった時点でPIN番号は入力できます。

 

電話認証はこれで完了です。

 

万一認証に失敗した場合はもう一度メールのURLをクリックしてやり直せばOKです。

 

電話認証完了後15分ほどで「[お名前.com] デスクトップクラウド ご請求明細 初回お支払い分」というメールが届きますので、確認をします。

 

以上でお名前ドットコムのVPSの申し込み方法の説明は終わりです。

 

VPSの初回設定から接続方法

申し込み確認からのメール1時間後に2通のメールが届きます。

  • [お名前.com] デスクトップクラウド サービス設定完了
  • デスクトップクラウド オプション設定完了

 

2通のメールの到着を確認しましたら、お名前ドットコムNaviへログインをします。

 https://navi.onamae.com/

 

お名前IDと申し込み時に設定したパスワードを使ってログインをします。

 

お名前ドットコムのNavi画面にログインしました。ご利用状況から「デスクトップクラウド」をクリックします。

 

「ログイン」をクリックします。

 

案内が表示されますので、「パスワード設定」をクリックします。

 

ダウンロードをクリックしRDPファイルをダウンロードします。併せてリモートデスクトップ接続先情報のメモをしておくと安心です。接続用パスワードはVPSログイン時に使うのでコピーしておきます。

 

ダウンロードしたアイコンをクリックします。

 

警告メッセージがでますが、リモートデスクトップ接続の定番メッセージなのでそのまま「接続」をクリックします。

 

接続用パスワードを入力し、「OK」をクリックします。

 

リモートデスクトップ接続が完了しました!

 

ユーザー名とパスワードは初期設定から変えておく

初期設定時のユーザー名とパスワードは長ったらしく使いづらいのであなたが分かりやすいユーザー名とパスワードに変更しておきましょう。

 

デスクトップクラウドのナビ画面左下に「ユーザー名/パスワード変更」と言う項目があります。分かりやすいものに変えておきましょう。

 

ユーザ―名の変更

 

パスワード変更

 

万一、VPSへのユーザー名とパスワード忘れてしまった場合、デスクトップクラウドのナビ画面から再設定できます。

 

RDPファイルを使ってリモート接続をしている場合は再度RDPファイルをダウンロードして古いものと置き換えておきましょう!
はや

 

Mac・スマホ(Android/iPhne/iPad)からのリモートデスクトップ接続方法

RDPファイルをダウンロードすることで接続は簡単に行えますが、このファイルはWindows専用(Windows11も使えます)のファイルですので、Macやスマホからの接続の場合使えません。

 

リモートデスクトップ接続先情報を使ってリモート接続をする必要があります。

 

ひとつずつ接続方法をご案内します。

 

まずは下記のリモートデスクトップ接続先情報を準備します。

  • RDPゲートウェイサーバー名:
  • コンピュータ名:
  • ユーザー名:
  • パスワード:

 

Macのリモートデスクトップ接続方法

Microsoft Remote Desktopアプリをインストールしている場合(もしくはした場合)、お名前ドットコムのNaviからRDPファイルをダウンロードしてVPSへ接続することもできます。

 

App Storeからmicrosoft remote desktopをインストールします。

 

Microsofr Remote Desktopを開きます。

 

品質関連の情報を提供するかどうかを選びます。しない場合は「Not now」をクリックします。

 

Remote Desktop必要に応じてOK/許可しないを選びます。VPSの接続だけでしたら「許可しない」でも構いません。

 

同様にカメラへのアクセスを許可するかしないかを選びます。

 

ここでは許可しないを選んでいます。

 

「Add PC」をクリックします。

 

「PC name」に「コンピュータ名」を入力し、Gatewayの項目をクリックし、「Add Gateway」を選びます。

 

「Gateway name」に「RDPゲートウェイサーバー名」を入力し「Add」をクリックします。

 

Gatewayの入力完了後「Add」をクリックします。

 

接続先が作成されました。接続先をダブルクリックします。

 

Usernameに「ユーザー名」、Passwordに「パスワード」を入力し「Contiune」をクリックします。

 

証明書(Certificate)に関する警告メッセージがでますが「Continue」をクリックして続行します。

 

Windows画面が表示されれば接続は成功です。

 

画面を小さくすることもできます。

 

