VPN

海外サイトを国内から見る方法と国内から海外サイトを見る方法

海外サイトを国内から見る方法と国内から海外サイトを見る方法

 

この記事では2パターンのサイトを見る方法について解説しています。

 

サイトを見る2つの例

  • 海外サイトを日本国内から見る方法
  • 日本国内サイトを海外から見る方法

 

日本国内から海外サイトを見る場合や海外サイトを日本国内から見る場合、普段のネットの使い方では見ることができません。

 

これはセキュリティ的なことがあり国ごとに使えるIPアドレスが決まっていて国外からのアクセスを拒否するサイトが多く存在するからです。

 

そこで活躍するのがVPNというサービスです。

VPNはVirtual Private Networkの略でブイピーエヌと読みます。

 

VPNサービスを展開する企業は国ごとにVPNサーバーというサーバーを設置しています。

 

インターネットを通じてVPNサーバーへアクセスするとその国に配置されているサーバーからIPアドレスが配布され同時にあなたのPC(またはスマホ)とVPNサーバーの間の通信が暗号化されます。

 

あなただけのネットワークが作られ仮想的にその国にいるのと同じ状況を作り出せるのがVPN。なお、よくVPNを「IPアドレス偽装」などと他サイトなどで言われますが、厳密には違います。

正確には配布されたIPアドレスは本物ではなくネットワークの経路で変換されているのでそういう意味では偽装と言っても良いかも知れません。

 

またVPNはインターネットの技術のひとつであり違法でも何でもありませんのでご安心ください。

 

むしろ、通信のセキュリティ強化を考えているならVPNは必須の機能です。

 

この記事を書いている人

 

海外サイトを国内から見る方法と国内から海外サイトを見る方法

 

冒頭でもお話ししたように海外サイトを日本国内から見たい場合、日本国内から海外サイトを見る場合、最適な方法はVPNです。

 

ブラウザの拡張機能などで見ることもできますが、VPNと比べてしまうと使い勝手はよくありません。

 

VPNはサーバーを国ごと(さらにいくつかの都市)に設置しているため、莫大な費用がかかります。暗号化はそもそもとてつもない大きな数字を計算しているため、高性能なサーバーの設置が必須。

 

どうしても有料化は避けられません。

 

無料VPNサービスもありますが、まずオススメはしません。テスト的な使い方でVPNの感覚を掴む程度で使うなら有りですが、それでもあまりおすすめはしません…。

 

無料VPNをオススメしない理由

  • 広告表示が多く通信が増える
  • 個人情報の扱いが曖昧
  • 通信データの記録が取られることも

 

VPNサーバーを世界中にVPNサーバー置くだけで費用が掛かるところにVPNサーバーをいくつも運用するにはコストがかかります。無料で使えること自体が奇跡に近いです。

 

なので、もしVPNを使って海外から日本国内のサイトを見る場合や、日本国内から海外サイトを見る場合特に信頼できる4社をピックアップしていますので、ご参考にしてみてください。

通信記録を保持しないものを選んでいますよ。

 

 

国内(海外)のサイトを見るためにおすすめのVPN4社を比較

 

4社の料金や機能を表にまとめました。

VPNサービス名 MillenVPN ExpressVPN NordVPN スイカVPN
料金 1か月 1,496円 $12.95
(約1,683円)
1,510円 950円
3か月 無し 無し 無し 855円/月
6か月 無し $9.99
(約1,298円)
無し 808円/月
12か月 594円 $6.67
(約933円)
620円/月 760円/月
24か月 396円 無し 390円/月 717円/月
VPNサーバー数 72か国1,300台以上 94か国160台以上 60か国5100台以上 45都市47台以上
スプリットトンネル 無し 有り 有り 有り
中国から接続するための機能 有り 無し 無し 有り
ノーログポリシー 有り 有り 有り 無し
返金保証 30日間無条件返金 30日間無条件返金 30日間無条件返金 2週間無料お試し
操作性 超簡単 超簡単 簡単 普通
日本語サポート 日本語 翻訳機能で対応 英語 日本語
運営企業のある国 日本 イギリス パナマ 日本
総合評価(オススメ度)
公式サイト MillenVPN ExpressVPN NordVPN スイカVPN

 

続いておすすめ順に各VPNを説明します。

 

国内サービスの抜群の安心感!1位:MillenVPN

MillenVPNは、操作性・接続性・料金・サポートどれをとってもトップクラスのVPNです。

 

VPNといえばそのほとんどが外国製。サポートが英語対応であったり、解約や不具合が起きた時の不安はついて回ってきます…。

 

MillenVPNは国内企業が提供しているVPNサービスです。72か国、1,300台以上のサーバーが世界中に展開しているので、接続性は抜群です。

 

  • 日本国内でテレワークなど通信のプライバシーを守りたい
  • 海外コンテンツや海外から日本国内のコンテンツを楽しみたい

 

MillenVPNひとつでいろいろな楽しみ方ができます。

 

また「アプリをインストールしたくない」場合、MillenVPN Nativeという機能を使えばOS標準のVPNを使うことも可能!

