WordPress

ラッコキーワードとキーワードプランナーの連携でお宝キーワードを探す方法

 

この記事ではラッコキーワードの使い方とキーワードプランナーの二つの基礎的な使い方を画像を使って説明していきます。

ラッコツールはもとは「関連キーワード取得ツール」という名前でした。

 

本記事をご覧いただきありがとうございます。

 

キーワードを選び記事を書いていくことは検索上位を狙っていくうえで非常に重要です。

 

う~ん。やりかたがよくわからない…。
相談者

 

そうですよね。私も最初はどうやって良いのかよくわかっていませんでした。

 

最初はちょっとやり方がピンと来ないかもしれませんが、使いこなすことでお宝キーワードを見つけることだって夢じゃありませんよ。

 

記事の信頼性

 

ラッコキーワードとキーワードプランナーでお宝キーワードを探す方法

 

実際にキーワードを使って基礎的な使い方を見ていきましょう。

 

今回は「アフィリエイト」というキーワードを使って説明していきます。

 

ちなみにラッコキーワードとキーワードプランナーを使ってチェックする内容は下記となります。

  • 需要のあるキーワードの組み合わせ
  • キーワードが検索されているボリュームのチェック

 

ラッコキーワードでキーワードを検索

まずはラッコキーワードのサイトにアクセスをします。

 

https://related-keywords.com/

 

アクセスが完了すると可愛いラッコのいるサイトが表示されますので、キーワード(アフィリエイト)で検索しましょう。

 

検索結果が一瞬で表示されました。複合キーワードを含め842件のキーワードが見つかっています。

 

画面右上にある「全キーワードコピー(重複除去)」というボタンをクリックします。

 

すると今度は右下に「コピー完了:Googleサジェストキーワード」というメッセージが表示されます。

 

次はキーワードプランナーで操作をします。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナーはGoogleが提供しているサービスです。

 

キーワードプランナーにアクセスします。

 

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

アクセスするとキーワードプランナーのサイトが表示されますので、「キーワードプランナーに移動」をクリックします。

 

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

 

ラッコキーワードでコピーしたキーワードを張り付け「開始する」をクリックします。

 

はじめに予測データが表示されますので、「過去の指標」をクリックします。過去の指標では、「読者が今までどんなキーワードで検索してきたかという情報」を見ることができます。

 

キーワード順(あいうえお順)に表示されているので「月間平均検索ボリューム」をクリックして、検索ボリュームが多い順にキーワードを並べ替えます。

 

検索ボリューム順に並べ替えることができました。

 

以上がキーワードを検索する上での基礎的な検索方法になります。

 

キーワードをどう生かせば良いのか

 

検索したキーワードのボリュームは分かったけどどうやって記事を書いていけば良いのか…。悩みどころですね。

 

書き方としてはビッグワードである「アフィリエイトとは」という記事を書き、「アフィリエイト 始め方」という記事や「アフィリエイト やり方」といったミドルワードの記事を量産していきましょう。

 

さらにふかぼったキーワード(ロングテールキーワード)を書いていくことで検索ボリュームは減りますが必要としている読者のニーズは高まりますので、こういった記事の量産も必要です。

 

例えば「アフィリエイト 始め方」でさらにキーワードを検索するにはラッコキーワードでキーワードの右にある矢印が回っている部分をクリックします。

 

すると「アフィリエイト 始め方」でキーワードが検索されさらに深いキーワードを検索することが可能です。

 

これらをキーワードプランナーでボリュームを調べていくと本当に必要とされている記事というものが見えてきます。

 

ラッコキーワードとキーワードプランナーで検索ボリュームを簡単チェック(まとめ)

 

ブログで記事を書くためにはキーワードはとても重要です。

 

あなたが書きたい内容のキーワードをチェックしてどれぐらい検索されているかを探すためには、「ラッコキーワード」と「キーワードプランナー」のふたつをうまく使ってキーワードを探しましょう。

 

もしかすると「お宝キーワード」が見つかるかもしれませんよ!
はや

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-WordPress
-,