レンタルサーバー

【レンタルサーバーの正しい選び方】ブログサーバーのおすすめ5社を比較

 

この記事ではブログでおすすめのWordPressサーバーの選び方と、あなたが選ぶべきレンタルサーバー5社を徹底比較していく記事です。

 

WordPress(ワードプレス)を使ったブログ開設の魅力は何といっても文章だけでお金を生み出すことができること。

 

ブログで稼いでいくことにおいて、WordPressの知識はわりと不要です。WordPressの知識がなくてもすぐに記事執筆に取り掛かれるサーバーを選ぶことが重要なんです。

 

この記事ではサーバーエンジニアでもある筆者が実際に使ってみた感覚をもとに、人気のレンタルサーバー5社を6つの観点で比較します。

 

早速ご案内しますね。

 

レンタルサーバーとは【本当に必要なもの?】

 

レンタルサーバーとは、WordPressブログを作って公開するために必要なサーバーを借りる(提供している)サービスです。

 

そもそもレンタルサーバーはどうして必要か。

 

WordPressはPHPやHTML、データベースなど色々複雑なシステムを駆使して動いています。もちろん自宅にサーバーを立ててそこへWordPressのシステムを構築し独自ドメインを取得し公開すればブログを開設することは可能です。

 

ただしこれは極論。

 

サーバーは24時間365日動かしておく必要があり、インターネット回線は業務用の高性能回線を引き込むことが必要。電気代も計り知れないほどかかります。

ブログはアクセスが増えれば増えるほどサーバーへの負担も増えます。自宅でサーバーを立てても家庭用のインターネット回線ではスグに回線がパンクしてしまいます。

 

とても個人が簡単に構築できるシステムではありません。

 

そこでレンタルサーバーと言うわけです。

 

レンタルサーバーは超高性能サーバーで構成され24時間365日稼働しているうえにWordPressのシステムもワンクリックで構築可能、すぐにブログを始めることもできるスグレモノ。

回線もとても強力ですので、あなたの公開したブログがバズったとしても回線がパンクするということはそうそうありません。

 

【レンタルサーバーの正しい選び方】ブログサーバーのおすすめ5社を比較

 

はじめに、WordPress用レンタルサーバーの正しい選び方(コツ)をお話しします。

 

WordPressでブログを始めるために最低限必要なものが「レンタルサーバー」「WordPress」「ドメイン」です。

 

今回の主役であるレンタルサーバーは、WordPressブログ(建物を建てる)を作る上で必要な場所(土地)を言います。そして、そのブログがある場所を示したものをドメイン(住所)と言います。

 

お店を立てて商売を始める場合、人が集まりやすい土地を探したりお客さんに気軽に来てもらえるようにお店の外観や内装を整えることが重要ですよね。

 

ブログも同じで読者が集まりやす性能の良いサーバーを選び、ブログの見た目を整えたりすることが重要になってきます。

 

その土台となるのがレンタルサーバーです。

 

WordPressブログの運営を始めるとき、土台となるレンタルサーバーは非常に重要なんです。

 

コスパと性能面を考慮してあなたがこれだ!と思うレンタルサーバーを申し込みましょう。

 

次に選び方をご紹介します。

 

ブログサーバーのおすすめ5社を比較【レンタルサーバーを正しく選ぶコツ】

 

冒頭でもお話したように、レンタルサーバーの正しい選び方は「新しい家を探す」ときに例えてみるとわかりやすいです。

  • サーバーの月額料金=土地代金
  • サーバーの性能=土地の広さ
  • サーバーの機能=家(店)を建てやすいか
  • サーバーのSSL化=防犯性
  • サポート=不動産会社
  • 独自ドメインが無料=住所取得

 

ひとつずつ説明していきます。

 

月額料金=土地代金

レンタルサーバーは無料のものからひと月1,000円以上するものまでと値幅がとても広いです。

 

サーバーも同じで性能を重視しすぎるとコストが上がりますし、低コストを意識しすぎてしまうと性能が悪くなってしまいます。

土地も駅前ほど価格はあ上がりますがお店を出すと繁盛しやすく、田舎ほど安くなりますが繁盛しにくくなりますよね。

 