 

MillenVPN Nativeを使えばさらに楽しむことができるコンテンツが増えます。MillenVPN NativeはMillenVPNを申し込むだけで使えます。

 

MillenVPNはノーログポリシーを持っていますので、あなたの通信履歴も残しません。プライバシーにがっつり配慮されたVPNサービスです。

 

MillenVPNの使い方についてはこちらの記事をご覧ください。

【評判】MillenVPN(ミレンVPN)は誰でも簡単に使える国産VPN

続きを見る

 

\ 日本企業運営の安心VPNサービス /
MillenVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金可能

 

操作性抜群!2位:ExpressVPN

ExpressVPNは、操作性抜群のVPNアプリです。また、ノーログにも対応しているVPNサービスですので、海外コンテンツ・国内コンテンツを楽しんでいた際のプライバシーも確保されます。

 

94か国以上にVPNサーバーがあり、ロケーションは160以上あります。各ロケーションには複数のVPNサーバーが設置されているので、住んでいる近くのVPNサーバーを選ぶことができます。

 

返金保証が30日ついていますので、実際に使ってみて不便と感じた場合、30日以内なら無条件で解約OK、100%の返金を受けられるのも人気の理由。

 

インストールも簡単でVPN接続をするための設定も自動。ログインする必要すらなく初心者なら選ばない手はありません。使いやすさは業界一と言っても過言ではありません。

 

ExpressVPNの使い方はこちらで詳しく説明しています。

ExpressVPNの使い方【iPhone/Android/Mac/Windowsで使えます】

続きを見る

 

\ 12ヵ月プランが49%OFF /
ExpressVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金OK!

 

サーバー台数トップクラス!3位:Nord VPN

NordVPNはサーバー台数がトップクラスのVPN製品です。契約期間は1カ月、1年、2年と細かい間隔が選べないですが、月額料金は高すぎず、安すぎずといったところです。

 

ノーログにも対応しているVPNサービスですので、海外コンテンツ・国内コンテンツを楽しんでいた際のプライバシーも確保されます。

 

30日間の返金対応も快く応じてくれますが、英語での対応になるのでその点が不安要素ではあります。

Google翻訳で対応可能。

 

VPNサーバーは接続ユーザー数が多くなると通信速度が遅くなることもあります。VPNサーバーの台数が多ければ多いほどそうしたリスクは小さくなります。

 

とにかくVPN接続を快適にしたいならNordVPNはおすすめです。ただし、若干設定が難しめです。

 

NordVPN使い方から解約方法についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

日本版HuluをVPNを使って海外から見る!【知らなきゃ損】

続きを見る

 

\ 30日の返金保証で安心 /
NordVPNを使ってみる

 

中国から接続したい4位:スイカVPN

最後にスイカVPNのご紹介です。残念ながらノーログには対応していません。

 

前提として…

まず中国から国外へアクセスするならスイカVPN一択となります。

 

スイカVPNShadowsocksという特殊な機能を持つVPNです。

 

Shadowsocksとは中国のグレートファイアウォールという特殊なファイアウォールを超えるための機能を持っており、Shadowsocksを持っているVPNサービスはあまりありません。

 

スイカVPNは中国からの通信を実現するためのもので、中国に行く機会がある場合は日本でスイカVPNを契約していくと良いでしょう。

中国国内と申込み自体できない可能性もあるため。

 

VPN設定は4社中一番むずかしいですが、スイカVPNに関する設定方法を詳しくまとめていますので、ご参考にしてください。

スイカVPNの評判・口コミと使い方【中国からVPN接続するならこれ】

続きを見る

 

\ 1ヶ月無料クーポン付き /
スイカVPNを使ってみる
クーポンコードをコピーして申し込むだけ
クーポン:GO4L3-K3PAF

 

海外サイトを国内から見る方法と国内から海外サイトを見る方法:まとめ

 

海外サイトを国内から見る方法と国内から海外サイトを見る方法にVPNを使ったアクセスがおすすめです。

 

VPNはあなたのPCやスマホが仮想的にその国にいることを作り出すことができる機能とあなたの通信を暗号化する2つの機能を併せ持っています。

 

SNSや動画コンテンツなどその国以外からのアクセスを拒否している場合はVPNを使うことで閲覧することができるようになります。

 

ただし、すべてが可能ではないのでそこだけは注意ください。

 

そのためVPNサービスのほとんどは契約後30日間の返金を保証する制度があります。

 

契約してあなたが満足いかなければ返金してもらうこともできますので、まずはVPNを実際に使ってみることが大切です。

 

4社の料金や機能をもう一度まとめておきます。

VPNサービス名 MillenVPN ExpressVPN NordVPN スイカVPN
料金 1か月 1,496円 $12.95
(約1,683円)
1,510円 950円
3か月 無し 無し 無し 855円/月
6か月 無し $9.99
(約1,298円)
無し 808円/月
12か月 594円 $6.67
(約933円)
620円/月 760円/月
24か月 396円 無し 390円/月 717円/月
VPNサーバー数 72か国1,300台以上 94か国160台以上 60か国5100台以上 45都市47台以上
スプリットトンネル 無し 有り 有り 有り
中国から接続するための機能 有り 無し 無し 有り
ノーログポリシー 有り 有り 有り 無し
返金保証 30日間無条件返金 30日間無条件返金 30日間無条件返金 2週間無料お試し
操作性 超簡単 超簡単 簡単 普通
日本語サポート 日本語 翻訳機能で対応 英語 日本語
運営企業のある国 日本 イギリス パナマ 日本
総合評価(オススメ度)
公式サイト MillenVPN ExpressVPN NordVPN スイカVPN

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-VPN
-, ,