VPS

レンタルサーバーとVPSの違いを徹底解説

レンタルサーバーとVPSの違いを徹底解説

 

悩む人
レンタルサーバーとVPSの違いがいまいちわかりません。しかもサーバーの種類がいくつかあるみたいで余計わからない。違いをどうやって見分ければいいか教えて下さい。

 

レンタルサーバーやVPSと呼ばれるサーバーは目的によって用途が分かれます。

 

極端に説明してしまうとどんなサーバーでも良いのですが、最低限用途にあったサーバーは選ぶべきです。

 

この記事では、レンタルサーバーとVPSの違いをはじめ、サーバーの種類やシーンごとに選ぶサーバーなどを解説していきます。

 

この記事を書いている人

 

レンタルサーバーとVPSの違いは何?

レンタルサーバーとVPSの違いは「用途」が違います。正確にはVPSもレンタルサーバーで、大別すると3つにわけることができます。

 

レンタルサーバーとVPSの違いは「用途」です。正確にはVPSもサーバーを借りる(レンタルする)ことに違いはないので、レンタルサーバーの部類に入ります。分けるとすれば3つにわけることができます。

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPSサーバー

 

ひとつずつ説明します。

 

共用サーバー

ひとつのサーバーに契約者複数を収容し、サーバー性能を共有します。また、WordPress用であったり、メールサーバー用など、「用途」が決まっています。

 

サーバー性能を共有するため、契約者数が多いほど契約者一人当たりの性能は悪くなります。最大のデメリットはあるブログ(ブログA)がバズったとき、性能がすべてブログAに注がれてしまう点。

 

そしてブログAの影響でサーバーがダウンしてしまうと同じサーバーにあるブログはすべて閲覧不可となってしまいます。

 

運営者側にとって共用サーバーは契約者数を複数詰め込むことで運用するサーバー台数を抑えることができコストを削減することができます。

 

WordPressを運営するレンタルサーバーのほとんどが共用サーバーでの運用方式となっています。

 

月額料金が安いほどサーバーに収容している契約者数が多いことが推測できます。

 

専用サーバー

基本的には共用サーバーと同じです。違う点はサーバー性能を占有できる点。

 

サーバー性能を占有するので、あるブログがバズった場合でも安定したブログ運営が可能です。

 

専用サーバーを提供しているレンタルサーバー会社は意外に少ないです。

 

VPSサーバー

VPSとはVirtual Private Serverの略でブイピーエスと呼びます。

 

専用サーバーの一種ですが、用途が自由に決められるという点があります。

 

OSを自分で用意する必要があるVPSサーバーなどありますが、大抵はOSがインストールされた状態でサービス提供されています。

 

分かりやすいVPSの例として…

  • マインクラフト向けVPS
  • FX専用VPS

 

などが挙げられます。

 

レンタルサーバーとVPSのメリット・デメリット

 

レンタルサーバーとVPSのメリット・デメリットを表で比較しました。より分かりやすくするために、レンタルサーバーは共用サーバーと専用サーバーに分けています。

共用サーバー 専用サーバー VPSサーバー
運用コスト(契約者側) 普通 高い 低い
自由度 無し 無し 高い
OSの選択 不可 不可 可能
アプリの選択 不可 不可 可能
他契約者への影響 無し 無し

 

大きく目立つ部分についてまとめました。

 

表から分かることは大きく2つ

  • VPSはコストを安く抑えることができるが自由度が高く初心者には不向き
  • 専用サーバーは用途が決められていてかつ他契約者からの影響を受けないのでWordPress向け

 

もう少し踏み込んで解説します。

 

レンタルサーバーを使うシーン

WordPressブログの運用を考えているなら共用サーバーや専用サーバーを選ぶことが重要です。

 

VPSでWordPressを運用することも可能ですが、OSのインストールから始まり、Webシステムの構築、WordPressのインストール…などなど、専門的な作業が多数発生します。

 

また、ディスク容量もシステム部分で消費するので、ディスクスペースを多用するWordPressブログの運営にVPSはあまり向いていません。

 

共用サーバー・専用サーバーであればWordPressのインストールまでが完全自動化されており、レンタルサーバー初心者でも安心してWordPressブログを始めることが可能です。

 

VPSサーバーを使うシーン

WordPress以外の用途で使うならVPSサーバーを選ぶことが重要です。

 

VPSサーバーは遠隔操作が可能ですので、例えば自分のパソコンで扱うことができないアプリや機能をVPSにインストールし、遠隔操作でアプリを使う‥と言った使い方ができます。

 

マインクラフトを複数人で遊ぶ場合、マイクラのアプリからVPSに遠隔操作で入ることで仲間同士で遊ぶことができます。

 

