パソコン

自宅や実家のパソコンを外出先の端末からリモートで接続する方法

2019年2月1日

自宅や実家のパソコンを外出先の端末からリモートで接続する方法

本記事はリモートされる側の設定ができていることが前提となっております。

まだ設定を行っていないかたは、下記の記事をご参考に準備を行ってください。

 

外出先から自宅や実家などのパソコンをリモートで操作する方法を紹介する第2回目は、スマホ、Windowsリモート接続を行うための設定編です。

Android端末やiPhone/iPad、パソコンを使って、自宅や実家のパソコンを動かす方法を紹介します!

 

今回は下記の部分を設定

 

Windowsでリモート接続を行うための設定方法

Windowsでは基本機能としてリモートデスクトップ接続サービスがあります。

「mstsc」と入力するとリモートデスクトップ接続アプリケーションが起動できます。

 

DDNSで設定した「ドメイン」とポート番号で初期設定である3389から変更した場合は、ドメインの後に「:ポート番号」を入力し、「接続」をクリックします。

 

パスワードの入力を行います。

 

証明書関連でエラーが出ますが、今回は接続元と接続先が判明していますので、「はい」をクリックして続行します。

 

リモートデスクトップ接続が完了しました!!

 

図では、わかりやすくリモートデスクトップ接続が操作パソコン上で操作できていることを紹介するためにウィンドウにしていますが、画面全体化も可能です。

 

以上で、Windowsパソコンからのリモートデスクトップ接続についての紹介でした。

 

Android端末でリモート接続を行うための設定方法

リモートアプリには定番のMicrosoft リモートデスクトップを使用します。

はや
パソコンではもうおなじみですね。
はや
ザッと画面を紹介していきます!

 

Microsoft Remote Desktopをインストールして開きます。

 

アプリが起動したら、青枠の「+」をクリックし、「Desktop」をタップします。

 

「ADD MANUALLY」をタップ。

 

PC nameにDDNSで設定した「ホスト名:ポート番号」を入力します。

ポート番号は3389を使っている場合は不要です。ポート番号を変更されたかたは、独自で設定したポート番号を入力します。

 

接続準備が完了しました。早速タップしてみましょう。

 

証明書が有効ではないが接続をしますか?と問われるので、自分が設定したドメインが正しければ「CONNECT」をタップします。

 

ログイン名とパスワードを入力し、「CONNECT」をタップします。

 

パソコンの画面が表示されたら接続は大成功です!!

 

終了する際は、画面丈夫にある「三」をタップし、赤枠部分をタップします。

 

以上でAndroid編は終了です。

はや
なお、リモート接続中はパソコンの画面はロックされます。
はや
仕様ですのでご安心ください。

 

iPhoneやiPadでリモート接続を行うための設定方法

流れはAndroid編とまったく同じです。

違う点は、Microsoft Remote DesktopアプリがiPhone/iPad版では日本語化されているということです。

 

はや
ザッと画面を紹介していきます!

 

Microsoftリモートデスクトップをインストールします。

 

「+」をタップします。

 

「デスクトップ」をタップします。

 

PC名に「ドメイン名:ポート番号」、「ユーザーアカウント」を入力します。

標準の3389を使用する場合はポート番号は不要です。別途設定した場合のみポート番号を入力してください。

 

接続中・・・

 

iPhoneからのリモート接続が成功しました!!

 

終了する際は、「三」アイコンをクリックし、赤枠部分をタップします。

 

参考:同一ネットワークからリモート接続を行う場合

今回の設定ではインターネットを介した方法を紹介しています。

同じネットワーク内、例えば、自室のパソコンをリビングからノートパソコンで操作する!そういった場合は、DDNSで設定したドメインは使用せずにそのまま操作したいパソコンのIPアドレスを入力するだけOKです。

ポート番号を変更している場合は、「IPアドレス:ポート番号」といった形式で入力します。

 

入力例

 

まとめ

今回は、AndroidとiPhoneを使ったリモートデスクトップ接続の設定方法を紹介しました。

LTE環境からの接続でしたので、若干重い点はしかたがないです・・・。

外出先がLTEネットワークではなくLAN環境でかつ、自宅パソコンが有線LANでインターネット接続されていれば快適なリモート接続が可能です。

 

またWiMAXなどのポケットWi-Fiなどがあると場所を問うこともなく「いつでもどこからでも必要な時に」自宅のパソコンへ接続することもできかなり便利になります。

とくに外出先からつなぐ必要がある場合WiMAX 2+が最大のメリットになります。

なお、WiMAX 2+のプロバイダーを選ぶ際はキャッシュバックで選ぶことも重要です。

 

 

参考になれば幸いです。

動画をいつでもどこでも楽しめる画期的な方法ってあるの?!

 

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

カフェなどで使えることは知っていても、場所を気にせず外でもインターネットを使うことができることまでは意外と知られていません。

 

WiMAXを利用すれば、家でも外でインターネットが使えますし、動画は通信制限を一切に気にせず見放題にできます。

 

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、通信制限が気になる…。
  • 車の渋滞中・移動中に動画を家族に見せたいけど、通信制限で車内がたいくつ…。

 

動画を外で見るには通信制限の壁ってかなり高いんです。

その点、WiMAXでは通信制限がありません。

 

今の時代、テレビよりも面白い番組は動画配信サービスであることがほとんど。

 

スマホの月のギガ数が気になってなかなかみれない動画もWiMAXを利用すれば、あなたの希望がサクっと叶っちゃいます。

 

はや
ストレスためながら動画見ることはとっても損です。

 

\ 当ブログ人気の比較記事 /

WiMAXの記事を詳しく見る

※賢い人ほど契約

関連コンテンツ

-パソコン
-, , ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.