INTERNET

特定のサイトをアクセス制限する方法とは。個人的な考察

2018年4月17日

海賊版サイトが話題になっていますね。

どことは書きませんが、マンガサイトであったり、動画サイトであったり・・・。

政府は各プロバイダーへアクセス制限を要求していますがこれを技術的にどこまで可能なのかを簡単に書いてみようと思います。

 

通信制限

通信制限にはいくつか方法があります。今回紹介する方法以外にもあるかと思いますが、わかりやすいものをいくつか紹介します。

 

特定URLのアクセス制限

今回は特定のサイトへのアクセスを禁止せよとのことですが、これは正直意味のない対策だと思います。

例えば、https://www.海賊版.com/というアドレスをアクセス禁止にしたとします。

実際この処置をすることで、海賊版.comへのアクセスは出来なくなりますが、コピーサイトはアドレス名を変えて運用を続けることが可能です。

したがって、海賊版際と撲滅といった意味では、まったく意味のないものになります。

プロバイダー側もピンポイントのアクセス制限は嫌うでしょう。

コストも掛かりますし、なによりいたちごっこになるだけです。

 

カテゴリーフィルタリング

世のセキュリティは日々進化しています。

先ほどのピンポイントな対策はいたちごっこになるだけですが、カテゴリーフィルタリングはまだ希望があります。

世界にはゲームに特化したサイト、SNSのサイト、ニュースサイトなど、専門的なサイトがたくさんあります。

セキュリティベンダーは日々生まれるサイトを監視・分析する機関があります。

その中には、各サイトをカテゴリーに分け、通信を制御する仕組みがあります。

例えば、ある企業で「業務に不要なゲームサイトへのアクセスを制限したい」といった要望があったとします。

このとき、企業のシステム管理者はひとつひとつゲームサイトを調べて通信制御をすることは非常に困難です。

そこで、「カテゴリー分けしたサイトへのアクセスを禁止する」ことで、ゲームサイトへアクセスを試みたユーザーの通信を拒否することが可能になります。

ただ、技術的な問題もあって、ゲームカテゴリーを拒否したのに、ゲームサイトへ通信が出来てしまった!

こういう事例も出てきます。

これは、「ゲームのカテゴリーに分類されたサイト」ではなく、実は「SNSに分類されたサイト」である場合もあるためです。

カテゴリー分けは画期的ですが、解釈する側がゲームサイトなのか、SNSサイトなのかの判断で違ってきてしまいます。

とはいっても、ピンポイントなアクセス制限よりはまだマシな制限方法といえるでしょう。

 

国を特定して通信を遮断

これはさすがに政府が指示してきたら、某国のようになってきてしまうので、指示することはないでしょう。

IPアドレスは地域で決まっています。それを特定することで、通信を遮断することができますが、現実的ではありません・・・。

 

広告掲載を制限する

海賊版サイトは広告収入が目的と思われます。

無料で提供する代わりに、広告をどんどん表示させる。

広告を表示することで運営者側への利益がどんどん増えるのです。

海賊版サイト運営者はウハウハな状況なのです。

なので、広告を出稿している企業が海賊版サイトか否かを見極め、掲載制限をしないと海賊版サイトがなくなることもないでしょう・・・。

 

閲覧する人間次第

ピンポイントのアクセス制限、カテゴリー分けでのアクセス制限、地域を制限。

これらをいくら制限したところで、海賊版サイトはなくなることはないでしょう。

知識をもっている人間からすれば、アクセスする術を身に付けています。

結局は人間が脆弱性になっているということか・・・。

 

おわりに

通信制限を掛けることでそのサイトは見れなくなるでしょうが、次から次から出てくることは間違いないでしょう。

カテゴリー分けなどで制限をかけた場合、有益なサイトが誤って制限されてしまうこともないとはいえません。

ひとりひとりが、海賊版サイトへの意識をもつことが重要なのです。

悪質なサイトにもなると、ウィルスを仕込むサイトも存在します。

 

参考になれば幸いです。

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-INTERNET

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.