また、24時間365日動かし続ける必要のある「FX専用アプリMT4」もVPSにMT4をインストールして使うことでMT4が停止するリスクをかなりの確率で抑えることができるようになります。

 

おすすめVPS3選

 

それぞれのVPSについて詳しくみていきましょう。

 

おすすめVPS①:さくらのVPS【1位】

 

さくらのVPSは、レンタルサーバーでも知られている「さくらインターネット」が提供・運営するVPSサービスです。

 

プランは全部で7つです。

仮想通貨のマイニングでオススメのプラン7つ

 

さくらのVPSは14日間の無料お試しが可能です。初期費用も無料ですので、気軽にVPSに触れることが可能。

 

サーバー契約後に機能が物足りなく感じた場合、プラン変更(スケールアップ)することも可能です。

 

はじめは容量の少ないプランから始めて、機能追加など必要に応じてプランを上げていくことでコストを抑えた運用ができます。

 

\ 定番VPSで多彩な運用がしたいなら /

さくらのVPSを申し込む

 

おすすめVPS②:ConoHa VPS【2位】

 

ConoHa VPSは、日本最大手のホスティングサービスを提供するGMOが提供・運営するVPSサービスです。

 

プランは全部で8プランです。さくらVPSよりも上位のプランもあり同等のプランと比較したときのCPU数を上回っています。

仮想通貨のマイニングでオススメのプランは8プラン

 

ConoHa VPSはマインクラフト用と言った感じでテンプレートが用意されています。VPSは自由度が高いですが、こうしたテンプレートを利用することであっという間にVPS構築が可能。

 

最短25秒でVPS構築完了を謳っており、難しい作業なくVSPを構築したい方にぴったりな仕組みとなっています。

 

\ CPUリソースがどっさり /

ConoHa VPSを申し込む

 

おすすめVPS③:ABLENET VPS【3位】

 

ABLENET VPSは、インターネットサービスが普及しはじめた1990年代から独自開発のVPSホスティングサービスを開始した老舗である株式会社ケイアンドケイコーポレーションが提供・運営しているVPSサービスです。

 

プランは5つです。

 

CPUコア数、メモリ共にやや弱い感じが否めませんが、月額料金としては低めでしたので、3位としています。最近ではFX専用VPSとしても使われるようになっています。

 

10日間の無料お試し期間があるので、VPSを比較して検討したい方にはぴったりのサービスとなっています。

 

\ 低コストでVPS運用したいなら /

ABLENETを申し込む

 

番外編:FX専用VPSの決定版

最後はFX専用VPSのご紹介です。

 

FXの取引においてスピードはとても重要です。FX経験者ならご存知のはず。

 

ですが、自宅PCの場合高性能なパソコンが必要になり、自宅で使うインターネット回線にも気を使わなければなりません。

 

そこで注目を浴びているのがFX専用VPSです。

 

3位のABLENETもFX専用VPSとして動かすことが可能ですが、お名前.comのデスクトップクラウドはFX専用として設計されているVPSです。

 

利用者も増えてきていますので、もしFXの運用で不便を感じていましたらご参考までに覚えておいてください。

 

お名前.comデスクトップクラウドの導入には下記が参考になります。

お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する【MT4が安全に使えます】

続きを見る

 

\ お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する /
お名前.comのVPSを申し込む

 

おすすめレンタルサーバー5選

 

ここではおもにWordPressに向いているおすすめのレンタルサーバーを5つご紹介します。

 

とくに、エックスサーバーは無料で専用サーバーとして使うことができとても人気が高いレンタルサーバーとなっております。

 

おすすめ度:王道!:エックスサーバー

比較対象プラン スタンダード
費用 初期費用 0円
月額料金
12/9まで最大30% OFF
12カ月契約:1,100円
→ 880円
24ヵ月契約;1,045円
→ 783円
36ヵ月契約:990円
→ 693円(最安)
独自ドメイン取得・更新料 特典利用で無料
リソース(性能)確保 無料
性能 表示速度 国内最速
ディスク容量 300GB~
転送量上限 無制限
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressクイックスタート
自動バックアップ
サーバー管理画面 エックスサーバー独自
KUSANAGI 〇(全プラン対象)
リソース保証 〇(全プラン対象)
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット なし
独自ドメイン 取得・更新は無料
総合評価
申し込みURL https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバーWordPressブログで稼ぐために使われているレンタルサーバー業界トップに君臨する老舗レンタルサーバー…と言っても過言ではありません。

 

WordPressってなんだかよくわからないけどブログで稼ぎたい…なら、エックスサーバーを選べば間違いはなし。キャンペーンでConoHa WINGを勝る安さを手に入れることができます。

 

エックスサーバーは2022年8月4日から全プランで初期費用が撤廃されますます申し込みがしやすくなりました。

 

