https://hayamizbg.net

WordPress

Open Live Writerインストール時にユーザー名とパスワードがエラーになる原因

更新日:

Open Live WriterはWindowsユーザーにとって便利なワードプレスのライティングツールです。

 

しかしながらデフォルトの言語が「英語」のみなので、取っ付きづらい感じは否めません。

 

今回はインストール時の注意点をまとめました。

 

この記事でわかること

  • インストール時のコツ
  • 管理画面でGoogle reCAPTCHAが有効になっているとインストール不可

 

Open Live Writerインストール

インストール自体はとても簡単です。

公式サイトhttp://openlivewriter.org/へ行き、ダウンロードを実施します。

 

インストールを進めていくといくつか困る部分があると思います。

以下の写真を参考に設定を行えばOKです。

 

WordPressを選択

 

ブログのアドレスとユーザ名・パスワードを入力

 

Type~に「WordPress」URLはブログのドメイン名を入力

 

Remote posting web address for your blog:には、当サイトを例でいうと下の写真のようになります。

 

http://hayamizbg.net/xmlrpc.phpと入力

 

サイトをSSL化している場合は「https://~~」と入力します。

 

ここで、「Next」をクリックすると、以下の写真のようにエラーが出る場合があります。

 

ユーザ名・パスワードが違うとエラーがでる

ユーザー名とパスワードが正しいにもかかわらず間違っているとエラー表示されてしまう場合があります。

 

これは、ログイン画面で「reCAPTCHA」が有効になっていることが原因です。

 

ですので、ログイン画面に「reCAPTCHA」を有効にしている場合は無効にしてください。

 

無効にしたあと、再度Open Live Writerをセットアップしていくと先ほどのエラーはでないはずです。

 

エラーが表示されずに下記の写真に進むことができればOKです。

 

ブログのテーマをダウンロードするかどうか聞かれますので、ダウンロードする場合は「はい」ダウンロードしない場合は「いいえ」をクリックしてください。

 

最後に名前をつけてインストール作業完了です。

 

下図のように起動したでしょうか。

 

ちなみに残念なことにOpen Live Writerを使う場合は「reCAPTCHA」ログイン画面で使うことは出来ません。

 

セキュリティがあまくなっちゃうね・・・。
あっちゃん
はや
大丈夫。対策方法があるよ。

 

下記の記事にて、セキュリティに関する対策方法を紹介しています。ご参考いただければ幸いです。

WordPress(ワードプレス)のログイン画面のセキュリティ対策を紹介。簡単です

WordPress(ワードプレス)ブロガーのあなたは管理画面が日々危険にさらされていることはご存知でしょうか。 &nbs ...

続きを見る

 

おわりに

オフラインでブログの記事を書けることは非常に楽です。

 

はや
ブラウザ上だと重いこともありますし。

 

ですが、ログイン画面にreCAPTCHAを使っている場合は、どちらかをあきらめるしかありません。

しかしながら、管理画面へのセキュリティ対策はいくつかあるので、reCAPTCHAが使えなくても問題はありません。

 

Windowsユーザーで数少ないブログライティングソフトなので、ぜひ使ってみてください。

 

参考になれば幸いです。

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-WordPress

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.