Android/iPhone/iPadのリモートデスクトップ接続方法

アプリはスマホで共通ですので、ここではAndroidを例に接続方法を確認します。

  • PlayストアからRemote Desktopを検索してMicrosoft Remote Desktopをインストールし、起動します。
  • iPhone/iPadの場合はアップストアからRemote Desktopを検索しインストールし、起動します。

 

アプリを起動し、「Add PC」をタッチします。

 

「ADD MANUALLY」をタッチします。

 

PC NAMEに「コンピュータを入力」し、Gatewayの項目で「No gateway」をタッチします。

 

「Add gateway」をタッチします。

 

SERVER NAMEに「RDPゲートウェイサーバー名」を入力し、「SAVE」をクリックします。

 

GatewayにRDPゲートウェイサーバー名が追加されたことを確認し、「SAVE」をクリックします。

 

作成した接続先をタッチします。

 

USERNAMEに「ユーザー名」、PASSWORDに「パスワード」を入力し、「CONTINUE」をタッチします。

 

証明書に関する警告メッセージがでますので、「CONNECT」をタッチします。

 

VPS(Windows)に接続できました!

 

以上でスマホからのVPS接続方法は完了です。

 

MT4をインストールする

WindoscやMacからリモートデスクトップ接続の準備ができましたらMT4のインストールをしていきましょう。お名前ドットコムのMT4インストーラーはFX各社専用のMT4がインストールできるのでわざわざダウンロードしてくる手間がありません。

 

さっそく見てみましょう。

 

VPSにリモートデスクトップ接続します。パソコンでの操作が楽ですが、スマホやタブレットでもできますよ。

スマホやタブレットを操作する場合、アイコンをそのままタッチしても動きません。あくまでWindowsの画面をリモートで操作するので画面に見えているマウスカーソル(白い矢印)を動かしてダブルクリック(ダブルタッチしてください。)

 

ご利用している証券会社を選択します。万が一ない場合は、ブラウザを起動して証券会社へアクセスしてMT4をダウンロードしてください。

必ずしもDesktop Cloud MT4 InstallerからMT4をインストールする必要はありません。

 

今回は楽天証券を選んでいます。

 

「はい」をクリックします。

 

セットアップが始まります。「次へ」をクリックします。

 

インストール中…

 

インストールが完了しました!

 

利用状況に合わせて(または各証券会社のマニュアルに従って)設定をします。

 

アカウントを設定

 

アカウント設定が完了すると証券会社の公式サイトが開きます。その際、Microsoft Edgeのインストールが発生しますので続行します。

 

同意してダウンロードをクリックします。

 

実行をクリックします。

 

「完全セットアップ」をクリックします。

 

「イメージ」「ニュース」「シンプル」から選び、「確認」をクリックします。

 

これ以上設定は不要なので「×」をクリックします。

 

Edge側で設定を続けようとしますが不要なので、「×」をクリックします。

 

Edgeの準備ができました。

 

MT4の利用準備ができました。

 

以上でVPSの申し込み・VPSのリモート接続方法・MT4のインストール方法のご案内は終わりです。

 

お疲れさまでした!

 

 

\ 詳細をもっと見たい /

公式サイトを見てみる

お名前ドットコム公式サイト

 

【FX】お名前ドットコムのVPSを使ってMT4を設定する:まとめ

 

FX用お名前ドットコムのVPSを使ってMT4をインストールするまでのご案内をしました。

 

FX用MT4を使うには24時間365日安全にFX運用ができることが重要です。

  • パソコントラブル
  • 地震などの災害
  • 停電

 

上記はFXにとって大敵です。パソコンの常時起動は電気代も馬鹿になりません。

 

どうせ使うならその電気代をVPSの運用に当てればトラブル回避にもつながりあなたのFX運用がもっと安全で勝ち続けることにもつながります。

 

お名前ドットコムのVPSはFX専用に設計されたまさに勝つための必携ツールです。

 

 

\ 詳細をもっと見たい /

公式サイトを見てみる

お名前ドットコム公式サイト

 

  • この記事を書いた人

はや

「ブログ開設の専門家」。2020年に多数のブログ開設に貢献し、多くのブロガーを輩出。おもにブログ初心者のかたを対象に「ブログの作り方」から「ブログノウハウ」をご案内。副業としてIT系エンジニアにも取り組み得られたノウハウをブログに公開。

-インターネット/通信