初心者はまず500円~1,000円以内に収まるレンタルサーバーを選ぶことが重要です。500円~1,000円以内であればどのレンタルサーバーでも性能差はありません。

 

ちなみにキャンペーンを狙うことで1,000円ほどのレンタルサーバーが半額で申し込みができたりお得になることもあるので、各レンタルサーバーのキャンペーンをチェックすることも重要です。

 

性能=土地の広さ

レンタルサーバーはサーバー性能でブログの表示速度・ディスク容量・転送量上限が変わってきます。表示速度・ディスク容量・転送量上限は数値が大きいものを選べば問題ありません。

 

と言ってもパソコンに詳しくないとわかりにくいですよね。土地で例えてみましょう。

 

土地は広いほど人を集めやすく大きなお店を建てて沢山の商品を並べることができますよね。

ディスク容量は土地の広さと例えることができ、沢山の商品は表示速度・転送量上限と例えることができます。

 

表示速度・ディスク容量・転送量上限が多いレンタルサーバーを選びましょう。

 

機能=家(店)を建てやすいか

機能とは下記の3つを言います。

  • WordPressを簡単にインストールできる機能があるか
  • バックアップ機能があるか
  • サーバー管理画面が使いやすいか

 

特に初心者が重視したいのが「WordPressを簡単にインストールできる機能」と「バックアップ機能」があるかないか。

 

これは家をどう建てるかで考えてみるとわかりやすいです。

自分で家を建てるかプロに頼むか。どちらが簡単かお分かりですよね。

 

WordPressを簡単にインストールできる機能はプロが家を建てるのと同じです。しかもこのサービスはどのレンタルサーバーも無料です。

 

バックアップ機能でブログがバックアップされていればリストア(復元)という機能でブログの表示が真っ白になる前の状態に簡単に戻すことができます。

 

家もどこか壊れてしまったら修理をしますよね。修理するためには壊れた部分と同じ材料で直す必要があります。

 

ブログも壊れた部分と同じ材料が必要なので、日々壊れる前のデータをバックアップしておきいざというときは壊れた部分を直す必要があります。

 

大切なデータを日々バックアップできるレンタルサーバーを選びましょう。

 

SSL化=防犯性

SSL化とはザックリというとブログを悪意のある人間から守るための機能と言えます。

 

SSL化とは、お店で万引きや泥棒に遭わないために防犯カメラを設置することに似ています。ブログでは通信内容が悪意のあるユーザーから盗まれないように通信内容を暗号化する必要があります。

 

これはGoogleも非常に重要視しています。SSL化は一般的にはエンジニアが行うもので高度な機能なのですが、最近のレンタルサーバーではワンクリックでできるものが出てきています。

そもそもSSL化の作業すら必要ないレンタルサーバーもあり。

 

SSL化はワンクリックでできるレンタルサーバーを選びましょう。

 

サポートが充実しているか=不動産屋さん

レンタルサーバーを申し込んでいざブログを作り始めたときや運用中のトラブルにおいてはググって解決できるものと、解決できないものが出てきます。ググっても解決できないようなトラブルはレンタルサーバーのサポートへ質問をする必要があります。

 

サポートは不動産屋さんと言い換えるとわかりやすいですね。何かトラブルが起こった場合まずは不動産屋さんの担当営業などへ相談しますよね。

 

最低限下記の3つを利用できるレンタルサーバーに申し込むことが重要です。

  • 電話サポート
  • メールサポート
  • チャットサポート

 

独自ドメインの取得と更新が無料か=住所

独自ドメインとは土地で例えると「住所」になります。インターネットの世界で住所となる独自ドメインの取得にはお金がかかります。

 

ですが最近ではキャンペーンと称して無料で取得できる機会が増えています。

 

独自ドメイン自体の取得には1円~と非常に格安なのですが、2年目、3年目と更新して使い続けるには数千円単位での料金が必要になってきます。

 

独自ドメイン永久無料キャンペーンというキャンペーンを狙うことでドメインの取得費用はもちろん、更新料も無料になりますので、最低限狙いたいキャンペーンです。

 

 

