WordPress

Adsenseの関連コンテンツという広告ユニットが見えない

更新日:

記事を読み終えると、関連記事として記事に関連した記事が表示されている・・・こういうサイトはとても多いですよね。

直帰率を下げることに貢献し、何より読者にさらに有益な情報を提供するなくてはならない機能です。

 

しかしですよ!

この関連記事の中に、広告が混じっているもの、ありますよね。

 

このような感じです!

 

図の赤枠が広告でそのほかは当サイトの関連記事です。

恥ずかしながら今までこの広告(関連記事)の表示方法がわからなかったのですが、最近になってわかったので、同じような疑問を持っている方もいるかと思います。

この記事でわかること

  • 広告付きの関連記事(関連コンテンツ)はGoogle Adsenseの機能であること
  • 関連コンテンツの利用には一定の条件が必要

関連コンテンツ

これは、字のごとく「関連するコンテンツを広告とともに表示させることが出来るGoogle Adsenseのいち機能」です。

まずは、ご自身のAdsenseに関連付けているアカウントでAdsenseにログインいただき、広告ユニットの作成をご覧ください。

下図のように「関連コンテンツ」は見えていますでしょうか。

 

広告ユニット作成一覧

 

これが表示されていれば、当サイトやほかのサイト様同様に、関連記事を組み込んだ広告が作成可能です。

掲載方法は、コンテンツをデザイン(通常はデフォルトのままで問題ないです。)し、コードを任意の場所に貼るだけです。

 

デザインをして・・・

 

コードをコピーして・・

 

任意の場所(ウィジェット)に貼り付ける!

 

以上で完了です。

いつもの広告を貼る要領で簡単に作成ができます。

 

ただし、「関連コンテンツ」を利用するためには、Google Adsenseが満たす条件があるのです。

 

えっ!そうなの?
あきちゃん
はや
そうみたいなんだ。自分もはじめは気が付かずにいて、どうやってあの関連記事を作るんだろう?と不思議に感じていたんだよね。
さすが、はやだね。鈍感というか鈍いというか・・・(笑)
あきちゃん
はや
どっちも鈍いってことじゃない(汗)

 

自分のサイトに関連コンテンツが利用可能か確認する方法

自分のサイトが関連コンテンツを利用できるかどうか、確認する方法があります。

Google Adsenseのヘルプに記載あるように、まずはあなたのサイトが「ある程度のトラフィック」と「記事数」を満たしている必要があります。

 

なお、Google Adsenseのページにて、「コンテンツが一致」の項目にサイト名が記載されていれば、条件を満たしていることになります。

 

コンテンツが一致

 

HAYAMIZ Blogでは、表示されていることが確認できます。

はや
なお、もう1つ私はサイト(テスト用)をもっているのですが、ここには表示されていません・・・。

 

記事数も20ほどで、PVも一日5PVもないので、当然といえば当然ですね。

 

条件を突破する近道

20記事程度では関連コンテンツは表示されないことはわかっています。

50記事、100記事と、とにかく記事を書いて書いて書きまくる!これが一番の近道かと思います。

しかも、ただ書いただけではダメで、ある程度のトラフィックも必要と書かれているので、一定のPV数も必要になってくるのではと推測します。

 

関連コンテンツの表示条件(推定)まとめると・・

記事数は100ぐらいが必要

PV数は3万PVほど/一日あたり1000PV

 

はや
これらが最低条件のようですね・・・。
結構ハードル高いんじゃない?!
あきちゃん
はや
そうだね。ただ、Googleは「一定条件」としているだけなので、正確な数値はわからないんだよ。
広告サイドも沢山見てもらえるサイトに置きたいものね。
あきちゃん
はや
うん。誰でも使える広告コンテンツではないということなんだ!
ということは、プラス思考で考えると・・・
あきちゃん
はや
プラス思考で考えると「Googleに認められたサイトにしか使えないコンテンツ」ということになるね。
そうなんだ。はや・・やるじゃん!
あきちゃん

 

そうなんです。

Google Adsenseのヘルプには「認められたサイトに適用」ともとれる記述があります。

ですので、関連コンテンツが使えるサイトはGoogleに認められたサイト!

ぜひサイト運営者のみなさま自信を持ってください!

 

関連コンテンツが見えなかった・・

関連コンテンツが見えなかったかたもご安心ください。

Googleは定期的にサイトを再審査しているようです。今回は表示されていなくても、次回は掲載されている可能性が十分にあります!

良い記事を書くだけで、PVも集まり、Googleにも改めて認められるようになります。

 

ちなみに記事数が増えてくると、サーバー容量の消費も増えます。

さらに記事数が増えてPV数も増えるとトラフィックも増大してくるので、有料レンタルサーバーと比べると性能が劣る無料レンタルサーバーでは、読者を逃してしまう可能性も否めません。

そうなると、無料サーバーでの運営は非常に困難なものになりますので、サーバー移転が必要になります。

 

> PV数アップに貢献! <

エックスサーバーで契約する

みんな使ってる!ワードプレス定番サーバー

移転方法や開設方法についても当サイトで紹介していますので、併せてご覧ください。

 

移転方法

CHECK
失敗しない!Xdomainからエックスサーバーへ移行する方法

Xdomain(エックスドメイン)という無料サーバーへ登録し、「Wordpress」デビューしましたが、今回は「投資」という意味をこめて有料 ...

続きを見る

 

開設方法

CHECK
エックスサーバーならワードプレスのインストールからブログ開始までが簡単

ワードプレスでブログをはじめるぞ!と行動力のあるあなたはすでに行動を起こしていると思います。 ただ、レンタルサーバーは無料か有料か、どこのレ ...

続きを見る

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

厳選!どんなサイト運営も思いのまま

エックスサーバー

アフィリエイトで稼ぎたい!お考えであればエックスサーバーが超おすすめ!200GBの大容量で複数サイト運営が可能です。サポートも充実しており初心者でも安心です。エックスサーバーの新機能「Xアクセラレータ」はサイト離脱率の軽減・PV数のアップに大きく貢献します。ただいま、サービス開始15周年キャンペーン実施中。

ミックスホスト

エックスサーバーに続きこちらもおすすめのレンタルサーバーです。ミックスホスト最大の特徴は「ジャンル」を問わない運営が可能!あなたが思い描いているサイトを自由自在に構築することが可能です。初期費用も無料で初期投資の負担も小さくサイト立ち上げができます。

-WordPress

Copyright© HAYAMIZ Blog , 2018 All Rights Reserved.