COMPUTER

Windowsパソコンを終了する方法とパソコンの電源を切る方法

2018年5月9日

【初心者シリーズ】Windowsパソコンを終了する方法とパソコンの電源を切る方法

今回は、Windowsパソコンを終了する方法について紹介します。

初心者シリーズは、はじめての方の目線にたち、できる限り丁寧に紹介していくシリーズです。

手助けになれば幸いです。

 

Windowsを終了する手順の必要性

パソコンを使うとき、パソコンの電源をONにすれば、なにやら画面にいろいろ出てきて、Windowsの画面が表示されますよね。

これは、電源を入れると、BIOSというものが起動し、その後Windowsが起動するために必要な情報がハードディスクからメモリに読み込まれ○#$□△!となり、そして「ようこそ」画面(ログイン画面)が表示されます。

なにやらむずかしいですね・・・。

終了するときは、いきなり電源をドーンっとオフにしてはいけません。

起動の逆で、

終了時もデーターが読み書きされ、電源が切れる状態になり、その後電源が切れるようになっています。

Windowsが起動したままの状態からいきなり電源をオフにすると、ハードディスクにあるデーターが壊れてしまうことがあります。

なかでも、Windowsを読み込むためのデーターが破損すると、Windowsは起動してこなくなります。

いわゆる「パソコンが壊れた!」状態になります。

電源をオフにするためには、パソコン本体の電源を押してバン!と終了させるのではなく、Windowsに備えられているボタンから、終了するようにしましょう。

パソコンを終了させることを一般的に

シャットダウンする

といいます。

では、シャットダウンの方法について紹介します。

 

シャットダウンの方法

パソコン画面左下に窓のような絵(アイコン)がありますので、クリックします。

この窓のアイコンをスタートボタンと呼びます。

スタートボタンの名の由来は、ここからすべてが始まる・・という意味だそうです。

Windows7の場合は、スタートボタン→シャットダウンボタンを選べばパソコンはシャットダウンします。

 

Windows10の場合は、スタートボタン→電源アイコン→シャットダウンとたどることで、シャットダウンすることができます。

 

操作は簡単なので、覚えてしまいましょう。

 

最近は・・・

最近では、パソコン本体の電源をポチっとおすと、Windowsにシャットダウン命令が行くパソコンもあります。

便利ですね。

 

Windowsが固まって動かない場合

こうなってしまったらもう術がありません。

パソコン本体の電源を長押しすることで、強制シャットダウンができます。

強制なので、データーの保障は一切ありません・・・。

 

再起動とシャットダウンの違い

シャットダウンは主にパソコンの電源を切る場合に使います。

再起動は一度Windowsを終了して、パソコンの電源は落ちずに再度BIOSから起動しなおします。

一度シャットダウンして再度電源を入れる場合も再起動にはなりますが、電源を落としてまた電源をONにする行為はパソコン本体に負担がかかります。

再起動の必要がある場合は、シャットダウンを選択せずに再起動を選択するようにしてください。

なお、再起動のタイミングは、Windowsのファイルが更新されたときなど、システムファイルに更新が加えられた場合に必要となります。

人間のタイミングで再起動が必要という場面はあまりありません。

 

おさらい

Windowsパソコンを終了する場合は、スタートボタン→シャットダウンをクリックして電源を落とすようにしましょう。

むやみにパソコン本体の電源で電源を切るとデーターが壊れて次回起動時にWindowsが起動してこなくなる可能性があります。

 

参考になれば幸いです。

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-COMPUTER

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.