ここまで、サーバー選びで重要となる6つの観点について「土地」に例えてお話ししました。

 

レンタルサーバーの選び方がわかりやすくなったかと思います。

 

次からおすすめのレンタルサーバー5社をランキング形式でご紹介しますね。

 

ブログサーバーのおすすめ5社【レンタルサーバーランキング】

 

個人向けのレンタルサーバーの正しい選び方として「6つの視点を参考にするとイメージしやすい」です。

  • サーバーの月額料金=土地代金
  • サーバーの性能=土地の広さ
  • サーバーの機能=家(店)を建てやすいか
  • サーバーのSSL化=防犯性
  • サポート=不動産会社
  • 独自ドメインが無料=住所取得

 

上記の6つの視点を踏まえたランキングをご紹介します。本記事では下記のようにランク付けしました。

 

性能・機能において他社の追随を許さない:エックスサーバー

比較対象プラン スタンダード
費用 初期費用 3,300円(キャンペーンで0円)
月額料金 990円~
独自ドメイン取得・更新料 キャンペーン利用で2つまで無料
性能 表示速度 国内最速
ディスク容量 300GB~
転送量上限 1日150GB
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressクイックスタート
自動バックアップ
サーバー管理画面 エックスサーバー独自
KUSANAGI 〇(全プラン対象)
リソース保証 〇(全プラン対象)
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット なし
独自ドメイン 取得・更新は無料
総合評価
申し込みURL https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバー(XSERVER)は性能・機能が最高のレンタルサーバーで、12ヵ月契約以上の申し込みで初期費用が0円になるキャンペーンを実施中です。

 

さらに2021年10月7日からは超高速環境「KUSANAGI」技術 + 他ユーザーの影響を受けないリソース保証を開始。

 

KUSANAGI技術を超える技術を持っているレンタルサーバーは今のところなく、エックスサーバーはついにKUSANAGI技術を採用しました。速度と安定性は段違い。

 

さらにリソース保証も開始しています。

他社サーバーはほかユーザーとのリソースを共有する代わりに低価格を実現していますが、人気ブログを運営しているユーザーとリソースを共有している場合、性能がひきづられてしまい、あなたのブログの表示速度が低下、または安定しない事態になりがちです。

 

他社サーバーではリソースを確保するために別料金を設定しているところが多いのですが、エックスサーバーは特に料金設定はありません。初期費用と月額料金のみでリソースを保証してくれるようになりました。

 

エックスサーバーは初期費用がデメリットと感じるかもしれませんが、別途リソース確保のための料金も発生しない、KUSANAGI技術というメチャクチャ高性能技術の恩恵が受けられることを考えればほかのサーバーなんて正直選んでいる場合ではありません

 

なお、エックスサーバーにはブログの作り方に必要な難しい知識は必要ありません。気になる人はこちらの記事もご参考にしてみてください。

 

パソコン版

エックスサーバーWordPressクイックスタートのやり方【簡単】

続きを見る

 

スマホ版

【簡単】エックスサーバーをスマホから申し込んでブログを始める方法

続きを見る

 

ConoHa WINGと特徴について比較をしていますので、ConoHa WINGかエックスサーバーでお悩みであればこちらもご参考にどうぞ。

【比較】エックスサーバーとConoHa WING【2022年版】

続きを見る

 

\ 初期費用3,300円0円 /

エックスサーバーを申し込む

独自ドメイン永久無料特典付き

 

コスパ・性能共に最高:ConoHa WING

比較対象プラン WING:ベーシック
費用 初期費用 0円
月額料金 1,320円(キャンペーンで740円~)
独自ドメイン取得・更新料 2つまで無料
性能 表示速度 国内最速
ディスク容量 300GB~
転送量上限 27.0TB~
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressかんたんインストール
自動バックアップ
サーバー管理画面 ConoHa WING独自
KUSANAGI ×
リソース保証 〇(別途有料)
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は無料
総合評価
申し込みURL https://conoha.jp/wing/

 

ConoHa WINGはコストパフォーマンスに優れているレンタルサーバーです。

 

