超簡単!お手軽腹筋方法の紹介!

スポンサーリンク

おなか回りのぜい肉を落とす!

ダイエットでは食事制限は当たり前ですが、運動もかかせません。

簡単に太ることはできても、「簡単に痩せることはできない」

今日は私が実践していた筋トレ「腹筋」について簡単にまとめてみました。

簡単におなかのぜい肉を落とすことができますよw

最良の腹筋方法を考える

腹筋を鍛えるには仰向けになり、膝を少し上げ、頭を両腕で支え起き上がる方法が一般的だと思います。これは手軽である反面、運動不足の方の場合、腰やおなかに負担がかかることがあります。

1b16f2294d49b73d2edb62efa0c3ae09_s

補助器具を使う

下記の製品は腹筋の補助器具の一例です。たくさんある中でこの補助器具は私も実際に使いました。

[amazonjs asin=”B002UUTK2M” locale=”JP” title=”トータルフィットネス(TotalFitness) シットアップトレーナー STM052″]

二十歳ぐらいの頃の話なので、説得力は皆無ですが・・w

この補助器具を使うことで腰やおなかへの負担は軽くすみます。負担が少ないからと言って腹筋が鍛えられていない・・ということはありません。実際筋肉が付きました。

ちなみに、個人的な意見ですが、この器具でトレーニングを行った際、おなかが緩くなりました・・・(汗)もし、この器具を使って腹筋を始める方でおなかに自信がないという方。少しずつ腹筋を鍛えるとよいと思います。

一押しの補助器具

数ある補助器具のなかで(個人差はあると思うのですが)一番効果があったのが、腹筋ローラーでした。

[amazonjs asin=”B00ZUXEQ0C” locale=”JP” title=”Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き”]

両手で車輪の軸をもち、膝でカラダを支え、車輪を前にゆっくり転がします。そして、カラダが伸びきったら引き戻す。これを繰り返します。

膝は負担がかからないようにヨガマットなどクッションを敷きます。

これを1セット10回、3セット行いました。

どちらかというと減量ではなく、カラダづくりになるのですが、余分なおなか回りの脂肪が落ちて、シェイプアップにつながります!私は一か月でおなか回りが10センチほどシェイプアップできました。

まとめ

腹筋を鍛えることでおなか回りのぜい肉を落とすことができ、筋肉をつけることもかのうです。代謝アップも図れるし、それでいて手軽なトレーニングだと思います。

これまで、食事制限、ウォーキング、筋トレ(今回)について紹介しました。

これらを定期的に続けることで代謝アップ、シェイプアップ、減量といいこと尽くしです。

いつものセリフですが、ダイエットは無理は禁物。

ここまでのダイエット法を実践すればきっと痩せることができます。

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

がんばってください。

あなたの頑張りを見ている人は必ずいますよ!w

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る