仕事/転職

こうすればあがらない!プレゼンを克服する方法は自信を持つということ

更新日:

社会人になると、いつかは任されるであろう「プレゼン」

 

人前でプレゼン経験がなく緊張しちゃうな~・・・

笑われやしないだろうか・・・

社内セミナーで新製品のプレゼンを任された。

 

いろいろなプレゼンがあると思います。

わたしも技術職であるゆえ、新製品の説明・新機能の発表会・装置の扱い方を教えるトレーニング講師・・・。

 

はや
・・もう緊張の連続です。
はや
今回は、あがり症の私がいかにしてあがり症を克服したか紹介します。

 

ひと前で話すことを避けてきた・・・

若かりしころ、現場のいち作業員にすぎなかった私は、人前ではなすことがとても苦手でした。

苦手すぎて、ひとりのお客さん相手にすら、作業完了の連絡すらあがったものでした。

 

こんなものだったので、友人と4~5人集まってなにかするときも自分から率先して話す・・・なんてことはしてませんでした。

こういうことをいうと周りの友人はきっと・・

緊張なんてしてないだろ~(笑)

 

どちらかというと受身(聞き役)が多く、それに対しての会話はできていたので、あまりあがり症ということには気がつかれなかったようです。

 

転職があがり症の克服ポイントだった

30歳になり、それまでの保守作業員からネットワークエンジニアへ転職をしました。

壮絶な転職でしたよ。

【IT系】上司へのストレスで転職を考えるなら、経験上プロに相談することが確実

新入社員のかた、転職されたかた、異動されたかた、おそらく共通したある悩みがあると思います。 それは仕事をする上で必ず存在 ...

続きを見る

 

今まで、現場で言われてきた(設定マニュアルに示されていた)ことを淡々とこなす仕事から、製品の評価・現場指示など、指示する側への仕事につきました。

 

はや
このときはまだ、自分がプレゼンをするような職場だなんてこれっぽっちも考えていませんでした。

 

むしろ、お客さん相手に話したりが苦手であり、転職先は「技術サポート」がメインだったので、さらに無口に拍車がかかるのだろうとさえ考えていました。

 

技術サポートの中身をあけてみると・・・

  • 技術の評価
  • 報告書をまとめ、部内で報告

 

これらはもうプレゼンそのものです。

 

自分の作った報告書を部内へ発表するわけです。当時は相当あせりましたし、精神的にもつらかったです。

 

  • どうすればうまく話せるだろう。
  • こんなこといって何か突っ込まれないだろうか。
  • 突っ込まれないにはどうすれば良いだろう・・

 

こんなことばかり考えるようになり、ついに運命の日。

初めて作った報告書を初めて発表。

気がつけば、報告書の文章をただ「復唱」するだけの内容でした。

 

はや
さらに悩んでしまいました。

 

他人のプレゼンを観察する

自分はただ復唱するだけの報告となってしまいましたが、ほかの人の発表はどうか振り返ってみました。

 

当時はそんなこと考える余裕はなかったのですが、改めて振り返ると・・・

  • 自分の言葉で機能説明ができている
  • 言葉に迷いがない
  • うまく話そうとしていない

 

はや
この3つが見えてきました。

 

どういう事かというと・・・

  • 機能について理解できているか
  • 理解できているから話すことを考えなくても言葉がスラスラでてくる
  • 友達に話すかのような感覚ではなしている

 

技術製品セミナーを例にあがり症克服ポイントをまとめてみました。

 

はじめは誰でも緊張します

新しい職場に就き、技術製品セミナーを任されるようになりました。

こちらは先ほどの報告書とは違い、大人数の前で、新製品の説明を行うことになります。

 

自分の担当は15分。

話す時間は短いようで長いです。

 

報告書の発表とは違い、知らないひとたちばかりを前に、ひとり話すわけですよ。

あがり症でなくても緊張します。

 

はや
私はあがり症だったので、もう気が変になりそうでした。

 

初めてのセミナー資料はバッチリでしたが、さすがに緊張してしまい、終始何言っているか自分でもわからない内容でした。

結果、緊張でうまくはなせず、ぼろぼろでした。

 

これもあとになって考え、いくつかわかったことがあります。

 

資料作成は内容を理解した上で自分の言葉で書く

セミナーで話す以上資料が必要です。

ただ、セミナーはどちらかというとはなしがメインです。資料はおまけです。

  • 資料のテーマにもよりますが、技術系では細かい説明は資料には不要。
  • それよりも図をたくさんつかって、それらを詳しく「声で」説明。

 

資料配布も後日行われると思うので、そのときに資料へ追記(Power Point資料であれば)、メモを書き加えて配布すればOKです。

最初から資料に事細かに書いてしまうと自分の出番がなくなってしまいます。

 

はや
出番がなくなるので資料をただ復唱するか、何を言っているかがわからないなってしまいます。

 

資料への記載は必要最低限の情報だけでOKだと私は考えています。

 

緊張しない人などいない

セミナーや発表会では、絶対に緊張します。

緊張感がないということは、それだけ聴衆に真摯に接していないのでは?と、思います。

 

バラエティ番組、ドキュメンタリー番組でベテラン芸人の密着レポートで舞台に出る直前は「おえっ」ってなる場面をみたことがあります。

歌舞伎俳優のかたちですら緊張しない日はないと言っています。

 

緊張するということは、それだけ真摯に向き合っているということの表れでもあります。

緊張して良いんです。あがったって良いんですよ。

 

技術サポート業務で10年をすぎたが緊張はする

月一回ほどの報告書の発表会・技術講師でひと前で話すことが多い毎日ですが、いまだにあがります。

 

ですが精神的に参ってしまうような感覚はなくなりました。

 

おそらく「慣れた」のだと思います。

  • 人前ではなすことで、慣れた。
  • 機能を理解しているので、自信が持て自分の言葉で話す余裕ができた。

 

はや
転職したときは極度のあがり症でしたが、今では笑いを取れるくらいの余裕もできました。

 

あがり症で悩んでいる方へ

極度の緊張で気がどうかなってしまう感じはとてもつらいですよね。

  • 失敗してOK!
  • はなすことを間違えてもOK!
  • そのとき間違えに気がつけば、訂正すればOK!
  • しらないことは知らないといえばOK!
  • あとで調べて回答すればOK!

 

ベテランだって失敗はしますし、緊張でオエってなるプロもたくさんいます。

はじめは緊張しますが、最後は慣れてしまいます。

 

プレゼンに慣れてきたら聴衆を見渡してみよう

はなしことに抵抗がなくなり始めると、聴衆を見渡す「余裕」ができます。

 

ここで気がつく人が多いですが、

案外目が合わない。

 

そう。

聞いている人とは、目が合うのですが、聞いていいない人とは目が合いません。

目が合わないということは聞いていないとも取れます。

 

はや
耳を傾け、メモを取る人もいるのでこの限りではないのですが。

 

なので、目が合う人が多くなるほどあなたの話を熱心にきいている「証拠」なのです!

 

はや
自信を持って、どんどんあなたの思いをはなしてくださいね。

 

参考になれば幸いです。

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-仕事/転職
-

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.