費用面では初期費用は完全無料となり、月額料金も740円~(2/7までの期間限定)と申し込みしやすい価格設定が魅力です。独自ドメインの取得・WordPressのインストール・SSL化については申し込み時に行われますので、WordPress初心者にはピッタリです。

 

一等地でありながら土地代が安く家(店)も建てやすい。ブログで稼ぐにはとても魅力的なレンタルサーバーです。

 

コノハウィングを使えば手順を読むことなく申し込みからブログの開設まで迷うことなくできると思いますが、確実に作業を進めたいなとお考えであれば下記の記事(パソコン版とスマホ版)も参考になさってみて下さい。

 

パソコン版

ConoHa WINGのかんたんセットアップでWordPressをインストール【簡単】

続きを見る

 

スマホ版

【初心者】スマホを使ったWordPressブログの作り方をコノハウィング(ConoHa WING)で完全解説

続きを見る

 

エックスサーバーと特徴について比較をしていますので、ConoHa WINGかエックスサーバーでお悩みであればこちらもご参考にどうぞ。

【比較】エックスサーバーとConoHa WING【2022年版】

続きを見る

 

\ 月額料金最大43%OFF /

ConoHa WINGを申し込む

43% OFFは2/7まで

 

性能・セキュリティがユニーク:カラフルボックス

比較対象プラン BOX2
費用 初期費用 0円
月額料金 968円~
独自ドメイン取得・更新料 なし
性能 表示速度 最速級
ディスク容量 300GB~
転送量上限 18.0TB~
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPress快速セットアップ
自動バックアップ
サーバー管理画面 cPanel(汎用性)
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 WordPressインストール後に別途設定
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は有料
総合評価
申し込みURL https://colorfulbox.jp/

 

カラフルボックス(Colorful Box)は性能・セキュリティがユニークなレンタルサーバーです。また、出会い系などアダルトなジャンルのブログ運営も可能なサーバーとして一目置かれています。

 

費用においては初期費用が0円となり、月額料金は1/31までの申し込み30% OFFです。キャンペーン中の安さを利用して契約期間を長めに申し込みたいところです。

もしカラフルボックスを申し込みする際はキャンペーンコードが必要ですのでご注意ください。

キャンペーンコード:SV30Y80QJBZ09T

 

コノハウィングと同様、一等地でありながら土地代が安く家(店)も建てやすい。ブログで稼ぐにはとても魅力的なレンタルサーバーです。

 

ただし、住所となる独自ドメインの取得(1円~)と更新(1,500円~)は有料になります。

 

それでも月額料金500円以下は魅力的ですよね。

 

なお、カラフルボックスではデータセンターが東日本(東京)と西日本(大阪)に分かれており選んだ地域の反対のサーバーであなたのブログがバックアップされるというサービスがあります。このサービスはもちろん無料であり、災害などで片方のデータセンターにトラブルが起きても片方のデータセンターが稼働するのでセキュリティ面において非常に強固である特徴があります。

 

カラフルボックスでブログを作りたい人は下記の記事を参考にして下さい。ドメインの取得方法からSSL化の方法まですべてを網羅していますので真似するだけで作ることができます。

カラフルボックスでワードプレスをインストール【クーポンの使い方もあり】

続きを見る

 

ConoHa WINGと特徴について比較をしていますので、ConoHa WINGかエックスサーバーでお悩みであればこちらもご参考にどうぞ。

【2022年版】ConoHa WINGとカラフルボックスの特徴を徹底比較

続きを見る

 

エックスサーバーとも特徴を比較しています。

【2022年版】カラフルボックスとエックスサーバーの特徴を徹底比較

続きを見る

 

\ 1/31までの申し込みで30%OFF /

カラフルボックスを見てみる

クーポン:SV30Y80QJBZ09T

 

月額料金最安値:ロリポップ!