エックスサーバー(XSERVER)は性能・機能が最高のレンタルサーバーで、11/25まで全プラン12ヵ月契約以上の申し込みで月額料金が実質半額になります。

 

2021年10月7日からは超高速環境「KUSANAGI」技術 + 他ユーザーの影響を受けないリソース保証を開始。

 

KUSANAGI技術を超える技術を持っているレンタルサーバーはほとんどなく、エックスサーバーはついにKUSANAGI技術を採用しました。速度と安定性は段違い。

 

さらにリソース保証も開始しました。

他社サーバーはほかユーザーとのリソースを共有する代わりに低価格を実現していますが、人気ブログを運営しているユーザーとリソースを共有している場合、性能がひきづられてしまい、あなたのブログの表示速度が低下、または安定しない事態になりがちです。

 

他社サーバーではリソースを確保するために別料金を設定しているところが多いのですが、エックスサーバーは特に料金設定はありません。

 

また、エックスサーバーは知識ゼロでブログが作れます。Amebaブログなどと同じようにすぐにデザインや記事の執筆にとりかかれます。

 

ブログで収益を得ている人が多い(契約数230万件)のもエックスサーバーなので、稼ぎやすいレンタルサーバーと言っても過言ではありません。

 

パソコン版

 

スマホ版

 

総合評価

初期費用・月額料金
性能
サポート体制
使いやすさ
無料お試し
総合評価

 

\ 申込むなら定番のサーバー /
エックスサーバーを申し込む

 

おすすめ度:コスパ・性能共に最高:ConoHa WING

比較対象プラン WING:ベーシック
費用 初期費用 0円
月額料金 1,320円493円~(最大62%OFF)
11/30までの期間限定
WEXAL(ブログ高速化機能) 0円
独自ドメイン取得・更新料 2個まで無料
リソース(性能)確保 リザーブドプラン
1Gプラン
2Gプラン
4Gプラン
性能 表示速度 国内最速
ディスク容量 300GB~
転送量上限 無制限
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressかんたんインストール
自動バックアップ
サーバー管理画面 ConoHa WING独自
KUSANAGI ×
リソース保証 〇(リザーブドプラン)
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は2個まで永久無料
総合評価
申し込みURL https://conoha.jp/wing/

 

ConoHa WINGはコストパフォーマンスに優れているレンタルサーバーです。WordPressブログの作りやすさもエックスサーバーに匹敵。

 

費用面では初期費用は完全無料となり、月額料金も1,320円から最大62%オフの493円~(11/30までの期間限定)と申し込みしやすい価格設定。

 

ブログの開設には独自ドメインの取得・WordPressのインストール・SSL化という専門用語がありますが、これらについては申し込み時に自動で行われますので、「知識ゼロで自信がない…」というWordPress初心者でも安心してWordPressブログが作れます。

 

ConoHa WINGの料金プランの詳細はこちら。

【ConoHa WING】ワードプレスの月額料金はいくら?

続きを見る

 

まさに一等地でありながら土地代が安く家(店)も建てやすい。ConoHa WINGはブログで稼ぎたいなら確実に抑えておきたいレンタルサーバーです。

 

さらにConoHa WINGWEXAL(ウェクサル)の提供を開始しました。

 

WEXALはひとことで言うとWordPressの高速化を実現するエンジンです。WEXALを導入することで例えば下図のようにパフォーマンスの改善が期待できます。

 

ConoHa WINGのWEXALを使えば、初心者の悩みのひとつであった「WordPressブログの表示速度高速化」が実現可能。誰でも簡単にプロ並みの表示速度ができるようになります。

 

なお、WEXALは完全無料です。

 

パソコン版

 

スマホ版

 

総合評価

初期費用・月額料金
性能
サポート体制
使いやすさ
無料お試し
総合評価

 

\ 費用を抑えて大きく稼ぎたいなら /
ConoHa WINGを申し込む

 

おすすめ度:アダルトサイトOK:mixhost

比較対象プラン スタンダード
費用 初期費用 0円
月額料金 968円~
独自ドメイン取得・更新料 12ヶ月以上の契約で永久無料
性能 表示速度 最速
ディスク容量 300GB~
転送量上限 無制限
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressクイックスタート
自動バックアップ
サーバー管理画面 CPanel(汎用)
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は無料
総合評価
申し込みURL https://mixhost.jp/

 

mixhost(ミックスホスト)は出会い系ジャンルをはじめとしたアダルト運営が可能なレンタルサーバーです。

 

費用においては初期費用が0円となり、キャンペーン利用で月額料金が半額(プレミアムプラン以上)です。独自ドメインの取得・WordPressのインストール・SSL化については申し込み時に行われますので、あなたは気が付かないうちにブログが作られています。

 

目立った特徴はありませんが、先端技術を盛り込んだ機能や安定した低価格路線において失敗することが少ないないレンタルサーバーです。

 

mixhostでのブログの作り方はコチラです。

mixhostのWordPressの始め方【簡単】

続きを見る

 

総合評価

初期費用・月額料金
性能
サポート体制
使いやすさ
無料お試し
総合評価

 

\ 【アダルトOK】ジャンル縛りが少ない /
mixhostを申し込む

 

 

おすすめ度:月額料金最安値:ロリポップ!

