あなたのカラダの悩みからガジェットノウハウまで。ハイブリッドに情報発信するマニアックブログ

HAYAMIZ BLOG

パソコン

ドライブレコーダーが録画されていない!SDカードの規格が原因の可能性も

ドライブレコーダーが録画されていない!SDカードの規格が原因の可能性も

ドライブレコーダーは現在の車社会にはかかせないものとなっていますよね。

  • 遅い車を追い越したら、その車に追い越されあおられた!
  • 歩行者がとんでもないところから横断してきた!
  • 事故時の状況証拠になる・・。

などなど、とにかく何かあった際、その状況を記録しておくことは大事です。

ドライブレコーダーはどれも小型なので、記録媒体にはSDカードが使われます。

 

しかし、最近耳にするのが・・・

「録画されていない!」

といったもの。

 

はや
これは別にドライブレコーダーが壊れたわけではなく、SDカードが問題である可能性もあります。

 

ドラレコに使われる記録媒体って?

ご存知の方も多いと思いますが、写真やスマホで良く使われていますよね。

 

あの小さいものがSDカード(microSDカード)といいます。

ちなみに「TFカード(Trans Flashカード)」「microSDカード」はまったく同じものです。

 

小さいながら、データを大量に保存できるとても便利なものです。

 

しかし、このSDカードは規格によって得意不得意なものがあるのはご存知でしょうか。

 

ドラレコには記録に適したSDカードのクラス(規格)がある

SDカードにはクラスというものがあります。

スピードと名が付いているくらいで読み書きに影響してきます。

 

このクラスにはいくつかあります。

撮影する動画のサイズスピードクラスUHSスピードクラスビデオスピードクラス転送速度
8K90MB/秒
60MB/秒
4K30MB/秒
Full HD10MB/秒
HD~Full HD6MB/秒
HD4MB/秒
SD2MB/秒

 

8K、4Kのドライブレコーダーはないかも知れませんが、現在主流となっているのが、Full HDに対応しているドライブレコーダーです。

お店などで買われた場合、店員さんに「画像はきれいなほうが確実な証拠になります。」とFull HD対応のドライブレコーダーをすすめられた方もいるでしょう。

 

実際、Full HDのほうが、相手の車種なナンバーをくっきり映し出せますし、Full HDに対応しているドライブレコーダーであればその点は安心でしょう。

 

下記の製品がFull HDに対応しています。ちなみに、1080Pと書かれてあるものがFull HDとなります。

 

前後を録画できるものもあります。追突された際やあおり運転を受けた場合、後ろにもカメラがあれば冷静に対応することもできます。

 

あおられている怖さはありますが、録画しているので、証拠もバッチリという余裕が生まれます。

 

ドライブレコーダーに適切なSDカードはどれを選ぶべきか

クラスごとの違いを示した表にて、SDカードには画質によって得意不得意なクラスがあることはわかって頂けたかと思います。

Full HDのドライブレコーダーであれば、最低でもスピードクラス10のSDカードが必要ということになります。

 

ここで、Full HDのドライブレコーダーにスピードクラス「6」や「4」のSDカードを使うとどうなるか。

 

録画が正常に行われません。

 

詳しく書くと、動画が断片的になり、肝心な部分で記録されないという事態が起こります。

ドライブレコーダーに適切なSDカードはCLASS⑩と書かれたものを購入することが重要です。

 

SDカードの場合

 

micro SDカードの場合

 

下記のSDカードがFull HDに対応した製品の一部抜粋です。

 

ちなみにUHS規格は高価です・・・。

 

安いものは規格が適切かしっかり確認する

SDカードは安価なものから高価なものと幅広くあります。

 

SDカードなら何でもいい、というわけではなくドライブレコーダーやスマホが要求しているクラスには最低限対応する必要がある点にご注意ください。

 

つい安くてと購入したSDカードは実はクラス2や4の場合だったりします。こうなると、ほとんど録画できませんので、まずは価格よりもクラスをチェックするようにしてください。

 

SDカードに録画できないと思ったら・・

SDカードは規格があり、その規格で読み書きのスピードが異なってきます。

録画できない、なんでだろう~と思ったら、まずはSDカードがレコーダーが要求している規格であるか確認してください。

 

規格が正しければ・・・

ドライブレコーダーは常に録画を続けます。

SDカードにあるデータはどんどん上書きされていきますが、SDカードはデータが読み書きするたびに劣化していきます。

 

ですので、たまにSDカードをフォーマットするなど、リフレッシュが必要です。

リフレッシュしてもだめならSDカードは寿命ですので、取り替えてください。

 

参考:ドライブレコーダーの日時は乗車のたびに確認する!

はや
SDカードの故障とは少し離れますが…。

 

ドライブレコーダーは日時を記録します。

日時は万一事故に遭われた際の証拠に非常に重要です。

 

冬などは車のバッテリーが上がりやすいです。

古いバッテリーなどはある日突然上がっていたり…。

 

そうすると、しばらくはドライブレコーダーのバッテリーで待機しますが、やがてバッテリーはなくなります。

すると、ドライブレコーダーは待機電力を失い、すべてが初期化されます。

 

その状態で事故に遭われてしまった場合、証拠して採用されない可能性も十分考えられますので、乗車の際は必ず日時を確認しましょう!

 

参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

-パソコン

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.