比較対象プラン ハイスピード
費用 初期費用 0円
月額料金 550円~
独自ドメイン取得・更新料 なし
性能 表示速度 高速
ディスク容量 320GB~
転送量上限 1日900GB
機能 WordPress簡単インストール機能
自動バックアップ
サーバー管理画面 ロリポップ!独自
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
読字ドメイン 取得・更新は有料
総合評価
申し込みURL https://lolipop,jp/

 

ロリポップ!(Lolipop)は、コストパフォーマンスがに優れているレンタルサーバーです。実はレンタルサーバーとしてはエックスサーバーよりも運営歴はながく19年を迎えています。サイト運営数も200万サイトを超え、利用者数は170万人を超える知る人ぞ知るレンタルサーバーです。

 

初期費用は、ハイスピードプラン以上で0円となり、月額料金はハイスピードプランで550円です。独自ドメインの取得・更新は別料金となり・WordPressのインストール後に別途SSL化を行う必要があります。

 

ブログの作り方の難易度は少しだけ上がりますが、とにかく費用を抑えてブログを運営したいというあなたに向いているレンタルサーバーです。

 

ロリポップ!でブログ作りに挑戦したい場合こちらの記事を参考になさってみて下さい。

ロリポップを使ったWordPressの始め方【最新手順】

続きを見る

 

ロリポップはプランが豊富で選び方が難しいかもしれません。2大プランともいえるロリポップのスタンダードとハイスピードを比較しましたので、プラン選びの参考にしてみてください。

ロリポップのスタンダードとハイスピードを比較

続きを見る

 

\ コスパ最高 /

ロリポップを見てみる

ハイスピードプランが高品質

 

アダルトサイトOK:mixhost

比較対象プラン プレミアム
費用 初期費用 0円
月額料金 979円~
独自ドメイン取得・更新料 キャンペーン利用で無料
性能 表示速度 最速
ディスク容量 350GB~
転送量上限 24.0TB~
機能 WordPress簡単インストール機能 WordPressクイックスタート
自動バックアップ
サーバー管理画面 CPanel(汎用)
KUSANAGI ×
リソース保証 ×
SSL化 ワンクリックの可否 申し込み時にSSL化が完了
サポート 電話サポート
メールサポート
チャット
独自ドメイン 取得・更新は無料
総合評価
申し込みURL https://mixhost.jp/

 

mixhost(ミックスホスト)は出会い系ジャンルをはじめとしたアダルト運営が可能なレンタルサーバーです。

 

費用においては初期費用が0円となり、キャンペーン利用で月額料金が半額(プレミアムプラン以上)です。独自ドメインの取得・WordPressのインストール・SSL化については申し込み時に行われますので、あなたは気が付かないうちにブログが作られています。

 

目立った特徴がないですが機能面や費用面において失敗することがないレンタルサーバーです。

 

ブログの作り方はコチラの記事も参考になさってみて下さい。

【最新】mixhost(ミックスホスト)でのWordPressインストール方法

続きを見る

 

\ アダルトサイト運営OK /

mixhostを見てみる

レンタルサーバーのスタンダード

 

ブログでおすすめのレンタルサーバーの選び方【迷ったらここ】:まとめ

 

2021年版:ブログでおすすめのWordPress用レンタルサーバーの正しい選び方について「土地に例えて」わかりやすく比較化しました。

  • サーバーの月額料金=土地代金
  • サーバーの性能=土地の広さ
  • サーバーの機能=家(店)を建てやすいか
  • サーバーのSSL化=防犯性
  • サポート=不動産会社
  • 独自ドメインが無料=住所取得

 

ひとつひとつの機能が分からなくてもイメージを変えることでかなりわかりやすく比較できましたよね?

 

レンタルサーバーのおすすめ順は下記となります。

 

もしどれかバシっと選んでほしい!というならば、エックスサーバーを選んでおけば間違いはありません。実はこんな結果があります。

理由はリソース確保が標準搭載でConoHa WINGよりもトータル料金を抑えることができるから。ホスティング(レンタルサーバー)のマーケットシェアが1位であることもエックスサーバーをおすすめする理由にもなっています。

 

圧倒的シェアのエックスサーバーを使っておけば、万一のトラブルでもネット上にノウハウは沢山ある点もお勧めする理由です。

 

使い方のノウハウも豊富なので、初心者はより安心してブログ運営ができますよ。
はや

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

>> もう一度はじめからこの記事を読んでみる

 

-レンタルサーバー
-, , ,