比較対象プラン ハイスピード
費用 初期費用 0円
月額料金 550円~
独自ドメイン取得・更新料 なし
性能 表示速度 高速
ディスク容量 320GB~
転送量上限 1日900GB
機能 WordPress簡単インストール機能
自動バックアップ
サーバー管理画面 ロリポップ!独自
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
読字ドメイン 取得・更新は有料
総合評価
申し込みURL https://lolipop,jp/

 

ロリポップ!(Lolipop)は、コストパフォーマンスがに優れているレンタルサーバーです。実はレンタルサーバーとしてはエックスサーバーよりも運営歴はながく19年を迎えています。サイト運営数も200万サイトを超え、利用者数は170万人を超える知る人ぞ知るレンタルサーバーです。

 

初期費用は、ハイスピードプラン以上で0円となり、月額料金はハイスピードプランで550円です。

ただし、独自ドメインの取得・更新は別料金となり・WordPressのインストール後に別途SSL化を行う必要があります。

 

ブログの作り方の難易度は少しだけ上がりますが、とにかく費用を抑えてブログを運営したいならおすすめです。

 

ロリポップ!でのブログの作り方はこちらです。

ロリポップを使ったWordPressブログの始め方【2022年版】

続きを見る

 

総合評価

初期費用・月額料金
性能
サポート体制
使いやすさ
無料お試し
総合評価

 

\ スタンダードプランのコスパが最強 /
ロリポップを申し込む

 

おすすめ度:性能・セキュリティがユニーク:カラフルボックス

比較対象プラン BOX2
費用 初期費用 0円
月額料金 484円~(4/30までBox2プラン以上で50%OFF)
独自ドメイン取得・更新料 なし
性能 表示速度 最速級
ディスク容量 300GB~
転送量上限 18.0TB~
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPress快速セットアップ
自動バックアップ
サーバー管理画面 cPanel(汎用性)
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 WordPressインストール後に別途設定
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は有料
総合評価
申し込みURL https://colorfulbox.jp/

 

カラフルボックス(Colorful Box)は性能・セキュリティがユニークなレンタルサーバーです。また、出会い系などアダルトなジャンルのブログ運営も可能なサーバーとして一目置かれています。

 

初期費用は0円です。

 

コノハウィングと同様、ブログで稼ぐにはとても魅力的なレンタルサーバーです。

 

ただし、住所となる独自ドメインの取得(1円~)と更新(1,500円~)は有料になります。

キャンペーンで無料になることも…!

 

なお、カラフルボックスではデータセンターが東日本(東京)と西日本(大阪)に分かれており選んだ地域の反対のサーバーであなたのブログがバックアップされるというサービスがあります。このサービスはもちろん無料であり、災害などで片方のデータセンターにトラブルが起きても片方のデータセンターが稼働するのでセキュリティ面において非常に強固である特徴があります。

 

カラフルボックスでブログを作りたい人は下記の記事を掲載しておきます。ドメインの取得方法からSSL化の方法まですべてを網羅しています。

カラフルボックスでWordPressをインストールする方法【完全ガイド】

続きを見る

 

総合評価

初期費用・月額料金
性能
サポート体制
使いやすさ
無料お試し
総合評価

 

\ お得キャンペーン随時開催 /
カラフルボックスを申し込む

 

 

レンタルサーバーとVPSの違い:まとめ

 

レンタルサーバーとVPSの違いについてまとめました。

 

レンタルサーバー(共用サーバーと専用サーバー)とVPSサーバーの違いは以下のとおり

共用サーバー 専用サーバー VPSサーバー
運用コスト(契約者側) 普通 高い 低い
自由度 無し 無し 高い
OSの選択 不可 不可 可能
アプリの選択 不可 不可 可能
他契約者への影響 無し 無し

 

大きく目立つ部分についてまとめました。

 

表から分かることは大きく2つ

  • VPSはコストを安く抑えることができるが自由度が高く初心者には不向き
  • 専用サーバーは用途が決められていてかつ他契約者からの影響を受けないのでWordPress向け

 

用途でどれを選べば良いかお悩みなら下記を参考にしてみて下さい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-VPS
-, ,